2010年03月26日

レースガン研究9

JANPS2009 の会場で見掛けたカップガンのパート5です。

この銃も、マルイのハイキャパをベースに、当社のシャーシとシュラウドの素を使っているようです。   コンペセイターはタニオコバのXコンプですね。   セフティーやグリップの造形もお見事!   マグウェルもプローンし易そうです(^^)


こちらは、WAベースですね。   シュラウドは平面で構成された力強いデザインが印象的です。   マグウェルのデザインも独特ですね。   プローン対策のマグウェルですから、オーナーの体格やフォームの違いによって最適な形も変わって来ます。




この銃は、カップガンと言うよりもスティールチャレンジ用ですね。  ダットサイトまでカスタムしていて、ものすごくローマウントになっています。  造形の美しさにも注目です!


つづく


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com





同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事画像
グロックがレースガンに変身!
夏のマシンガン祭り2018 
シューティングの秋!
スチールチャレンジは終わらない
3Gun Nation Japan Seminar 3
3Gun Nation japan Seminar 2
同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事
 グロックがレースガンに変身! (2018-09-27 20:02)
 夏のマシンガン祭り2018  (2018-09-26 20:35)
 シューティングの秋! (2018-09-15 20:03)
 スチールチャレンジは終わらない (2018-09-09 20:02)
 3Gun Nation Japan Seminar 3 (2018-08-25 20:03)
 3Gun Nation japan Seminar 2 (2018-08-21 20:03)

Posted by ドクターあみーご at 07:30 │エアガンシューティング