2012年12月01日

新発売その1

お待たせしました!  本日より販売開始です(^^)
イベント会場などでプロトタイプは先行発売していましたが、量産版が出来上がりましたので販売を開始します(^^)

G26アドバンス用
アサルトフレーム 

ブラック ¥13000(税別)


理想のレースガンとは何でしょう? 競技の内容によって多少の違いはありますが、命中精度が高く、反動が少なく、クイックレスポンスで操作性の良い銃という感じでしょうか。 スチール系の競技なら更に軽量である事も重要です。

←今年のJSCは自己最高の総合34位という好成績を修める事が出来ましたが、その時使用したのがこの銃です。 G26をベースに11年前に作ったG26用アサルトフレームとグロックアキュコンプDを組み込んでいます。 G26はG17よりもスライドが短く、軽量でショートストロークです。 よくスライドに穴を開けて軽量化しているレースガンを見掛けます。 実銃の場合は金属製ですから効果有りますが、ABS製のスライドを穴開け軽量化しても効果は僅かです。 スライドの強度低下のリスクを冒してまで穴開け軽量化するよりも、グロックであればG26のスライドアッセンブリーを、ハイキャパやM1911であればデトニクスのスライドアッセンブリーを使用した方が賢明と思います。(実銃の場合はジャムが起こりやすく成るので行われません。エアガンならではのカスタムですね。) 
競技の種類によってはスライドストロークの短縮加工を禁止していますが、G26やデトニクスはもともとショートストロークですから問題有りません(^^)v
 
そんな訳でG26用アサルトフレームを使っていたのですが、G26用アサルトフレームは既に絶版状態。 いつか復刻してやろうと思っていたのですが、やっと実現いたしました。

→ちなみに、これは私の2013年版スチールガンです。 さっそくG26アドバンス用アサルトフレームのプロトタイプを組み込みました。 11年前に作ったアサルトフレームはトリガーガードをオリジナル形状にしてしまったたっ為に使用できるホルスターが限られてしまいましたが、G26アドバンス用アサルトフレームならJRマイクロホルスターも使えます(^^)v


G26アドバンス用アサルトフレームには
10個の特徴が有ります。

①後ろから見ると判りやすいのですが、グリップはちゃんとエルゴノミクスデザインを取り入れたグラマラスなカーブを描いていて、しっかり掌になじみます。
②延長されたビーバーテールはホルスタードロウのスピードアップをアシストします。
③フレーム前方両側面にも滑り止め加工を施し、両手でグリップした時の安定感を高めます。
④トリガーガードの付け根は強度不足に成らない程度にえぐられ、ハイグリップしやすく成っています。
⑤人差し指の繊細な動きを邪魔しないようにグリップの角を削っています。
⑥トリガーガードは、いろいろなホルスターに対応出来るようにオリジナル形状を残しました。
⑦G17と同じサイズのアクセサリーレールを装備しました。 タクティカルライト等を取付けられます。
⑧左右に付けられたサムガード付きのサムレストは自然なハイグリップを可能にし、グリップした時の安定感を高めます。 更に、グリップ側面の窪みを敢えて残し、サムレストが苦手な方でも自然なグリップが出来るようにしました。

⑨大きく広げられたマガジンウェルは素早いマガジンチェンジを可能にします。 しかも、東京マルイのハイキャパと同じ形状にしましたので、ハイキャパ用のマグウェルを取付ける事が出来ます!

⑩この3連の穴にも秘密があるのですが、それは後ほど。。。(^^)


長くなってしまいましたので、続きは明日!


競技系パーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/





 





同じカテゴリー(新製品情報)の記事画像
マルイのハイキャパシリーズにマイクロプロサイトを無加工取り付け!
特約店向け新製品
本日メーカー出荷!
鋭意製作中!
9ミリ拳銃の戦闘力向上!
新オフセットジョイント
同じカテゴリー(新製品情報)の記事
 マルイのハイキャパシリーズにマイクロプロサイトを無加工取り付け! (2018-10-26 12:05)
 特約店向け新製品 (2018-10-12 20:02)
 本日メーカー出荷! (2018-09-25 09:00)
 鋭意製作中! (2018-09-21 20:01)
 9ミリ拳銃の戦闘力向上! (2018-09-19 19:59)
 新オフセットジョイント (2018-09-18 16:40)

Posted by ドクターあみーご at 19:02 │新製品情報