2010年03月27日

レースガン研究10

JANPS2009 の会場で見掛けたカップガンの数々です。


リボルバーで出場する人も居ます。  銃の上に載っているのはレーザーサイトです。  オープンサイトで狙う気はさらさら無い!という割り切りが漢らしいかも?!   


このカップガンはシングルスタックGMをベースにしています。 充分な剛性を確保する為に、フレームをアルミ板でサンドイッチしていて、そこへシュラウドを取付けています。 シングルスタックGMをベースにする場合、理想的な方法です。 しかし、このメカメカしいデザインは、機械好きには堪りませんね。   カッチョイイー(^^)


この銃は、WAのハイキャパがベースですね。 長いシャーシを組込んでコンペセイター固定しています。   アキュコンプシステムと同じ構造ですね。  シンプルで効率の良いカスタムです。   マウントベースはイベント限定商品のアキュコンプ用ローマウントベースを使って下さってますね。   まいどあり〜(^^)   


この銃もWAのハイキャパベースですが、曲面を多用したデザインとマジョーラカラーの組み合わせが特徴的です。  


つづく

競技系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com





同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事画像
グロックがレースガンに変身!
夏のマシンガン祭り2018 
シューティングの秋!
スチールチャレンジは終わらない
3Gun Nation Japan Seminar 3
3Gun Nation japan Seminar 2
同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事
 グロックがレースガンに変身! (2018-09-27 20:02)
 夏のマシンガン祭り2018  (2018-09-26 20:35)
 シューティングの秋! (2018-09-15 20:03)
 スチールチャレンジは終わらない (2018-09-09 20:02)
 3Gun Nation Japan Seminar 3 (2018-08-25 20:03)
 3Gun Nation japan Seminar 2 (2018-08-21 20:03)

Posted by ドクターあみーご at 07:33 │エアガンシューティング