2008年09月11日

サマーバケーション23

さて、USスティールチャレンジ2日目ですが、昨日で全競技終了ですので、今日はGUN誌の取材です。 Aさんはスーパースクワッドを、Yさんは日本人シューターとサイドマッチという風に作業分担する事に成りました。 メインマッチの模様はGUN誌12月号の記事でご覧頂くとして(買ってくださいね)、ここではメインマッチと平行して行われていたサイドマッチの模様をお伝えしましょう。
サイドマッチはどれも1回$3で誰でもチャレンジ出来ます。 1番になると豪華賞品が有るらしいです。 また、参加した人の中から抽選で賞品が当ったりもします。 どこも貸し銃を使うので、選手だけでなく選手の家族(子供も!)や見学者等も気軽に参加出来ます。
(ちなみに前日には、リムファイヤーピストル、リムファイヤーライフル、更にショットガンでのマッチも行われました。 我々はその日、最初で最後の練習をしていましたから見学すらしていませんでしたが(^^;) )  


このステージはSIGがメインスポンサーです。 4枚のフォーリングプレートを持ち弾4発で如何に早く撃てるかを競います。 と、いう事で、早速挑戦してみましょう! 使うのはSIG P226です。 トリガー重いです(汗) 
クリーン出来ませんでした(><) 

そういえば昨日、我々が試合に出ている時に、フルオートのような銃声がして「一体なんだろう?」と思っていたのですが、どうやらトップシューターの方々が、ここで遊んでいたようです。 カルフォルニアではフルオート御法度ですから変だと思ったんですよね。 しかし、トップシューターって凄い!!



さて、お次はスタームルガーがメインスポンサーのステージです。 22口径のルガーMkIIでブルズアイターゲットを撃ちます。 持ち弾は5発。 5個の黒丸の中心を狙います。 銃は3丁有って好きなものを選べます。 って言っても全部ルガーMkIIなんですが。 
そこで、手に取ってじっくり選びます。 最初の1丁はリアサイトが思いっきり左にズレています。 2丁目は真ん中。 3丁目は右にズレています。 なんでも、サイトがズレている事もゲームの内なんだとか。 って事で当然2丁目を使う事に。 しかし、リアサイトが真ん中だからって、狙った場所に弾が飛んで行く保証はありません。 1発目。 狙点より10cm以上下に着弾します。 なるほど。この銃は上下方向にズレている訳ね(^^;) サイトのズレを計算して残り4発を撃つも黒点を捉えたのは3発のみ。 ざんねんでした。

つづく

カスタムパーツはフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com









USスチールチャレンジ5
USスチールチャレンジ4
USスチールチャレンジ3
USスチールチャレンジ2
USスチールチャレンジ1
悲願達成!
 USスチールチャレンジ5 (2011-12-31 08:07)
 USスチールチャレンジ4 (2011-12-30 20:07)
 USスチールチャレンジ3 (2011-12-29 20:07)
 USスチールチャレンジ2 (2011-12-28 20:06)
 USスチールチャレンジ1 (2011-12-27 20:04)
 悲願達成! (2011-08-27 22:54)