2010年12月31日

リポバッテリー


東京マルイの新製品 次世代電動ガン SCAR-L 良いですね〜。  すっかりお気に入りです。
ここ暫く電動ガンは買ってなかったんですが、思わず手を出してしまいました(^^;)
ところで、最近は年のせいか、めっきりサバゲの回数が減ってしまったのですが、そうなると電動ガンを撃つ機会も少なく成ってしまい、持っていたバッテリーの大半がヘタっておりました。
そこで、せっかくだからバッテリーを新調しようかなと思ったところへ目に入ったのがコレです。  最近話題のリポ・バッテリーです。  専用の充電器が必要だし取り扱い方法がニッカドやニッケル水素とは違うので戸惑いもありますが、コンパクトさと容量の多さは魅力です。  リポ・バッテリーが出回り始めた頃は誤った使い方や、強引な使い方によって発火する事故が有ったようですが、現在では正しい使い方が浸透してきたのと、バッテリー自体も電動ガンの特性に合わせたセッティングが為されるように成ったのとで事故が起きる事は殆ど無く成ったようです。  そういえば今流行のiPhone 4もリポバッテリーを使っているんですよね。  正しい使い方さえしていれば危険は無いと言う事ですね。   ショップオリジナルのリポ・バッテリーも作られるように成って、価格もかなりこなれてきました。  ニッカドの頃は8.4V1900mAで¥5000〜¥7000もしていたんですよね〜(^^;)
さて、写真のバッテリーは、川越の総合ホビーショップ「ケイ・ホビー」さんのオリジナル商品で、東京マルイのハイサイクル・シリーズにも安心して使用出来るように出力を抑えたセッティングに成っているのだそうです。  抑えたと言ってもニッカドの9.6Vミニバッテリー並みのパンチは有るとの事。  次世代電動ガンが出現する以前なら、私もさんざん電動ガンのテューニングをしましたが、次世代は飛距離といい命中精度といい、いじる余地が無いって言って良いくらい良く出来ていますから、今ではすっかり電動ガンをチューニングしようとは思わなく成りました。(電動ガンをシューティングマッチに使うという様な事が有れば別ですが)  ノーマルならニッカドの9.6Vミニバッテリー相当の性能で充分OKです。

ケイ・ホビーさんのオリジナル・リポバッテリーは
○7.4V2000mAh/20C(サイズ15×35×105mm)¥3700

 マルイM4、M733、M933、SR16、G36、MP5(クルツを除く)、P90、ステアーAUG、G3SAS、次世代M4などに対応。

7.4V1300mAh/30C(サイズ15×34×72mm)¥2600
 M4、M733、M933、SR16、G36、MP5(クルツを除く)、P90、ステアーAUG、G3SAS、PSG-1、SG552、次世代M4、次世代AK、次世代SCAR-Lなどに対応。

○7.4V1100mAh/20C(サイズ13.5×20×127mm)¥2500
 89式、AK47、M4、M733、M933、SR16、G36、MP5(クルツを除く)、PSG-1、SG552などに対応。


詳しくはケイホビーさんへお問い合せ下さい
TEL 049-247-2020
http://www.k-hobby.com/honkan/index.htm


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
















  


Posted by ドクターあみーご at 14:04製品紹介

2010年12月27日

優勝!おらガバ選手権


コルトガバメント生誕100周年記念企画として、アームズマガジン2月号では「おらガバ選手権」が行なわれました。  アームズマガジンの人気ライター、ブースカ師匠、モロ☆君、ボスゲリラさん、真丘さんの4名が、自分なりのカスタム・ガバを組上げてシューティングに挑むという内容です。  
そして、当社製品アキュコンプシステムKを組込んだハイキャパ・カスタムで、モロ☆君が見事優勝致しました。  バンザ〜イ!  ※アームズマガジン2月号 P.114〜を参照。
バリバリのレースガンと最新のレースホルスターの組み合わせとは言え、シューティングの鬼、毛野ブースカ師匠を抑えての優勝はおみごとでした!
ちなみに、モロ☆君が使用したDAAホルスターは、リムキャットとゴーストの間って感じのホルスターで、日本ではまだレアなアイテムです。 私も感化されてグロック用を買ってしまいました。 DAAホルスターについて詳しくは http://final-option.ocnk.net/ 

って事で、さっそく アキュコンプシステムK のご紹介です(^^)

東京マルイ ハイキャパ4.3&エクストリーム用
アキュコンプシステムK ¥27800(税別)
 

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=111

かつて、アキュコンプシステムDET-Sというパーツを作りました(メーカー在庫切れ・絶版)。 デトニクスのスライド・アッセンブリーをハイキャパに移植する事を前提としたパーツです。 ベースガンを2丁必要とする誠に贅沢なモデルでありました。 デトニクスはスライドアッセンブリーの重量が軽く、作動ストロークは短く、ガスの消費も少ない為、反動が少なく、連射スピードが早く、マガジンの冷えによる弾道の変化も少ない究極のスピードガンが出来上がります。 写真の上の銃はアキュコンプDET-Sカスタムで、昨年のジャパンスティールチャレンジで使用した私の銃です。 確かに究極のスピードガンに仕上がったのですが、デトニクスとハイキャパとアキュコンプDET-Sの合計は5万円を超えます。 しかも、デトニクスとハイキャパは、そもそも違うシリーズの銃ですから、快調な作動を得る為にはイロイロと調整が必要です。 よほど気合いの入った方でないと手が出ないハイエンドなモデルでした(それでも完売しました。(^^)v )。 
そこで、ベースガン1丁で、高度な調整を必要としない、それでいてDET-Sの性能に匹敵するようなモデルを作ろうという事で、アキュコンプシステムKを開発しました。



固定バレルで命中精度向上!
アキュコンプ・シリーズの最大のウリはここです。 東京マルイの銃はどれも高い命中精度を誇っています。 ハイキャパ・シリーズも箱出しで充分シューティングマッチに使える性能を持っています。 しかし、実銃の「ショートリコイル」というメカニズムを再現する為、インナーバレルはチャンバー側だけで保持されており、メンテナンスの為の分解・組立を繰り返すと徐々にガタが出て来て命中精度が落ちてしまいます。 そこで、シャーシを延長してフロントブロックを固定し、そのフロントブロックでインナーバレルの先端を保持する事でガタを無くし命中精度の向上と維持を行います。


純正よりも40g軽い!
シューティングマッチにもイロイロ種類が有りますが、今、日本で最も競技人口が多いのはスチール系と呼ばれる競技です。 USスティールチャレンジを日本流にアレンジしたモノで、ブザーの合図でホルスターから銃を抜き、5枚の鉄板を如何に速く撃ち終えるかを競います。 早く撃つ為にはホルスターから銃を抜くスピードも重要ですし、的を次々と素早く狙い撃つ為に、銃の取り回しの良さは更に重要です。 スピードシューティング用の銃が軽い方が良いと言われるのはこの為です。 アキュコンプシステムKはアルミ削り出しのフロントブロック込みでも150g。 一方、純正シャーシは190gです。 4.3inサイズから6inサイズに成っているのもかかわらず40gも軽くなります。 組み上がった銃を持った時、きっと、その軽さに驚かれる事でしょう。


究極のローマウント!
ローマウントの効能は照準誤差が少なくなる事ですが、この照準誤差について簡単に説明しましょう。 弾が発射されるのは銃身からですから、銃身の中を覗くようにして狙えれば照準誤差は無くなります。もっとも、銃身から覗けたとしても見えるのは、ターゲットではなく装填されたBB弾という事に成ってしまいますが・・・ しかし、それは無理なのでBB弾の弾道と照準線は一致しません。 ですからサイトを合わせるという行為はBB弾の弾道と照準線を狙うべき距離で交差させるという事です。 この交差する点が狙点です。(実際には弾は放物線を描くので、もう少し複雑な話になるのですが、詳しい話は別の機会で) 狙点より近くでは狙った所よりも下に着弾し、狙点より遠くでは上に着弾します。この着弾のズレが照準誤差で、照準線と弾道との角度が大きいほど(サイトの位置が銃身の軸線から遠ざかるほど)大きくなります。 だからローマウントが良い訳です。 




他にもイロイロありますアキュコンプ!


東京マルイ ハイキャパシリーズ用 アキュコンプシステム


アキュコンプシステム B2 シルバー
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=143





アキュコンプシステム B2 ブラック
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=110




アキュコンプシステム A3
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=101



アキュコンプシステム F
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=97



アキュコンプシステム E
残り1個です!
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=96




アキュコンプシステム DX-I
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=94




アキュコンプシステム J2
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=104  



アキュコンプシステム J1
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=102


東京マルイ G17用 アキュコンプシステム

アキュコンプシステムA
ブラック5個、レッド3個、ゴールド2個。 その他の色は品切れ絶版です。
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=131



 アキュコンプシステム B
パープルは品切れ。 グリーンとスカイブルーは残り1個、ピンク残り2個、その他も残少量。
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=142



アキュコンプシステムC
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=154



東京マルイ デザートウォーリア4.3用

アキュコンプシステム DW-A
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=155


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 09:34製品紹介

2010年12月25日

今日はクリスマス

本日午後4時から、静岡県焼津市のインドアサバイバルゲームフィールド
「SPECIAL FORCE」さんが クリスマスイベント を開催します。 造船所跡を改造した1000㎡のフィールドには総延長110mを超える空中廊下が有り、階層を利用し立体的に攻略することが可能だそうです。  しかも屋内シューティングレンジも有り、その広さは約30m×10m! 25mのロングレンジシューティングが可能だとか。  凄いですね〜(^^)

*SPECIAL FORCE X’mas Partyのお知らせ

日 時 :12月25日(土) 16:00~
参加費 : 2500円  何かちょこっと持ち寄っていただけるとウレシイです(*>▽<*)ゞ・
         特製ケーキ サバイバルVer付き。 
内 容 : 通常のゲームの他に、射撃の早さと正確性を競う シューティングパーティー を行います。
得点を多く獲得された方にはSPECIAL FORCEからクリスマスプレゼントを贈呈いたします。
シューティング競技の内容は、ハンドガンによるスピードシューティングと合わせてライフルを使った精密射撃もある多彩な内容の予定です。


← 2Fの休憩スペースも広々! ここでもサバゲが出来そうです(^^;)


まだ間に合います! お問い合わせ・お申し込みは SPECIAL FORCEホームページからお願い致します。
http://specialforce.jp/


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 08:50エアガンシューティング

2010年12月19日

BLAM公式


本日、BLAM!!で行われましたケイ・ホビーAPSカップ公式練習会に参加された皆さんお疲れ様でした。 運営スタッフの皆さん有り難うございました。  今日も寒かったですが総勢42名の選手が集まり、熱戦が繰り広げられました。
そして、ケイ・ホビーAPSカップ練習会としては200回記念大会であり、2010年最後の公式練習会を制したのは 千葉良男選手 でした。 おめでとうございます。
 全身ヒートテックに身を固めホカロンで体を温めながらの参加でしたが、帰宅したとたん頭ががわんぐわん! 熱も出てきたので、とりあえず速報と言う事でリザルトだけ上げときます。  詳しくは明日(^^;)


APS系パーツならフリーダム・アート http://freedomart.militaryblog.jp/e182493.html  


Posted by ドクターあみーご at 21:02APSカップ

2010年12月17日

今日は寒いですね〜

本格的に寒く成ってきましたね〜  不覚にも風邪をひいてしまって半分寝込んでおります(完全に寝込んでしまう訳にはいかないのが自営業の辛いとこです(^^;)) 
エアガンは風邪をひきませんが、寒く成るとガスガンはすっかり元気が無くなります。
そこで、寒さに強い電動ハンドガン用パーツをご紹介しましょう。

東京マルイ 電動G18C用パーツ



ダイレクトマウント
ダットサイトを載せて本格的にしっかり狙いたいという場合はコレ! リアサイトを外してスライドにダイレクトに取付けるタイプのシンプルなマウントベースです。 フレーム側のレールを利用しないのでタクティカルライト等との併用も出来ますし、バッテリー交換もマウントを付けたまま行えます! 価格は¥2800(税別)で好評発売中です。



ラバーグリップ
実銃の模型であるトイガンには、実銃には出来ないトイガンならではの楽しみがあります。実銃のグロックのグリップパネルはグリップフレームと一体成形なので交換することが出来ません。 しかし電動G18Cはグリップパネルを取り外すことが出来ます! ならば自分の好みに合せて交換するっきゃない!! ということでラバーグリップを作ってみました。 滑りにくく手に馴染み、スタイルもCool!! 取り付けも簡単です。 価格は¥1500(税別)で好評発売中です。



カーボングリップ
カーボンプリントではありません! ドライカーボン製の贅沢な逸品です!! 見る角度によって微妙に表情を変える面白さはドライカーボンならでは! 貴方のG18CをよりCoolに演出します。 価格は¥3200(税別)で好評発売中です。




東京マルイ 電動M93R用パーツ













東京マルイ電動ガン・ハンドガンM93R用  ダイレクトマウント 
(マルゼンM93Rにも使えます)

マルイは電動、マルゼンはガスガン。 いずれもブローバックガスガンを遥かに凌ぐ高い命中精度を実現しています。  
せっかく当たる銃なんだからダットサイトを付けてしっかり狙いたいですよねってな訳でスライドに直付けのマウントベースを製作しました。  
マウント本体はアルミ製で軽量、しかもローマウント、さらにボルトオンで簡単装着! マルイM93R、マルゼンM93R共用です。
価格は¥3500(税別)

東京マルイ 電動M93R用 グリップスクリュー
銃にもワンポイントのお洒落はいかが? アルマイト仕上げが美しいグリップスクリューでお手軽にお洒落を楽しみましょう!
色は、ガンブルー、シルバー、ゴールドの3色。
価格は¥1000(税別)


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com


  


Posted by ドクターあみーご at 10:22製品紹介

2010年12月16日

もうすぐ新発売

APSシューター待望の APS3 LE2011 がもうすぐ発売されますね。 

APS3の限定モデルはシリンダーに美しいカラーアルマイト処理が成されます。 LE2010では赤でしたが、LE211は紺色です。  せっかくですから他のパーツもカラフルにしてみては如何でしょう?

APS3 LE2011にDXマウントベースやNEWサイドシフトコッキングノブやRサイトノブを付けるとこんな感じに成ります(^^)
※写真はフォトショップによって合成したイメージ画像です。
 
残り少なく成ってきました!
APS3 用
DXマウントベース 
¥15800(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=165
APS3は、そのままではダットサイトを取付ける事が出来ません。  マウントベースが必要に成ります。  DXマウントベースは119gと軽量化で、しかも別売りの バラストスクリュー(1個1.6g)によって重さやバランスを好みに合わせて自在に調整出来るように成っています。  バラストスクリューは最高22個まで取り付けられるように成っており、22個全部付けると154gまでウエイトアップする事が出来ます。  チームKホビーのマスター3人衆をはじめ、トップシューターの皆さんにお使い頂いております(^^)v






カラーは、ブラック、シルバー、ゴールド、レッド、スカイブルー、ガンブルー、ピンク、グリーン、パープルの全9色!  色によっては極少数生産ですのでお早目に!



APS3 用
NEWサイドシフトコッキングノブ ¥5200(税別)

まもなく品切れに成ります。

ダットサイトを搭載する位置は目に近いほど視野が広くなります。  また、重量バランスも手前に移動する訳ですから銃の体感重量も軽くなります。 APS3はコッキングレバーが銃の上面に有る為、コッキングノブに干渉しない位置までしかダットサイトを手前にもってこれません。 そこで、コッキングレバーを短くカットして横にノブを出す事で、ダットサイトの搭載位置をノーマルより25mm手前にマウント出来る様に致しました。 

コッキングノブはネジ止めなので、ネジを外して逆向きに付け直せば左利きの方でもOKです。 また、ノブの位置は従来よも高い位置になっているので手の大きい方でも親指がノブに触れずらくなっています。  カラーは、ブラック、シルバー、ゴールド、レッド、スカイブルー、ガンブルー、ピンク、グリーン、パープルの全9色!  マルゼンさんから純正コッキングレバーを支給してもらって製作しているので極少数生産です。 早い者勝ちですよ(^0^)/

APS3用  Rサイトノブ  各¥1680(税別) 
操作性が向上し、カラフルにドレスアップ出来るRサイトノブ。   色はシルバー、ゴールド、ガンブルー、スカイブルー、レッド、ピンク、グリーン、パープルの8種類をご用意。  少量生産ですのでお早目にどうぞ(^^)/ 
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=117

KSC GP100/AP200用も各¥1780(税別)で好評発売中です。 
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=118



APS3用 
コンペセイター&FサイトセットDX  
¥17800(税別)
 
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=149
































 APS3を撃った時、フロントが軽過ぎて安定しにくいと感じた事は有りませんか? コンペセーター&Fサイトセットは純正品の18gに対して73gと、50g以上も重量アップします。 また、両サイドの穴には別売りのバラスとスクリュー(8個入り¥2600税別)を取付ける事が出来ます。 バラストスクリューは1個1.6gで最高8個まで取付けられますので、好みに合わせて重量バランを調整する事が出来ます。 更にロングサイズなので純正より35㎜ほどサイトレディアスが長く照準精度が向上します。 もちろんAPSカップの銃全長の規定範囲内ですし、ビアスレ&シューティングの銃全長もクリアしています。また、コンペセイターとシリンダーとを繋ぐ事で剛性を高め、発射時の共振も抑えます。 しかも、Fサイトはエッジがビシッと立ったアルミ削り出しで5㎜幅と2.5㎜幅の2種類、Rサイトブレードはノッチ幅が2㎜と3㎜の2種類が付属します。 2.5㎜幅のFサイトを使えばシルエット競技の10mもターゲット見やすくなりますよ〜!


セットの他にバラ売りも有ります。
APS3用 
コンペセイター & Fサイトセット各色¥15800(税抜き)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=119 

APS3コンペセイター用
F&Rサイトセット
 ¥3980(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=147



APS3用 アウターバレル 各色¥4800
ノーマルのAPS3を軽すぎると感じる方は多いと思います。 APS3はAPSカップだけでなく、オリンピック競技である近代五種の若手発掘・育成を目標の1つに掲げるビアスレ&シューティングでの使用を前提に作られている為、子供でも扱い易い様になるべく軽く作られているのでしょう。 そこで、当社新製品APS3用アウターバレルは、重量増(純正18.7gに対して51g)による据銃安定性の向上と、ドレスアップを目的として製作致しました。 アウターバレルのチャンバー側の側面には当社自主基準に基づき、口径以上の穴を明けて改造防止対策としています。 そして、この穴を隠す為に真鍮製のカラーを付属させました。 カラーバリエーションは8色。 レッド、ピンク、ガンブル-、スカイブルー、シルバー、ゴールド、グリーン、パープルと成っております。
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=144
  


Posted by ドクターあみーご at 08:16新製品情報

2010年12月14日

巨大インドアフィールド

静岡県焼津市にオープンした
インドアサバイバルゲームフィールド
「SPECIAL FORCE」
さんがクリスマスイベントを開催します。
 造船所跡を改造した1000㎡のフィールドには総延長110mを超える空中廊下が有り、階層を利用し立体的に攻略することが可能だそうです。  しかも屋内シューティングレンジも有り、その広さは約30m×10m! 25mのロングレンジシューティングが可能だとか。  凄いですね〜(^^)

*SPECIAL FORCE X’mas Partyのお知らせ

日 時 :12月25日(土) 16:00~
参加費 : 2500円  何かちょこっと持ち寄っていただけるとウレシイです(*>▽<*)ゞ・
         特製ケーキ サバイバルVer付き。 
内 容 : 通常のゲームの他に、射撃の早さと正確性を競う シューティングパーティー を行います。
得点を多く獲得された方にはSPECIAL FORCEからクリスマスプレゼントを贈呈いたします。
シューティング競技の内容は、ハンドガンによるスピードシューティングと合わせてライフルを使った精密射撃もある多彩な内容の予定です。


← 2Fの休憩スペースも広々! ここでもサバゲが出来そうです(^^;)


お問い合わせ・お申し込みは SPECIAL FORCEホームページからお願い致します。
http://specialforce.jp/


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 20:07エアガンシューティング

2010年12月14日

好評発売中!

巷では東京マルイのG18Cが大人気ですね。  グロックはフレームにアクセサリ−レールが有りますから結構拡張性も高く、タクティカルライトを付けたりダットサイトを付けたりイロイロ遊べます。  東京マルイのグロックシリーズは(っていうより東京マルイの製品全般ですけど)とても良く当りますからダットサイトを付けたく成るのも当然ですね(^^)


各社グロック用
TACマウント Type e  ¥4300(税別)

フレームのアクセサリーレールに滑り込ませて下からイモネジ2本で固定します。  取付けはとっても簡単です(^^)v   しかも、極限までのローマウントにも関わらず、マウントを付けた状態でもフロントサイトとリアサイトを使って狙う事も出来ます。
材質はアルミダイキャストですので軽量です!  下部にはマウントリングを使ってフラッシュライトを取付けたり、レーザーサイトを取付ける事も出来ます。
 





















ところで、こんなのを見つけました。  なんだか、やけに安いですね〜?  
商品名は微妙に違うし、メーカー名もハッキリ書かれていませんね??
とても残念な気分に成りました・・・
http://echigokuko.militaryblog.jp/e180864.html





カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com



  


Posted by ドクターあみーご at 09:53製品紹介

2010年12月12日

AK47ハイサイクル

東京マルイの新製品 AK47ハイサイクル が、もうすぐ発売に成りますね。
βスペツナズも人気有りましたが、ハイサイでは20mmマウントレールを標準装備していて更に使い易く成っています。  AKファンには見逃せない一品ですね。
って事で、AK47ハイサイクル用にお勧めのパーツをご紹介しましょう(^^)/

AKシリーズ用 
EXマガジンキャッチ

トリガーガードに取り付けることでグリップを握ったまま人差し指でマガジンキャッチを操作できる便利アイテムです。 これさえ有ればクイックリロードも思いのまま! 無骨なデザインもAKにピッタリです! グリップを握ったまま人差し指で操作できます。 
EXマガジンキャッチを銃口方向へ押すとマガジンキャッチが作動してマガジンが外れます。 もちろん左利きの方でもOK(^^)/
更に、普通にマガジンキャッチを操作することも出来ます。 EXマガジンキャッチは好評発売中です。 ¥2800(税別)
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=78











カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com





  


Posted by ドクターあみーご at 07:41製品紹介

2010年12月11日

鋭意製作中!

STEEL CHALLENGE 2010 で使用した新型グロックアキュコンプのエアガンバージョンを現在、鋭意製作中です!
フリーダム・アートは「実銃のパーツの模型ではなくエアガンの魅力を高める製品づくりをする」という姿勢を貫いてきました。  どうすれば使いやすく成るか?  どうすれば精度を高められるか?  その答えの一つがアキュコンプ・シリーズです。  東京マルイのハイキャパ用としてスタートしたアキュコンプですが、今ではグロック用にまでバリエーションを増やしています。  
 さて、8月にロス郊外で開催された World Speed Shooting Championsips STEEL CHALLENGE 2010 に、実銃用にデザインし、ネバダ州のマスターガンスミス、ジーン・シューイ氏の協力によりアメリカで製作したグロック アキュコンプを装備したカスタムグロックで参加致しましたが、月刊GUN12月号やコンバットマガジン11月号のSTEEL CHALLENGE 2010の記事の中で紹介されました (^0^)/

 ベースとなる銃の性能を、その目的に応じて高める為にパーツをデザインするという作業はエアガンでも実銃でも同じです。  ならば、実銃用のパーツをデザインする事も可能なはず。   実銃用グロック アキュコンプはフリーダム・アートのデザインが実銃の世界でも通用するかどうかを確かめる為の試みでした。   残念ながらダットサイトの故障で、途中から別の銃に切り換えねばなりませんでしたが、アキュコンプ自体のパフォーマンスは、5月にネバダ州のマスターガンスミス、ジーン・シューイ氏のワークショップを訪ねた時に完成させた 最初の実銃用グロック アキュコンプ を上回る事が確認でしました。   充分実銃用パーツとして通用するレベルです(^^)
フリーダム・アートのデザインが間違っていなかった事を確認する事が出来ました。


 今回使用したのは、ジーン・シューイ氏とのデザインコラボによる新作で、より軽量に、よりコンペセイターの効率を高めるデザインに成っています。  実際に撃ってみると、前作よりも軽量化されているにも関わらず銃口の跳ね上がりがとても少なく、コンペセイターの効果を実感する事が出来ました(^^)v

ちなみにこれは5月に渡米した際に撮った、最初の実銃用グロックアキュコンプの実射映像です。


東京マルイ G17用
グロックアキュコンプD
は鋭意製作中です!   ご期待下さい!!



さて、ここで東京マルイG17(&G18)用パーツをご紹介しましょう!


G17用 アキュコンプシステムA
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=131
 東京マルイG17の戦闘力をアップします! コレを付ければ無骨なグロックもスポーティーに変身! アキュコンプシステムは命中精度重視のφ6.1バレルにジュラコン製スリーブを差込み、アルミ削出しのマウントベース一体型コンペセイターで保持する事によってインナーバレルを固定します! CRスピードやゴーストなどのマッチ用ホルスターが使用出来ます。 左右どちら側にも取り付けられるサムレストも標準装備にしました。 しかも究極のローマウントを実現! 更にC-MOREなどを直付けにも出来ます。
各色 ¥24000(税別) 
特別色はスカイブルー、パープル、グリーンが品切絶版となりました。 他の色もの残り僅かです m(__)m


G17用 アキュコンプシステム B
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=142
大好評の東京マルイG17用アキュコンプにニューバリエーションが登場! 命中精度重視のφ6.1バレルにジュラコン製スリーブを差込み、アルミ削出しのマウントベース一体型コンペセイターで保持する事によってインナーバレルを固定します! コンペセイターの下部をごっそり削り取ったデザインにした為、見た目の軽快感だけでなくアキュコンプAに比べて20gの軽量化 になっています。 より、スピードを要求されるスチールチャレンジ系のマッチには特にお勧めです! しかも、フレーム下側に廻り込まないデザインなので、CRスピードやゴーストなどのマッチ用ホルスターが使用出来ます。 また、銃をしっかりホールドする為にサムレストも標準装備にしました。 左右どちら側にも取り付けられますから右利きでも左利きでもOK! 更に、究極のローマウントを実現! しかもダットサイトの載せ方は3通りです。 付属の20mmレールを使っても良いし、別売りのC-MORE用スクリューセット(各¥1500税別)を使えばマウントレールを使わず、より低く取付ける事が出来ます。 色はブラック、シルバー、ゴールド、レッド、ガンブルーの他、特別色としてスカイブルー、ピンク、パープル、グリーンも極少量ご用意しました。 品切れの際はご容赦下さい。 各色¥24000(税別)
特別色はスカイブルーが品切絶版となりました。 他の色もの残り僅かです m(__)m




スライドラッガー
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=132
スライドラッガーはスライドの操作を素早く行う為のレバーです。 オートマチックでは、どんなにチューニングされたカスタムガンでもジャムを100%無くす事は出来ません。 そこで、素早いスライド操作を可能にするスライドラッガーが必要になるのです。 東京マルイのG17、G26、G26アドバンスに使用出来ます。 
各色¥3500(税別) 特別色は残り僅か!


アキュコンプシステムA、B用 
C-MOREスクリューセット

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=133
東京マルイG17用アキュコンプシステムAには20mmレールが付属していますが、これを使わずにダイレクトにC-MOREをマウントする事が出来ます。 ダットサイトの取付けは低ければ低いほど照準精度が上がりますし、見た目もスッキリしてカッコ良くなります。尚、C-MOREに付属のネジはインチ規格の為、使えませんのでご注意下さい。 ¥1500(税別)

フラッシュサイト  http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=85
フラッシュサイトは自然光を集めて発光する集光アクリルを採用し、ダットサイトに匹敵する素早いサイティングを可能にします。 真っ暗闇では発光しませんが夕方や室内などの薄明かりの下では最もその威力を発揮します。

別売りの集光アクリルセットを使ってフロントとリアの色を変えれば更に狙い易くなります。 レッド/グリーン 各 ¥4380(税抜き価格)



フラッシュFサイト
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=127


周囲の光を集めて光る集光アクリルを採用したフラッシュサイトシリーズは、ダットサイトのような素早いサイティングを可能にしますが、ダットサイトのようにかさばらず、電池も必要有りません。 この機能を手軽に体験して頂こうと、お手頃価格のフラッシュFサイトをご用意しました。フロントサイトだけでもフラッシュサイトの狙い易さを充分に体感して頂けると思います。 各色¥2200(税別)
※G26アドバンスには使用出来ません。 また、アキュコンプシステムとの併用は出来ません。

TACマウントType e

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=54

ダットサイトやスコープを取付るマウントベースです。ボルトオンで簡単に取付られ下部にはフラッシュライトやレーザーサイトを取付けられます。アルミダイキャスト製で軽量で耐久性も抜群。 ¥4300(税別)
※アキュコンプシステムとの併用は出来ません。



ロングマガジンキャッチ
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=124
コンシールドキャリーウエポンであるG26は、引っかかり少なく、また、誤作動を防ぐ為、マガジンキャッチの操作性が良くありません。 そこでマガジンキャッチを押しやすくする為、敢えて2㎜延長しました。 丈夫な亜鉛ダイキャスト製ですから耐久性も向上しています。 もちろんG26アドバンスやG17にも使用出来ます。
ブラック¥2500(税別) シルバー¥2900(税別) ゴールド¥3500(税別)

マグバンパー
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=125
マガジンを落下の衝撃から守ります。 ブラックやODはグロック17カスタムにぴったりです(^^) また、レッドやブルーでトレーニング気分を盛り上げるのも良いかも。 G17、G26、G26アドバンス用です。
各色¥1200(税別)




東京マルイ グロク17シリーズ用
アキュコンプシステムC
¥16800(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=154

従来のアキュコンプシステムに比べると小振りですが、ちゃんとインナーバレルを固定して命中精度を高めていますし、別売りのVP70用サイレンサーアダプターを使う事で各種サイレンサーを取付ける事も出来ます。 サイレンサーはアウターバレルに取付けるのが一般的ですが、ガスブローバックの場合、アウターバレルはスライドと共に数ミリ後退しますので、アウターバレルにサイレンサーを付けてしまうと作動抵抗に成ってしまってブローバック作動が不調になる事が有ります。 アキュコンプの場合はアウターバレルではなくフレーに固定されたフロントブロックに取付けるので、ブローバック作動に悪影響を与えません!
 更に、周囲の光を集めて光るフラッシュFサイトも標準装備! 集光アクリルはレッドとグリーンの2色付きです!! しかも、インナーバレルの交換は必要ですが、アクセサリーレールに取付ける方式なのでフレーム側は分解する必要が有りません。 組込みはとっても簡単です(^^)














カスタムパーツならフリーダム・アート  http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 07:21新製品情報

2010年12月09日

大好評DXマウントベース


いよいよAPS3の2011年限定モデルが発売されますが、APS3 LE2011にDXマウントベースやNEWサイドシフトコッキングノブやRサイトノブを付けるとこんな感じに成ります(^^)
カラーは、ブラック、シルバー、ゴールド、レッド、ピンク、スカイブルー、ガンブルーが有ります(パープルとグリーンは売り切れました。) 
※写真はフォトショップによって合成したイメージ画像です。
  
残り少なく成ってきました!
APS3 用
DXマウントベース 
¥15800(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=165
APS3は、そのままではダットサイトを取付ける事が出来ません。  マウントベースが必要に成ります。  DXマウントベースは119gと軽量化で、しかも別売りのバラストスクリュー(1個1.6g)によって重さやバランスを好みに合わせて自在に調整出来るように成っています。  バラストスクリューは最高22個まで取り付けられるように成っており、22個全部付けると154gまでウエイトアップする事が出来ます。  チームKホビーのマスター3人衆をはじめ、トップシューターの皆さんにお使い頂いております(^^)v



また、ダットサイトの取付け範囲は従来品より広く成っていますので、ダットサイトの取付け位置によってもバランスを調整出来ます。

 更に、フロントサイト(厚さ5mm)を標準装備しているのでオープンサイト部門でも使えます。  ちなみに、別売りのF&Rサイトセットを使用する事で、フロントサイトやリアサイトの幅を変えたり、リアサイトの高さを変えたり出来ます。
ちなみに、別売りのF&Rサイトセットには2.5mm幅のフロントサイトと2mm幅&3mm幅のリアサイトブレードが入っています。







カラーは、ブラック、シルバー、ゴールド、レッド、スカイブルー、ガンブルー、ピンク、グリーン、パープルの全9色!  色によっては極少数生産ですのでお早目に!
もちろん NPO日本エアースポーツガン協会の承認を得た 公式認定競技銃専用パーツ ですから、取付けた状態でもメーカーの保証を受けられます。 安心してお求め下さい。

APS3 用
NEWサイドシフト
コッキングノブ 
¥5200(税別)
まもなく品切れに成ります。

ダットサイトを搭載する位置は目に近いほど視野が広くなります。  また、重量バランスも手前に移動する訳ですから銃の体感重量も軽くなります。 APS3はコッキングレバーが銃の上面に有る為、コッキングノブに干渉しない位置までしかダットサイトを手前にもってこれません。 そこで、コッキングレバーを短くカットして横にノブを出す事で、ダットサイトの搭載位置をノーマルより25mm手前にマウント出来る様に致しました。 



コッキングノブはネジ止めなので、ネジを外して逆向きに付け直せば左利きの方でもOKです。 また、ノブの位置は従来よも高い位置になっているので手の大きい方でも親指がノブに触れずらくなっています。

 カラーは、ブラック、シルバー、ゴールド、レッド、スカイブルー、ガンブルー、ピンク、グリーン、パープルの全9色!  マルゼンさんから純正コッキングレバーを支給してもらって製作しているので極少数生産です。 早い者勝ちですよ(^0^)/

※もちろん NPO日本エアースポーツガン協会の承認を得た 公式認定競技銃専用パーツ ですから、取付けた状態でもメーカーの保証を受けられます。 安心してお求め下さい。





















せっかくなので、年内のAPS練習会情報もご紹介しましょう(^^)/

蔵前カップ
主催:蔵前工房舎
日時:12月11日(土)
     受け付け開始 午前10時30分より。
     競技開始   午後1時。
場所:蔵前工房舎レンジ。
内容:APSカップライフルクラスに準じます。
エントリー料:¥1,500-。 
   エントリー希望の方は下記アドレスまで、御名前、ご連絡先を明記の上、
   タイトル名「12月11日蔵前カップエントリー希望」にて、御申し込み下さい。
     御申し込み先→ k_factory_2007@yahoo.co.jp
   折り返し、エントリー受付の御連絡を差し上げます。
   尚、定員20名にて締め切りとなりますこと、何卒御了承下さい。
詳しくは http://kuramaekoubou.militaryblog.jp/

ASW練習会
主催:関西APS射撃友の会
日時:12月11日(土)
       9:00~17:00頃まで
場所:國友銃砲火薬店4階 射撃場 にて
        (京都市下京区寺町通仏光寺東入中之町)
参加費:午前・午後各1,000円(終日参加で2,000円です)+ 公式ターゲット代
     ※今回は、午前中ライフルクラス練習、午後からハンドガンクラスの
      練習を行います。
連絡先:塚本素行  mototoshi@s3.dion.ne.jp

第8回 フロンティアAPS練習会
主催:ホビーショップフロンティア
開催場所:フロンティアビル1F特設シューティングレンジ
開催日時:12月12日(日)
開催時間:ライフルクラス 11:00~13:30
     ハンドガンクラス 13:30~17:00(予定)
         ※参加者多数の場合、開始及び終了時間が変更となる場合があります。
参加費:1クラスのみ 2,000円
    両クラス参加 3,000円
         ※会場の都合により、ハンドガン、ライフル、各クラス共に定員24名とさせていただきます。
エントリー&問い合わせはコチラ → 精密射撃情報部 shooters_room@yahoo.co.jp
       ※基本的に毎週日曜はAPS練習会を開催していますが
        12月の予定はフロンティアさんにお問い合せ下さい。

問合せ先:ホビーショップ フロンティア TEL 03-3901-2748 http://www.frontier1.jp/

APS & プレート競技練習会 
主催:フリーダム・アート
日時:12月12日(日) 10:00より
   詳しくはフォアフロントへお問い合わせください。
場所:フォアフロント・シューティングレンジ(群馬県高崎市)
参加費:¥1500
内容:シューティングレンジ1FではPMCや JSC の練習会、
    2FではAPSカップのハンドガンとライフルの練習会を行います。
    試合形式ではないので苦手種目を集中的に練習したり、銃の調整をし
    ながらの練習も出来ます。 
問い合わせ:フォアフロント TEL 027-450-7380
      http://www2.ocn.ne.jp/%7Ef-front/

ケイ・ホビー APSカップ公式練習会

主催:ケイ・ホビー
日時:12月19日(日) 9時〜12時
場所:BLAM!! (埼玉県所沢市)
内容:APSカップ ハンドガンクラス公式練習会
参加費:1000円
詳しくは BLAM!!  TEL 04-2990-4755 までお問い合せ下さい!

てるさん杯
主催:てるさん
日時:12月25(土) 13時~17時なのですがライフルは
   人数が少ない場合は2ゲームやります。2ゲーム目は
   15時ごろから行います。
場所:蔵前工房舎 (東京都台東区)
参加費:¥1,000
内容:APSカップ ライフルクラス 定員20名
詳しくは、てるさん t.ohta.eagle@gmail.com ブログ http://teru2.militaryblog.jp/
     又は、蔵前工房舎 TEL 03-5820-0630

APS系パーツならフリーダム・アート  http://freedomart.militaryblog.jp/e149093.html
  


Posted by ドクターあみーご at 20:07APSカップ

2010年12月09日

JANPS2010参戦記8

さて、いよいよ競技開始です。  
JANPS は毎年アメリカで開催されるNRAビアンキカップをエアガン用にスケールダウンした競技です。 「バルン!」と90度回転して、一定時間だけ正面を向き、時間が過ぎるとまた回転して横向きに成ってしまい、ターゲットが正面を向いている間しか撃てないターンターゲットを使用したプラクティコウイベントや、同じターゲットを使い、なおかつバリケイドの横からターゲットを狙って撃つバリケードイベントや、直径8cmのプレート6枚を距離や時間や射撃姿勢を変えて撃つフォーリングプレイトイベントそして、3mの距離を4秒弱で駆け抜ける移動ターゲットを撃つムーヴィンターゲットイベントの4種目で構成されています。
我々は、ムーヴィンターゲット、フォーリンプレイト、バリケイド、プラクティコウの順で撃ちます。

ムービンターゲット は
ハンズアップの姿勢でスタンバイ。  2〜5秒後にターゲットが動き出すので壁からターゲットの一部でも見えたら競技開始です。  プラクティコウやバリケイドで使用しているのと同じペーパーターゲットが、3mを3.5秒のスピードで駆け抜けます。  これを4m、5m、6m、7mで右から左を1回、左から右を1回撃つのですが、ターゲットが移動しているので、そのまま狙って撃ったのでは弾がターゲットに届くまでの間にターゲットは移動してしまいます。  そこで、その分を見越してターゲットの進行方向に狙点をズラシて(リードを取って)撃つのですが、コレがかなり難しい(><)!  なにしろ距離が変わればリードの取り方も変えなくては成りません。  しかも11月ですから1発撃つ毎にマガジンは冷え微妙に初速が変わります。  初速の変化を最小限に抑える為にマガジンの温度管理が重要になってきます。  今年はミノッチさんがムーヴィンターゲット作ってくれたので、群馬フォアフロントの練習会で事前練習を積んできました。  リードの量も把握していましたし前日の練習でリードの量もチェックしておきましたので、それなりに自信が有ったのですが本番は甘くないですね〜(^^;)  いきなり撃沈です・・・ 
4m 6発  右→左  左→右 
5m 6発 右→左  左→右 
6m 3発  右→左  左→右  右→左  左→右 
7m 6発  右→左  左→右  右→左  左→右


フォーリンプレイト は
ハンズアップの姿勢でスタンバイ。  ブザーの合図で競技開始です。   直径8cmのプレイトが25cm間隔で6枚並んでいて、4m、5m、6m、7mの距離から2回ずつ撃ちます。  最も遠い7mからでも現在のエアガンの性能から言えば外す事は無いはずです。 しか〜し、実際にはそう簡単ではありません。   当ればプレートは倒れ、外せば残ります。 2人で並んで撃つので隣の様子が嫌でも目に入ります。 しかも、ギャラリーの視線も背中にビシビシ感じます。 このような状況では、緊張で膝は笑い、手は震えます。  マッチプレッシャーをどう克服するかが勝敗の決め手と成ります。  的に当れば10点、外すと0点ですから、たった1発のミスで大きな差が生まれます。  実はプレイトが一番の不得意種目で練習でも結満射は1度も出ませんでした。 本番では時間感覚が狂ってしまいタイムオーバーで6枚目の的に当ったBB弾がむなしく跳ね返される様を何度も見る事に成りました(><)   
4m 4秒6発 を2回
5m 5秒6発 を2回
6m 6秒6発 を2回
7m 7秒6発 を2回


バリケイド は
横に2枚並んだペーパーターゲットは、最初は横向きに成っていて撃つ事が出来ません。  両手の掌をバリケイドに付けた状態でスタンバイ。   ターゲットが90度回転して正面を向いたら競技開始です。  規定の時間を過ぎるとターゲットは再び90度回転して横を向き撃てなくなります。 なにもターゲットが回転しなくても競技は出来るのですが、やっぱり動きの有るターゲットは良いものです。 見た目に面白そうですし、USビアンキカップみたいで気分が盛り上がります。
4m,5m,7m,8mから撃つのですが、目の前に有るバリケイドの左右から1回ずつ撃ちます。 撃つ時、バリケイドに手や銃が触れても良いので、多くの選手はシュラウドと呼ばれるスライド部分を殆ど覆ってしまうような大型のマウントベースを使い、シュラウドの左右から生えているウィングと呼ばれる突起をバリケイドに当てて銃とバリケイドを掴んで固定して撃ちます。 この撃ち方だと、私ですら満点は難しく無いのでは? と思える程です。  実際はタイムオーバーが有ったり、タイムオーバーギリギリで5点圏に飛ばしたり・・・  なかなか上手くいきません(^^;)
4m 4秒6発(左右1回ずつ)
5m 5秒6発(左右1回ずつ)
7m 7秒6発(左右1回ずつ)
8m 8秒6発(左右1回ずつ)



プラクティコウ は
バリケイドと同じ90度回転するターゲットを使います。 2つのターゲットの間隔は10cm狭く、高さが10cm程低くなっています。  両手を肩より高い位置にあげるハンズアップの姿勢でスタンバイ。  ターゲットが90度回転して正面を向いたら競技開始、規定の距離から規定の時間内に規定の弾数を撃ち込み得点を競います。 

4m 2秒2発(左右に1発ずつ)
      3秒4発(左右に2発ずつ)
      5秒6発(左右に3発ずつ)ウィークハンドのみ
5m 3秒2発
      4秒4発
      5秒6発ストロングハンドのみ
7m 5秒2発
      6秒4発
      7秒6発
8m 6秒2発
      7秒4発
      8秒6発

プラクティコウでは、4m2秒2発と5秒6発のウィークハンド、そして5m5秒6発のストロングハンドが難関です。 コレを攻略出来れば難しい事は有りません。 なにしろ10点圏は直径8cmも有るのです。  フォーリンプレイトでもそうですが、7mや8mではプローン姿勢で撃つ選手もいます。  プローンの場合、銃を床に着けても良いルールなので、専用のバンパーを使用すれば安定して確実に当てる事が出来ます。  しかし、限られた時間内にプローン姿勢に入るにはナガタ・イチロー氏考案の「高速プローン」をマスターする必要が有ります。

結局、練習した割には、その成果を出す事が出来ませんでした。 残念(><)!

つづく



お知らせ
JANPSオフィシャルHPにて、参加選手の銃(カップガン)の写真を展示中です。  JANPSは、変化に富んだ4つの種目で構成されており、選手の皆さんは少しでも有利に闘う為に工夫を凝らした独特なカスタムガンを使用します。  それがカップガンです。  基本的にはNRAビアンキカップで使われる本場アメリカのカップガンを踏襲していますが、エアガンならではのアレンジも加えられています。  人それぞれにイロイロな工夫が凝らされていて興味深いです(^^)  
是非「ギャラリー」をクリックしてみて下さい。  ちなみに、内容は少しづつ更新されていますので、1度見たからと言って油断出来ませんぞ!  

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com

  


Posted by ドクターあみーご at 07:31JANPS

2010年12月08日

JANPS2010参戦記7


2010年11月14日、JANPSの開会式はあすなろ体育館の開場前の時間を利用して駐車場で行なわれます。  これも大人数をさばく為の工夫です。  11月の朝の肌寒さもなんのその。 集まった選手のハートは熱く燃え上がっているのでした(^^)

競技委員長のバブルスさんからルール説明が行なわれます。  ちなみに今回バブルスさんはJANPSルールの成文化やオフィシャルHPのリニューアルに大活躍でした。

開会式では、今年、APSカップ、ジャパンスティールチャレンジ、USスチールチャレンジ、プレイトマスターズチャンピオンシップで上位入賞されたトップシューターが紹介されました。
JANPSはスピードと精度の両方を要求される競技ですから、スピード系と精密射撃の両方からトップシューターが集まって来るのです。

さて、開場の時間に成りました。  いよいよJANPS2010の開幕です(^^)

つづく


お知らせ
JANPSオフィシャルHPにて、参加選手の銃(カップガン)の写真を展示中です。  JANPSは、変化に富んだ4つの種目で構成されており、選手の皆さんは少しでも有利に闘う為に工夫を凝らした独特なカスタムガンを使用します。  それがカップガンです。  基本的にはNRAビアンキカップで使われる本場アメリカのカップガンを踏襲していますが、エアガンならではのアレンジも加えられています。  人それぞれにイロイロな工夫が凝らされていて興味深いです(^^)  
是非「ギャラリー」をクリックしてみて下さい。  ちなみに、内容は少しづつ更新されていますので、1度見たからと言って油断出来ませんぞ!  

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com

  


Posted by ドクターあみーご at 07:31JANPS

2010年12月07日

JANPS2010参戦記6


さて、掛川城の見学を終えた我々は、JANPSの会場である静岡県掛川市県立総合教育センター「あすなろ」体育館へ向かいました。  会場に到着したのは3時半頃。  しかし、既に会場設営は全て終わっておりました。  今年の設営時間は史上最速だったそうです。  手伝えなくてスミマセンでした(^^;)
 プチ開会式の後、Wエントリーをしている一部の選手は競技開始です。  今年は前年を大きく上回る61名がエントリーしており、この人数を消化する為には前倒しで進める必要が有ったのです。  しかし、それほど多くの人数ではありませんから、空いているレンジでは練習が出来ます。   会場設営を終えた選手達は、それぞれ空いているレンジに散って練習を開始しました。 

ところで、今年からJANPSの機材の一部が一新されました。   JANPSも去年から50名を超える選手が集まるように成りビックマッチの仲間入りを果たしました。  機材の老朽化も理由の1つですが、大人数をさばく為には色々と工夫が必要で、機材の入れ替えはその為の工夫の1つなのです。  
プラクティコウやバリケイドで使用するターンターゲットは、昨年まではエアー駆動と電動の2種類を併用していました。  エアー駆動の場合、競技の途中でエアーの補充が必要に成りタイムロスを生じます。  そこで、今年からターンターゲットは全て電動に成りました。

フォーリンプレイトは既定時間内に6枚のプレートを撃つ競技ですが、昨年までは時間内に撃ち切れたかタームオーバーだったかの判定をジャッジが行なっていました。  この判断には熟練を要するため、今年から既定時間を過ぎるとプレイトがロックされて倒れないように改良されました。  これによってジャッジの負担が軽減され、熟練スタッフでなくてもジャッジが行なえるように成りました。
こうした事前準備のお陰で、我々選手は快適に試合を楽しむ事が出来るのです。

つづく

お知らせ
JANPSオフィシャルHPにて、参加選手の銃(カップガン)の写真を展示中です。  JANPSは、変化に富んだ4つの種目で構成されており、選手の皆さんは少しでも有利に闘う為に工夫を凝らした独特なカスタムガンを使用します。  それがカップガンです。  基本的にはNRAビアンキカップで使われる本場アメリカのカップガンを踏襲していますが、エアガンならではのアレンジも加えられています。  人それぞれにイロイロな工夫が凝らされていて興味深いです(^^)  
是非「ギャラリー」をクリックしてみて下さい。  ちなみに、内容は少しづつ更新されていますので、1度見たからと言って油断出来ませんぞ!  

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com   


Posted by ドクターあみーご at 20:07JANPS

2010年12月05日

リミテッドKY

スティール系ポスタルマッチ 
第12回 KYマッチ
≪リミテッド≫  開催決定!


 シューティングマッチには色々な種類が有ります。  私の専門分野は「お楽しみ射撃会」なのですが、競技性を重視したピリッとしたマッチも良いものです(^^)   KYマッチは「昨日の自分を超えろ!」を合い言葉に、真剣にスキルを研鑽し合い、お互いを高め合う集いです。   私は月刊GUNにトイガンシューティング・インフォメーションという連載を持っていますが、最近は「主催者側のインフォメーション」と言うスタンスから、トップシューターにスポットを当てて「シューティングマッチの楽しさ」の部分にも深く切り込もうと試みています。   トップシューターへの取材の中で、彼らが頂点を目指す為に様々な工夫や努力を日常的に続けている事を知りました。   私の関心はもっぱら銃や付随する機材に限られていましたから、トレーニングの方法やマインドセットの方法など、目からウロコでした。   トイガンシューティングの新たな魅力の発見でした。   親睦会的なマッチも楽しいのですが、ストイックな競技の世界も楽しいですよ〜( 苦しい事も多いですが(^^;) )


【 重要!】
今回よりKYマッチルールで行います。
http://www.eonet.ne.jp/~soutou/rule.html
今まで使えなかったガンも条件つきで使用可能となっていたり、細かいところも記載されていますので今一度ご確認ください。



【 今回のコンセプト 】

オートもリボもオープンサイトで勝負です!
今回は光学サイトを使用しない「リミテッドクラス」で闘いましょう(^^)/
(ルールに記載された条件をクリアしたガンで、オート、リボルバーとも「リミテッドクラス」の既定に従ってください。)


【 日時 】
(会場によって開催日が違いますのでご注意ください)
各会場とも参加希望の方は事前に連絡ください。

《新会場!》今回はテストマッチということで開催します。
上越会場(上越市 ファームセンター 体育館 ) 1月30日(日)
        9:00開場 お問い合わせはミクシィネーム「越後屋」まで
        参加費用 3000円
        18歳以下参加可能 誓約書必要  

山口会場(PAW WORKS  パウ ワークス)  1月9日(日)
        参加希望・開始時間等詳細は TEL0834−34−3779 まで
        参加費用 1000円
        18歳以下参加可能 誓約書不要

横浜会場(シューティングレンジPCM) 1月16日(日)
        http://yokohama-pcm.com/home.html
        集合12時 開始12時半   
        参加費用 3000円
        18歳以下参加可能 誓約書必要  
 
関西会場(臨海スポーツセンター大会議室)  1月23日(日)
        お問い合わせはH.B.Chalickiまで。
        参加費用 1200円  
        18歳以下参加可能 誓約書必要 

下記会場は私設レンジのため場所は公表いたしませんので、参加ご希望の方はH.B.Chalickiまで。  ただし人数のキャパの問題もありご希望に添えない場合もありますのであらかじめご了承ください。
KYマッチに関するお問い合わせは、ミクシーで H.B.Chalicki までメッセでどうぞ。
ミクシーに入っていない人は メールでお願い致します。( kymatchhead@gmail.com )   
   九州会場    1月23日(日)
        18歳以下参加可能 誓約書不要


【 コース 】

・Five to Go
・ラウンド アバウト
・アクセラレーター
・ショウ ダウン
のアレンジです。

※「自己最速」を目指すためガンコントロールには充分ご注意ください。
事故があった場合危険なのはその本人ではなく廻りの人間という認識をもってください。


KYマッチに関するお問い合わせは、ミクシーで H.B.Chalicki までメッセでどうぞ。
ミクシーに入っていない人は メールでお願い致します。
( kymatchhead@gmail.com )  
 



カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
  


Posted by ドクターあみーご at 10:06KYマッチ

2010年12月04日

発売間近!


※写真はフォトショップによって合成したイメージ画像です。
APS3 LE2011にDXマウントベースやNEWサイドシフトコッキングノブやRサイトノブを付けるとこんな感じに成ります(^^)

いよいよAPS3の2011年限定モデルが発売されます。  
「もしかしたら?」と思った方も多かったかと思いますが、APS3 LE 2011の20mmアウターバレルベースは当社が製作致しました(^^)v
当社では、私自身がAPSカップに選手として出場し続けてきた経験やトップシューターの意見を基に開発したAPS3用DXマウントベースを発売していますが、そのノウハウがAPS3 LE 2011の20mmアウターバレルベースにも反映されています。


さて、マウントベースをデザインするにあたってマルゼンさんから出された条件は3つでした。
1.マルゼン純正フロントサイトを付けられるようにする事。
2.なるべく軽量に仕上げる事。
3.APS3のケースに収まる大きさである事。
デザインのイメージは当社のマウントベースと同じで良いと言う事でした。  そして出来上がったのがコレです↑
しかし、マウントベース付き、しかもテフロンインナーバレルにステンレスシアーまで標準装備で¥39800はビックリです。  めちゃめちゃお買い得ですよマジで!   ホント、びっくりしちゃいました(^^;) 

ところで、なるべく軽量にと肉厚を出来るだけ抑えた設計にしたのですが、全長が短い事も有って当社のDXマウントベースより更に軽い103gと成りました(^^;)   ダットサイトを搭載する場合は取付け位置でバランス調整出来ますが、いくら何でも軽すぎる!って言う方は当社のDXマウントベース をお求め下さい。 バラストスクリューによって重さやバランスを調整出来ますし、カラーバリエーションも豊富です(^^)v



APS系パーツならフリーダム・アート  http://freedomart.militaryblog.jp/e149093.html
  


Posted by ドクターあみーご at 20:07新製品情報

2010年12月01日

レシーライフル発売!

遂にレシーライフルが発売に成りましたね。  生産数が少なかったようで超品薄のようですが、皆さんは手に入れられましたか?

さて、レーシーライフルにも使える、大好評の次世代M4パーツをご紹介しましょう!


次世代M4のストックパイプがゆるみやすいとお嘆きの貴兄に!
東京マルイ次世代M4用  
スイベルプレート    ¥4500(税別)   
 



次世代M4シリーズのストックパイプの「ゆるみ」「ガタつき」にお悩みの方は居ませんか?
ストックパイプにはリコイルを発生させるメカニズムが内蔵されており、これはメカBOXと繋がっています。   分解を繰り返すとストックパイプの「ゆるみ」「ガタつき」が発生しますが、単に気分が悪いだけでなく、メカBOXにも良く有りません。    だからと言って、ストックパイプのリングを力任せに締め付けると、最悪の場合、フレームとストックパイプが破損する可能性があります。    さてさて困ったものです(^^;)
そこで、ストックパイプの「ゆるみ」「ガタつき」を解消するパーツを開発しました。
  

指さし印の突起がフレームの窪みにはまり、側面から2本のイモネジでストックパイプを固定します。   
これで バッチリ! ゆるみも、ガタつきも無しです(^0^)/ 
材質は丈夫なスチール製、もちろん、スイベルリングとしての機能もバッチリです!



マグパイプM4は、次世代M4本体の給弾パイプに差し込んで使います。 マグパイプ内部のゴムオーリングの摩擦抵抗によって保持されるのですが、重量の有る金属製では、自重によって緩んでしまう恐れが有ります。   その為、マグパイプM4は重量の軽いエンジニアリング・プラスチックを使用しています。   この素材は、軽量なだけでなく弾力も有り、肉薄のパイプ形状にした場合は、金属製よりも変形し難いだけでなく、自己潤滑性が有るのでマガジンリップに引っ張られて緩んでしまう事も有りません。    一見、なんて事無いパーツですが、さすがパカ山クラフト! 考え抜かれていますね〜(^^)v


パカ山クラフト
東京マルイ次世代電動ガンM4シリーズ用
マグ・パイプ−M4   ¥2000(税別)

品切れ中ですが、現在再生産中です。 
もう暫くお待ち下さい m(__)m

















http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=138
M4シリーズはM1911同様、多彩なカスタムパーツを組み合わせて自分だけの1丁を作り上げる事が大きな魅力です。 次世代M4シリーズも、まだパーツが出揃ってはいないものの皆さん既にいろいろカスタムしているようです。 中でもマグプルは人気のようですが、残念ながら次世代M4用のマグプルタイプマガジンはまだ無いようです。 
しかし、パカ山クラフトのマグ・パイプ-M4を使えばそんな悩みはサクッと解決! 次世代M4シリーズの銃本体側チャンバーの給弾パイプ部分に被せるようにして取付けるだけで従来M4用マガジンが使用出来るように成ります。 取外すのも簡単ですからメンテナンスも問題無し! 次世代M4用マガジンとの使い分けもOKです(^0^)/


























http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=159

 東京マルイ 次世代M4シリーズ用
ピポットピン ¥1200(税別)

ピポットピンはレシーバーとフレームとを繋ぐピンです。 次世代電動ガンはリコイルショックが売りですから、振動で抜けたりしないように純正のピンには抜け止めのCリングが付いています。   しかし、メンテナンス等の為に分解・組立てを繰り返すと・・・  そこで、「ネジ止め」というシンプルかつ確実な方法を採用しました。


http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=158
次世代M4シリーズ用
ロングMgボタン ¥2980(税別)

ロング&ワイドサイズで操作性向上! グリップを握ったまま右手の人差し指でマガジンキャッチを簡単に操作出来ます。 ロングサイズにした分、装備に引っ掛かり難くする為、敢えてチェッカーを入れず、シンプルに仕上げました。 取付けは簡単! 純正のマガジンキャッチボタンと交換するだけです(^^)


更に、G&P社の旧型M4用アンビマガジンキャッチをちょいと加工するだけで、次世代M4シリーズに取付けられるように成る便利機能も有ります(^^)v


東京マルイ 次世代電動ガン M4 シリーズ用 
スイベルリング ¥4980(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=136
CQB では、メインウエポンを右手から左手、左手から右手へと、状況によってスイッチする事が必須科目と成っています。 バリケードに、なるべく身を隠しながら射撃をする為です。 また、メインウエポンが弾切れになったり故障したりした時には、瞬時にハンドガンに持ち替えなくては成りません。 当社のスイベルリングのスリング取付け部分が半円形に成っているのは左右に銃をスイッチする際、スリングが左右にスムーズに移動してベストポジションを保つ為です。 戦術の進化と共にスリングも進化して来ましたが、スリングを取付ける金具=スイベルリングもまた進化し続けているのです。 
さて、実銃用パーツのコピー品が色々発売されていますが、その多くが次世代M4に取付ける為には加工が必要だったり、ストックチューブを外さないと取付けられなかったりします。 従来のM4シリーズであれば簡単なこの作業も、次世代M4の場合は実に面倒!  しかし、当社のスイベルリングなら無加工で簡単に取付けられます!


マルイ純正オプションパーツで似たようなモノが発売されるって?  確かにそうですが、当社のスイベルリングと比較してみて下さい。 ポジションを3カ所選ぶ事が出来るものの、1つの支点で首を振るのと、スリング取付け部が半円形で支点そのものが左右に移動出来るモノとでは、銃を左右へスイッチする際のスムーズさに差が出ます。 実際にワンポイントスリングを使って左右のスイッチをして頂ければ当社のスイベルリングの使い易さをご理解頂けると思います(^^)v
¥4980(税別)で大好評発売中です!
ちなみに、次世代電動ガンM4シリーズ用 スイベルリング は簡単な加工で従来品にも取付けられます!








詳しくは → http://freedomart.militaryblog.jp/e63641.html



http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=73
東京マルイ M4シリーズ用 
フロントマウントベース
ブラック/グレー 各¥3980(税別)

M4カービン・シリーズはスコープをレシーバーに直接取付けられます。 しかし、せっかくスコープを低くマウント出来てもフロントサイトが視界に入ってしまい狙いずらいのに気付くと思います。 そこでスコープの視界をさえぎらず、更に上下に20mm幅のマウントレールを設けて拡張性も強化してみました。 純正付属のサイドスリングアダプターも問題無く使用出来ます。   












東京マルイ M16/M4シリーズ&89式小銃用 
フラッシュFサイト レッド/グリーン各¥2500(税別)

自然光を集めて光る集光アクリル採用でダットサイトのような素早いサイティングを可能にするフラッシュサイト・シリーズのM16/M4&89式小銃用がです。 フロントサイトポストを交換し集光アクリルを接着するだけのお手軽パーツながら効果は抜群! 集光アクリルはコンパクトなショートサイズと、より強く光るロングサイズの2種類が標準装備。 お好みで選べます。 



http://www.militaryblog.jp/admin/entry.php








スコープシールド 
S ¥1600   M ¥1700   L ¥1800(税別 )
スコープやダットサイトをBB弾の直撃から守ります! 材質はゴーグルのレンズと同じポリカーボネイトです。東京マルイ純正のハイマウントベース対応で、対物レンズ30mmのダットサイト用のSレンズ径40mmまでのスコープ用のM、レンズ径56mmまでのスコープ用のLの3種類。 シールドのスペアも有ります。











ジョイントハイダー 
逆ネジタイプ ¥3800(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=156
一見単なるフラッシュハイダー。しかし、その実体はサイレンサーや各種マズルアタッチメントをワンタッチで着脱できるジョイント・パーツなのだ。












ワンタッチジョイント 
正ネジ・逆ネジ 各¥1500(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=157
各種サイレンサー・マズルアタッチメントにワンタッチジョイントを取付けておけば、ジョイントハイダーにワンタッチ着脱が可能に!! ゲーム中にサイレンサーの着脱を繰り返して敵チームを撹乱する事もできます。


 バイポットベース ¥2980(税別)
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=76
R.I.S.に取付けるハリスタイプのバイポットを取付けるアダプターです。 脱着スイベルを取付ければスリングも付けられるます。




































レイルマルチホルダー ¥3800(税別)
レイル・マルチ・ホルダーはL字型のステーにマジックテープで固定する方式なので、コレ1つであらゆる装備品をマウントできます。 R.I.S.にフラッシュライトから極太サイレンサーまでワンタッチで装着!


パカ山クラフト http://www.pakayama.com/

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com


  


Posted by ドクターあみーご at 08:44製品紹介