2011年08月31日

グロック!

東京マルイのG18Cが再販されましたね!  って事でグロック用パーツのご紹介です(^0^)/



東京マルイ グロク17シリーズ用
アキュコンプシステムC
¥16800(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=154

従来のアキュコンプシステムに比べると小振りですが、ちゃんとインナーバレルを固定して命中精度を高めていますし、別売りのVP70用サイレンサーアダプターを使う事で各種サイレンサーを取付ける事も出来ます。 サイレンサーはアウターバレルに取付けるのが一般的ですが、ガスブローバックの場合、アウターバレルはスライドと共に数ミリ後退しますので、アウターバレルにサイレンサーを付けてしまうと作動抵抗に成ってしまってブローバック作動が不調になる事が有ります。 アキュコンプの場合はアウターバレルではなくフレーに固定されたフロントブロックに取付けるので、ブローバック作動に悪影響を与えません!
 更に、周囲の光を集めて光るフラッシュFサイトも標準装備! 集光アクリルはレッドとグリーンの2色付きです!! しかも、インナーバレルの交換は必要ですが、アクセサリーレールに取付ける方式なのでフレーム側は分解する必要が有りません。 組込みはとっても簡単です(^^)












フラッシュサイト  http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=85
フラッシュサイトは自然光を集めて発光する集光アクリルを採用し、ダットサイトに匹敵する素早いサイティングを可能にします。 真っ暗闇では発光しませんが夕方や室内などの薄明かりの下では最もその威力を発揮します。

別売りの集光アクリルセットを使ってフロントとリアの色を変えれば更に狙い易くなります。 レッド/グリーン 各 ¥4380(税抜き価格)



フラッシュFサイト
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=127


周囲の光を集めて光る集光アクリルを採用したフラッシュサイトシリーズは、ダットサイトのような素早いサイティングを可能にしますが、ダットサイトのようにかさばらず、電池も必要有りません。 この機能を手軽に体験して頂こうと、お手頃価格のフラッシュFサイトをご用意しました。フロントサイトだけでもフラッシュサイトの狙い易さを充分に体感して頂けると思います。 各色¥2200(税別)
※G26アドバンスには使用出来ません。 また、アキュコンプシステムとの併用は出来ません。

TACマウントType e

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=54

ダットサイトやスコープを取付るマウントベースです。ボルトオンで簡単に取付られ下部にはフラッシュライトやレーザーサイトを取付けられます。アルミダイキャスト製で軽量で耐久性も抜群。 ¥4300(税別)
※アキュコンプシステムとの併用は出来ません。



ロングマガジンキャッチ
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=124
コンシールドキャリーウエポンであるG26は、引っかかり少なく、また、誤作動を防ぐ為、マガジンキャッチの操作性が良くありません。 そこでマガジンキャッチを押しやすくする為、敢えて2㎜延長しました。 丈夫な亜鉛ダイキャスト製ですから耐久性も向上しています。 もちろんG26アドバンスやG17にも使用出来ます。
ブラック¥2500(税別) シルバー¥2900(税別) ゴールド¥3500(税別)

マグバンパー
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=125
マガジンを落下の衝撃から守ります。 ブラックやODはグロック17カスタムにぴったりです(^^) また、レッドやブルーでトレーニング気分を盛り上げるのも良いかも。 G17、G26、G26アドバンス用です。
各色¥1200(税別)


グロック アキュコンプD 全色入荷中!
東京マルイ グロック17、18用
グロック アキュコンプD   ¥29800(税別)

ブラック、シルバー、ゴールド、レッド、スカイブルー、ガンブルー、ピンク、パープル、グリーン (色によっては極少量の生産ですのでご注文はお早目に!)

G17用 アキュコンプシステムA
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=131
 東京マルイG17の戦闘力をアップします! コレを付ければ無骨なグロックもスポーティーに変身! アキュコンプシステムは命中精度重視のφ6.1バレルにジュラコン製スリーブを差込み、アルミ削出しのマウントベース一体型コンペセイターで保持する事によってインナーバレルを固定します! CRスピードやゴーストなどのマッチ用ホルスターが使用出来ます。 左右どちら側にも取り付けられるサムレストも標準装備にしました。 しかも究極のローマウントを実現! 更にC-MOREなどを直付けにも出来ます。
各色 ¥24000(税別) 特別色は残り僅かです!


G17用 アキュコンプシステム B
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=142
大好評の東京マルイG17用アキュコンプにニューバリエーションが登場! 命中精度重視のφ6.1バレルにジュラコン製スリーブを差込み、アルミ削出しのマウントベース一体型コンペセイターで保持する事によってインナーバレルを固定します! コンペセイターの下部をごっそり削り取ったデザインにした為、見た目の軽快感だけでなくアキュコンプAに比べて20gの軽量化 になっています。 より、スピードを要求されるスチールチャレンジ系のマッチには特にお勧めです! しかも、フレーム下側に廻り込まないデザインなので、CRスピードやゴーストなどのマッチ用ホルスターが使用出来ます。 また、銃をしっかりホールドする為にサムレストも標準装備にしました。 左右どちら側にも取り付けられますから右利きでも左利きでもOK! 更に、究極のローマウントを実現! しかもダットサイトの載せ方は3通りです。 付属の20mmレールを使っても良いし、別売りのC-MORE用スクリューセット(各¥1500税別)を使えばマウントレールを使わず、より低く取付ける事が出来ます。 色はブラック、シルバー、ゴールド、レッド、ガンブルーの他、特別色としてスカイブルー、ピンク、パープル、グリーンも極少量ご用意しました。 品切れの際はご容赦下さい。 各色¥24000(税別)


スライドラッガー
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=132
スライドラッガーはスライドの操作を素早く行う為のレバーです。 オートマチックでは、どんなにチューニングされたカスタムガンでもジャムを100%無くす事は出来ません。 そこで、素早いスライド操作を可能にするスライドラッガーが必要になるのです。 東京マルイのG17、G26、G26アドバンスに使用出来ます。 
各色¥3500(税別) 特別色は残り僅か!


アキュコンプシステムA、B用 C-MOREスクリューセット
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=133
東京マルイG17用アキュコンプシステムAには20mmレールが付属していますが、これを使わずにダイレクトにC-MOREをマウントする事が出来ます。 ダットサイトの取付けは低ければ低いほど照準精度が上がりますし、見た目もスッキリしてカッコ良くなります。尚、C-MOREに付属のネジはインチ規格の為、使えませんのでご注意下さい。 ¥1500(税別)



カスタムパーツならフリーダム・アート  http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 12:26製品紹介

2011年08月30日

第16回KYマッチ結果発表!

第16回 KYマッチ成績発表!
KYマッチは「昨日の自分を超えろ!」をコンセプトに、あくまで自己最速を目指すマッチです。  内容を大雑把に言うと、5枚の鉄板を如何に早く撃ち終えるかを競うスチールチャレンジ系のスピードシューティングです。  複数の会場で開催し、結果を集計して全国ランキングを出します。  

新ルール
SECTION  http://www.eonet.ne.jp/~soutou/rule_SECTION.html
Appendix  http://www.eonet.ne.jp/~soutou/rule_Appendix.html

KYマッチには毎回サブテーマがありますが、今回は ≪プレマッチその2≫。   JSCに備えて、しっかり練習しましょうって事ですね。 
山口会場(PAW WORKS  パウ ワークス)、関西会場(臨海スポーツセンター大会議室)、上越会場(上越ファームセンター体育館)  、九州会場(私設レンジ)、北海道会場(私設レンジ)の5会場で開催され、エントリー数は36名でした。 



さて、今大会を制したのは  ヒサナガオサム選手 でした。    優勝おめでとうございます!     ちなみに、タイムは 33.96秒でした。  
ヒサナガ選手は 第15回 KYマッチ の優勝者であるばかりか、7月17日に開催された 鉄板早撃ち!九州スチール でも準優勝している九州の実力派シューターです。


↑この銃はヒサナガ選手愛銃です。   軽量なOKOサイトをアルミ板(?)のマウントベースで極限まで低くマウントしています。   リミテッドガンの時の翼型のサムガードが無くなってしまったのは少々寂しいですが、機能的かつ丁寧なつくりの素晴らしいレースガンです(^0^)/
    

第16回KYマッチ TOP10
1位 ヒサナガ オサム 九州 33.96秒
2位 ニシオカ マコト 関西 34.69秒
3位 コシコ タクヤ 北海道 36.50秒

4位 マツダ ヒデツグ 北海道 36.75秒
5位 オオスカ チシオ 北海道 36.82秒
6位 マエカワ ヒデキ 関西 37.09秒
7位 マスダ ヨシノリ 関西 37.44秒
8位 イリタニ トシアキ 北海道 37.76秒
9位 イイダ ユタカ 山口 39.04秒
10位 サワイ マサフミ 関西 39.27秒

 
さてさて、次回開催は
第17回 ≪プレマッチその3≫
【今回のコンセプト】ハマりそうな4つ。
【ルール】
8月と同じKYマッチ新ルールで行います。
競技面のSECTIONとガンレギュレーションなどのAppendixとに分かれます。
http://www.eonet.ne.jp/~soutou/rule_SECTION.html
http://www.eonet.ne.jp/~soutou/rule_Appendix.html
以前と変更されてる部分も若干あり、
安全面などの細かいところも記載されていますので今一度ご確認ください。
あと、今月より外部ソース規定が追加されます。
詳しくはAppendix A.8 を参照してください。
エア用5気圧レギュレータの購入に関しては下記のショップへお問い合わせください。
PAWワークス
      URL:http://paw-works.com/
      TEL: 0834-34-3779
      E-MAIL:shop@paw-works.com   
ガンショップ上越コレクターズ
      URL:http://www.gunshop-joetsu.jp/ 
      TEL: 025-520-6811
      E-MAIL:moriken26-andy@friend.ocn.ne.jp
 
質問は「H.B.Chalicki」へのメッセおよびメール(kymatchhead@gmail.com)でのみ受け付けます。   後日に質問内容および回答を当方よりコメント欄に記載させていただきます。
コメント欄に質問を直接記載、及びマッチ内容に関係ないと当方で判断した質問にはお答えいたしかねる場合がございますのでご了承ください。

【日時】
  (会場によって開催日が違いますのでご注意ください)
各会場とも参加希望の方は事前にご連絡ください。
初心者・初参加の方には競技前にインストラクションをいたします。

北海道会場   9月18日(日)
PM3;00開始  
        新規参加者募集を開始いたしました。
        参加希望の方は「メビウス」まで 

山口会場(PAW WORKS  パウ ワークス)  9月11日(日)
        参加希望・開始時間等詳細は 0834−34−3779 まで
        参加費用 1500円
        18歳以下参加可能 誓約書不要

関西会場(臨海スポーツセンター大会議室)  9月18日(日)
        開始時間などお問い合わせは「H.B.Chalicki」まで。
        参加費用 1400円 
        内履き必要
        18歳以下参加可能 誓約書必要
        午前 KYマッチ
        午後 フリー練習の予定 

九州会場    9月18日(日)
        18歳以下参加可能 誓約書不要
        私設レンジのため場所は公表いたしませんので参加ご希望の方は「H.B.Chalicki」まで。
        ただし人数のキャパの問題もありご希望に添えない場合もありますので
        あらかじめご了承ください。

※誓約書が必要な方はあらかじめご連絡ください。   当方で用意したものに会場で記入していただきますのでハンコをご用意ください。

【コース】
・Pendulum
・Five to Go
・Speed Option
・Round About

タイブレークステージはPendulumです。

【リザルトの発表】
mixi上に「KYマッチ」コミュがありますのでこちらで発表させていただきます。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4469104
名前は本名ではなくmixiネーム(mixi未加入の方は希望する匿名)を採用させていただきます。
基本18歳以上が参加可能なエアガンシューティングという内容ゆえコミュを非公開にさせていただいておりますが、マッチにご参加いただいた方は申請をいただきましたらただちに承認させていただきます。
総合順位と総合タイム、各ステージのトータル及び各ランのタイム発表予定です。
シューティングマッチはテッポーごっこではありません。スポーツという認識をもってください。

【その他】
スタッフは皆無給ですしKYマッチ自体が全員の協力がないと運営できませんし、
会場の全てにおいて善意によって一般シューターを受け付けていただいております。
設営、コースチェンジ、後片付け等参加者の皆さんのご協力をお願いいたします。
「自己最速」を目指すためガンコントロールには充分ご注意ください。
事故があった場合危険なのはその本人ではなく廻りの人間という認識をもってください。

KYマッチに関するお問い合わせは、ミクシーで H.B.Chalicki までメッセでどうぞ。
ミクシーに入っていない人は メールでお願い致します。
( kymatchhead@gmail.com )   


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
  


Posted by ドクターあみーご at 20:24KYマッチ

2011年08月30日

ショットガンは楽しい

マルゼンのショットガンがロングマガジン標準装備で新発売に成りますね!
最近、巷で話題のマグプルのDVDですが、ダイナミックショットガンというのも有ります。
タクティカルからウェスタンまでショットガン全般を幅広く解説しています。  これを見たらライブシェル式のショットガンが欲しく成っちゃいますね(^^;)
サバゲするなら東京マルイのM3がお勧めですが、ダイナミックショットガンごっこをするならカート式のマルゼンのM870じゃなきゃね(^^)/
マルゼンは品切れすると再生産までかなり待たされますから迷っている人は「買い」です!!! 


って事で、レシーバーの側面に貼付けるだけで銃を構えたまま射撃姿勢を大きく崩さずリロードする事が可能になるサイドシェルホルダーは、
好評発売中です!

NEWサイドシェルホルダー ¥3980(税別)  





※東京マルイのベネリやマルゼンのM1100&M870など、ライブシェル式のショットガン全般に使えますよ〜!
(もちろん例外は有りますが・・・)

ついでに、ショットガン繋がりということで、こちらもご紹介しましょう!
東京マルイ ベネリM3スーパー90&ショーティー用
 には 
フラッシュサイト 
レッド ・グリーン 各¥5980 (税別)
 も有ります。

インドア・サバイバルゲームでは近距離での撃ち合いが多くなりますが、素早いサイティングに最も適しているダットサイトも至近距離ではパララックス(銃身軸と照準線の差によって生じる照準誤差)の影響で着弾に大きなズレが生じます。 フラッシュサイトは純正のサイトとほぼ同じ高さですから照準誤差を小さく抑える事が出来る上に、周囲の光を集めて発光する集光アクリルを採用しているのでダットサイトのような素早いサイティングが可能です。


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 09:22製品紹介

2011年08月29日

大学交流会

開催迫る! 第1回 大学交流会

来る 9月1日 に 埼玉県所沢市のインドアサバイバルゲームフィールド BLAM!! に於いて 大学交流会 が開催されます!

アームズマガジンからは、ボスゲリラ、アッシュ、ケントそしてウピウピ隊が、コンバットマガジンからは小林タク、編集部の方、月刊GUNからは私(丸山)が参加します。(敬称略・順不同)

詳しくはコチラ


第1回 大学交流会

日時:9月1日(木)  午前10時集合
   今回は専門3誌の取材があるので、特別に定休日を貸し切りさせて頂きました。
場所:BLAM!!
協力:BLAM!!    アームズマガジン     コンバットマガジン    月刊GUN
協賛:フリーダム・アート
参加資格:18才以上の現役大学生
参加費:2500円  (2次募集枠のこり僅かです)
レギュレーション:BLAM!!レギュレーションで行います。 
内容:午前中
サバイバルゲーム
主に殲滅戦を行います。
1チーム5人で6チーム作る。 チーム編成はくじ引き(交流が趣旨なので)

午後から
シューティングゲーム
同じく、1チーム5人で6チーム作る。 チーム編成はくじ引き(交流が趣旨なので)


プレッシャープレート
横に5枚ずつ2列に並んだ硬質スポンジのプレートを左上から順に撃ってゆく。
使用する銃はハンドガンでもライフルでも良い。 但しセミオートのみ。
この競技は、2チーム同時進行で行う。 相手チームの選手と並んで撃ち、更にギャラリーの視線を浴びるのでプレッシャープレートと言う。
チームの組合わせはくじ引きで行う。
スタートの合図から5秒以内で1発撃つ。 1枚のプレートに対して撃てるのは1発だけ。
当たっても倒れなければ無効。 制限時間内に倒せなかった場合も無効。
倒せれば1枚10点。 プレートを外すまで撃ち続ける(外したらその選手は競技終了)。
5人全員が順番に挑戦し、倒したプレートの合計がチームの得点となる。
(満点は500点)

ザ・スナイパー
APSシルエット5枚をレンタルガン(SR2)で狙撃する。 イスに座りバイポットを使って5発撃つ。 当たっても撃ち落とせなければ無効。 撃ち落せれば1枚10点
5人全員が順番に挑戦し、撃ち落したシルエットターゲットの合計がチームの得点となる。
(満点は250点)










スピードチャレンジ
スチールチャレンジの5toGOみたいなステージを撃つ。
床につけた目印を狙う形でスタンバイ(45度スタンバイ)。 ブザーの合図でスチールプレートを撃ってゆき、5枚全てを撃ち終えるまでのタイムを競う。
右側の黄色い鉄板ターゲットはSTOPターゲットなので最後に撃つ。 その他は順不同。
撃ちもらしは1枚につき+5秒。
使用する銃はハンドガンでもライフルでも良い。 但しセミオートのみ。 弾数制限無し。
1人1回ずつ挑戦し、一番遅いタイム1個を省いた合計がチームのタイムとなる。

ピンバスター
チーム全員が役割を分担して挑む。 1回勝負!
ボーリングピンを並べる係(1名)、ボーリングピンを撃ち落す係(1名)、援護射撃をする係(3名)を決める。
ブザーの合図で、規定の台の上にボーリングピンを並べ(1本〜10本。 0本は無効)、好きな場所にカゴ(ラッキーバスケット)を置く。
ピンを並べる係りがスタート地点に戻ったら、援護射撃係がフィールド内のマンターゲットを撃ち倒す。 全てのマンターゲットを撃ち倒したら撃つのをやめてセフティーを掛け、ピンを撃ち落す係がフィールドに入り射撃を開始する(フライングは+60秒のペナルティー)。 既定のフィールド内なら何処から撃っても良い。 遠くから狙撃しても良いし、ピンに接近して撃っても良い。
ピンを台から撃ち落したら黄色い鉄板ターゲット(STOPターゲット)を撃って競技終了。 台から撃ち落したピン(1本20点)の合計がチームの得点となる。 尚、ラッキーバスケットの中に落ちたピンの得点は2倍になる。 そして、ブザーの合図からSTOPターゲットをヒットするまでの時間がチームのタイムとなる。
使用する銃はハンドガンでもライフルでも良い(ピンを並べる係は撃たない)。
ピンを撃ち落す係はセミオートのみ。 援護射撃係はフルオートOK。 弾数無制限。

※チーム対抗戦で、4つの競技の合計得点を合計タイムで割ったものが、チームの成績と成る。
同点になった場合は代表者各1名がプレッシャープレートでサドンデス。
優勝チームにはフリーダム・アートからチーム全員に賞品が贈られる。

シューティング終了後
ライターさんと対抗でサバイバルゲームを行います

大学交流会の当日ですが、
1.エントリー料はグループごとにまとめて、お釣りの無いように用意してください。
2.参加者は、エントリーフォームに記入したアドレスに誓約書を送信したので大学名等必要事項を記入してください。(誓約書の記入は、通常BLAM!!で行なわれているものです)


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
  


Posted by ドクターあみーご at 20:04サバイバルゲーム

2011年08月27日

悲願達成!




今回のUSスチールチャレンジでは、グロックアキュコンプDで8ステージ全てを消化する事が目標でした(昨年はダットサイトの故障で、途中からHさんの銃を借りて撃ちました)。
そして、目標は達成されました!  しかも、今回はHさんの銃が壊れて私の銃を使いましたから16ステージ分撃った事になります。
グロックアキュコンプDは、コンプの効きも充分、耐久性も問題無しで、バッチリでした(^0^)/



グロック アキュコンプD 全色入荷中!
東京マルイ グロック17、18用
グロック アキュコンプD   ¥29800(税別)

ブラック、シルバー、ゴールド、レッド、スカイブルー、ガンブルー、ピンク、パープル、グリーン (色によっては極少量の生産ですのでご注文はお早目に!)

 フリーダム・アートは「実銃のパーツの模型ではなくエアガンの魅力を高める製品づくりをする」という姿勢を貫いてきました。  どうすれば使いやすく成るか?  どうすれば精度を高められるか?  その答えは実践の中に有りました。   数々のシューティングマッチに参加し、自分の肌で感じ取ったものが「本物のデザイン」のヒントに成りました。  
 ベースとなる銃の性能を、その目的に応じて高める為にパーツをデザインするという作業はエアガンでも実銃でも同じです。  ならば、実銃用のパーツをデザインする事も可能なはず。   私の信じる「本物のデザイン」が、実銃の世界でも通用するかどうかを確かめる為、実銃用グロック アキュコンプの製作に踏み切りました。
2009年の夏、USスチールチャレンジに参加した後、AGI所属のマスターガンズミス、ジーン シューイさんのワークショップを訪ねました。    その時、実銃用アキュコンプの開発に協力してもらえる事に成り、翌年の五月には最初のプロトタイプを完成させる事が出来ました。 


 最初のプロトタイプは、既に発売中だった グロック アキュコンプA を実銃用にアレンジしたものでしたが、その後改良を重ね、ジーンさんとのデザインコラボで、グロック アキュコンプD を完成させました。   そして、私は日本でエアガン用をリリースし、ジーンさんはアメリカで実銃用をリリースする事になったのです。 (実銃用の場合はエアガン用のように簡単にはいきませんので、まだ発売されては居ませんが・・・)





さて、ここで東京マルイG17(&G18)用パーツをご紹介しましょう!


G17用 アキュコンプシステムA
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=131
 東京マルイG17の戦闘力をアップします! コレを付ければ無骨なグロックもスポーティーに変身! アキュコンプシステムは命中精度重視のφ6.1バレルにジュラコン製スリーブを差込み、アルミ削出しのマウントベース一体型コンペセイターで保持する事によってインナーバレルを固定します! CRスピードやゴーストなどのマッチ用ホルスターが使用出来ます。 左右どちら側にも取り付けられるサムレストも標準装備にしました。 しかも究極のローマウントを実現! 更にC-MOREなどを直付けにも出来ます。
各色 ¥24000(税別) 
特別色はスカイブルー、パープル、グリーンが品切絶版となりました。 他の色もの残り僅かです m(__)m


G17用 アキュコンプシステム B
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=142
大好評の東京マルイG17用アキュコンプにニューバリエーションが登場! 命中精度重視のφ6.1バレルにジュラコン製スリーブを差込み、アルミ削出しのマウントベース一体型コンペセイターで保持する事によってインナーバレルを固定します! コンペセイターの下部をごっそり削り取ったデザインにした為、見た目の軽快感だけでなくアキュコンプAに比べて20gの軽量化 になっています。 より、スピードを要求されるスチールチャレンジ系のマッチには特にお勧めです! しかも、フレーム下側に廻り込まないデザインなので、CRスピードやゴーストなどのマッチ用ホルスターが使用出来ます。 また、銃をしっかりホールドする為にサムレストも標準装備にしました。 左右どちら側にも取り付けられますから右利きでも左利きでもOK! 更に、究極のローマウントを実現! しかもダットサイトの載せ方は3通りです。 付属の20mmレールを使っても良いし、別売りのC-MORE用スクリューセット(各¥1500税別)を使えばマウントレールを使わず、より低く取付ける事が出来ます。 色はブラック、シルバー、ゴールド、レッド、ガンブルーの他、特別色としてスカイブルー、ピンク、パープル、グリーンも極少量ご用意しました。 品切れの際はご容赦下さい。 各色¥24000(税別)
特別色はスカイブルーが品切絶版となりました。 他の色もの残り僅かです m(__)m




スライドラッガー
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=132
スライドラッガーはスライドの操作を素早く行う為のレバーです。 オートマチックでは、どんなにチューニングされたカスタムガンでもジャムを100%無くす事は出来ません。 そこで、素早いスライド操作を可能にするスライドラッガーが必要になるのです。 東京マルイのG17、G26、G26アドバンスに使用出来ます。 
各色¥3500(税別) 特別色は残り僅か!


アキュコンプシステムA、B用 
C-MOREスクリューセット

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=133
東京マルイG17用アキュコンプシステムAには20mmレールが付属していますが、これを使わずにダイレクトにC-MOREをマウントする事が出来ます。 ダットサイトの取付けは低ければ低いほど照準精度が上がりますし、見た目もスッキリしてカッコ良くなります。尚、C-MOREに付属のネジはインチ規格の為、使えませんのでご注意下さい。 ¥1500(税別)

フラッシュサイト  http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=85
フラッシュサイトは自然光を集めて発光する集光アクリルを採用し、ダットサイトに匹敵する素早いサイティングを可能にします。 真っ暗闇では発光しませんが夕方や室内などの薄明かりの下では最もその威力を発揮します。

別売りの集光アクリルセットを使ってフロントとリアの色を変えれば更に狙い易くなります。 レッド/グリーン 各 ¥4380(税抜き価格)



フラッシュFサイト
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=127


周囲の光を集めて光る集光アクリルを採用したフラッシュサイトシリーズは、ダットサイトのような素早いサイティングを可能にしますが、ダットサイトのようにかさばらず、電池も必要有りません。 この機能を手軽に体験して頂こうと、お手頃価格のフラッシュFサイトをご用意しました。フロントサイトだけでもフラッシュサイトの狙い易さを充分に体感して頂けると思います。 各色¥2200(税別)
※G26アドバンスには使用出来ません。 また、アキュコンプシステムとの併用は出来ません。

TACマウントType e

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=54

ダットサイトやスコープを取付るマウントベースです。ボルトオンで簡単に取付られ下部にはフラッシュライトやレーザーサイトを取付けられます。アルミダイキャスト製で軽量で耐久性も抜群。 ¥4300(税別)
※アキュコンプシステムとの併用は出来ません。



ロングマガジンキャッチ
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=124
コンシールドキャリーウエポンであるG26は、引っかかり少なく、また、誤作動を防ぐ為、マガジンキャッチの操作性が良くありません。 そこでマガジンキャッチを押しやすくする為、敢えて2㎜延長しました。 丈夫な亜鉛ダイキャスト製ですから耐久性も向上しています。 もちろんG26アドバンスやG17にも使用出来ます。
ブラック¥2500(税別) シルバー¥2900(税別) ゴールド¥3500(税別)

マグバンパー
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=125
マガジンを落下の衝撃から守ります。 ブラックやODはグロック17カスタムにぴったりです(^^) また、レッドやブルーでトレーニング気分を盛り上げるのも良いかも。 G17、G26、G26アドバンス用です。
各色¥1200(税別)




カスタムパーツならフリーダム・アート  http://www.gun-freedom-art.com  


2011年08月26日

M4CRW

好評発売中です!

東京マルイ 
M4CRW、M4PMC、SR16、M16A1、M16A2、ベントナムバージョン用
スイベルリング ¥2200 (税別)
 
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=164

 CQBではワンポイントスリングを使用し、状況に応じて銃を左右に持ち変えるのが常識です。 しかし、伸縮ストック用のスイベルリングはイロイロ有りますが、何故か固定ストック用は有りませんでした。 せっかくM4CRWやM4PMCの様に固定ストックながらCQB向きな銃が有るのですから造るっきゃない! と、いう事で固定ストック用のスイベルリングを発売致します。 ステンレス製で耐久性は充分! スイベルリングには強い衝撃が加わる事が有りますがプラ製のフレームに掛かる負担を軽減する為にゴム製スペーサーを挟み込んで取付ける方式を採用しました。 右利きでも左利きでも使用出来るように取付け方向を選べるように成っています。 





















取付けはプラスドライバー1本で簡単装着!
① バットプレートを外し、プラスドライバーでストックを止めているネジを外して分解、ストックリングを取り除く。
  


② 先にゴム製スペーサーを通してからスイベルリングをセットする。  左利きの場合はスイベルリングを逆向きにセットする。


③ 先にコネクターを接続してから、分解と逆の手順で組立てる。

ハイ出来上がり!  どうです?  簡単でしょう(^0^)/



他にもM4系パーツはいろいろ有ります。


http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=73
東京マルイ M4シリーズ用 
フロントマウントベース
ブラック/グレー 各¥3980(税別)

M4カービン・シリーズはスコープをレシーバーに直接取付けられます。 しかし、せっかくスコープを低くマウント出来てもフロントサイトが視界に入ってしまい狙いずらいのに気付くと思います。 そこでスコープの視界をさえぎらず、更に上下に20mm幅のマウントレールを設けて拡張性も強化してみました。 純正付属のサイドスリングアダプターも問題無く使用出来ます。   




http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=160
東京マルイ M16/M4シリーズ&89式小銃用 
フラッシュFサイト レッド/グリーン各¥2500(税別)

※無加工で東京マルイのSCARにも使えます!自然光を集めて光る集光アクリル採用でダットサイトのような素早いサイティングを可能にするフラッシュサイト・シリーズのM16/M4&89式小銃用がですが、東京マルイの新製品SCAR-Lにも使えます。 フロントサイトポストを交換し集光アクリルを接着するだけのお手軽パーツながら効果は抜群! 集光アクリルはコンパクトなショートサイズと、より強く光るロングサイズの2種類が標準装備。 お好みで選べます。 












スコープシールド 
S ¥1600   M ¥1700   L ¥1800(税別 )
スコープやダットサイトをBB弾の直撃から守ります! 材質はゴーグルのレンズと同じポリカーボネイトです。東京マルイ純正のハイマウントベース対応で、対物レンズ30mmのダットサイト用のSレンズ径40mmまでのスコープ用のM、レンズ径56mmまでのスコープ用のLの3種類。 シールドのスペアも有ります。











ジョイントハイダー 
逆ネジタイプ ¥3800(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=156
一見単なるフラッシュハイダー。しかし、その実体はサイレンサーや各種マズルアタッチメントをワンタッチで着脱できるジョイント・パーツなのだ。












ワンタッチジョイント 
正ネジ・逆ネジ 各¥1500(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=157
各種サイレンサー・マズルアタッチメントにワンタッチジョイントを取付けておけば、ジョイントハイダーにワンタッチ着脱が可能に!! ゲーム中にサイレンサーの着脱を繰り返して敵チームを撹乱する事もできます。


 バイポットベース ¥2980(税別)
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=76
R.I.S.に取付けるハリスタイプのバイポットを取付けるアダプターです。 脱着スイベルを取付ければスリングも付けられるます。




































レイルマルチホルダー ¥3800(税別)
レイル・マルチ・ホルダーはL字型のステーにマジックテープで固定する方式なので、コレ1つであらゆる装備品をマウントできます。 R.I.S.にフラッシュライトから極太サイレンサーまでワンタッチで装着!



カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com

  


Posted by ドクターあみーご at 09:31製品紹介

2011年08月25日

次期新製品

23日の晩に帰国しました。  帰ってからは溜まった仕事が疲れた身体を出迎えてくれました(><)
いまだバタバタしております。  USスチールチャレンジレポートはもう少し待って下さいね(^^;)



で、軽く新製品のご案内です。 (Glock社を含む?)各社G17&G34用 マウントベースの試作品です。  無加工で取付けられて、しかもレースホルスターを使用する事が出来ます。   本物にも通用するデザインにしましたので、渡米ついでに実射テストをしてきました。
詳しくは後ほど(^0^)/



カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com 
  


Posted by ドクターあみーご at 21:21新製品情報

2011年08月24日

土産話
















海外旅行に行く度に頭を悩ませるのがお土産選びです。 アメリカにはお土産という文化はありませんから、よほどの観光地でもない限りお土産屋さんはありません。 
私の場合、海外旅行は100%鉄砲を撃ちに行く為のものです。 特に今年は鉄砲に特化していますから、射撃場や銃砲店以外はウォルマートぐらいしか行きません。 銃砲店にはいろいろな物が売っていますが、円高の影響も有って、あらゆる物が日本で手に入ります。 なので、珍しい物=日本には持ち込めない物 だったりします。 
って事で、USスチールチャレンジ会場の出店がお土産をゲットする最大のチャンスなんですが、今年は日本から参加するシューターが例年よりも多く、我々が出店に行った時にはTシャツやポロシャツは「M」サイズが売り切れ。 「L」サイズも残り僅かという状況でした。 おまけにベンダエリアの出店は僅かに3つ。 お土産になる様な物は売っていませんでした。 完敗です(><)

しかし、お金では買えない物をゲットする事が出来ました。
USスチールチャレンジ本戦で、試合中にAさんがターゲットのスチールプレートを撃ち落としてしまいました。 ターゲットのスチールプレートは、裏側に金具が溶接されていて支柱に固定されています。 度重なる着弾の衝撃で溶接が剥がれ落下したのです。 これって、実はそれほど珍しい事では有りません。
お土産に貰えないかと交渉したところ、「他にも撃ち落とされたプレートがあるから試合が終わったら取りに来い。」との事。 せっかくなので、USスチールチャレンジ創始者の1人であるマイクダルトンさんのサイン入りで2枚も貰っちゃいました(^^)v
1枚はUSスチール出場記念と言う事でアラキさんにあげましたが、残りの1枚はジャパンスティールチャレンジの賞品として寄附する事に致しました。 きたない我が家に飾るより、賞品にして大会を盛り上げた方が面白いですからね(^^) 


それから、去年、予想以上にウケたので、トップシューターのサインも貰ってきました。
今大会の優勝者である BJノリスさんと、ウーマンチャンプの ジェシーさん、そしてリボルバーの神様 ジェリーミチュレックさんの3人分です。 
これもジャパンスティールチャレンジの賞品として寄附します。  欲しい人は頑張って下さい(^0^)/

USスチールチャレンジのリザルトはコチラ


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com 
  


2011年08月23日

その13まで公開中!



USスチールチャレンジの速報動画がその13までアップされました!

http://www.youtube.com/user/gundouga#p/u/3/ZHXa_9ZXI6o

ただ今、LA時間で朝8時。 昨夜はちょいと作業していて明け方までゴソゴソやってました。
完全に寝不足です(><)


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com 
  


2011年08月20日

USスチール2011速報公開中


USスチールチャレンジ2011も佳境に入って参りました。
今回は時間が無いので、速報(動画)のご紹介です。
みんな見てね~(^^)

http://www.youtube.com/user/gundouga#p/u/8/ufhbApNMLIY


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com   


2011年08月19日

3日目は大事故 USスチールチャレンジ2011



3日目は午前中からパイルーの練習レンジでスチールチャレンジの練習を始めました。

2日目はタランバトラーさんのレンジで銃の調整やゼロインをしていたら夕方近くなってしまったので、スチールチャレンジの練習は諦めざるを得なかったのです(^^;)
ライトロード弾に対応する為にリコイルスプリングを切ったりして調整をしたのですが、それでも1割くらいの確率でジャムが発生します。   「もしかしてライトロード弾にバラツキがあるのでは?」と、言う事に成り、2日目の夜は電子秤で弾の重さを調べる事にしました。   結果は10.0gから10.7gまでのバラツキが有りました。   一番多いのは10.3~10.5gで、全体の8割位を占めています。   10.6g以上は1割位、10.2g以下も1割位ありました。   そこで、3日目の練習は、まず、重さ別に分類した弾を撃ってみてジャムの発生具合を見ます。     10.0gから撃ち始めましたが、意外な事に問題無く作動しました。
    10.3gで少しジャムが有りましたが、どうやらこの程度のバラツキは作動に大きな影響を与えないみたいです。   結局、リコイルスプリングを更に弱くするのが良いだろうという事でHさんのグロックSJCカスタムはリコイルスプリングをもう一巻き切り、私のグロックアキュコンプDには、SJCカスタムに入っていた10ポンドのリコイルスプリングを移植しました。   どうやら正解だったようでどちらの銃も調子良く動くようになりました。




午後に成ってレンジに来る途中で買った昼食を食べた後、やっとの事でスチールチャレンジの練習が出来ると喜んで練習レンジを回り始めたのもつかの間。     HさんのSJCカスタムが大爆発しました!



私がタイマー係りをしていた時、ブザーの合図で銃を抜き、2、3発撃った所で「ボフッ」というような異音と共に煙がもくもく!   私はHさんの後ろに居たので、その瞬間は見えなかったのですが、一瞬銃から火が出て、手が熱く成ったとの事でした。   スライドがグリップフレームのレースから外れ、マウントベースに引っ掛かって止まっています。    おそらくオーバーロードげ原因かと。    弾を作る際に、既定の数倍の火薬をチャージしてしまったのでしょう。    偶然、私は重さをチェックした弾を使ってましたので難を逃れました。    レンジでは銃を分解する事も出来ず、Hさんには私のグロックアキュコンプDを交代で使ってもらう事に成りました。




練習レンジが閉まる時間に成り、食事や買い物を済ませた我々は、モーテルで原因究明に挑みました。
ロックタイトでしっかり固定されているマウントベースのネジを半田ゴテを当てる事によって加熱し、外すことに成功しました。   で、チャンバー部分を見てビックリ!       縦にぱっくり割れているではありませんか!    チャンバー部分が破裂するなんて事は滅多にありません。    大怪我にならなかったのは不幸中の幸いでした。    もし、マウントベースが無かったらスライドが吹き飛んで大惨事になるところでした。                                    

昨年は私の銃のダットサイトが故障してHさんの銃借りましたが、今年はHさんの銃が吹き飛び私の銃を貸す事になりました。   ホント、人生何が起きるかわかりません(><)


USスチールチャレンジ2011速報はコチラ


夏期休暇のお知らせ誠に勝手ながら、USスチールチャレンジ参加の為、8月14日から24日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。



カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com

                      
追記 SJCカスタム大爆発の原因と思われるりロード弾は、自分達でりロードしたものではなく、リロード弾専門業者から買ったものです!!!   

追記2 その後、リロード弾屋から連絡が有り、SJCカスタムは弁償してくれる事になったそうです。  もちろん弾代も返却してくれる事に。  まあ、当たり前ですよね(^^;)  


2011年08月18日

2日目は銃のセッティング USスチールチャレンジ2011


LA到着2日は、銃の調整とゼロインをいたしました。
朝一でウォルマートに向かい、必要な小物を調達します。  アラキさんはAさんの友人の島DさんからS&W M327を借りて使うのですが、その弾もウォルマートで調達する予定でした。   が、38スペシャルは需要が少ないと見えて在庫が無い。    そこで GRETA'S FIREARMS SALES&TRAINING というガンショップに立ち寄りました。    









































ところで、このガンショップ、品揃えが物凄い!   SAAやコルトドラグーン、ワルサーP38や南部14年式、もちろん最新モデルもずら~り。   1日居ても飽きないような感じです。   で、店員さんの一人はなんだか見覚えが有ります。  良く見るとスチールチャレンジのポロシャツを着ているじゃありませんか!   そう、この方、スチールチャレンジのスタッフだったのでした。    なんとなく意気投合して、お店の銃を見せてもらっていたのですが、私が西部劇系の銃ばかりリクエストしていたせいか、カウンター内の棚の上の方から中古のガンベルトを出してきてくれました。   それがコレです。    状態も良く、色もきれいです。  しかも、裏側を見るとアルフォンソのスタンプが!    お値段はなんと$300です。   即買いです(^^)v     良い買い物をしました。    アラキさんはここで38スペシャルをダンボール1箱ゲット!
店を出た後、銃の調整とゼロインの為に、あの有名なタランバトラーさんのレンジへと向かいました。

タランバトラーさんは3ガンマッチなどで活躍中のトップシューターですが、映画のガンアドバイザーもやっています。    最近の作品ではトランスフォーマーに登場する兵隊たちに銃のさばき方を教えたそうです。    タランバトラーさんのレンジにはスチール製のマンターゲットや、フォーリングプレートが沢山並んでいました。    中には倒れてから10秒ぐらいで自動復帰するターゲットも有って楽しい楽しい!    シューターにとっては、殆ど遊園地状態です(^^)
早速、買ってきたパーツを組み込んでライトロード弾に対応するように調整します。


ジャム無く安定して回転するまで、少しづつリコイルスプリングを切ってゆきます。
いつもながら、やっている事は日本でもアメリカでも変わりません(^^;)
何度も、組んではバラし、スプリングを切っては再度撃ち、やっとの事でセッティングが出ました。
セッティングが出た所で、ゼロインをします。    調整で疲れたので、ゼロインは「ゼロインの狼」ことAさんにお任せしました(^^)
ゼロインが終われば慣らし運転です。

この時の様子は月刊GUNのUSスチールチャレンジ速報に上がってますので宜しかったらご覧ください。



USスチールチャレンジ2011速報はコチラ


夏期休暇のお知らせ誠に勝手ながら、USスチールチャレンジ参加の為、8月14日から24日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。



カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
  


2011年08月18日

アクシデント! USスチール2011その1



2年くらい前から急に次から次へとトラブルが起きるようになりました。   試合の度に銃が壊れたり、車で事故ったり、入院してクリスマスイブを病院で過ごしたり・・・    今回も出発2日前にさし歯が抜けてしまったのですが、お盆休みで歯医者は休み。   気合で乗り切る事にしました。   
そんな事が日常茶飯事な昨今なので、19時のフライトでしたが思いっきり余裕を見て私の自宅に12時集合にしました。 最初に到着したのは WebShop G.W.A. のアラキさん。   USスチールチャレンジ初参加と言う事も有って、張り切って早目に出てきたのは良いのですが、10時半に到着です。   まあ、遅れるよりは100倍良いですけど・・・
そして、1時間ほどして電話が成りました。   カメラマンのHさんからです。    「近くまできました」っていう電話かと思いきや、燃料計の故障で残量が無くなっている事に気づかず、途中でガス欠に成ったとの事。    仕方が無いのでドライバーズスタンドでジェリ缶を買ってガススタで軽油を5L買い、救出に向かいました。    充分すぎるくらい余裕を見ておいて正解でした(^^;)
合流後、成田までの道のりは特に渋滞も無くスムーズにいきました。

今回は、はじめてシンガポールエアラインを利用したのですが、機体は新しいし、フライトアテンダントは美人揃い!   おまけにエコノミークラスでも座席モニターのシステムにUSBや、イーサネット、AV端子まで付いていて、スマートフォンの電池切れを気にせず録画しておいた動画を楽しめました(^^)    更に、後で気が付いたのですが、AC電源まで付いていました。    これは嬉しい!    (ちなみに、機内食はイマイチでした)
さて、成田からLAまでは約9時間(到着が1時間遅れたので10時間のフライトでした)。   USスチールに参加するのは今回で4回目。   その為の準備の渡米もしていますので、私とHさんは慣れたもんですが、アラキさんは初めての長時間フライトです。   今回の機体は新しくて設備が良かったのですが、天候が悪かったのか、とても良く揺れました。    アラキさんは機体の揺れと極度の緊張とですっかり飛行機酔いです。   エチケット袋を握りしめながらずっと唸っていました。   LAに到着した時には衰弱しきっていて自力で移動が困難なほどに。   で、車イスに載せられて飛行機を降りる事に成ったのでした。

さて、LA空港でAさんと合流すると、アラキさんの有様を見てAさんビックリですが、Aさんから我々にもビックリなニュースが!    オーダーしてあったりロード弾がギリギリ間に合ったのは良かったのですが、思った以上にライトロードで、我々3人の銃のセッティングではジャムの連発で使い物に成らないとの事。   Aさんは以前入手していたリコイルスプリングがいくつか有るので、そこから選んで使うか、ダメだったらスプリングを切って調整すれば良いのですが、私とHさんのグロックはライトロード用のリコイルスプリングを買わなくてはなりません。   オフィスが閉まる前に到着するには時間的余裕がありません(><)
しかし、飛行機酔いでへろへろなアラキさんと1時間以上のドライブは無理です。    仕方が無いので急遽、サンタモニカに宿をとり、へろへろなアラキさんをモーテルに寝かしつけて一路グロックワークスのオフィスを目指しました。    Aさんの上手な運転のおかげでギリギリで間に合い、必要なパーツを手に入れる事が出来ました。    こうして2011USスチールチャレンジは大波乱と共に幕を開けたのでした。

  


2011年08月18日

20日が締め切り


来る 9月1日 に 大学交流会 が開催されます!
1次締め切りが迫っています。   お申し込みはお早めに!

アームズマガジンからは、ボスゲリラ、アッシュ、ケントそしてうぴうぴ隊が、コンバットマガジンからは小林タク、編集部の方、月刊GUNからは私(丸山)が参加します。(敬称略・順不同)

大学生の諸君! どんどん参加してくれたまえ!


第1回 大学交流会

日時:9月1日(木)  午前10時集合
   今回は専門3誌の取材があるので、特別に定休日を貸し切りさせて頂きました。
場所:BLAM!!
協力:BLAM!!    アームズマガジン     コンバットマガジン    月刊GUN
協賛:フリーダム・アート
参加資格:18才以上の現役大学生
参加費:2500円
レギュレーション:BLAM!!レギュレーションで行います。 
内容:午前中に殲滅戦などを行います。(インドアは跳弾が激しいのでセミオートが基本です)
   1時間ほどの昼食休憩をはさんで、午後からシューティングゲームを行います。
   シューティングゲームはチーム対抗戦で、優勝者には賞品が出ます。
   シューティングゲームの後は、ライター軍団VS大学生など、企画モノを予定しています。

詳しくはコチラ

※ゲーム内容は参加人数によって調整が必要なので、詳細は後日発表します。

大学名を伏せて参加したい方も、どんどん参加してください。
参加人数も分かれば、コメントに記入してください。
1人での参加もお待ちしております。

追記
一度人数が知りたいので一次締め切りを20日までとします。
よろしくお願いします。




カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com

  


Posted by ドクターあみーご at 00:39サバイバルゲーム

2011年08月15日

いよいよ出発!

いよいよ本日、USスチールチャレンジに参加する為にロスへ飛びます。

USスチールチャレンジに参加するのは今回で4回目に成ります。   2008年にGUN誌LA支局のAさんに誘われて二つ返事でOKし、AさんのCZ75を借りて参加しました。 
長いことエアガンシューティングをやっていましたが、この時点では、まさか自分がアメリカで、しかもスチールチャレンジに出場できる事になろうとは思っていませんでしたから、嬉しくて嬉しくて天にも昇る様な心持ちでした(もちろん、今でも嬉しいですけど)。    チェンスはどんな形で巡ってくるか解らないものです。    しかし、備えていればチャンスをつかむ事が出来ます。

CZ75は憧れの銃でしたが、競技用って訳では有りません。    おまけにサイトも合っておらず、ホルスターにもいまいちチフィットせず随分苦労しました。   しかし、銘銃CZ75でスチールチャレンジに参加出来た事は大変良い想い出です(^^)
2009年には自分用のグロック17を手に入れ、「Dr.アミーゴの、お手軽カスタム講座実銃編」ってな感じで、自分の手でカスタムしてしまいました。(後に成って、カスタムする前に1発も撃っていなかった事に気付きました)     カスタムマニアにとっては、実銃を自分の手でカスタムするという事は、或る種、夢の様な出来事だったりします。


2010年には、AGI所属のマスターガンスミス、ジーン シューイさんとのデザインコラボでグロックアキュコンプDを完成させ、実銃版で参加しました。     カスタムパーツ屋としては、自分のデザインコンセプトが実銃の世界で通用するかどうかのチャレンジだった訳ですが、残念ながらダットサイトの故障で不完全燃焼に終わりました。    
2011年は、前回の教訓を生かしてダットサイトをC-MOREの横置きに変更し、3月に渡米して耐久試験を行い、問題点を洗い出して改良を行い、万全の構えで挑みます!(人間のコンディションは万全ではないですが・・・)
USスチールチャレンジは来年からフロリダへ引っ越してしまい
ます。    なので、今回が最後のチャレンジです。        
悔いを残さないよう目一杯楽しんできます(^○^)
 



グロックアキュコンプDについてはコチラ

グロックアキュコンプD 誕生秘話
 前編
 後編  


2011年08月13日

選べる時代

ここ数年、シューティングマッチはどんどん盛り上がっています。
シューティングマッチを開催する会場も増えましたし、開催されるマッチの種類も増えました。    毎月どこかで必ずシューティングマッチが開催されています。(もしかすると毎週かも?)     「今度はどのマッチに出ようかな〜」って、選べる時代が到来したのです!     ベテランにとっては感慨深い事だったりします。     良い時代に成ったもんです(^^)


JANPS に参戦して日本一を目指したい、そんな競技志向な貴方にはこちら!


第10回 
プレートマスターズチャンピオンシップ

会場:Yokohama PCM
      〒240-0065 神奈川県横浜市保土ヶ谷区和田1-12-13 みかどやビル3F
      TEL&FAX:045-333-7045
日時:8月28日(日) 11時~17時(10時開場)
エントリー料:シングルエントリー¥4000 ダブルエントリー¥6000
エントリー方法:氏名(フリガナ)、出場クラス(シングルもしくはダブル)、
      レディース・シニア(50歳以上)に該当する方はそれも明記のうえ、
      meijin2000@mail.goo.ne.jpまでメールか
      上記YokohamaPCMまで電話かFAXにて申し込みしてください
 ※当日は月刊GUNの取材が有ります(^0^)/


肩の力を抜いて、お気楽に(でもちょっとガチで)楽しい1日を過ごしたい貴方にはこちら!


暑さに負けず、皆でワイワイ楽しみましょー!  トリガーハッピーズ主催シューティングマッチ
TTHマッチ Vol.3

主催:SHOOTING TEAM TRIGGER HAPPY’S
日時:8月28日(日) 13:00くらいから始めます。
場所   赤羽フロンティアさん特設シューティングレンジ(1号店2F)
エントリー料 2500円(抽選で賞品あります!)
開場     12:15 エントリー確認・試射
開会     13:00(恐れ入りますが10分前にはお集まり下さい)
競技開始   13:20
※エントリー料の一部を東日本大震災における被災地への義援金とし、日本赤十字社に寄付されます。
競技内容   前回同様、フォーリングプレートマッチ・アクションステージマッチ・
       スチールチャレンジマッチの3競技の予定。
       円滑な運営を図るため、エントリー数は完全先着25名!  お早目に!
       今回から、オープンクラス、タクティカルクラス、リボルバークラス、
       ライフルクラスを設けるかも?!
       その場合、各クラスの参加者が3名未満の場合は不成立となります。
問い合わせ:SHOOTING TEAM TRIGGER HAPPY’S    tth.entry@gmail.com

残り枠数名様分です。
ご興味のある方はお早めにどうぞ!
 


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com   





夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、USスチールチャレンジ参加の為、8月14日から24日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。


   


Posted by ドクターあみーご at 10:42エアガンシューティング

2011年08月11日

第1回大学交流会 


来る 9月1日 に 大学交流会 が開催されます!
時代は変わったものです。 今や大学公認のエアガンサークルは首都圏だけでも沢山有ります。   しかし、意外に交流は盛んではないそうです。  そこで、せっかく夏休みだし交流して輪を広げようと立ち上がった大学生君達。    埼玉県所沢市のインドアサバイバルゲームフィールド BLAM!! を借り切って 大学生交流会 を開催する事に成りました。 
アームズマガジン、コンバットマガジン、そして月刊GUNも取材に行きます。   取材だけじゃなく参加もします。    大学生諸君!是非参加して交流を深めてくれたまえ(^0^)/

第1回 大学交流会

日時:9月1日(木)  午前10時集合
   今回は専門3誌の取材があるので、特別に定休日を貸し切りさせて頂きました。
場所:BLAM!!
協力:BLAM!!    アームズマガジン     コンバットマガジン    月刊GUN
協賛:フリーダム・アート
参加資格:18才以上の現役大学生
参加費:2500円
レギュレーション:BLAM!!レギュレーションで行います。 
内容:午前中に殲滅戦などを行います。(インドアは跳弾が激しいのでセミオートが基本です)
   1時間ほどの昼食休憩をはさんで、午後からシューティングゲームを行います。
   シューティングゲームはチーム対抗戦で、優勝者には賞品が出ます。
   シューティングゲームの後は、ライター軍団VS大学生など、企画モノを予定しています。

詳しくはコチラ



カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 20:07サバイバルゲーム

2011年08月11日

SCARのパーツも有ります


東京マルイの新製品 次世代電動ガン SCAR は大人気ですね! 皆さんはもう手に入れましたか?
さすが東京マルイ! 大陸製とは違い細部までキッチリ、カッチリ作り込まれていて安心感抜群です。  シュート&リコイルメカによる反動も心地よいですね〜(^^)   しかも良く飛ぶし、良く当るし!!

ところで、SCAR には、パカ山クラフトのマグパイプM4が、簡単な加工で使えるように成ります。  SCAR はチャンバーの左右に金属パーツが有って、無加工ではそこにぶつかってしまい、マグパイプを奥まで差し込む事が出来ません。  そこで、干渉する部分を棒ヤスリで削れば良いのです。  マグパイプを付ければスタンダード電動ガンのマガジンが使えるように成ります。  一からマガジンを揃え直すのって結構大変ですからね〜   それに、流行のPマグもOKです(^^)/

左右を同じように削ります。  ちなみに、取付けてしまえば見えなく成ってしまうのですから、加工が多少雑でも問題ありません。  ちょっとくらい削りすぎても問題ありません。  マグパイプM4は樹脂製ですから簡単に削れますし、よほど加工が苦手な人でない限り苦労しないと思います(^^)v


パカ山クラフト
東京マルイ次世代電動ガンM4シリーズ用
マグ・パイプ−M4   ¥2000(税別)

好評発売中です!

マグパイプM4は、次世代M4本体の給弾パイプに差し込んで使います。 これを付ければ、次世代M4シリーズにスタンダードM4シリーズのマガジンを使う事が出来ます(^^)v  マグパイプ内部のゴムオーリングの摩擦抵抗によって保持されるのですが、次世代電動ガンはリコイルショックがウリですから、重量の有る金属製では自重によって緩んでしまう恐れが有ります。   その為、マグパイプM4は重量の軽いエンジニアリング・プラスチックを使用しています。   この素材は、軽量なだけでなく弾力も有り、肉薄のパイプ形状にした場合は、金属製よりも変形し難いだけでなく、自己潤滑性が有るのでマガジンリップに引っ張られて緩んでしまう事も有りません。    更に、取付け位置を調整する必要がなく誰でも簡単に取付けられるだけで無く、必要が有れば銃本体を分解する事無く簡単に外せます。   一見、なんて事無いパーツですが、さすがパカ山クラフト! 考え抜かれていますね〜(^^)v
簡単な加工で東京マルイの次世代電動ガン SCAR-L にも使えます!

















それからもうひとつ。 東京マルイM16/M4シリーズ&89式小銃用フラッシュFサイトも使えました。   コチラは無加工で取付けられます。  在庫も在ります(^^)v

東京マルイ M16/M4シリーズ&89式小銃用 
フラッシュFサイト  レッド/グリーン各¥2500(税別)

好評発売中!

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=160
自然光を集めて光る集光アクリル採用でダットサイトのような素早いサイティングを可能にするフラッシュサイト・シリーズのM16/M4&89式小銃用がです。 フロントサイトポストを交換し集光アクリルを接着するだけのお手軽パーツながら効果は抜群! 集光アクリルはコンパクトなショートサイズと、より強く光るロングサイズの2種類が標準装備。 お好みで選べます。 













カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
  


Posted by ドクターあみーご at 09:32製品紹介

2011年08月10日

TTHマッチVol.3

エアガンは買ってみたものの、撃つ場所が無い・・・
そんな貴方の強い味方が ホビーショップ フロンティアさんのシューティングレンジ、赤羽射撃場です。  JR赤羽駅から徒歩五分。  近くにはコインパーキングも有ります。
赤羽のホビーショップ フロンティアさんでは毎週何かしらイベントを開催しています。   APSだけじゃありません。  もっと気楽に遊べるイベントも開催しています。
お気楽に射撃を楽しみましょう(^0^)/

さて、Vol.1、Vol.2と大盛況だった TTHマッチ が、8月28日(日)に開催されます!
今回もバラエティーに富んだステージをご用意する(takuさんがw)とのこと。    きっと参加者を悩ませ楽しませてくれる事でしょう(^^)
Vol.2の様子はこんな感じ

残り枠数名様分です。
ご興味のある方はお早めにどうぞ!


暑さに負けず、皆でワイワイ楽しみましょー!  トリガーハッピーズ主催シューティングマッチ
TTHマッチ Vol.3

主催:SHOOTING TEAM TRIGGER HAPPY’S
日時:8月28日(日) 13:00くらいから始めます。
場所   赤羽フロンティアさん特設シューティングレンジ(1号店2F)
エントリー料 2500円(抽選で賞品あります!)
開場     12:15 エントリー確認・試射
開会     13:00(恐れ入りますが10分前にはお集まり下さい)
競技開始   13:20
※エントリー料の一部を東日本大震災における被災地への義援金とし、日本赤十字社に寄付されます。
競技内容   前回同様、フォーリングプレートマッチ・アクションステージマッチ・
       スチールチャレンジマッチの3競技の予定。
       円滑な運営を図るため、エントリー数は完全先着25名!  お早目に!
       今回から、オープンクラス、タクティカルクラス、リボルバークラス、
       ライフルクラスを設けるかも?!
       その場合、各クラスの参加者が3名未満の場合は不成立となります。
問い合わせ:SHOOTING TEAM TRIGGER HAPPY’S    tth.entry@gmail.com


せっかくなので 8月 のフロンティアさんのイベントスケジュールをご紹介致します。

13日 土曜APS無料練習会
14日 APS納涼射撃会
20日 中古市
21日 フロンティアマッチ(スピードシューティング)
27日 土曜APS無料練習会
28日 チームトリガーハッピーマッチ

13日、27日は有志の方々のスピードシューティング練習会もあるそうです。
興味のある方は フロンティアさん TEL 03-3901-2748 までお問合せください。


競技系パーツならフリーダム・アート  http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 07:26エアガンシューティング

2011年08月09日

全色入荷!

グロック アキュコンプD 全色入荷!
東京マルイ グロック17、18用
グロック アキュコンプD   ¥29800(税別)

ブラック、シルバー、ゴールド、レッド、スカイブルー、ガンブルー、ピンク、パープル、グリーン (色によっては極少量の生産ですのでご注文はお早目に!)

 フリーダム・アートは「実銃のパーツの模型ではなくエアガンの魅力を高める製品づくりをする」という姿勢を貫いてきました。  どうすれば使いやすく成るか?  どうすれば精度を高められるか?  その答えは実践の中に有りました。   数々のシューティングマッチに参加し、自分の肌で感じ取ったものが「本物のデザイン」のヒントに成りました。  
 ベースとなる銃の性能を、その目的に応じて高める為にパーツをデザインするという作業はエアガンでも実銃でも同じです。  ならば、実銃用のパーツをデザインする事も可能なはず。   私の信じる「本物のデザイン」が、実銃の世界でも通用するかどうかを確かめる為、実銃用グロック アキュコンプの製作に踏み切りました。
2009年の夏、USスチールチャレンジに参加した後、AGI所属のマスターガンズミス、ジーン シューイさんのワークショップを訪ねました。    その時、実銃用アキュコンプの開発に協力してもらえる事に成り、翌年の五月には最初のプロトタイプを完成させる事が出来ました。 


 最初のプロトタイプは、既に発売中だった グロック アキュコンプA を実銃用にアレンジしたものでしたが、その後改良を重ね、ジーンさんとのデザインコラボで、グロック アキュコンプD を完成させました。   そして、私は日本でエアガン用をリリースし、ジーンさんはアメリカで実銃用をリリースする事になったのです。 (実銃用の場合はエアガン用のように簡単にはいきませんので、まだ発売されては居ませんが・・・)

 2010年のUSスチールチャレンジには、実銃用 グロック アキュコンプD で参加しました。   残念ながら、ダットサイトの故障で途中から別の銃に切り換えねばなりませんでしたが、アキュコンプ自体のパフォーマンスは、充分実銃用パーツとして通用するレベルで有る事が確認出来ました(^^)    
 今年は、グロック アキュコンプD にC-MOREを横置きにマウンとして挑みます。   今年3月のテストで、問題が見つかりましたが、既に対処済みです。     今年こそは、自分の銃で最終ステージまで撃ち切りたいと思います(^0^)/

3月に行なった実銃用 グロック アキュコンプD の耐久テストお模様はコチラ↓
第1話はコチラ    第2話はコチラ   第3話はコチラ   第4話はコチラ   第5話はコチラ    第6話はコチラ    第7話はコチラ    第8話はコチラ

夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、USスチールチャレンジ参加の為、8月14日から24日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。





さて、ここで東京マルイG17(&G18)用パーツをご紹介しましょう!


G17用 アキュコンプシステムA
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=131
 東京マルイG17の戦闘力をアップします! コレを付ければ無骨なグロックもスポーティーに変身! アキュコンプシステムは命中精度重視のφ6.1バレルにジュラコン製スリーブを差込み、アルミ削出しのマウントベース一体型コンペセイターで保持する事によってインナーバレルを固定します! CRスピードやゴーストなどのマッチ用ホルスターが使用出来ます。 左右どちら側にも取り付けられるサムレストも標準装備にしました。 しかも究極のローマウントを実現! 更にC-MOREなどを直付けにも出来ます。
各色 ¥24000(税別) 
特別色はスカイブルー、パープル、グリーンが品切絶版となりました。 他の色もの残り僅かです m(__)m


G17用 アキュコンプシステム B
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=142
大好評の東京マルイG17用アキュコンプにニューバリエーションが登場! 命中精度重視のφ6.1バレルにジュラコン製スリーブを差込み、アルミ削出しのマウントベース一体型コンペセイターで保持する事によってインナーバレルを固定します! コンペセイターの下部をごっそり削り取ったデザインにした為、見た目の軽快感だけでなくアキュコンプAに比べて20gの軽量化 になっています。 より、スピードを要求されるスチールチャレンジ系のマッチには特にお勧めです! しかも、フレーム下側に廻り込まないデザインなので、CRスピードやゴーストなどのマッチ用ホルスターが使用出来ます。 また、銃をしっかりホールドする為にサムレストも標準装備にしました。 左右どちら側にも取り付けられますから右利きでも左利きでもOK! 更に、究極のローマウントを実現! しかもダットサイトの載せ方は3通りです。 付属の20mmレールを使っても良いし、別売りのC-MORE用スクリューセット(各¥1500税別)を使えばマウントレールを使わず、より低く取付ける事が出来ます。 色はブラック、シルバー、ゴールド、レッド、ガンブルーの他、特別色としてスカイブルー、ピンク、パープル、グリーンも極少量ご用意しました。 品切れの際はご容赦下さい。 各色¥24000(税別)
特別色はスカイブルーが品切絶版となりました。 他の色もの残り僅かです m(__)m




スライドラッガー
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=132
スライドラッガーはスライドの操作を素早く行う為のレバーです。 オートマチックでは、どんなにチューニングされたカスタムガンでもジャムを100%無くす事は出来ません。 そこで、素早いスライド操作を可能にするスライドラッガーが必要になるのです。 東京マルイのG17、G26、G26アドバンスに使用出来ます。 
各色¥3500(税別) 特別色は残り僅か!


アキュコンプシステムA、B用 
C-MOREスクリューセット

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=133
東京マルイG17用アキュコンプシステムAには20mmレールが付属していますが、これを使わずにダイレクトにC-MOREをマウントする事が出来ます。 ダットサイトの取付けは低ければ低いほど照準精度が上がりますし、見た目もスッキリしてカッコ良くなります。尚、C-MOREに付属のネジはインチ規格の為、使えませんのでご注意下さい。 ¥1500(税別)

フラッシュサイト  http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=85
フラッシュサイトは自然光を集めて発光する集光アクリルを採用し、ダットサイトに匹敵する素早いサイティングを可能にします。 真っ暗闇では発光しませんが夕方や室内などの薄明かりの下では最もその威力を発揮します。

別売りの集光アクリルセットを使ってフロントとリアの色を変えれば更に狙い易くなります。 レッド/グリーン 各 ¥4380(税抜き価格)



フラッシュFサイト
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=127


周囲の光を集めて光る集光アクリルを採用したフラッシュサイトシリーズは、ダットサイトのような素早いサイティングを可能にしますが、ダットサイトのようにかさばらず、電池も必要有りません。 この機能を手軽に体験して頂こうと、お手頃価格のフラッシュFサイトをご用意しました。フロントサイトだけでもフラッシュサイトの狙い易さを充分に体感して頂けると思います。 各色¥2200(税別)
※G26アドバンスには使用出来ません。 また、アキュコンプシステムとの併用は出来ません。

TACマウントType e

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=54

ダットサイトやスコープを取付るマウントベースです。ボルトオンで簡単に取付られ下部にはフラッシュライトやレーザーサイトを取付けられます。アルミダイキャスト製で軽量で耐久性も抜群。 ¥4300(税別)
※アキュコンプシステムとの併用は出来ません。



ロングマガジンキャッチ
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=124
コンシールドキャリーウエポンであるG26は、引っかかり少なく、また、誤作動を防ぐ為、マガジンキャッチの操作性が良くありません。 そこでマガジンキャッチを押しやすくする為、敢えて2㎜延長しました。 丈夫な亜鉛ダイキャスト製ですから耐久性も向上しています。 もちろんG26アドバンスやG17にも使用出来ます。
ブラック¥2500(税別) シルバー¥2900(税別) ゴールド¥3500(税別)

マグバンパー
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=125
マガジンを落下の衝撃から守ります。 ブラックやODはグロック17カスタムにぴったりです(^^) また、レッドやブルーでトレーニング気分を盛り上げるのも良いかも。 G17、G26、G26アドバンス用です。
各色¥1200(税別)




カスタムパーツならフリーダム・アート  http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 12:25製品紹介