2009年11月29日

馬上射撃2

さて、シューティングサーキット「オープンクラス」の模様です。



初心者から中級者のクラスなので、テクテクと歩きながらコースを廻る初心者も居れば、駆け足でスムーズに廻って行く者も居ます。



コチラの女性は乗馬初心者で、しかもSAAを撃つのは初めて。 それでも立派にコースを廻り、風船を割っておりました(^^)


 





























































いつもは吉祥寺の屋上でカウボーイシューティングに興じている JCAST のメンバーも参戦です。 カウボーイシューティングのトップシューター、Jess Kobayashi さんは準優勝、リボルバーオセロットのモーションキャプチャーを務めた事で有名な Teff YOSHIDA さんは見事優勝を果たし、次回からマスタークラス入りと成りました。 おめでとうございます(^^)

つづく

JCAST について詳しくはコチラ → http://www010.upp.so-net.ne.jp/j_c_a_s_t_2007/index.htm
シューティングサーキットについて詳しくは → http://jcsn.jp/
ウエスタン乗馬クラブ ロッキーについて詳しくは → http://www2.wbs.ne.jp/~cowboy/

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 22:07エアガンシューティング

2009年11月29日

馬上射撃!

私は月刊GUNでトイガンシューティング・インフォメーションというコーナーを担当しています。 全国各地で行われているシューティングマッチやシューティングアトラクションをご紹介するコーナーです。 しかし、誌面ではスペースに限りがありますので、入りきらなかった部分をココでご紹介しましょう。


シューティングサーキット
シューティングサーキットは、JAPAN COWBOY SHOOTING NETWORK( 以下 JCSN と略す )が主催する、馬を駆りピースメーカでターゲットを撃ち抜く爽快な競技です。  本場アメリカでは COWBOY MOUNTED SHOOTING と呼ばれ、愛好者は2万人を超えると言います。
なにはともあれ、まずはコレを御覧下さい。 特に動画を見て頂ければ、どんな競技だかは一目瞭然です。  http://www.acmsa.com/
 
どうです、カッコいいでしょう? まさに西部劇の世界から抜け出て来たみたいですね(^^)  
私もカウボーイシューティングで馬を使う事が有りますが、乗馬マシーンと本物の馬とではスケールが違います。 さすがアメリカですね。 しか〜し! 実は日本でも体験出来るのです!! それがシューティングサーキットです。
シューティングサーキットは静岡県御殿場市のウェスタン乗馬クラブ「ロッキー」を会場に、年3回のペースで行われています。

ウエスタン乗馬クラブ ロッキーについて詳しくは → http://www2.wbs.ne.jp/~cowboy/

2009年10月24日に行われた、2009シューティングサーキット ファイナルステージの模様です。 

まずは開会式です。 選手はもちろん愛馬も参加します。 

 コレが今回のコースです。 初級〜中級の「オープンクラス」で2コース、上級クラスである「マスタークラス」は1コースです。 指示された順番で風船を割って行きます。 
まずは「オープンクラス」からスタートです。 1コース目は赤い矢印の経路で10個の風船を割ります。 使用しているのはタナカのガスガンSAAです。 持ち弾は12発。 基本は6発づつ2丁持つのですが、1丁の場合は6発撃ったら銃を一旦ホルスターに戻してから残りの6発を撃ちます。 この日は結構涼しかったですが、風船はしっかり固定されているので、中心を捉えればバッチリ割れます。 2コース目は10個の風船を好きな順番で自由に撃ちます。 風船にうんと近づいて突きつける様にして撃っても良いので、射撃の腕よりも馬を上手に操る事が重要です。
「マスタークラス」の競技は、「オープンクラス」が終わってから行われます。 マスタークラスのコースは経路も複雑で風船の数も1つ多い11個です。

つづく

シューティングサーキットについて詳しくは → http://jcsn.jp/

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
  


Posted by ドクターあみーご at 19:38エアガンシューティング

2009年11月28日

新製品情報をちらっと7

気になる次期新製品その2の正体は
東京マルイグロック17シリーズ用
アキュコンプシステム C でした(^0^)/
 


詳しくは後ほど・・・

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 20:07新製品情報

2009年11月26日

新製品情報をちらっと5

気になる次期新製品その2ですが、コレならもうお分かりですね(^^)

正解は後ほど(^^)/

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 20:25新製品情報

2009年11月25日

蔵前工房舎杯

来たる 12月5日(土)
第二回 蔵前杯APSライフル大会
が開催されます。

蔵前工房舎と言えばNPO法人 日本エアースポーツガン協会の理事を務める桑田商会の直営店で、APS関係のオリジナル商品を数多く展開しています。 中でも、APSカップライフルクラス用のコンプリートカスタムはトップシューターの評価も高く、今年の東京本大会で初代グランドチャンピオンの栄冠を手にした コウ さんのライフルが蔵前工房舎カスタムだった事は有名ですね。 店内にはシューティングレンジを常設しており、定期的に練習会を開催しているだけでなく、個人的な練習にも利用出来ます。 今回は第二回蔵前杯APSライフル大会(ハンドガン大会も行っているので蔵前工房舎杯としては第3回)と言う事で、私も参戦致します。 もちろん 月刊GUN の取材も有りますよ〜  定員20名だそうですから興味の有る方は、早目のエントリーをお勧めします(^^)v




蔵前工房舎について詳しくは → http://kuramaekoubou.militaryblog.jp/e33990.html


第二回蔵前杯APSライフル大会
日 時:2009年12月5日(土)10:00~17:00
場 所:蔵前工房舎
会 費:¥15,00
内 容:APSカップ ライフルクラスに準じる
    6位入賞まで賞状と景品あり
定 員:20名
    ※事前申し込みは12月3日までにお願いします
    定員に達した時点で締め切ります。

申し込み:大会委員長てるさんまでE-mailでお申し込み下さい。
     t.ohta.eagle@gmail.com
     http://teru.militaryblog.jp/e96248.html


APS用カスタムガンなら蔵前工房舎 http://www.kuramae-kobo.com/cgi-bin/index.cgi?d=00001index&e=


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com

  


Posted by ドクターあみーご at 20:37APSカップ

2009年11月25日

新製品情報をちらっと4

さて、気になる次期新製品 その2 はコチラ!
一体何でしょうね? 答えは後ほど(^^)/



カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com   


Posted by ドクターあみーご at 12:46新製品情報

2009年11月24日

新製品情報をちらっと3

東京マルイ デザートウォーリアー用 
アキュコンプシステム DW-A

は、現在、塗装行程に入っております。 価格は¥18900(税別)の予定で、12月上旬 には発売出来ると思いますのでお楽しみに!
※写真では銀色ですが製品版はタンカラーに成ります。

今までアキュコンプシステムは沢山作って参りましたが、シングルスタックGM用としては初です。 ハイキャパに比べるとグリップが細くて握り易いですね(^^) アキュコンプシステムですので、当然ロングサイズのφ6.1バレルが付属しており、フロントブロックで支える事によって命中精度を高めます。 しかも、集光アクリル採用でダットサイトのような素早いサイティングを可能にするフラッシュFサイトが標準装備されます。 更に、集光アクリルはレッドとグリーンの2色が付属します!
 レール部分にはシュアーファイヤーやM3ライトを装着可能で、フロントブロックには別売りのサイレンサーアダプターを使って各種サイレンサーを取付けられます。 アウターバレルに取付けるタイプでは、サイレンサーの重みが抵抗に成って作動不良を引き起こす事が有りますが、アキュコンプなら心配有りません(^^)

さて、実は新製品はコレだけでは有りません。 つづきは後ほど・・・


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 23:01新製品情報

2009年11月24日

タクトレ大好評2

11月22日に フォアフロント さんのインアドサバゲフィールドで
タクティカルシューティング アサルトライフル初級編 を行いました。 講師はアームズマガジンで活躍中の 毛野ブースカ さんです。 
アームズマガジン11月号の「サバゲ道」の内容をベースに、さまざまな基本テクニックを学びました。 やっぱり誌面で見るより実際に教わった方が解り易いですよね。 目の前でお手本を示してもらいながら練習出来るのでの見込みが速いです(^^) また、客観的に間違いを指摘してもらったりできるのもタクレならではです。 午前中は基礎をじっくり学び、午後からはバリケードの使い方等を学び、最後に仕上げにインドアフィールド内に会場を移し、フィールド内に設置された7枚の鉄板製マンターゲットに全て命中させるまでの時間を競うタイムアタックを行いました。 









次回は 2010年5月30日ハンドガン初級編 を開催する予定です。 もちろん次回も 毛野ブースカ さんに講師をお願いします。 お楽しみに(^0^)/


サバイバルゲームなら群馬フォアフロント http://www2.ocn.ne.jp/~f-front/
カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 19:32エアガンシューティング

2009年11月23日

新製品情報をちらっと2

次期新製品の正体は、
東京マルイ デザートウォーリアー用 
アキュコンプシステム DW-A
でした。


写真では銀色ですが、製品版はタンカラーになります。 詳しくは後ほど(^^)v


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 22:23新製品情報

2009年11月23日

タクトレ大好評

昨日は群馬県のエアガンショップ、フォアフロント さんのサバイバルゲームフィールドで、
タクティカルトレーニング in フォアフロント を開催致しました。 フォアフロントさんのインドアゲームフィールドは酒造跡でかなりの広さが有ります。 しかも常設のシューティングレンジも広く(ここでは毎月APS&プレート競技連取会を開催しています)、更にアウトドアも使用出来るように成っています。 今回はアウトドアフィールドの一角を使ってタクティカルトレーニグを行いました。



マグプルのDVDが流行っていますが、やはりタクティカルトレーニングへの関心は高く、地元群馬だけでなく埼玉・千葉・長野などから14名の参加者が集まりました。 マグプルDVDを観た方ならお分かりでしょうが、一人で14人を教えるというのは結構大変だったりします。
講師にはアームズマガジンでお馴染みの 毛野ブースカ さんをお招きしました。 ホントお疲れ様でした(^^;)



今回はアサルトライフル初級コースという事で、銃の安全な取り扱い方や、スタンス、フォーム、サイティングなど、基礎の部分を重点に学びました。




つづく

サバイバルゲームなら群馬フォアフロント http://www2.ocn.ne.jp/~f-front/
カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 19:46エアガンシューティング

2009年11月22日

PMC 5th

タクティカル・トレーニング in フォアフロント も終わってひと段落。 
次は 12月20日に、YOKOHAMA PCM で開催される、
第5回プレートマスターズチャンピオンシップ です。
もちろん私も参戦します。 月刊GUNの取材もありますよ〜 (^0^)/



主催/会場:Yokohama PCM
〒240-0065
神奈川県横浜市保土ヶ谷区和田1‐12‐13 みかどやビル3F  TEL&FAX:045‐333-7045
日時:2009年12月20日(日)11:00〜17:00(10時より受付開始)
エントリー料:シングル¥4,000 ダブル¥6,000
エントリー方法:メールにて
meijin2000@mail.goo.ne.jp
氏名(フリガナ)出場クラス オープン・アイアンサイト・タクティカル(シングルもしくはダブル)レディースもしくはシニア(50歳以上)の方はそれも記入してください。

詳細及び、レギュレーションはこちらにてご確認ください
http://yokohama-pcm.com/event/Pmatch.html

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 20:33PMC

2009年11月22日

新製品情報をちらっと

次期新製品のパーツが加工屋さんから上がって参りました。
そこで問題です。 コレはどんなパーツでしょうか?




つづく

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  
タグ :新製品


Posted by ドクターあみーご at 09:43新製品情報

2009年11月21日

APSカップ その2

さてさて昨日のつづきです。
去る11月15日に インドアサバイバルゲームフィールド BLAM!! で行われた ケイ・ホビー主催 の APSカップ練習会 の模様と共 APSカップ ハンドガンクラス の競技内容をご説明しましょう。

ちなみに、来たる 2010年1月17日
ハンドガンクラスの公式練習会 が開催されますよ〜!


■日 時 2010年 1月17日(日) am9:00〜pm12:00
■主 催 ケイ・ホビー
■場 所 BLAM!!
■参加費 ¥1,000
■内 容 『ハンドガンクラス』のみとなります。
■定 員 先着50名
詳しくは、お電話にてお問い合わせください。
BLAM!! TEL 04-2990-4755


●APS CUPハンドガンクラス

*ブルズアイ競技

「精密射撃」という競技の中で、基本となるこの競技は最も「集中力」が要求されます。3競技の中での得点配分は最も高く、ここでの結果が総合点を左右するといっても過言ではありません。時間にも余裕があり自分のペースを守り、微動する腕を押さえつけ集中力を持続させる事が高得点を得るキーポイントとなるでしょう。


*プレート競技

規則正しく並んだ15枚のプレートターゲットに対し、俊敏な集中力が要求される競技です。15回にも及ぶわずか3秒の射撃時間、そしてギャラリーから受けるプレッシャーに耐えうる「持続力」が最も必要とされます。正確な、そして速やかな射撃動作が高得点を得るキーポイントとなるでしょう。


*シルエット競技

6、7、8、9、10mの異なる距離にあるわずか3×3㎝のアルミターゲットに向かい、自己の射撃技術の総力を注いで挑む競技です。3競技の中で最も弾道の変化が大きく、その読みが必要とされます。近距離で得点を重ねるか、遠距離の高得点を狙うか、<決断力>がキーポイントとなるでしょう。

APSカップは練習した者勝ちです。(他の競技もそうですが・・・) 中でも最も基本となるブルズアイ競技の練習が重要です。 ブルズアイなら的まで5mですから自分が立つ場所も含めて6m確保出来れば練習出来ます。 たとえ10発程度でも毎日練習すれば必ず上手くなりますよ〜(^0^)/

APS系パーツならフリーダム・アート http://freedomart.militaryblog.jp/e95903.html
                  http://www.gun-freedom-art.com
  


Posted by ドクターあみーご at 20:06APSカップ

2009年11月20日

APSカップ その1

このところ、めっきり寒くなって来ました。 しかし、シューティングマッチにシーズンオフは有りませんよ!

去る11月15日に ケイ・ホビー主催 による定例の APSカップ練習会 が行われました。 会場は埼玉県所沢市の インドアサバイバルゲームフィールド BLAM!! です。 BLAM!!はケイ・ホビーの姉妹店なのです。 この程リニューアルが行われ、バリケードが一新されました。 http://www.blam.jp/
と、言う事で、練習会の模様と共にAPSカップの競技内容をご説明しましょう。

APSカップ(APSカップ 公式レギュレーションブックより抜粋)
APSカップはNPO法人 日本エアースポーツガン協会が主催する、エアーガンによる精密射撃競技です。 レギュレーション及びルールは、まずエアーガンをスポーツとして安全に楽しむことを最重視して設定されています。
<精密射撃>とは、自己の集中力をコントロールし、満足できる結果をターゲットに残すという精神的な一面と、その集中力を競技中変わらず持続させる肉体的な一面を合わせもつ<道>にもつながる高度なスポーツです。 幅広い年齢層の男女、約250名が技術を競う、この<精密射撃>というエアーガンによるスポーツは、究極の自己鍛錬の表現といえます。

■競技の概要
APSカップでは、ハンドガンクラス、ライフルクラスでそれぞれオープンとフリーの2部門があり、ハンドガンクラスではブルズアイ/プレート/シルエットの3競技、ライフルクラスではブルズアイ/プレート/ムーバーの3競技で構成されています。

●APS CUPライフルクラス

*ブルズアイ競技

「精密射撃」という競技の中で基本となるこの競技は最も「集中力」が要求されます。3競技の中での得点配分は最も高く、ここでの結果が総合点を左右するといっても過言ではありません。時間にも余裕があり自分のペースを保ち、集中力を持続させる事が高得点を得るキーポイントとなるでしょう。


*プレート競技

10m 先にある上下に並んだ5枚、ジャマー(ドーナツ状の遮蔽物)に遮られた3枚の計8枚のプレートに向かい、射撃技術の総力を挙げて挑むステージです。最もパーフェクト難易度が高い競技です。1プレートに1発のみで5枚目まで進み、続く3枚はジャマーを倒した瞬間に競技終了となるからです。ジャマーのある3枚は得点が異なります。事前の「決断力」が高得点のキーポイントとなるでしょう。



*ムーバー競技

この競技は10mの移動するターゲットに向かタイミングを崩すことなく、集中力を結集する競技です。ターゲットの移動距離は左右間1m、移動時間は5秒です。その間撃てるのは1発のみです。ターゲットのモーションを詠みきり、BB弾を操って下さい。競技者の経験をそれに培われたシューティングテクニックがこの競技を制覇します。


ところで、会場で見つけた凄いカスタムガンをご紹介しましょう!

この銃はセキさんのAPS3ライフルです。 ハンドガンのライフル化は古くから行われており、蔵前工房舎さんではAPS1グランドマスター用のライフルストックを発売していますし、KSCのGR1000やAR2000もハンドガンをライフル化した物です。 ハンドガンはライフルに比べると若干パワーが落ちますが、命中精度では遜色無く、安定性と言う意味ではむしろライフルを上回ります。 そして、最大利点はトリガープルが軽くキレが良いという部分です。 
APS3はレバーが下側に開くのでライフル化して構えた場合、レバー操作の度に射撃姿勢が大きく崩れるという問題が有りました。 セキさんはなんと、APS3のポンプ部分を切断して90度回転させて固定し、レバーを横向きに取付ける事で、この問題を解決しました。 う〜ん大胆! 自作のストックも調整機能バッチリで構え易く、軽量に作られています。 ムーバー競技では20回も銃を上げ下げしなくてはならないので、軽い銃が有利ですが、銃が軽いと据銃安定性が損なわれてしまいます。 しかしこの銃はトリガープルがものすごく軽いので銃が軽くてもぶれにくいのです。 凄い!
ちなみに、真っ白なストックにはいずれ何かプリントされるとか。 但し痛銃ではありませんとの事でした。

つづく

APS系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 19:40APSカップ

2009年11月19日

第13回SASCマッチ その2

去る11月15日、大阪のアメリカ村で 第13回SASCマッチ が開催されました。
SASCマッチは見ていると参加したくなります
ターゲットやステージのギミックが凝っていて、撃っているのを見ていると実に楽しそう! そして自分もやってみたくなります。 
次回開催は2010年2月21日
ですが、私も参加しようと思っています。 もちろん 月刊GUNの取材も有ります。 皆さんもご一緒に如何ですか?


※過去の大会の動画も是非御覧下さい
http://web.me.com/msagawa/Site/stage1.html
http://web.me.com/msagawa/the_11th_SASC_Shooting_match/Stage_1.html

ステージ3

動画はコチラ →   http://web.me.com/msagawa/the_13th_SASC_Shooting_match/Stage3.html

ステージ4

動画はコチラ → http://web.me.com/msagawa/the_13th_SASC_Shooting_match/Stage4.html

詳しくは SASC  http://ci5.web.infoseek.co.jp/sasc/index.html

シューティング系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 21:04SASCマッチ

2009年11月19日

デトニクス!

デトニクスのツートン仕様がもうじき新発売ですね。
「コルトガバメント」通称M1911には、無限とも思われるほど沢山のクローンやカスタムが存在します。 デトニクスもその内の1つですが、極限まで小型化した45口径の草分けです。 これをインサイドパンツ・ホルスターやアンクル・ホルスターに忍ばせて刑事ドラマ風サバゲなんてやったら面白そうです(^^)
ってな訳で、デトニクス対応パーツのご紹介です!

東京マルイ デトニクス、MEU、M1911A1、タニオ・コバGM7用
サムガードA  
ブラック¥4200 シルバー¥4800(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=113
銃を構えた時に親指がスライドに触れてしまうと作動不良の原因になります。エアガンではリコイルスプリングのテンションも弱いですし、高度にチューニングされた銃では尚更です。 サムガードは親指がスライドに触れるのを防いで作動不良を予防します。


東京マルイ デトニクス、MEU、M1911A1 & タニオ・コバGM7用
サムガードB 
ブラック¥4200 シルバー¥4800(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=122

銃を構えた時に親指がスライドに触れて作動不良が発生するのを防ぐサムガードに新デザインが登場! ウィルソンLEやセンチメーターといった80年代のレースガンに良く見られる小振りなデザインを採用しました 今回はブラックも1度研磨してからヘアラインを入れるという手の込んだ仕上がりに成っています。






















ストレートトリガー
 各色¥3800(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=89
トリガーは射手と銃とを繋ぐ重要なパーツです。 銃を撃つという行為は、的を狙ってトリガーを引くという事ですから、銃に発射の指令を出すトリガーの重要性は容易に理解出来ると思います。 東京マルイ/ハイキャパシリーズ用 ストレートトリガーは、単にカラフルなだけのトリガーでは有りません。(東京マルイM1911にも使えます) 横から見るとストレートな形状ですが、指が掛かる部分はカーブを描き、更に細かい溝が刻まれています。 スピードシューティングに於ける素早い連射を容易にする為、トリガーフィーリングに徹底的にこだわった結果辿り着いた形状です。 ご存知の方も有るかと思いますが、S&W M1911のダグケニックモデルも同様な形状のトリガーを装備しています。 以前、ラスベガスのショットショーを見学した際に、このダグケニックモデルをいじくりまわし、空撃ちしまくって、この形状の有効性を確認しました(^^) 
※ブラックは在庫少量です。 お早目に!

そして、もうひとつ。 究極のアイテムをご紹介!

ガスブローバックならではの連射性を活かしながら何処まで命中精度を高められるかというテーマに挑んだ究極のシューティング用アキュコンプがコレです!
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=108

アキュコンプシステムDET-A は、スライド周りがデトニクス、フレーム周りがハイキャパ。 つまりベースガンを2丁必要とする贅沢なアキュコンプです。 デトニクスが発売された時、コアなシューターさんはこぞってハイキャパにデトニクスのスライドアッセンブリーを移植する事を試みました。 何故か? デトニクスはスライドが短いだけでなくストロークも短いのでスライドのレスポンスがとても良いのです。 ストロークが短くても当然スライドストップは掛かります。 また、デトニクスのシリンダーはハイキャパよりも容積が少ないので燃費が良く(マガジンが冷えにくい)リコイルもマイルドです。 更にデトニクスのスライドはハイキャパ5.1よりも約30gも軽いので、これもレスポンスの良さとリコイルのマイルドさに一役買っています。 つまり、トップシューター達の気合いの入ったカスタムガンに近いものをお手軽に実現する為のキットなのです。 



DET-AはアキュコンプEよりも更に大型で重いバレルウエイトを採用しています。 側面にはユーザーの好みで部品を追加装備できるようにM3のネジ孔を幾つもあけています。 実は、JANPSで使用するカップガンのベースとして作ったキットだったりします(^^;)
アキュコンプシステムDET-Aはメーカー在庫が残り数個となりました。 
価格は¥30000(税抜き) あまりに特殊なアイテムなので再生産は有りませんから迷っている方はお早目に!


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 10:03製品紹介

2009年11月18日

第13回SASCマッチ その1

去る11月15日、大阪のアメリカ村で 第13回SASCマッチ が開催されました。
SASCマッチは変化に富んだステージが特徴です
的の種類はダンボール製のペーパーターゲットと弾が当たると倒れる樹脂製のペッパーポッパーの2種類ですが、ペーパーターゲットには、×印が書かれた撃つとペナルティーを取られる「ノーシュート」や、黒く塗りつぶされた部分には当っても無効になってしまう「ハードカバー」の他、ゆらゆら揺れる棒の先にペーパーターゲットを取付けた「スィンガー」など多様な使い方が有ります。

SASCマッチはコースの攻略法を考えるのが楽しい
タイマーを止める為にストップターゲットだけは最後に撃たなくては成りませんが、それ以外は基本的にどんな順番で撃っても良いので、どの位置からどのターゲットをどんな順番で撃つのが最も効率的か作戦を練ります。 自由度が高いが故に考える要素が多く、難しくも有り、楽しくも有り、この部分がSASCの醍醐味ではないでしょうか?

SASCマッチでは色々な銃が使える
オープンデビジョン、スタンダードデビジョン、ライフルデビジョンと、3つのカテゴリーが用意されており、殆どのエアガンが使用可能です。 色々な銃を使う事によって多様性は更に広がります。

ジュニアコースも有ります
大阪府生活文化部子ども青少年課に出向き、詳しい内容を伺い、条令の全文を読んだ上で、競技には18歳未満の参加をお断りする事にしております。  しかし、シューティングに興味のある18歳未満の方に条令に触れない10歳以上のエアーソフトを用いて、正しい遊技銃の扱い方や、競技を見ながらルール内容を説明するなどのジュニアコースを設けています。

イロイロ書きましたが、百聞は一見にしかずです。 実際のコースを見て行きましょう。

ステージ1



動画はコチラ → http://web.me.com/msagawa/the_13th_SASC_Shooting_match/Stage1.html

ステージ2


動画はコチラ → http://web.me.com/msagawa/the_13th_SASC_Shooting_match/Stage2.html

つづく

詳しくは SASC  http://ci5.web.infoseek.co.jp/sasc/index.html

シューティング系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 21:12SASCマッチ

2009年11月17日

松本練習会

松本初心者講習会 開催!
来たる 11月22日、長野県松本市寿台体育館でJANPS委員会の棟梁さん主催によるエアガン初心者講習会が開催されます。
メニューは第1回目同様、基礎レクチャー後、各種競技の体験会を予定しています。 予定競技は、APS、スティールチャレンジ、JANPS、ATPFから各1ステージの予定です。
本来、こうした初心者講習会は業界主導で行われるべきなのですが、精密射撃分野でNPO法人 日本エアースポーツガン協会によって行われているのみで、残念ながらスピードシューティングの分野に於いてはファンの自主的な活動に頼っているのが実情です。 国内でエアガン人気を支えている最も大きな柱であるサバイバルゲームですら業界主導の初心者講習が行われた記憶は有りません。 海外製品にマーケットを奪われたくないのであれば、もう少しユーザーサポートに力を入れても良いのではないかと思うのですが・・・

松本初心者講習会
主催:棟梁
日時:11月22日(日) 13:00〜
場所:松本市寿台体育館(松本市寿台6-2-1) (長野県松本市)
参加費:¥1000(施設利用費の一部として) 
    ※見学は無料です。シューティンググラスと上履きをご持参下さい。
内容:基礎レクチャー後、APS、スティールチャレンジ、JANPS、ATPF、の体験会
   を行う予定です。 
   参加ご希望の方は、 JANPS掲示板http://6503.teacup.com/janpsbbs/bbs
   をスクロールして頂くと松本練習会の書き込みが有りますので、そこから
   棟梁さん宛にメールしてください。

と、言う事で、 参考までに第1回目松本講習会の模様を棟梁さんのレポートでご紹介しましょう!

第1回松本講習会                  レポート by 棟梁さん
スタンスなどについてレクチャーしてるところです。 私の背中がポイントされてるように見えますが、ちゃんとラインは外れてますので・・・。 もちろん全てのガンがクリアの状態です。








今回は初の初心者講習会でしたが、9名の受講者と上越や名古屋からも練習にかけつけてくれた仲間がおり総勢16名で楽しくやれました。
受講者の方々は全く銃に触れたこともない方から、サバゲやってる方、APSだけ撃っていて方と様々でしたが今回は下記内容にて行いました。

1. 銃の取り扱い注意事項
2. 狙い方、握り方、スタンスについて
3. 代表的シューティングマッチの紹介と体験。

体験については時間の関係もあり、全員の方がすべて体験できませんでしたが初めてのAPSでシルエットスタンディング満射する方(銃はレンタル)がいたり、いきなりJANPSムーバーに挑む方がいたり、スティールでも”おっ”と思わせるタイムを出す方がいたりと今後が楽しみな方々でした。




















こちらはAPS。 ハンドガン3ステージ用意しました。 ”難しい〜”とため息が・・・。





















こちらはスティール。 スピードオプションとアクセラレーターを用意。




















こちらはJANPS。 ムーバーとバリケイドを用意。




















第1回松本講習会に集まった皆さん。

詳しくは JANPS掲示板 http://6503.teacup.com/janpsbbs/bbs


カスタムパーツはフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 23:03JANPS

2009年11月17日

頂き物

先日、静岡県掛川市で開催された JANPS2009 は例年の2倍近い参加者で大いに盛り上がりましたが、国内外で活躍するトップシューターやベテランシューターが沢山集まった事も印象的でした。
さて、その時トモさんから手渡されたのがコレ。「いつもパーツとか送って頂いてますから〜 コレ使ってみて下さい。」ってな事で、噂の クナイ を手に入れちゃいました。  トモさん有り難うございます!  大切に使いますね(^^)/
ってな訳で、クナイのミニレポートをお送り致します。

私が御幼少の頃は、西部劇ブームからスパイブームへと移り変わっておりまして、「007は2度死ぬ」のロケが日本で行われたり、テレビでは「キーハンター」なんていうスパイアクション物が流行っていました。 「サンスター スパイ手帳」なんていう、今思えば謎なアイテムで遊んだりもしました。
私の中で、スパイ映画の代表作は、何と言っても007シリーズです。 毎回いろいろな小道具を繰り出して敵と戦うのがとても格好良かったのです。 マシンガンで派手にトンパチやるのではなく、腕時計・ライター・ペン・靴底、etc・・・ 日常的なアイテムに隠された特殊な機能でピンチを切り抜けるってのがいいんですよね〜(^^)
 



さて、今、私の目の前に在るこのボールペンからは、スパイ小道具の匂いがします。 一見普通のボールペンですが、竹の節のようなくびれを持つ独特なデザインと、高級感漂う確かな重量感はタダ者ではありません。 エアクラフトアルミの強靭なボデイー、更にペン先はステンレスで補強されており、反対側のペンの頭部分には超硬チップが埋め込まれていてます。 イザという時にはペン先でドアを破り、ペンの頭で車のウインドウをカチ割る事が出来るという訳です。 もったいなくて試していませんが(^^;)  このように緊急時には身を守る道具として使えるペンを「タクティカルペン」と言うのだそうですが、この クナイ イチローさんがデザインした最新のタクティカルペンなのです。 

日本で本物の拳銃を持つ事は殆ど不可能です。 最近ではナイフの携行も出来ません。 しかし、タクティカルペンの携行を禁じる法律はありません。 タクティカルペンは仕込みナイフではありませんし、毒ガスや銃弾が出る訳では有りません。 もちろん殺人光線も出ません(笑)。 但し、極めて強靭に出来ているので通常のボールペンでは想定していないような酷使に耐えうるというだけです。 従って本物を持ち歩く事が出来ます。
クナイを胸ポケットに挿しているだけで、なんとなく強くなった気分を味わえます。 どこかの国の秘密諜報部員になった気分です。 なにしろ胸ポケットに刺さっているソレは本物なのですから。 
但し、クナイを使いこなす為には充分な鍛錬が必要です。 拳で充分に闘えるようでなくてはクナイの真価を発揮する事は出来ないでしょう。 近頃、関節が痛くてグルコサミンを飲んでいるような私には到底無理です。  しかし、私の主戦場である職場ではクナイで日々闘っております。 今日も出荷伝票をカキカキ。 100年に1度という未曾有の不況をサバイブするのだあ〜!

「クナイ」について詳しくは
L.E.M.サプライ http://www.lem-shop.com/
山下刃物店  http://www.yamashita.org/KUNAI_PEN.html
パラベラム  http://www.ex-military.jp/
田村装備開発  http://tamurasoubi.com/


  


Posted by ドクターあみーご at 20:02その他

2009年11月17日

次世代M4

東京マルイの次世代 M4 は相変わらず大人気ですね。 全金属製で剛性はバッチリ! 命中精度はスナイパーライフル並! リコイルショックのギミックもGood!
って、事で、東京マルイ次世代 M4 用のパーツをご紹介します!


東京マルイ 次世代電動ガン M4 シリーズ用 
スイベルリング ¥4980(税別)
 
CQB では、メインウエポンを右手から左手、左手から右手へと、状況によってスイッチする事が必須科目と成っています。 バリケードに、なるべく身を隠しながら射撃をする為です。 また、メインウエポンが弾切れになったり故障したりした時には、瞬時にハンドガンに持ち替えなくては成りません。 当社のスイベルリングのスリング取付け部分が半円形に成っているのは左右に銃をスイッチする際、スリングが左右にスムーズに移動してベストポジションを保つ為です。 戦術の進化と共にスリングも進化して来ましたが、スリングを取付ける金具=スイベルリングもまた進化し続けているのです。 
さて、実銃用パーツのコピー品が色々発売されていますが、その多くが次世代M4に取付ける為には加工が必要だったり、ストックチューブを外さないと取付けられなかったりします。 従来のM4シリーズであれば簡単なこの作業も、次世代M4の場合は実に面倒!  しかし、当社のスイベルリングなら無加工で簡単に取付けられます!


また、左右のスイッチがスムーズに行えるようにスリングを取付ける部分を半円形にし、材質もこの部分だけ3mm厚の鉄板から切出しています。(本体は軽量なアルミ製です)
¥4980(税別)で大好評発売中です!

ちなみに、次世代電動ガンM4シリーズ用 スイベルリング は簡単な加工で従来品にも取付けられます!
詳しくは → http://freedomart.militaryblog.jp/e63641.html


さてさて、ついでに次世代電動ガンM4シリーズに対応しているパーツもご紹介しましょう!


パカ山クラフト
東京マルイ次世代電動ガンM4シリーズ用
マグ・パイプ−M4 ¥2000(税別)大好評発売中!




M4シリーズはM1911同様、多彩なカスタムパーツを組み合わせて自分だけの1丁を作り上げる事が大きな魅力です。 次世代M4シリーズも、まだパーツが出揃ってはいないものの皆さん既にいろいろカスタムしているようです。 中でもマグプルは人気のようですが、残念ながら次世代M4用のマグプルタイプマガジンはまだ無いようです。 
しかし、パカ山クラフトのマグ・パイプ-M4を使えばそんな悩みはサクッと解決! 次世代M4シリーズの銃本体側チャンバーの給弾パイプ部分に被せるようにして取付けるだけで従来M4用マガジンが使用出来るように成ります。 取外すのも簡単ですからメンテナンスも問題無し! 次世代M4用マガジンとの使い分けもOKです(^0^)/



















東京マルイ M4シリーズ用 
フロントマウントベース
ブラック/グレー 各¥3980(税別)

M4カービン・シリーズはスコープをレシーバーに直接取付けられます。 しかし、せっかくスコープを低くマウント出来てもフロントサイトが視界に入ってしまい狙いずらいのに気付くと思います。 そこでスコープの視界をさえぎらず、更に上下に20mm幅のマウントレールを設けて拡張性も強化してみました。 純正付属のサイドスリングアダプターも問題無く使用出来ます。   











東京マルイ M16/M4シリーズ&89式小銃用 
フラッシュFサイト レッド/グリーン各¥2500(税別)

自然光を集めて光る集光アクリル採用でダットサイトのような素早いサイティングを可能にするフラッシュサイト・シリーズのM16/M4&89式小銃用がです。 フロントサイトポストを交換し集光アクリルを接着するだけのお手軽パーツながら効果は抜群! 集光アクリルはコンパクトなショートサイズと、より強く光るロングサイズの2種類が標準装備。 お好みで選べます。 










スコープシールド 
S ¥1600   M ¥1700   L ¥1800(税別 )
スコープやダットサイトをBB弾の直撃から守ります! 材質はゴーグルのレンズと同じポリカーボネイトです。東京マルイ純正のハイマウントベース対応で、対物レンズ30mmのダットサイト用のSレンズ径40mmまでのスコープ用のM、レンズ径56mmまでのスコープ用のLの3種類。 シールドのスペアも有ります。











ジョイントハイダー 
逆ネジタイプ ¥3800(税別)

一見単なるフラッシュハイダー。しかし、その実体はサイレンサーや各種マズルアタッチメントをワンタッチで着脱できるジョイント・パーツなのだ。












ワンタッチジョイント 
正ネジ・逆ネジ 各¥1500(税別)

各種サイレンサー・マズルアタッチメントにワンタッチジョイントを取付けておけば、ジョイントハイダーにワンタッチ着脱が可能に!! ゲーム中にサイレンサーの着脱を繰り返して敵チームを撹乱する事もできます。

これらの他にも SOPMOD M4 の場合は、レイルシステムを使ってこんなパーツも使えます。

 バイポットベース ¥2980(税別)
R.I.S.に取付けるハリスタイプのバイポットを取付けるアダプターです。 脱着スイベルを取付ければスリングも付けられるます。




































レイルマルチホルダー ¥3800(税別)
レイル・マルチ・ホルダーはL字型のステーにマジックテープで固定する方式なので、コレ1つであらゆる装備品をマウントできます。 R.I.S.にフラッシュライトから極太サイレンサーまでワンタッチで装着!


パカ山クラフト http://www.pakayama.com/

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 11:35製品紹介