2010年08月31日

実験!


USスチールチャレンジではダットサイトの故障に泣かされました。   グロック・アキュコンプは、エアガンであれば直接 C-MORE をマウント出来ますが、実銃の場合は C-MORE に薬莢がぶつかってジャムが発生しますからコノ方法は使えません。


エジェクションポートの上を塞がないように取付けなくては成りません。  そこで、小型な STS サイトを選んだのですが、 STS サイトは小型な代わりに調整範囲が狭く専用のシムを使わないとゼロイン出来ない事が有ります。  今回がまさにそれで、STS サイトの専用シムなんて特殊なものは銃砲店では手に入りませんから代わりに銅テープを使い、おそらくこれが原因で STS サイトが故障したのだと思います。(><) 
STS サイトは裏側のフタの部分に荷重が掛かるような固定の仕方をしてはいけない様です。
20mmレールも用意しておいたのですが、ダットサイトを取付ける際にネジを強く締めすぎてバカにしてしまい、バックアップの用を果たせませんでした。    出発前にエイムポイントのマイクロH1を買おうか迷ったのですが値段にビビって購入を見送りました。   買っとけばよかった(^^;)
エアガンの場合であれば多少無理な方法で取付けても何ら問題ありませんが、実銃の場合は反動がありますのでそう簡単にはいきません。   また、グロック・アキュコンプは究極のローマウントを実現している為、意外と選択肢が狭いのです。

いろいろ考えましたが、価格や重量、入手のし易さや耐久性など総合的に考えるとやはり現時点では C-MORE がベストなのではないか?と言う結論に至り、C-MORE の横置きに挑戦する事にしました。   C-MORE の横置きは去年のUSスチールチャレンジあたりから盛んに行なわれるように成りましたが、基盤や電池が入っている本体部分が左側に飛び出す感じに成ってしまい視界を遮るので、今まではネガティブな印象でした。    しかし、横置きにすればローマウントに出来るだけでなく本体部分がエジェクションポートの上を塞がないというメリットがあります。


とりあえず、ホームセンターで買って来た材料で適当に試作してみました。   暫くこれで撃ってみて、問題がなければ来年のUSスチールチャレンジは C-MORE の横置きで行こうと思います(^^)v









































東京マルイ グロック用パーツはコチラ→  http://freedomart.militaryblog.jp/e153622.html 


カスタムパーツならフリーダム・アート  http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 22:05エアガンシューティング

2010年08月30日

第11回KYマッチ開催決定

スティール系ポスタルマッチ 
第11回 KYマッチ
≪最後の追い込み≫  開催決定!


【 重要!】ルールに変更・追加がありますので、今まで参加いただいた方ももう一度ご確認ください。

【18歳以下の参加者について】
18歳未満の参加は従来どおり可能ですが、今後は各開催地の都道府県の条例に従って保護者自身が判断し参加決定及びガンの選別を行い、主催者にその内容を事前に連絡し参加許可を得ることを義務付けます。  省庁への問い合わせは保護者自身が行ってください。
会場によっては事前に主催者に対し誓約書を提出しなくてはいけない場合があります。  この場合、誓約書の提出がなければ参加はできません。  当日会場にてご記入いただきますのでハンコをご用意ください。 18歳以下の者一名につき二枚必要で、一度書いていただくと次回からはそのままご参加いただけます。
諸事情により18歳以下の参加者をお断りしている会場もありますので下記の案内をご確認ください。
人身及び物損事故、法的及び条例違反があった場合の責は100%保護者が負うことし、メーカー、組合、主催者、スタッフ、他の参加者などの第三者は責は一切負いません。
上記の理由により18歳以下の者の単独での参加は認めず、必ず保護者同伴のこととします。

前回よりジュニアクラス(18歳以下)とシニアクラス(50歳以上)を新設いたしました。
ダットある無しに関わらず対象年齢の方はこのクラスになります。


【 今回のコンセプト 】

JSCのコース発表がありました!     今年は25周年ということで8ステージ開催です。   KYではプレマッチを出来る限り開催していく予定で、毎回そのうち4ステージを行います。

【 日時 】
(会場によって開催日が違いますのでご注意ください)
各会場とも参加希望の方は事前に連絡ください。

山口会場(PAW WORKS  パウ ワークス)  9月12日(日)
        参加希望・開始時間等詳細は 0834−34−3779 まで
        参加費用 1000円
        18歳以下参加可能 誓約書不要

横浜会場(シューティングレンジPCM) 9月19日(日)
        http://yokohama-pcm.com/home.html
        集合12時 開始12時半   
        参加費用 3000円
        18歳以下参加可能 誓約書必要  
 
関西会場(臨海スポーツセンター大会議室)  9月19日(日)
        お問い合わせはH.B.Chalickiまで。
        参加費用 1200円  
        18歳以下参加可能 誓約書必要 

下記会場は私設レンジのため場所は公表いたしませんので、参加ご希望の方はH.B.Chalickiまで。  ただし人数のキャパの問題もありご希望に添えない場合もありますのであらかじめご了承ください。
KYマッチに関するお問い合わせは、ミクシーで H.B.Chalicki までメッセでどうぞ。
ミクシーに入っていない人は メールでお願い致します。( kymatchhead@gmail.com )   
   九州会場    9月19日(日)
        18歳以下参加可能 誓約書不要


【 コース 】

JSCのコースのうち、
・Five to Go
・ラウンド アバウト
・アウターリミッツ
・ショウ ダウン

※コース図はJSCのHPを参照ください。
http://www.steelchallenge.net/stage/
スピードオプションのコース説明をよくお読みください。
撃ち残しペナルティはプラス3秒です。

【 クラス及びガンレギュレーション 】
・オープンクラス部門  ・リミテッド ・リボルバークラス 
の3クラスあります。

あと年齢別でジュニアクラスとシニアクラス(50歳以上)を設けております。

禁止事項はこちらを参照ください。
http://sports.geocities.jp/kyushu_steel_challenge/rule/2010/regulation.html

≪注意!≫
8月度よりガンレギュレーションはJSCと同一という予定でしたが、JSCに参加されない方に新たにJSCレギュレーションのガンを用意していただかなくてはならないので、今後のKYマッチのルールとガンレギュレーションはマッチ内容に関係なく一年通して同じにします。  現在ルールの最終まとめに入っていますので完成次第公開させていただきます。

≪電動ハンドガンについて≫
18歳以上用の電動ハンドガン(マルイ等)の参加は現在のところは禁止です。   理由は機構的にロードもアンロードもトリガーを引いて発射の作動をさせないと不可能だからで、 安全面及び進行上の問題もありますのでこういう処置を取らせていただきます。  現在これに対応したルールを考案中ですのでしばらくはご容赦ください。
ジュニアガンの電動ハンドガンを使用予定の方は事前にH.B.Chalickiもしくは各スタッフにお問い合わせください。
Wエントリーは運営の問題もありご遠慮いただいております。

使用弾は6mm及び8mmBB弾、
パワーは使用弾の口径、重量に関係なく一律0.8Jまで(厳守)
使用弾は6mmは0.25gまで。
初速チェックには全会場にてマルイ純正0.2g弾を使用しまして、ASGK簡易測定器4枚目を抜かないことを確認します。(マルイ弾はこちらで用意いたします)
8mmBBは0.27gまででASGK簡易測定器3枚目を抜かないこと。
こちらはマルシン純正0.27g弾で計測しますが、8mmBBは使用者が少ないと思われますからこちらで用意しませんので、使用者が規定に基づいた弾を用意してください。
全会場で初速チェックをいたします。
ソースは134a等のガスガン用として販売されているリキッド用ガス、Co2(グリーンガスなど)、エアーのうちどれか、外部ソースを使う場合はリリースバルブ装着のこと。
外部ソース使用時、可変レギュレーターは初速チェッククリアした位置で封印します。

もしオーバーパワー・過度の金属化による銃刀法違反で問題が発生しても主催者及び各会場の担当者は責任を一切負いません。

あと、シューティンググラス着用のこと。

【 ルール 】
JSCプレマッチですがルールは従来どおりKYマッチルールで行います。
細かい部分は現在製作中ですので、完成までは基本的なものは九州スティール様のルールを採用させていただきます。
http://sports.geocities.jp/kyushu_steel_challenge/
KYルールはいま追い込みをしていますのでもうしばらくお待ちください。

スタート姿勢は全クラスハンズアップのみで例外は認めません。
ドロー&サイトチェックは5回まで
ロードしてからのサイトチェックは一切認めません。
当日は試射レンジ等でサイト合わせ・試射は可能ですが、会場でのドロー練習は一切禁止いたします。

ボックスに入ってサイトチェック、ロード後にチャンバーの弾を抜く・試射等で1発撃つのは禁止します。 もし行った場合は暴発とみなしDQにいたします。

≪追加事項!要注意!≫
暴発は各コース一番手前のスタンド根元より手前の地面、もしくはボックスラインより前方3m以内の地面をを撃った場合に適用され、1回でDQです。
ライン内かどうかの判断はROがいたします。
180度違反、ローデッドガン落下、スイープの重大違反もDQです。

アンロードガン落下の場合は自分で拾わないでください。
スタッフが拾い安全を確認してからシューターに渡します。

ルールに書いてある項目以外で各会場責任者が危険行為及びふさわしくないと判断した場合、
いきなりDQということはなく「注意」ということで対処させていただきますが、それでも改善されない場合は参加禁止もしくは退場、以後の参加を禁止する場合があります。

【 追加ルール 】
(1)名前を呼ばれボックスインしてから競技終了後にアンロード、ボックスアウトするまでは競技中とみなし、その間にガンを落とした場合(弾補給中を含む)はロード、アンロードに限らず「ホット状態での落下」と判断しDQにします。
要するにボックスに入ってる間はガンを落とすとダメですよ、ということです。
特に外部ソース使用者はマガジンに弾を入れている最中にガンをホルスターから落とす可能性が高いので、フルロックするなど安全に注意してください。
弾補給中などにガンをいったんバッグやケース等に入れる行為は禁止しますのでガンはホルスターに納めてください。
それとロードしたあとは勝手にボックス外へ出ないでください。
やむを得ず出る場合はROに許可を取り指示にしたがってください。

(2)日程が2週にわたりますので複数会場に足を運ばれる方もおられると思います。 その場合は基本的には「最初に行った会場」で計測していただきます。 もし計測せず練習したい場合は、他のシューターの計測が終わるまで撃つことは一切できません。
つまり計測に混じって本番同様の練習をするということは不可ということです。

ややこしいので例をあげて説明しますが、私H.B.Chalickiが第2週の山口PAW会場での本番に練習として混じり、第3週のリンスポ会場で本番を撃つのはムリということで、この場合はPAW会場で計測、もしくはPAW会場での参加者全員の計測終了後に練習というカタチになります。 公平を期するためですのでご了承ください。

【 リザルトの発表 】

mixi上に「KYマッチ」コミュがありますのでこちらで発表させていただきます。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4469104
名前は本名ではなくmixiネーム(mixi未加入の方は希望する匿名)を採用させていただきます。 エアガンシューティングという内容ゆえコミュを非公開にさせていただいておりますが、マッチにご参加いただいた方は申請をいただきましたらただちに承認させていただきます。 総合順位と総合タイム、各ステージのトータル及び各ランのタイム発表予定です。
※TOP10 はフリーダムアート通信でも発表致します(^^)

【 ホルスター 】
体の真横にあるベルトループから体真正面までの利き手側に装着、ホルスターがベルトに直接装着されていること。
(禁止事項)
ガンを収めた際に銃口が後ろを向くホルスター(バックサイド、ショルダー、クロスドロー等) 真横ベルトループより後ろに装着、インサイドパンツ、サイ(レッグ)ホルスター、ジャケットドロー禁止。
あくまで「自己最速を目指す」競技のため、リスクを少しでも減らすためにこういう形をとらせていただいております。 ご了承ください。

【 服装 】

いかなる迷彩模様も禁止(カーキや黒などの単色カーゴパンツやタクティカルパンツはOKです)  プレートキャリア、タクティカルベスト等の「軍事色」が強いアイテムの着用禁止。
過激なスローガンの服装など会場責任者がふさわしくないと判断した場合は参加できません。
シューティングマッチはテッポーごっこではありません。スポーツという認識をもってください。

【 その他 】
スタッフは皆無給ですしKYマッチ自体が全員の協力がないと運営できませんし、会場の全てにおいて善意によって一般シューターを受け付けていただいております。
設営、コースチェンジ、後片付け等参加者の皆さんのご協力をお願いいたします。

「自己最速」を目指すためガンコントロールには充分ご注意ください。
事故があった場合危険なのはその本人ではなく廻りの人間という認識をもってください。

KYマッチに関するお問い合わせは、ミクシーで H.B.Chalicki までメッセでどうぞ。
ミクシーに入っていない人は メールでお願い致します。
( kymatchhead@gmail.com )  
 



カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
  


Posted by ドクターあみーご at 07:11KYマッチ

2010年08月29日

APSポスタル2週目


複数会場で開催される練習会のリザルトを集計し、全国ランキングを出すAPSポスタルマッチですが、第00回大会も2週目に突入、3会場で試合を終えました。
現時点で、暫定トップはハンドガンクラス・オープン部門が新潟上越会場のパンダーさん(152点4X)、フリー部門も新潟上越会場で越後屋さん(192点5X)です。 さすが、第20回 APSカップ東京本大会でグランドチャンピオンの栄冠を手にした越後屋さん! 凄い点数です!! 波に乗ってますね〜(^^)    
しかし、第00回 APSポスタルマッチはまだ始まったばかりです。  残り5会場でどんな闘いが繰り広げられるやら!   今のところハンドガンクラスだけしか開催されていませんが、9月からライフルクラスも開催する会場が出て来ますので、これからますます面白く成って来ます。   注目ですよ〜(^0^)/




東京蔵前会場
主催:Team蔵前 TERU & master's
日時:9月11日(土)
場所:蔵前工房舎(東京都台東区蔵前)
内容:ハンドガンクラスとライフルクラス
開催予定時間:ハンドガン13:00〜、ライフル16:00〜
参加費:1クラスのみ¥500 / 両クラス参加¥1000
参加条件として後日ミリブロに当日の様子を写真掲載させて頂きます。
問い合わせ:TERUまで t.ohta.eagle@gmail.com
なお、進行及び会場の都合上、各クラス定員20名まで。
競技認定銃以外は使用出来ませんのでご注意下さい。


京都寺町通会場
主催:関西APS射撃友の会
日時:9月11日(土)
       13:00より
会場:國友銃砲火薬店4階射撃場
参加費:1,000円+公式ターゲット代100円
内容:ハンドガンクラスのみ
連絡先:塚本素行  mototoshi@s3.dion.ne.jp
※ 尚、当日は9:30より「大阪公式練習会直前ハンドガン徹底練習会」としてハンドガンのフリー練習を行います。  午前中の練習会にも参加される場合は+1,000円のご負担をお願いいたします。
競技認定銃以外は使用出来ませんのでご注意下さい。


東京赤羽会場

(第5回フロンティアAPS練習会)
主催:精密射撃情報部
協賛:ホビーショップフロンティア
開催場所:フロンティアビル1F特設シューティングレンジ&赤羽射撃場
開催日時:9月12日(日)
開催時間:ライフルクラス 12:00~14:00
               ハンドガンクラス 14:00~18:00
参加費:1クラスのみ 2,000円
             両クラス参加 3,000円
問合せ先はこちら
shooters_room@yahoo.co.jp
※なお、会場の都合により、各クラス定員25名とさせていただきます。
競技認定銃以外の使用についてはお問い合わせください。


埼玉所沢会場
主催:BLAM!!
日時:9月19日(日) 9時〜12時
場所:BLAM!! (埼玉県所沢市)
内容:ハンドガンクラス
    ライフルクラスを同時開催 片方だけの参加も可です
参加費:1000円
問い合わせ先 BLAM!! info@blam.jp
          04−2990−4755
使用銃の制限はありません。


群馬高崎会場
主催:フリーダム・アート
日時:9月26日(日) 10:00よりフリー練習 13:00より試合開始
場所:フォアフロント・シューティングレンジ(群馬県高崎市)
内容;ハンドガンクラスとライフルクラス
参加費:¥1500
問い合わせ:フリーダム・アート arara@gun-freedom-art.com
      エアガンショップ フォアフロント  TEL 027-450-7380
使用銃の制限はありません。



APSポスタルマッチについて詳しくは  http://apspostal.militaryblog.jp/

APS系パーツならフリーダム・アート  http://freedomart.militaryblog.jp/e149093.html

  


Posted by ドクターあみーご at 21:10APSカップ

2010年08月29日

ビアスレ&シューティング

第7回 チャレンジ近代五種In千葉
 兼 第5回近代五種JOCジュニアオリンピックカップ


来たる 9月12日(日)に、千葉エアロビビクスセンター  に於いて 第7回 チャレンジ近代五種In千葉 兼 第5回近代五種JOCジュニアオリンピックカップ が開催されます。  オリンピックへ通じる道です。  興味の有る方は是非、お問い合わせを(^0^)/

(社)日本近代五種・バイアスロン連合 ビアスレ競技特別委員会
http://www.geocitiesjp/biathle3shooting/


 近代五種は1人の選手が[水泳」「ランニング」「射撃」「フェンシング」「馬術」の5種目に挑戦する複合競技で、1912年の第5回ストックホルム大会からオリンピックの正式種目になった歴史ある競技である。
 ビアスレ&シューティングは近代五種をベースに、誰でも気軽に参加できる「水泳」「ランニング」「射撃」の3種目を基本にした複合競技で、近代五種の広報普及と共に将来のオリンピック選手の発掘・育成を目指している。日本エアースポーツガン協会はビアスレ&シューティング立ち上げの時点から協力をしており「射撃」ではマルゼンのAPS1グランドマスターやAPS3、KSCのAP200が公式認定スポーツピストルとして使用されている。(月刊GUN 2009年10月号より抜粋)

2010千葉大会 競技内容
 ☆ユース 13歳未満
 スイム100m→400mラン→射撃1→300mラン→射撃2→300mラン→ゴール
 ・射撃は3的で60秒の持ち時間 距離は5m
 
 ☆ジュニア(JOCジュニアオリンピックカップ)、シニア
 スイム200m→400mラン→射撃1→600mラン→射撃2→600mラン→射撃3→600mラン・ゴール
 ・射撃は5的 70秒の持ち時間 距離は6m

1チーム3名によるリレーも実施します。参加費不要です。参加選手優先ですが、応援者も参加出来ます。 ラン60m、射撃(3的)、ラン300m×3人です。チーム編成は、受付時に。


8月29日(日)
BBスポーツピストルによる射撃&ラン 講習会 
無料で誰でも参加できます。

国立スポーツ科学センター・JISS 北区赤羽:参加費無料 9:30~12:00 器材お貸しします。
国立スポーツ科学センター1階陸上実験場(受付9:30 1階フロアー)



ちなみに、ビアスレ&シューティングから見出された黒須成美選手は、去る7月3日、4日に行なわれた近代五種全日本選手大会で見事優勝!  オリンピック出場に向けて頑張っています(^^)/
詳しくはコチラ↓
http://www.jsm.jp/?p=50882
http://www.jsm.jp/?p=50885
http://www.jsm.jp/?p=50888

(社)日本近代五種・バイアスロン連合 ビアスレ競技特別委員会
http://www.geocitiesjp/biathle3shooting/

NPO日本エアースポーツガン協会
TEL 03-3623-2665  http://www.airsportsgun.com/

APS系パーツならフリーダム・アート  http://freedomart.militaryblog.jp/e149093.html   


Posted by ドクターあみーご at 06:20APSカップ

2010年08月27日

グロック アキュコンプ



 






































フリーダム・アートは「実銃のパーツの模型ではなくエアガンの魅力を高める製品づくりをする」という姿勢を貫いてきました。  どうすれば使いやすく成るか?  どうすれば精度を高められるか?  その答えの一つがアキュコンプ・シリーズです。  東京マルイのハイキャパ用としてスタートしたアキュコンプですが、今ではグロック用にまでバリエーションを増やしています。  
 さて、この度、ロス郊外で開催された World Speed Shooting Championsips STEEL CHALLENGE に、実銃用にデザインし、ネバダ州のマスターガンスミス、ジーン・シューイ氏の協力によりアメリカで製作したグロック アキュコンプを装備したカスタムグロックで参加致しました。
 ベースとなる銃の性能を、その目的に応じて高める為にパーツをデザインするという作業はエアガンでも実銃でも同じです。  ならば、実銃用のパーツをデザインする事も可能なはず。   実銃用グロック アキュコンプはフリーダム・アートのデザインが実銃の世界でも通用するかどうかを確かめる為の試みでした。
 5月にネバダ州のマスターガンスミス、ジーン・シューイ氏のワークショップを訪ね、最初の実銃用グロック アキュコンプを完成させました。  これはエアガン用にデザインしたグロック アキュコンプAのラインを踏襲したもので、IPSCのローカルマッチや STEEL CHALLENGE のトレーニングに投入しましたが予想を上回るパフォーマンスを見せフリーダム・アートのデザインが間違っていなかった事を確認する事が出来ました。

詳しくはコチラ
http://freedomart.militaryblog.jp/e134586.html



 今回使用したのは、ジーン・シューイ氏とのデザインコラボによる新作で、より軽量に、よりコンペセイターの効率を高めるデザインに成っています。  実際に撃ってみると、前作よりも軽量化されているにも関わらず銃口の跳ね上がりがとても少なく、コンペセイターの効果を実感する事が出来ました(^^)v



さて、ここで東京マルイG17(&G18)用パーツをご紹介しましょう!


G17用 アキュコンプシステムA
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=131
 東京マルイG17の戦闘力をアップします! コレを付ければ無骨なグロックもスポーティーに変身! アキュコンプシステムは命中精度重視のφ6.1バレルにジュラコン製スリーブを差込み、アルミ削出しのマウントベース一体型コンペセイターで保持する事によってインナーバレルを固定します! CRスピードやゴーストなどのマッチ用ホルスターが使用出来ます。 左右どちら側にも取り付けられるサムレストも標準装備にしました。 しかも究極のローマウントを実現! 更にC-MOREなどを直付けにも出来ます。
各色 ¥24000(税別) 
特別色はスカイブルー、パープル、グリーンが品切絶版となりました。 他の色もの残り僅かです m(__)m


G17用 アキュコンプシステム B
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=142
大好評の東京マルイG17用アキュコンプにニューバリエーションが登場! 命中精度重視のφ6.1バレルにジュラコン製スリーブを差込み、アルミ削出しのマウントベース一体型コンペセイターで保持する事によってインナーバレルを固定します! コンペセイターの下部をごっそり削り取ったデザインにした為、見た目の軽快感だけでなくアキュコンプAに比べて20gの軽量化 になっています。 より、スピードを要求されるスチールチャレンジ系のマッチには特にお勧めです! しかも、フレーム下側に廻り込まないデザインなので、CRスピードやゴーストなどのマッチ用ホルスターが使用出来ます。 また、銃をしっかりホールドする為にサムレストも標準装備にしました。 左右どちら側にも取り付けられますから右利きでも左利きでもOK! 更に、究極のローマウントを実現! しかもダットサイトの載せ方は3通りです。 付属の20mmレールを使っても良いし、別売りのC-MORE用スクリューセット(各¥1500税別)を使えばマウントレールを使わず、より低く取付ける事が出来ます。 色はブラック、シルバー、ゴールド、レッド、ガンブルーの他、特別色としてスカイブルー、ピンク、パープル、グリーンも極少量ご用意しました。 品切れの際はご容赦下さい。 各色¥24000(税別)
特別色はスカイブルーが品切絶版となりました。 他の色もの残り僅かです m(__)m




スライドラッガー
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=132
スライドラッガーはスライドの操作を素早く行う為のレバーです。 オートマチックでは、どんなにチューニングされたカスタムガンでもジャムを100%無くす事は出来ません。 そこで、素早いスライド操作を可能にするスライドラッガーが必要になるのです。 東京マルイのG17、G26、G26アドバンスに使用出来ます。 
各色¥3500(税別) 特別色は残り僅か!


アキュコンプシステムA、B用 
C-MOREスクリューセット

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=133
東京マルイG17用アキュコンプシステムAには20mmレールが付属していますが、これを使わずにダイレクトにC-MOREをマウントする事が出来ます。 ダットサイトの取付けは低ければ低いほど照準精度が上がりますし、見た目もスッキリしてカッコ良くなります。尚、C-MOREに付属のネジはインチ規格の為、使えませんのでご注意下さい。 ¥1500(税別)

フラッシュサイト  http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=85
フラッシュサイトは自然光を集めて発光する集光アクリルを採用し、ダットサイトに匹敵する素早いサイティングを可能にします。 真っ暗闇では発光しませんが夕方や室内などの薄明かりの下では最もその威力を発揮します。

別売りの集光アクリルセットを使ってフロントとリアの色を変えれば更に狙い易くなります。 レッド/グリーン 各 ¥4380(税抜き価格)



フラッシュFサイト
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=127


周囲の光を集めて光る集光アクリルを採用したフラッシュサイトシリーズは、ダットサイトのような素早いサイティングを可能にしますが、ダットサイトのようにかさばらず、電池も必要有りません。 この機能を手軽に体験して頂こうと、お手頃価格のフラッシュFサイトをご用意しました。フロントサイトだけでもフラッシュサイトの狙い易さを充分に体感して頂けると思います。 各色¥2200(税別)
※G26アドバンスには使用出来ません。 また、アキュコンプシステムとの併用は出来ません。

TACマウントType e

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=54

ダットサイトやスコープを取付るマウントベースです。ボルトオンで簡単に取付られ下部にはフラッシュライトやレーザーサイトを取付けられます。アルミダイキャスト製で軽量で耐久性も抜群。 ¥4300(税別)
※アキュコンプシステムとの併用は出来ません。



ロングマガジンキャッチ
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=124
コンシールドキャリーウエポンであるG26は、引っかかり少なく、また、誤作動を防ぐ為、マガジンキャッチの操作性が良くありません。 そこでマガジンキャッチを押しやすくする為、敢えて2㎜延長しました。 丈夫な亜鉛ダイキャスト製ですから耐久性も向上しています。 もちろんG26アドバンスやG17にも使用出来ます。
ブラック¥2500(税別) シルバー¥2900(税別) ゴールド¥3500(税別)

マグバンパー
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=125
マガジンを落下の衝撃から守ります。 ブラックやODはグロック17カスタムにぴったりです(^^) また、レッドやブルーでトレーニング気分を盛り上げるのも良いかも。 G17、G26、G26アドバンス用です。
各色¥1200(税別)




東京マルイ グロク17シリーズ用
アキュコンプシステムC
¥16800(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=154

従来のアキュコンプシステムに比べると小振りですが、ちゃんとインナーバレルを固定して命中精度を高めていますし、別売りのVP70用サイレンサーアダプターを使う事で各種サイレンサーを取付ける事も出来ます。 サイレンサーはアウターバレルに取付けるのが一般的ですが、ガスブローバックの場合、アウターバレルはスライドと共に数ミリ後退しますので、アウターバレルにサイレンサーを付けてしまうと作動抵抗に成ってしまってブローバック作動が不調になる事が有ります。 アキュコンプの場合はアウターバレルではなくフレーに固定されたフロントブロックに取付けるので、ブローバック作動に悪影響を与えません!
 更に、周囲の光を集めて光るフラッシュFサイトも標準装備! 集光アクリルはレッドとグリーンの2色付きです!! しかも、インナーバレルの交換は必要ですが、アクセサリーレールに取付ける方式なのでフレーム側は分解する必要が有りません。 組込みはとっても簡単です(^^)














カスタムパーツならフリーダム・アート  http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 22:22製品紹介

2010年08月26日

APSポスタルマッチ暫定順位

第00回 APSポスタルマッチ 暫定順位発表!
全国8会場をリンクして行なわれるAPSポスタルマッチですが、山口周南会場と新潟上越会場が試合を終えました。  第20回APSカップ東京本大会の上位入賞者を擁する新潟上越会場ではハンドガンクラス フリー部門で早速凄い記録が出ています。  後に続く6会場は、これを覆す事が出来ますやら?   勝負はまだ始まったばかりまです(^^)

   

残り6会場の開催スケジュールは下記の通りです。 見学も出来ますので、参加出来なくても興味の有る方はお気軽にお立ち寄り下さい(^0^)/ 

静岡浜松会場
主催:おしょうさん
日時:8月28日(土)   10:00より競技開始
場所:ガンショップ コンバットドール 内特設レンジ(静岡県浜松市)
内容:ハンドガンクラスのみ
参加費:¥1000
問い合わせ:おしょうさん oshowsan@agate.plala.or.jp
浜松市内での開催ですので近郊にお住まいの皆様のご参加をお待ちしております。
使用銃の制限はありません。


東京蔵前会場
主催:Team蔵前 TERU & master's
日時:9月11日(土)
場所:蔵前工房舎(東京都台東区蔵前)
内容:ハンドガンクラスとライフルクラス
開催予定時間:ハンドガン13:00〜、ライフル16:00〜
参加費:1クラスのみ¥500 / 両クラス参加¥1000
参加条件として後日ミリブロに当日の様子を写真掲載させて頂きます。
問い合わせ:TERUまで t.ohta.eagle@gmail.com
なお、進行及び会場の都合上、各クラス定員20名まで。
競技認定銃以外は使用出来ませんのでご注意下さい。


京都寺町通会場

主催:関西APS射撃友の会
日時:9月11日(土)
       13:00より
会場:國友銃砲火薬店4階射撃場
参加費:1,000円+公式ターゲット代100円
内容:ハンドガンクラスのみ
連絡先:塚本素行  mototoshi@s3.dion.ne.jp
※ 尚、当日は9:30より「大阪公式練習会直前ハンドガン徹底練習会」としてハンドガンのフリー練習を行います。  午前中の練習会にも参加される場合は+1,000円のご負担をお願いいたします。
競技認定銃以外は使用出来ませんのでご注意下さい。


東京赤羽会場

(第5回フロンティアAPS練習会)
主催:精密射撃情報部
協賛:ホビーショップフロンティア
開催場所:フロンティアビル1F特設シューティングレンジ&赤羽射撃場
開催日時:9月12日(日)
開催時間:ライフルクラス 12:00~14:00
               ハンドガンクラス 14:00~18:00
参加費:1クラスのみ 2,000円
             両クラス参加 3,000円
問合せ先はこちら
shooters_room@yahoo.co.jp
※なお、会場の都合により、各クラス定員25名とさせていただきます。
競技認定銃以外の使用についてはお問い合わせください。


埼玉所沢会場
主催:BLAM!!
日時:9月19日(日) 9時〜12時
場所:BLAM!! (埼玉県所沢市)
内容:ハンドガンクラス
    ライフルクラスを同時開催 片方だけの参加も可です
参加費:1000円
問い合わせ先 BLAM!! info@blam.jp
          04−2990−4755
使用銃の制限はありません。


群馬高崎会場
主催:フリーダム・アート
日時:9月26日(日) 10:00よりフリー練習 13:00より試合開始
場所:フォアフロント・シューティングレンジ(群馬県高崎市)
内容;ハンドガンクラスとライフルクラス
参加費:¥1500
問い合わせ:フリーダム・アート arara@gun-freedom-art.com
      エアガンショップ フォアフロント  TEL 027-450-7380
使用銃の制限はありません。



APSポスタルマッチについて詳しくは  http://apspostal.militaryblog.jp/

APS系パーツならフリーダム・アート  http://freedomart.militaryblog.jp/e149093.html
  


Posted by ドクターあみーご at 20:54APSカップ

2010年08月26日

結果発表

USスチールチャレンジも終わり、次なる目標はジャパン・スティール・チャレンジです。   
今年は25回記念大会と言う事でUSスチールチャレンジ同様8ステージを撃ちます。   普段は4ステージですから、今年は2倍練習しなくちゃな訳ですね。    
ところで、第10回 KYマッチ の結果が出ました。   今回は61名と少なめでしたが内容はレベル高いです。    KYマッチとは、全国各地で行なわれているジャパン・スティール・チャレンジの練習会をリンクして全国ランキングを出しましょうというポスタルマッチです。   1会場当りの参加人数が少なくても、参加会場が多ければ全国大会規模のマッチに成ります。   ポスタルマッチはKYマッチだけでなくAPSでも行なわれています。
次回開催は未定ですが、ジャパン・スティール・チャレンジの前哨戦として参加してみては如何でしょう?   日程が決まり次第ご案内致しますのでマメにチェックして下さいね(^^)/


1位 イイダ カズヨシ 埼玉  37.55
2位 オオスカ チシオ  北海道 38.12
3位 イリタニ トシアキ  北海道 38.35

4位 ヒサナガ オサム   九州  38.41
5位 コシコタクヤ     北海道 40.01
6位 ワダ カズユキ    関西  40.20
7位 ヒグチ リョウ     埼玉  40.52
8位 マエカワ ヒデキ   関西  41.07
9位 マスダ ヨシノリ    関西  41.31
10位 サイトウ カツユキ 北海道 42.41     (敬称略)

上位入賞された皆さん、おめでとうございます(^^)


※KYマッチに関するお問い合わせは、ミクシーで H.B.Chalicki までメッセでどうぞ。
ミクシーに入っていない人は メールでお願い致します。
( kymatchhead@gmail.com )  
 

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 00:28KYマッチ

2010年08月24日

まいどあり〜

フリーダム・アートでは APSカップ用パーツ をいろいろ発売しています。    中でもマルゼンのAPS3は、私のお気に入りと言う事も有って最も多くのパーツをラインナップしています。     
フリーダム・アートでは「実銃用カスタムパーツの模型ではなく、エアガン用のカスタムパーツを造る」と言う事に拘っています。   特に競技系のパーツを得意としていますが、自ら競技に参加し、その経験から得られたものを製品に反映させています。    おかげさまで、トップシューターをはじめ、沢山の選手の方に使って頂いています。

最高の製品づくりを追求すると自分の経験だけでは誠に不十分です。   ご意見、ご要望などございましたら  toiawase@gun-freedom-art.com までご一報下さい m(__)m





APS系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 07:25APSカップ

2010年08月23日

ポスタル開幕

第20回 APSカップ東京本大会も終わり、好結果にニコニコの人もいれば、放心状態の人もいれば、反省と分析の結果第21回へ向けて動き出した人、現実逃避に走る人、人それぞれと思います。

しか~し! APSカップのシーズンが終わったと思ったら大間違いです!
いよいよ第00回APSポスタルマッチがスタートしました。 (ちなみに第00回というのは2回目のテストマッチという意味です。 本格稼働は来年を予定しています。)

本戦のリベンジに、あるいは軽く気晴らしに、練習開始の肩慣らしに、是非是非ご参加ください(^0^)/
また、最近APSカップが盛り上がっているようなのでちょいと見学してみたいという方もどうぞ!



ポスタルマッチとは?
複数会場で開催されるマッチのリザルトを集計し、全国ランキングを出すという物です。 1会場当りの参加人数が少なくても、参加会場が多ければ全国大会規模のマッチに成ります。 しかも、基本的には通常の練習会のリザルトを集計するだけなので気軽に参加できます。
※新規会場募集中!   APSポスタルマッチは現在試験運用中につき2名以上参加出来てフルサイズのステージが組める等、開催基準をクリアー出来れば新規に参加出来ます。   地元でもAPSポスタルマッチを開催したいと言う方はご連絡下さい。  

 
何故今ポスタルマッチなの?
シューティングマッチはココ数年盛り上がって来ていますが、首都圏で行われる多くのビックマッチは定員オーバーでエントリーは先着順と成っています。  APSも遠からずそのような状況に成るでしょう。 全国大会への出場権が、実力に関係なく先着順というのはとても残念な事です。 しかし、大会の規模を拡大したり会期を延長する事は、皆さんが想像するよりずっと大変な事です。   
地方予選を勝ち上がって全国大会に至るという、他のスポーツで一般的に行われている方法ならば全国大会が現在の規模でも充分余裕です。 しかし、現状では地方予選が成立するくらい選手が集まる地区は稀です。 地方の競技人口を増やす事が急務と思います。 その為には、たとえ細々であっても地方で練習会や試合が行われる事が必要ですが、余りに人数が少ないとモチベーションが上がりにくいですよね? 
ポスタルマッチならば、たとえ人数が少なくても全国大会規模のマッチに参加した事に成りますし、ポスタルマッチをキッカケに遠方の仲間とも交流が深まる事でしょう。 
また、ポスタルマッチは年に数回行う予定です。 シーズンオフのなかだるみ解消にもどうぞ(^^)/

静岡浜松会場
主催:おしょうさん
日時:8月28日(土)   10:00より競技開始
場所:ガンショップ コンバットドール 内特設レンジ(静岡県浜松市)
内容:ハンドガンクラスのみ
参加費:¥1000
問い合わせ:おしょうさん oshowsan@agate.plala.or.jp
浜松市内での開催ですので近郊にお住まいの皆様のご参加をお待ちしております。
使用銃の制限はありません。

東京蔵前会場
主催:Team蔵前 TERU & master's
日時:9月11日(土)
場所:蔵前工房舎(東京都台東区蔵前)
内容:ハンドガンクラスとライフルクラス
開催予定時間:ハンドガン13:00〜、ライフル16:00〜
参加費:1クラスのみ¥500 / 両クラス参加¥1000
参加条件として後日ミリブロに当日の様子を写真掲載させて頂きます。
問い合わせ:TERUまで t.ohta.eagle@gmail.com
なお、進行及び会場の都合上、各クラス定員20名まで。  
競技認定銃以外は使用出来ませんのでご注意下さい。

京都寺町通会場
主催:関西APS射撃友の会
日時:9月11日(土)
       13:00より
会場:國友銃砲火薬店4階射撃場
参加費:1,000円+公式ターゲット代100円
内容:ハンドガンクラスのみ
連絡先:塚本素行  mototoshi@s3.dion.ne.jp
※ 尚、当日は9:30より「大阪公式練習会直前ハンドガン徹底練習会」としてハンドガンのフリー練習を行います。  午前中の練習会にも参加される場合は+1,000円のご負担をお願いいたします。
競技認定銃以外は使用出来ませんのでご注意下さい。

東京赤羽会場
(第5回フロンティアAPS練習会)
主催:精密射撃情報部
協賛:ホビーショップフロンティア
開催場所:フロンティアビル1F特設シューティングレンジ&赤羽射撃場
開催日時:9月12日(日)
開催時間:ライフルクラス 12:00~14:00
               ハンドガンクラス 14:00~18:00
参加費:1クラスのみ 2,000円
             両クラス参加 3,000円
問合せ先はこちら
shooters_room@yahoo.co.jp
※なお、会場の都合により、各クラス定員25名とさせていただきます。
競技認定銃以外の使用についてはお問い合わせください。

埼玉所沢会場

主催:BLAM!!
日時:9月19日(日) 9時〜12時
場所:BLAM!! (埼玉県所沢市)
内容:ハンドガンクラス
    ライフルクラスを同時開催 片方だけの参加も可です
参加費:1000円
問い合わせ先 BLAM!! info@blam.jp
          04−2990−4755
使用銃の制限はありません。

群馬高崎会場
主催:フリーダム・アート
日時:9月26日(日) 10:00よりフリー練習 13:00より試合開始
場所:フォアフロント・シューティングレンジ(群馬県高崎市)
内容;ハンドガンクラスとライフルクラス
参加費:¥1500
問い合わせ:フリーダム・アート arara@gun-freedom-art.com
      エアガンショップ フォアフロント  TEL 027-450-7380
使用銃の制限はありません。


APSカップ練習会とどこが違うの?
APSカップに付いて詳しくは
APSポスタルマッチは、APSカップのルールを基にしていますが、NPO法人 日本エアースポーツガン協会 とは関係なく有志によって運営されています。   その為、基本的にはAPSカップのルールで行いますが、使用出来るエアガンの種類や、部門の分け方などに若干の違いが有ります。 違う点は下記の4つです。
イ)1ヶ月程度の開催期間内に行われた他の会場の成績と合算して総合成績が出ます。 その時点での全国ランキングを知る事が出来ますので、公式競技会や東京本大会に向けての練習に役立つデータに成ると思います。
ロ)競技認定銃以外でも参加できる会場もあります(各会場へお問い合せ下さい)。   競技の裾野を広げる為に、今持っているエアガンで気軽に参加出来るようにします。
ハ)APS公式競技会ルールでは、フリー部門は-10点して順位を出しますが、ポスタルマッチ(仮称)ではオープン部門とフリー部門を別々に集計します。
ニ)パワーソースに関係なくオープンサイトのみを使用する場合はオープン部門。 レーザーサイトやスコープ、ダットサイトを使用する場合はフリー部門とします。 公式認定競技銃以外での参加がOKな会場もありますのでこのような分類にしております。

どうすれば参加出来るの?
参加方法は、各会場の担当者にメールや電話でお申し込み下さい。 会場によっては当日受付可能な所も有ります。 また、未成年者の出場についても各会場へお問い合わせ下さい。


ご注意 
○ 複数の会場で練習会に参加する方もいらっしゃると思います。  複数参加に付いては、予めどの会場の記録を採用するか申し出て下さい。  当日、各会場の担当者に「今日の記録を採用します」と宣言して頂ければOKです。(途中変更は不可です)   宣言が無かったり、複数の会場で宣言が有ったりした場合は、自動的に最初に参加した会場の記録を採用させて頂きます。
○ オープン部門とフリー部門のダブルエントリーはOKです。
○ リザルトに載せる名前はニックネームでもハンドルネームでも構いません。   但し、一人で複数の名前を使い分けるのは禁止です。   特に指定がなければ本名のカタカナ表記とさせて頂きます。


APSポスタルマッチについて詳しくは  http://apspostal.militaryblog.jp/

競技系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com   


Posted by ドクターあみーご at 23:16APSカップ

2010年08月23日

USスチール2010その9(速報)


今日はUSスチールチャレンジの表彰式でした。
リザルトは既にスチールチャレンジのHPにアップされていますのでご存じの方も多いかと思いますが、TOP10は下記の通り。

1 KC Eusebio
2 Dave Sevigny
3 Jerry Miculek
4 Tatsuya Sakai
5 Max Michel
6 Jerry Miculek
7 BJ Norris
8 Kazunori Shoji
9 Todd Jarrett
10 Simon “JJ” Racaza

日本人シューターはマック堺さんが4位、ショウジさんが8位と大健闘!
メインマッチの会場でUSシューターの方々に、「日本人シューターはどうやって練習しているのか?」と、何度も訊かれましたが、日本人シューターの大活躍が原因だったようです。


USスチールチャレンジは参加者全員に賞品が出ます。   あらかじめ賞品のリストが配られ成績上の選手から順に好きな物を取っていきます。   私の番が回ってくる頃にはめぼしい商品は既になくなっていましたが、それでも金額にすればエントリーフィー以上の賞品がもらえました(^^)





詳しいリザルトは http://steelchallenge.com/match-results/?action=event_index&indx=124

つづく


夏期休暇のお知らせ誠に勝手ながら、8月16日から25日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art



  


2010年08月22日

USスチール2010その8(速報)


さて、いよいよメインマッチの後半戦です。
最初のステージはアウターリミッツ。 USスチールチャレンジで唯一移動を伴うステージです。
5つの的の内、左側の2つを撃ち、シューティングBOXを移動してから左側の2つとストップターゲットを撃ちます。   STSサイトはレンズが小さいので、移動ステージではダットを見失わないように注意しなくては成りません。   
他のステージでは5回撃って良いほうのタイム4回の合計がステージタイムに成りますが、アウターリミッツの場合、4回の内、良いほうのタイム3回の合計がステージタイムとなります。
1回目、慎重に撃ちます。  最初の2つの的は無難に当ててゆき、移動して3つ目の的を撃とうとした時、「ダットが居ない!」見失ったかと思いダットを探すも見当たりません。  どうやらダットを見失ったのではなくダットが消えてしまったようです。  接触不良かと思いスイッチを切ったり入れたり操作を繰り返すも復帰せず、最後の手段、空手チョップを繰り出すも変化なし。  この回は棄権してMAXタイムを食らいました。   結局、ダットは復旧せず、Hさんの銃を借りて残り3回を消化しました。
銃自体は絶好調だったのに誠に残念!    実銃用グロック アキュコンプでの参加が今回の最重要目的でしたので、この時点でUSスチールチャレンジ参加の意味が80%くらい消失しました(><)

ま、しかし、ジタバタしても仕方ありません。   Hさんの銃を借りて試合を継続できるのですから、気持ちを切り替えて残り4ステージを楽しむまでです。   









































同じグロックカスタムと言ってもダットサイトの高さもグリップのフィーリングも違うので、同じようには撃てませんが、以前にも借りて撃った事が有りますので、それほどストレスを感じることは有りませんでした。   けれども抑えて撃って成績を残す事に意味を見いだせなかったので、思いっきり飛ばして楽しく撃つ事にしました。   思いっきり外していっぱい撃って、それでもたまに成功して気持ち良く上がれる回も有ったりで、ステージ自体を楽しみました(^^;)


ところで、今回のUSスチールチャレンジでは、Jr.シューターの活躍が目につきました。  去年も多かったのですが、今年はさらに増えていて、我々のスクワッド(射団)にも14歳の少女が居ました。
元気が良くて可愛くて、ジブリ作品に登場しそうな少女でした。    射撃が楽しくて仕方ないって感じが伝わってきて微笑ましいというかなんというか。 
 
 










































S&Wのサポートを受けていてリボルバー(M327)を撃っていましたが、リボルバーはオートと違ってジャムのリスクが極端に低いのでかなりの弱装弾でも作動します。  とは言っても毎回ダブルアクションで撃たなくてはならず手が小さくて握力の弱いJr.選手にはリボルバーは不向きです。   でもこの娘はリボルバーが好きなのだそうで頑張って撃っていました。   なにしろS&Wがサポートするのですから腕は確かで、我々なんぞ束になってもかないません。   女の子らしい丁寧なシューティングで好タイムを叩き出してました。   彼女が撃つと周りはカメラだらけ。   大人気でしたね~。    シューテュングレンジに咲いた一輪の華って感じでした。    ダットサイトが故障して凹んだ心が、どれだけ癒された事か。   感謝感謝です。    また来年逢えると良いな~(^^) 


ちなみに、メインマッチの結果はこんな感じです。



つづく



夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、8月16日から25日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art
  


2010年08月22日

究極のアキュコンプ

究極のアキュコンプ、好評発売中!
今までのアキュコンプシステムは、サバイバルゲームやシューティングマッチに的を絞った機能パーツでした。 それぞれのシュチエーションで東京マルイ/ハイキャパシリーズが最高のパフォーマンスを発揮出来るように設計しています。 しか~し! このアキュコンプシステム J1 は、「迫力」と「面白さ」に徹底的に拘ってみました。 ハンドガンととは思えない程のロングサイズの迫力! RISを思わせる3面レールのマウントベース。(シャーシに刻まれたレールを入れれば4面レールです) ダットサイトでもレーザーサイトでも、タクティカルライトでもフォアグリップでも、何でも好きなモノを好きなだけ付けて下さい。 o(^0^)o

アキュコンプシステム J1
 東京マルイ ハイキャパ4.3&エクストリーム用  
限定30個  ¥48000(税抜)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=102



アキュコンプシステム J2
 東京マルイ ハイキャパ4.3&エクストリーム用
限定30個  ¥48000(税抜)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=104



アキュコンプシステム J2 エコノ
アキュコンプシリーズのハイエンドモデル、J2 の廉価版です。 RISを思わせる3面レールのマウントベースは付属しませんが、10inスライドモデルに相当する超ロングサイズのフォルムは圧巻です。 ミリブロマーケット限定モデルとして破格の¥35000(税別)でのご提供です。 http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=26




夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、8月16日から25日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art  


Posted by ドクターあみーご at 07:33製品紹介

2010年08月21日

USスチール2010その7(速報)

私やHさんのグロックは快調作動でしたが、AさんのSTIスチールマスターにトラブル発生です。
練習の内は調子の良かったのですが本番でジャムリ始めました。   昨日のリムファイヤーマッチでは3人の中でトップの成績だっただけにAさんショック!









































ジャムリながらも3コースを撃ち終えましたが、銃の修理の為にAさんの友達のガンスミスのワークショップへ押し掛ける事に成りました。    どんなトラブルに見舞われてもネバーギブアップの精神でアクティブに乗り切るAさんのフットワークには脱帽です。 

ダニエルさんはAさんのガンスミススクール時代の同級生です。   伝説のガンスミス、ジムボランドの最後の弟子で、プロップガンレンタルのギボンズにも在籍していました。
突然の事でしたが快く受け入れてくださったダニエルさんに感謝です。  どうやらエキストラクターに問題が有ったようで、さっそくチューニングしてもらって明日はジャムの心配無く残り5ステージを撃てる事に成りました。  

テストファイアにはダニエルさんのワークショップの近くにあるシューティングレンジに行きました。
ここは、ハンドガンやライフルはもちろんクレー射撃も出来る大きな射撃場で、プリンキングレンジも充実しています。   アメリカといえども本格的に狩猟や競技射撃に打ち込む人ばかりではありません。   週末に家族やカップルで気軽に射撃に興じる人の方が多いのです。    イロイロな種類のスチールターゲットがイロイロな距離に配置されていて、ハンドガンからライフルまでゲームセンター感覚でお気楽に楽しめるようになっています。   
機会が有れば、是非遊んでみたいと思いました(^^)


そんな訳で、練習もせずパーティーにも出ず、後半戦に突入です。
L.A.は今、午前7時ちょい前です。   メインマッチの残り5ステージを撃ちます。
頑張りまっす(^0^)/

つづく

夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、8月16日から25日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。
グロックパーツならフリーダム・アート http://freedomart.militaryblog.jp/e137034.html
  

  


2010年08月21日

USスチール2010その6(速報)


今日はUSスチールチャレンジ メインマッチの初日です。 本来はリミテッドクラス(アイアンサイトのみ)の日なのですが、我々はGUN誌の取材も兼ねているので、オープンクラス(光学サイトOK)ながら、8ステージの内、初日の午後から3ステージ、残り5ステージを明日行われるオープンクラスの日に撃つという変則スケジュールです。
なので、午前中に少しばかり練習する時間が有ったので、今日撃つアクセレーター、ペンデュラム、スモーク&ホープを撃ちました。   しかし、、最初に撃ったペンデュラムが当たらない、当たらない。  どうやら昨日のリムファイヤーマッチに体が慣れてしまっていたようで9ミリパラべラムの反動を抑えきれず着弾が上に逸れてしまったのです。  オープンガンを撃つ場合、普通は銃に合った弱装弾を使います。  その方がコンペセイターを効率良く活かす事が出来るからです。  しかし、我々は調達が容易な(ウォルマートで買える)ファクトリー弾を使っているので、オープンガンとしては反動が強いのです。

しばらく撃っていると、だんだん体が9ミリパラべラムに慣れてきましたが、練習不足は否めません。
でも、サイトが合っているだけ去年よりはマシです。
  

ところで、実銃用新型アキュコンプは会場で注目を集めました。   緑色というカラーリングとSFチックなデザインが目を引いたようです。  写真を撮らせてくれと言われたり、幾らで売るのかと聞かれたり、カメラマンやレポーターにもイロイロ聞かれました。   大好評でした(^^)

ちなみにこの写真は試合終了後、ROの許可を得てレンジ内でアキュコンプを見てもらっているところです。 


つづく



夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、8月16日から25日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。


グロックパーツならフリーダム・アート http://freedomart.militaryblog.jp/e137034.html
    


2010年08月21日

M4パーツ

遂にハイサイクルの本命登場!
発売と同時に人気沸騰の M4 CRW ですが、さっそく使えるパーツをご紹介しましょう!



M16シリーズはレシーバーと銃身の継ぎ目部分の強度不足の為に、使用している内に銃身基部にがたつきが出てくる事が弱点でした。  新製品のM4CRWは、金属製一体型アウターバレルを使用し高い剛性を確保していますが、それでも樹脂製レシーバーの限界というものがあります。


http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=72

東京マルイ M4RIS、SR16、CRW用
セボネ type E
ブラック ¥9800 (税別)

SEBONEはレシーバーとR.I.S.とを繋いでガッチリ固定する事で、銃身基部のぐらつきを防ぎます。 アルミフレームを組込むのと違って、ボルトオンで誰でも簡単に取付けられます。 剛性アップにより命中精度の低下を防ぎます。



http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=73
東京マルイ M4シリーズ用 
フロントマウントベース
ブラック/グレー 各¥3980(税別)

M4カービン・シリーズはスコープをレシーバーに直接取付けられます。 しかし、せっかくスコープを低くマウント出来てもフロントサイトが視界に入ってしまい狙いずらいのに気付くと思います。 そこでスコープの視界をさえぎらず、更に上下に20mm幅のマウントレールを設けて拡張性も強化してみました。 純正付属のサイドスリングアダプターも問題無く使用出来ます。   












東京マルイ M16/M4シリーズ&89式小銃用 
フラッシュFサイト レッド/グリーン各¥2500(税別)

自然光を集めて光る集光アクリル採用でダットサイトのような素早いサイティングを可能にするフラッシュサイト・シリーズのM16/M4&89式小銃用がです。 フロントサイトポストを交換し集光アクリルを接着するだけのお手軽パーツながら効果は抜群! 集光アクリルはコンパクトなショートサイズと、より強く光るロングサイズの2種類が標準装備。 お好みで選べます。 











スコープシールド 
S ¥1600   M ¥1700   L ¥1800(税別 )
スコープやダットサイトをBB弾の直撃から守ります! 材質はゴーグルのレンズと同じポリカーボネイトです。東京マルイ純正のハイマウントベース対応で、対物レンズ30mmのダットサイト用のSレンズ径40mmまでのスコープ用のM、レンズ径56mmまでのスコープ用のLの3種類。 シールドのスペアも有ります。











ジョイントハイダー 
逆ネジタイプ ¥3800(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=156
一見単なるフラッシュハイダー。しかし、その実体はサイレンサーや各種マズルアタッチメントをワンタッチで着脱できるジョイント・パーツなのだ。












ワンタッチジョイント 
正ネジ・逆ネジ 各¥1500(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=157
各種サイレンサー・マズルアタッチメントにワンタッチジョイントを取付けておけば、ジョイントハイダーにワンタッチ着脱が可能に!! ゲーム中にサイレンサーの着脱を繰り返して敵チームを撹乱する事もできます。


 バイポットベース ¥2980(税別)
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=76
R.I.S.に取付けるハリスタイプのバイポットを取付けるアダプターです。 脱着スイベルを取付ければスリングも付けられるます。
































レイルマルチホルダー ¥3800(税別)
レイル・マルチ・ホルダーはL字型のステーにマジックテープで固定する方式なので、コレ1つであらゆる装備品をマウントできます。 R.I.S.にフラッシュライトから極太サイレンサーまでワンタッチで装着!


夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、8月16日から25日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
  


Posted by ドクターあみーご at 12:36製品紹介

2010年08月20日

ポスタルマッチ開幕

第20回 APSカップ東京本大会も終わり、好結果にニコニコの人もいれば、放心状態の人もいれば、反省と分析の結果第21回へ向けて動き出した人、現実逃避に走る人、人それぞれと思います。

しか~し! APSカップのシーズンが終わったと思ったら大間違いです!
来る8月22日の山口県と新潟県を皮切りに、第00回APSポスタルマッチがスタートします。 (ちなみに第00回というのは2回目のテストマッチという意味です。 本格稼働は来年を予定しています。)

本戦のリベンジに、あるいは軽く気晴らしに、練習開始の肩慣らしに、是非是非ご参加ください(^0^)/
また、最近APSカップが盛り上がっているようなのでちょいと見学してみたいという方もどうぞ!



ポスタルマッチとは?
複数会場で開催されるマッチのリザルトを集計し、全国ランキングを出すという物です。 1会場当りの参加人数が少なくても、参加会場が多ければ全国大会規模のマッチに成ります。 しかも、基本的には通常の練習会のリザルトを集計するだけなので気軽に参加できます。
※新規会場募集中!   APSポスタルマッチは現在試験運用中につき2名以上参加出来てフルサイズのステージが組める等、開催基準をクリアー出来れば新規に参加出来ます。   地元でもAPSポスタルマッチを開催したいと言う方はご連絡下さい。  

 
何故今ポスタルマッチなの?
シューティングマッチはココ数年盛り上がって来ていますが、首都圏で行われる多くのビックマッチは定員オーバーでエントリーは先着順と成っています。  APSも遠からずそのような状況に成るでしょう。 全国大会への出場権が、実力に関係なく先着順というのはとても残念な事です。 しかし、大会の規模を拡大したり会期を延長する事は、皆さんが想像するよりずっと大変な事です。   
地方予選を勝ち上がって全国大会に至るという、他のスポーツで一般的に行われている方法ならば全国大会が現在の規模でも充分余裕です。 しかし、現状では地方予選が成立するくらい選手が集まる地区は稀です。 地方の競技人口を増やす事が急務と思います。 その為には、たとえ細々であっても地方で練習会や試合が行われる事が必要ですが、余りに人数が少ないとモチベーションが上がりにくいですよね? 
ポスタルマッチならば、たとえ人数が少なくても全国大会規模のマッチに参加した事に成りますし、ポスタルマッチをキッカケに遠方の仲間とも交流が深まる事でしょう。 
また、ポスタルマッチは年に数回行う予定です。 シーズンオフのなかだるみ解消にもどうぞ(^^)/

新潟上越会場
主催:上越コレクターズ
場所:上越コレクターズ(新潟県上越市)
日時:8月22日(日) 13:00より試合開始
内容:ハンドガンクラスのみ
   (10:30より試射・フリー練習 )
参加費:1000円
問い合わせ:棟梁 hayama44@nifty.com
今回は松本会場が開催不可のため、ガンショップ上越さんのご協力で開催の運びとなりました(^^)
遂に新潟でもAPSポスタル始動です!
使用銃の制限はありません。

山口周南会場
主催:おやじぃ
場所:PAW WORKS(山口県周南市櫛ヶ浜)
日時:8月22日(日)
内容:ハンドガンクラスのみ
   (11:30より、終了後フリー練習予定)
参加費:1500円
問い合わせ先 PAW WORKS まで 0834−34−3779
使用銃の制限はありません。

静岡浜松会場
主催:おしょうさん
日時:8月28日(土)   10:00より競技開始
場所:ガンショップ コンバットドール 内特設レンジ(静岡県浜松市)
内容:ハンドガンクラスのみ
参加費:¥1000
問い合わせ:おしょうさん oshowsan@agate.plala.or.jp
浜松市内での開催ですので近郊にお住まいの皆様のご参加をお待ちしております。
使用銃の制限はありません。

東京蔵前会場
主催:Team蔵前 TERU & master's
日時:9月11日(土)
場所:蔵前工房舎(東京都台東区蔵前)
内容:ハンドガンクラスとライフルクラス
開催予定時間:ハンドガン13:00〜、ライフル16:00〜
参加費:1クラスのみ¥500 / 両クラス参加¥1000
参加条件として後日ミリブロに当日の様子を写真掲載させて頂きます。
問い合わせ:TERUまで t.ohta.eagle@gmail.com
なお、進行及び会場の都合上、各クラス定員20名まで。  
競技認定銃以外は使用出来ませんのでご注意下さい。

京都寺町通会場
主催:関西APS射撃友の会
日時:9月11日(土)
       13:00より
会場:國友銃砲火薬店4階射撃場
参加費:1,000円+公式ターゲット代100円
内容:ハンドガンクラスのみ
連絡先:塚本素行  mototoshi@s3.dion.ne.jp
※ 尚、当日は9:30より「大阪公式練習会直前ハンドガン徹底練習会」としてハンドガンのフリー練習を行います。  午前中の練習会にも参加される場合は+1,000円のご負担をお願いいたします。
競技認定銃以外は使用出来ませんのでご注意下さい。

東京赤羽会場
(第5回フロンティアAPS練習会)
主催:精密射撃情報部
協賛:ホビーショップフロンティア
開催場所:フロンティアビル1F特設シューティングレンジ&赤羽射撃場
開催日時:9月12日(日)
開催時間:ライフルクラス 12:00~14:00
               ハンドガンクラス 14:00~18:00
参加費:1クラスのみ 2,000円
             両クラス参加 3,000円
問合せ先はこちら
shooters_room@yahoo.co.jp
※なお、会場の都合により、各クラス定員25名とさせていただきます。
競技認定銃以外の使用についてはお問い合わせください。

埼玉所沢会場

主催:BLAM!!
日時:9月19日(日) 9時〜12時
場所:BLAM!! (埼玉県所沢市)
内容:ハンドガンクラス
    ライフルクラスを同時開催 片方だけの参加も可です
参加費:1000円
問い合わせ先 BLAM!! info@blam.jp
          04−2990−4755
使用銃の制限はありません。

群馬高崎会場
主催:フリーダム・アート
日時:9月26日(日) 10:00よりフリー練習 13:00より試合開始
場所:フォアフロント・シューティングレンジ(群馬県高崎市)
内容;ハンドガンクラスとライフルクラス
参加費:¥1500
問い合わせ:フリーダム・アート arara@gun-freedom-art.com
      エアガンショップ フォアフロント  TEL 027-450-7380
使用銃の制限はありません。


APSカップ練習会とどこが違うの?
APSカップに付いて詳しくは
APSポスタルマッチは、APSカップのルールを基にしていますが、NPO法人 日本エアースポーツガン協会 とは関係なく有志によって運営されています。   その為、基本的にはAPSカップのルールで行いますが、使用出来るエアガンの種類や、部門の分け方などに若干の違いが有ります。 違う点は下記の4つです。
イ)1ヶ月程度の開催期間内に行われた他の会場の成績と合算して総合成績が出ます。 その時点での全国ランキングを知る事が出来ますので、公式競技会や東京本大会に向けての練習に役立つデータに成ると思います。
ロ)競技認定銃以外でも参加できる会場もあります(各会場へお問い合せ下さい)。   競技の裾野を広げる為に、今持っているエアガンで気軽に参加出来るようにします。
ハ)APS公式競技会ルールでは、フリー部門は-10点して順位を出しますが、ポスタルマッチ(仮称)ではオープン部門とフリー部門を別々に集計します。
ニ)パワーソースに関係なくオープンサイトのみを使用する場合はオープン部門。 レーザーサイトやスコープ、ダットサイトを使用する場合はフリー部門とします。 公式認定競技銃以外での参加がOKな会場もありますのでこのような分類にしております。

どうすれば参加出来るの?
参加方法は、各会場の担当者にメールや電話でお申し込み下さい。 会場によっては当日受付可能な所も有ります。 また、未成年者の出場についても各会場へお問い合わせ下さい。


ご注意 
○ 複数の会場で練習会に参加する方もいらっしゃると思います。  複数参加に付いては、予めどの会場の記録を採用するか申し出て下さい。  当日、各会場の担当者に「今日の記録を採用します」と宣言して頂ければOKです。(途中変更は不可です)   宣言が無かったり、複数の会場で宣言が有ったりした場合は、自動的に最初に参加した会場の記録を採用させて頂きます。
○ オープン部門とフリー部門のダブルエントリーはOKです。
○ リザルトに載せる名前はニックネームでもハンドルネームでも構いません。   但し、一人で複数の名前を使い分けるのは禁止です。   特に指定がなければ本名のカタカナ表記とさせて頂きます。


APSポスタルマッチについて詳しくは  http://apspostal.militaryblog.jp/

競技系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com   


Posted by ドクターあみーご at 21:21APSカップ

2010年08月20日

USスチール2010その5(速報)


今日はUSスチールチャレンジのリムファイヤーマッチに参加しました。 メインマッチと同じコースを22口径のハンドガンで撃ちます。   なので、Jr.シューターが沢山出場しています。  もちろんトップシューターでも参加する人は居ます。   せっかく遠くから来ているのですから目一杯楽しみたいって事でしょう。

まずはエントリーを済ませます。   リムファイヤーマッチだけでなくメインマッチのエントリーも同時に行います。

リムファイヤーマッチはホルスタードロウはせず、地面に付けられた目印をポイントした姿勢(45°スタンバイみたいな感じ)からスタートします。  22口径のレースガンは殆ど反動が有りません。   しかもホルスタードロウ無しですから、上手い人たちはエアガンのようなスピードで撃ちます。   もちろん私にはそんな事出来ません。


今回使用した銃は、Aさんのバーストカスタム(ハイキャパガバ)にタクティカルソリューションの22LRキットを組み込んだものです。   ダットサイトはノーベルアームズのピンポイントサイトを載せています。   
昨年使ったルガーMkIIはマッチ用の銃では有りませんから仕方ないのですが、トリガーの感じになじめず銃が新品だった為にジャムも多くて不完全燃焼でした。
しかし、今回使ったバースト+タクティカルソリューションカスタムは、3人で使いまわしても殆どジャムる事無く快調に作動してくれました。  下回りはSTIと変わりませんからトリガーのフィーリングもバッチリで気持ちよく撃てました。   成績の方は・・・・

さて、リムファイアーマッチはメインマッチに比べて参加人数も少ないので2時過ぎには終わります。
月刊GUNの取材のお手伝いの合間を縫って、今年もサイドマッチに参加しました。
スタームルガーで例の5文的に1発づつ撃ちこんでスコアを競うゲームに挑戦です。  銃はゼロインされていません。

3丁の中から好きな銃を選ぶのですが、私が選んだ銃は右下付近に着弾します。  探り探り撃つものの黒丸に入ったのは1発だけでした(><)

























USスチール会場を後にした我々は、Aさんのお友達とカレーハウスでディナーです。
お勧めメニューのエビとトマトのドライカレーを頂きましたが大変美味でした(^^)










































本日の締めは、マッサージです。   念のために言っときますが、普通のマッサージですよ!
これで今日の疲れを癒し、明日からのメインマッチに挑みます。










































明日から2日間に分けて(GUN誌の取材を手伝いながらなので)、オープンクラスに参加です。
実銃版グロック・アキュコンプの初陣です。   頑張りますよ~(^^)/



夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、8月16日から25日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。



カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
  


2010年08月19日

USスチール2010その4(速報)

さて、やっとの思いでゼロインを終え、今日はUSスチールチャレンジンの練習です。
この時期は本戦のレンジとは別に、スチールチャレンジの練習レンジが作られます。
このレンジでみんな練習をする訳です。   適当に空いているところで練習をします。
いや~ ちゃんと狙った場所に当たるって幸せです(^^)

結局、8ステージ全部を回る事が出来ました。   事前にじっくり練習が出来たのは今回が初めてです(^^)


さて、練習を終えた我々は例によってウォルマートに向かいました。   買い物前にまずは甘いもので疲れを癒します。   マクドナルドのソフトクリームは子供用なのか小振りでちょうどいい感じです。










































夕食は今年もアジアンテイスティーへやってきました。   ここは中華とハワイアンと和食が食べられます。   味噌汁騒動は有ったものの(去年のUSスチールのレポートを参照)基本的にはどの料理も美味です。   かなりお気に入りです。   今回は刺身定食みたいなものを注文してみました。    3種類の刺身と何故かきゅうりが盛り合わせになっています。   で、ご飯は大盛り。
刺身ときゅうりの割合が、刺身2:きゅうり3くらいなので、バランスを考えながら食べないと、最後はきゅうり定食になってしまします。    お味の方は、刺身ときゅうりのコンビネーションがあっさりしていて意外に良く、結構美味でした(^^)










































さて、モーテルに引き上げてからのお楽しみは銃の掃除です。   実銃のハンドガンは、日本では撃つのも掃除するのも殆ど不可能ですから、ここぞとばかりに堪能します(^^)

でも、さすがに4丁はきついので手分けして掃除しましたが(^^;)


明日は、いよいよリムファイヤーイベントです。   22口径のハンドガンで本戦と同じ8ステージを撃ちます。
もちろん私も参加します。    メインマッチの練習のつもりでお気楽に楽しみたいと思います(^^)v


夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、8月16日から25日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
  


2010年08月19日

USスチール2010その3(速報)

さて、こうなったら焦ってもしかたありません。
まずは腹ごしらえです。   お腹が空いていては良いアイディアも浮かびませんからね。
Aさんお勧めの韓国焼き肉店で焼き肉定食(?)を頂きました。   リトル東京の中に在る店なので日本人好みの味で美味しかった(^^)     でも量が半端じゃないです(^^;)










































夕食を済ませたところで、L.A.ガンクラブに行ってゼロインしましょう。 と、言う事に成りました。
L.A.ガンクラブは大きなインドアレンジが有ります。 長物からハンドガンまであらゆる種類のレンタルガンが豊富に揃っています。  夜11時までやっています。  L.A.観光に訪れる際には是非お立ち寄りください(^^) 
普段から月刊GUNの撮影でお世話になっているレンジでしたのでゼロインさせて頂けました。   良かった~。
結局、STSサイトに更に銅テープを貼って無理やりゼロインします!

































































めでたくゼロイン終了。   これで明日から練習できます(^^)


つづく



夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、8月16日から25日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。



カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
  


2010年08月19日

タクティカルなアキュコンプ

東京マルイ グロク17シリーズ用
アキュコンプシステムC
¥16800(税別)



アキュコンプシステムと言うと、シューティングマッチ用のパーツというイメージが強いようですが、シューティングマッチ専用と言う訳では有りません。 タクティカルなアキュコンプも有ります!   サバイバルゲームでも貴方の戦闘力をアップしますよ(^0^)/!



東京マルイ グロック17シリーズ用 アキュコンプシステムC は、従来のアキュコンプシステムに比べると小振りですが、ちゃんとインナーバレルを固定して命中精度を高めていますし、別売りのVP70用サイレンサーアダプターを使う事で各種サイレンサーを取付ける事も出来ます。 サイレンサーはアウターバレルに取付けるのが一般的ですが、ガスブローバックの場合、アウターバレルはスライドと共に数ミリ後退しますので、アウターバレルにサイレンサーを付けてしまうと作動抵抗に成ってしまってブローバック作動が不調になる事が有ります。 アキュコンプの場合はアウターバレルではなくフレーに固定されたフロントブロックに取付けるので、ブローバック作動に悪影響を与えません!
 更に、周囲の光を集めて光るフラッシュFサイトも標準装備! 集光アクリルはレッドとグリーンの2色付きです!! しかも、インナーバレルの交換は必要ですが、アクセサリーレールに取付ける方式なのでフレーム側は分解する必要が有りません。 組込みはとっても簡単です(^^)



東京マルイ デザートウォーリア4.3用 
アキュコンプシステム DW-A
¥18900(税別)
 



アキュコンプシステムでは、命中精度を高める為にシャーシやフレームを延長してフロントブロック(コンペセイター)を取付け、延長したインナーバレルをフロントブロックで支える事で固定します。 インナーバレルを直接固定してしまえば、実銃のようにバレルとスライドのガタやスライドとフレームのガタを取る必要が有りません。 長く使い込んでいるとスライドのガタが大きくなりますが、アキュコンプシステムの場合は命中精度に影響しません。


アキュコンプシステム DW-A は純正のレールを外したところにレールパーツを取付けてフレームを延長しフロントブロックを固定する方式なので、インナーバレルの交換は必要ですが、フレーム側は分解は不要なので、取り付けが簡単です。 材質はアルミ削り出しなので耐久性は充分! レールパーツは前方だけでなく後方にも延長されており、インナーシャーシの在るところまで左右から挟み込みますから、充分な剛性を得る事が出来ます。
また、VP70用サイレンサーアダプターを取付ける事によってサイレンサーを装着する事が出来ます。 多くのブローバックガスガンは、疑似ショートリコイルを搭載しているので、アウターバレルにサイレンサーを取付けてしまうとブローバックの作動が悪くなっていまいます。 アウターバレルはブローバック時にスライドと共に数ミリ後退するのですから、このアウターバレルにサイレンサーと言う重りを付ければ作動抵抗になってしまうのです。 しかし、アキュコンプシステムならサイレンサーはフレームに固定されたフロントブロックに取付けるので、スライドの作動に悪影響を与えません!


更にレール部分にはシュアーファイヤーやM3ライト等を取付ける事が出来ます!


夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、8月16日から25日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
  


Posted by ドクターあみーご at 07:27製品紹介