2011年07月31日

NHK BS1スポーツドミンゴ

去る7月16、17日に開催されたAPSカップ東京本大会の会場で、近代五種競技でロンドンオリンピックの出場権を獲得した黒須成美選手が、マルゼンから記念に「APS3 黒須成美モデル」が贈られました。 
近代五種競技は、水泳・ランニング・乗馬・フェンスング・射撃の5種目を一人でこなす複合競技です。    日本では馴染みの薄い競技ですが、1912年の第5回ストックホルムオリンピックにおいて種目に採用された歴史ある競技で、ヨーロッパでは盛んに行われています。     
(財)日本近代五種協会では、近代五種競技の普及、選手の発掘・育成の為に、水泳、ランニング、射撃の3種目を抽出して、誰でも気軽に参加できる「近代3種(ビアスレ&シューティング)」を開催しています。    近代3種の射撃競技にはAPSカップで使用されている公式認定競技銃が使われており、ロンドンオリンピックの出場権を獲得した黒須成美選手もAPS3で射撃のトレーニングを積んだのです。    
近代3種は国体種目を目指し、全国ブロック化を目指し、競技の普及に取り組んでいます。

さて、近代五種でロンドンオリンピックの出場権を獲得したのは黒須成美選手だけでは有りません。   男子では、富井慎一選手、藤森勇希選手、三口智也選手、野口隼人選手、富井慎一選手がロンドンオリンピック出場権を獲得しました。  女子では、山中詩乃選手、黒須成美選手、千葉あり沙選手 が出場権を獲得しました。   女子は、初のオリンピック出場になります。

本日、23:00〜23:30 に NHK BS1 スポーツドミンゴ という番組で 山中詩乃選手をゲストに近代五種の特集番組が放映されます。   興味の有る方は是非御覧下さい(^0^)/



APS系パーツならフリーダム・アート http://freedomart.militaryblog.jp/e182493.html  
  


Posted by ドクターあみーご at 19:31APSカップ

2011年07月30日

新たなムーブメント

月刊GUN 2011年9月号のトイガンシューティング・インフォメーションで JANPS予備校2011をご紹介しました。    レポートの内容については誌面をご覧頂くとして(みんな買ってね!)、JANPS委員会の活動が飛躍を遂げる節目のイベントだったと思います。
そして、JANPS予備校開催から約2ヶ月。     JANPS OFFICIAL WEB に於いて新たな取り組みに付いて発表が有りました。     エアガンシューティングの歴史に新たなページを刻む実に素晴らしい取り組みです。
JANPS委員会代表 村松友博氏の言葉を転載しますので是非御覧下さい。

JANPSの新たな取組み
毎年秋に開催しております「JANPS」も前身の「ビアンキシュート」の発足から皆様のご支援を頂戴し、13年目を迎える事ができました。
主催者を代表しまして御礼を申し上げます。   ありがとうございました。

さて、近年のシューティングへの関心の高まりと合わせて、JANPS出場者も増加の一途を辿り昨年は60名超の国内有数のビッグイベントに成長して参りました。    しかしながら一方で開催日時やスタッフ等の制約も表面化し、運営規模の限界も見えつつあります。
こうした状況を背景に参加者の受入を増やしつつ、かつ質の高い競技の場としてJANPSの認知度を高め続けたいとの想いを強くしております。
この課題解決に向けて「新たな取組み」を実施することとなりました。
詳細につきましては JANPS OFFICIAL WEB にて紹介させて頂いておりますのでそちらをご覧いただきますようにお願い致します。
※「New Activities」「JBC」「Prior Entry」をクリックして下さい。   PDFファイルが開きます。
尚、新体制に伴う各イベントやエントリー方法に関しましては、逐次情報を掲載していきますのでJANPS掲示板にご注目下さい。

JANPS委員会 代表 村松友博



カスタムパーツならフリーダム・アート  http://www.gun-freedom-art.com



  


Posted by ドクターあみーご at 23:50JANPS

2011年07月30日

樹脂ブリーチ新発売!

お待たせしました。  ミリブロマーケット限定で遂に発売!
東京マルイ ストライクウォーリア & デトニクス用
軽量樹脂ブリーチ ¥4700(税別)    ご注文はコチラ 



スピードシューティングに於ける理想の銃とはどんな物でしょうか?    スティールチャレンジ用のレースガンの場合、私が思うに、命中精度が良く、コンパクトで軽量、レスポンスが良く、反動が少い 銃だと思います。   もちろん、撃ち易いグリップや狙い易いサイトシステム、自分の意志を正しく銃に伝えられるトリガーと言った物も重要です。

今までは、レースガンのベースとしては、東京マルイのハイキャパシリーズが最適でした。   箱出しでの命中精度や耐久性が高く、カスタムパーツが豊富でチューニングが容易な事が、その理由でした。   私もハイキャパ用アキュコンプシステムを開発し、理想の銃を求めてパーツの開発を続けてきました。   その結果、ハイキャパにデトニクスのスライドアッセンブリーを組み合わせるアキュコンプDET-SとDET-Aを発売するに至りました。   デトニクスのスライドは小型軽量でショートストローク、おまけに容積の小さい省エネ型のエンジンを搭載しています。  レスポンスが良く反動の少ない銃を造るには好都合です。   燃費の良いエンジンはマガジン内のガスの冷却がゆっくりなので、ガスの冷却による初速の変化=弾速の変化が少なく、高い命中精度を維持し易い利点もあります。
しかし、アキュコンプDETシリーズを組上げる為には、ベースガンがハイキャパとデトニクスの2丁必要になってしまいます。   おまけにハイキャパとデトニクスは基本構造こそ一緒ですが別の銃なので、削ったり磨いたり、調整が大変でした(^^;)    それでも各50個を完売しましたが・・・(^^)



さて、MEUのフレームにデトニクスのスライドを組み合わせたようなストライクウォーリア
の場合、アキュコンプDET-Sに近い性能をお手軽に手にする事が出来ます。    好評発売中の、アキュバレルセットを使えばインアーバレルをフレームに固定されたコンペセイターで支える事ができますから命中精度を高める事が出来ます(シャーシの延長部分もコンペセイターも樹脂なので剛性不足は否めませんが)。   マガジンはハイキャパに比べると重さも厚みも半分程度。  ガス容量もハイキャパの半分程度ですが、デトニクスのエンジンは燃費が良く、新発売の軽量樹脂ブリーチを使えば更に燃費が向上するので問題ありません。   むしろ、グリップが握り易く、マガジンの重さが半分ならば、より理想に近づくのですから大歓迎です(^0^)/    なにしろ、ハイキャパを軽量化する為、樹脂やアルミ製のマガジンを使ったり、MEUのマガジンを使えるようにカスタムする人も居るのですから。

ストライクウォーリアは、アキュバレルセット軽量樹脂ブリーチの組み合わせで、かなり理想に近いレースガンに近づきます。     もちろん課題は有ります。    サイトシステムがデトニクスのままですから競技に使うには不適切です。    かと言ってダットサイトを取付けるには高度な加工が必要です。   トリガーガードにはスクエアタイプのアダプターが接着されていてレースホルスターが使えません。   レースホルスターを使用する為には加工が必要です。    しかし、それでもストライクウォーリアの潜在能力は魅力的です。
今後、これらの問題を解決し、特殊なコネや加工技術が無くても理想に近いレースガンが手に入れられるように、新製品を開発して行きますのでご期待下さい(^0^)/

追伸 
東京マルイG17&G26用 軽量樹脂ブリーチが再入荷しました!

ご注文はコチラ


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com



夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、USスチールチャレンジ参加の為、8月14日から24日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。





  


Posted by ドクターあみーご at 20:07新製品情報

2011年07月29日

学生交流会



サバイバルゲームが本格的に流行り始めたのは、ちょうど私が大学生に成る頃でした。   その頃は、かろうじて旧MGCのM93Rや、WAのAR7、JACバトルマスターといったブローバックしないガスガンが登場し始めた程度で、まだ電動ガンは誕生しておらず、主流はマルゼンの KG9 や 丸越の スーパー9 のカスタムでした。(いずれもカート式だったので、カートレス化のカスタムが必須だったのです)
当時は、公園の隅や河川敷でサバイバルゲームが出来る「のどかな時代」でした。    しかし、そんな「のどかな時代」でも、学校公認のサバイバルゲーム・サークルなど考えられませんでした。   サバイバルゲームは「危険な戦争ごっこ」「反社会的な遊び」とされていたのです。



しかし、時代は変わりましたね〜    昨年の秋に学校公認のエアソフトサークルを取材しました。   
( 月刊GUN 2011年3月号に掲載されています。 詳しくはコチラ )

日本工業大学エアソフトサークル NIT-ASC です。    PVはコチラ
主な活動内容はサバイバルゲームですが、タクティカルトレーニングやAPSカップも行なっています。   大学公認で顧問の先生も居ます。   更に、大学敷地内の残土置き場を、学校の許可を得てサバイバルゲームフィールドとして使用しています。   更に更に、今度、来月取り壊し予定の旧図書館でインドアゲームを行なうそうです。   もちろん学校の許可を得ての話です。    学内でインドアゲームだなんて、夢の様な話ですよね。    先月、APS練習会の取材で、この旧図書館に行きましたが(その日はAPS練習会の会場でした、取壊し後は別の会場で定期開催されます)、「こんなすばらしい環境でAPS練習会が出来るなんて!」と、ものすごく羨ましく思ったのですが、そこでインドアゲームをするって言うんですら超超羨ましいです!    しかし、残念ながら諸事情有って学内でのサバゲーには部外者は参加出来ません。    残念です(APS練習会は部外者の参加もOKだそうです)。    
これを見て「自分もやってみたい」と思った高校生が居たら、是非、日本工業大学を受験して下さい(笑)

ところで、大学公認のエアソフトサークル(サバゲーサークル)って、他にも結構有るんですよね。    NIT-ASCは、以前から他校との交流を模索していたそうですが、この度、ミリブロのブロガーでもあるハロさん が幹事に成って
 学生交流会 が開催される事に成りました。

8月14日に、関越花園インターから10分ほどの場所にある、コードセブンで行なわれる
ケイ・ホビー定例会
に間借りしての開催です。   詳しくはコチラ

APSカップでは、積極的に学外の練習会にも参加して交流の輪を広げ、6月からは学内APS練習会の定期開催も始めたハロさんですが、今度は学生サバイバルゲ−マーの交流の輪を広げようと動き出しました。    是非頑張って頂きたいと思います(^0^)/


日本工業大学エアソフトサークル NIT-ASC のAPS練習会について詳しくはコチラ



カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com   


Posted by ドクターあみーご at 20:07サバイバルゲーム

2011年07月29日

いまさらですが3

その1 http://freedomart.militaryblog.jp/e242545.html
その2 http://freedomart.militaryblog.jp/e242549.html

さて、第21回 APSカップ東京本大会 の各クラスの上位入賞者をご紹介しましょう。

ハンドガンクラス オープンサイト部門


優勝 高橋 知宏さん  (181点2X)
準優勝 阿部 徳彦さん  (178点6X)
第3位 加藤 和俊さん  (177点5X)

第4位 岡本 智之さん (176点6X)
第5位 関 淳さん (172点4X)
第6位 石井 健夫さん (172点2X)

ハンドガンクラス フリー部門


優勝 古川 春樹さん  (192点5X)
準優勝 横田 雅樹さん  (188点5X)
第3位 飯島 敬さん  (186点3X)

第4位 羽山 嘉一さん  (182点6X)
第5位 細野 透さん  (182点3X)
第6位 石嶋 恒治さん  (181点3X)

ライフルクラス総合

優勝 吉田 英雄さん  オープンサイト(197点7X)
準優勝 武田 弘さん  オープンサイト(191点3X)
第3位 阿部 徳彦さん  オープンサイト(191点2X)

第4位 中津川 満さん  フリー(182点2X)
第5位 新 広平さん  オープンサイト(181点2X)
第6位 米盛 勝利さん  フリー(179点3X)
※オープンサイトの場合+10点のハンデを加えてある。


入賞された皆さん、おめでとうございます(^0^)/


ところで、当社では「マスター」以上のバッジ保持者で、当社製品の宣伝や開発に協力頂ける選手をサポート選手として応援しています。    今大会では、細野透選手 が、ハンドガンクラス フリー部門で第5位に入賞されました。    おめでとうございます(^0^)/
細野選手には後日、当社から記念品を贈らせて頂きます(^^)v








 それからもう一人。    当社のサポート選手ではありませんが、今回、発売されたばかりのAPS1グランドマスター用アウターバレルセットを装備して、ハンドガンクラス フリー部門で見事優勝した、
古川春樹選手
をご紹介します。    古川選手は昨年の東京本大会で彗星のように現れ準優勝した大型新人です。   そして早くも優勝の盾を手にしました。    来年はグランドチャンピオン目指して頑張って頂きたいです。     改めて、優勝おめでとうございます(^0^)/







つづく


APS系パーツならフリーダム・アート http://freedomart.militaryblog.jp/e235289.html




夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、USスチールチャレンジ参加の為、8月14日から24日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。


  


Posted by ドクターあみーご at 07:23APSカップ

2011年07月28日

いまさらですが2


昨日の続きです。
第21回 東京本大会 の話題として外せないのが 黒須成美選手でしょう。
近代五種というオリンピック競技が有ります。   水泳、ランニング、乗馬、射撃、フェンシングの5種目を一人でこなす複合競技です。    日本ではマイナーですが、歴史は古く、ヨーロッパでは盛んな競技です。    近代五種について詳しくはコチラ
(財)日本近代五種協会では、近代五種の普及と新人発掘・育成の為に、水泳、ランニング、射撃の3種目を抽出した近代三種競技を行っています。   ここで射撃に使用されているのがAPSカップに使われている公式認定競技銃です。    エアガンとしてではなくスポーツ用品として使われている訳です。     黒須成美選手は近代三種(ビアスレ&シューティング)で見出され近代五種選手として活躍中ですが、先に行われたアジア選手権大会で女子で日本人初となるオリンピック出場権を獲得しました。    黒須選手はAPS3で射撃の練習を積んで、遂にオリンピックへと羽ばたく事に成ったのです。     これを記念して、マルゼンから「APS3 黒須成美モデル」が贈られました。    黒須選手の為に造られたたった一丁のスペシャルモデルです。




つづく


APS系パーツならフリーダム・アート http://freedomart.militaryblog.jp/e235289.html
  


Posted by ドクターあみーご at 07:23APSカップ

2011年07月27日

夏期休暇のお知らせ



夏期休暇のお知らせ
誠に勝手ながら、USスチールチャレンジ参加の為、8月14日から24日まで夏期休暇を頂きます。
この間は、FAX や Eメール への対応も出来ません。  ご不自由をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い申し上げます。

































グロック アキュコンプD について詳しくはコチラ

カスタムパーツならフリーダム・アート  


Posted by ドクターあみーご at 22:28実弾射撃

2011年07月27日

いまさらですが

夏バテと原稿の締切と、その他もろもろ超多忙につき、しばしブログをお休みしておりました。     最近、体力の衰えが著しくて、すぐスタミナ切れになってしまうんですよね(^^;)      が、一通り片付いてやっとブログを書く余裕が出来ました。     ご心配をお掛けしてしまい申し訳ありませんでした。
     
 さて、既に沢山のブロガーさんがレポートを上げてますが、去る 7月16・17日に浅草の都立産業貿易センター台東館で 第21回 APSカップ東京本大会 が開催されました。     APSカップは、エアガン(エアースポーツガン)を使用した国内最大の精密射撃競技ですが、東京本大会は年に1度の全国大会です。     多くの選手は、この東京本大会を目標に1年間練習を積み重ねるのです(積み重ねるのは練習だけではないようですが(笑))。
今回は東日本大震災の影響も有って、参加者数は昨年を下回ってしまいましたが、それを補って余り有る大盛り上がりの大会となりました。(詳しくは月刊GUN 10月号でレポートしていますので、ここではサラッとご紹介します。)

APSカップについて詳しくはコチラ


今大会は、荒れ模様の試合展開でした。    ベテランシューター達が、ブルズアイで5点圏や0点圏を撃ってしまったり、プレートやシルエットでも通常ではあり得ない様なミスで次々脱落する中、中堅や新人がスコアを伸ばしていたのが印象的でした。    他にも話題がイロイロ有ります。
まず最初は、今大会のグランドチャンピオンをご紹介しましょう。     グランドチャンピオンは、その年度の公式競技会でトップの成績をおさめた選手と、東京本大会の優勝者が頂上決戦を行なって決める、チャンピオンの中のチャンピオンです。    
ライフルクラスでは阿部徳彦選手が昨年に続いて2度目のグランドチャンピオンと成りました。    阿部徳彦選手は 第2回 APSポスタルマッチ でも4つある部門の全てに入賞(ライフルクラスではオープン、フリー共に優勝)している実力者で、普段の練習の成果がそのまま出た様な結果でした。   おめでとうございます。
ハンドガンクラスは猫増倉こと、高橋知宏選手がAPSカップ6回目の挑戦でグランドチャンピオンの栄冠を手にしました。    高橋知宏選手は、なんと箱出しノーマル状態の APS3 LE2009 で勝ちました。    しかもプレートクリーンの完全試合です。    持論である「箱出しノーマルでも勝てる」を実践されたのでした。    お見事でした。    おめでとうございます。
ちなみに、巷では「カスタムすべきでは無い」と曲解している方が居られるようですが、高橋知宏選手は決してカスタムを否定している訳ではありません。     その辺についてはご自身のブログで書いていますので誤解無きよう。
 
そして、もうひとつ。     今大会で、初めてライフルクラスのグランドマスターバッジ保持者が誕生しました!     APSカップには、選手が各自のレベルに合わせて目標設定出来るようにマスターバッジ制度というものが有ります。    マスターバッジには「マークスマン」「シャープシューター」「エキスパート」「マスター」「グランドマスター」の6種類が有り、それぞれ東京本大会を含む公式試合の成績によって授与されます。    昨年まではライフルクラス2部門と、ハンドガンクラス フリー部門では「グランドマスター」のバッジ保持者は居なかったのです。

ライフルクラス初のグランドマスターバッジ保持者となったのは吉田英雄選手です。     吉田選手はベテラン中のベテランで、ハンドガンクラスに於いてもグランドマスターバッジ取得第1号でした。     さすがです!    おめでとうございます。


第21回 APSカップ東京本大会レポートはまだまだ続きますが、その前にお礼とご報告です。

東京本大会が行なわれている一つ上のフロアでは同時開催の JASGトイガンフェスタ が開催され、大会を更に盛り上げました。  メーカーやショプが新製品を発表したり、イベント限定品やバーゲン品等を販売し、フロンティアさんのブースでは恒例の500円くじも行なわれました。
当社もフロンティアさんのご厚意で間借り出店致しました。    ご来場の皆さん、当社ブースにお立寄頂きました皆さん、誠に有り難うございました。     また、出店スペースを割いて頂いたフロンティアさん有り難うございました。
今回もフロンティア公式練習会に続いて APS3用アウターバレル のチャリティーセールを行いましたが、その売り上げと、その他商品の売り上げの一部を、宮城県災害対策本部へ寄附させて頂きました。    ご協力有り難うございました m(__)m


つづく


APS系パーツならフリーダム・アート http://freedomart.militaryblog.jp/e235289.html

  


Posted by ドクターあみーご at 07:17APSカップ

2011年07月19日

お買い得限定品

東京マルイの M92F シリーズは、デビューから相当経っていますが、未だに人気の定番商品です。  当社の東京マルイの M92F シリーズ用パーツも、かなり初期の商品ですが、おかげさまで未だに根強い人気が有ります。

(↑銃本体、グリップ、グリップスクリューは付属しませんので念の為)

そこで、この度、東京マルイの M92F シリーズ用パーツの中から、「ロングスライドストップ」「ロングマガジンキャッチ」「ヘビーウエイトハウジング」のゴールド3点をセットにして、お買い得価格でご提供致します!     この3点の通常価格の合計は¥10500(税別)ですが、なんと¥7800(税別)でのご提供です!!     

東京マルイの M92F シリーズ用
ゴールドパーツ3点セット
¥7800(税別)

50セット限定ですので売り切れの際はご容赦下さい m(__)m
 



カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com  


Posted by ドクターあみーご at 12:56新製品情報

2011年07月17日

KSCとマルゼンの新製品


昨日はAPSカップ東京本大会のライフルクラスが開催されました。    参加された選手の皆さん、並びにスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

 さて、今日は 浅草の都立産業貿易センター台東館で APSカップ東京本大会のハンドガンクラス が開催されます。 
同時開催の JASGトイガンフェスタ ではKSCの新製品のお披露目が有ります。 (APS会場ではマルゼンの新製品が展示されてます。)
マルゼンKSCフロンティア蔵前工房舎が出店して、特価商品やイベント限定商品の販売を行います。     当社もフロンティアブースに間借りして出店致します。
APSカップ東京本大会とは別フロアーでの開催なので、APS関連商品以外にも、各社メーカーのエアガンやアクセサリーパーツなども販売されます。   


 当社もグロックやハイキャパのアキュコンプなど、会場限定商品やB級特価商品などイロイロ持って行きますので宜しくお願い致します m(__)m

APS系パーツならフリーダム・アート http://freedomart.militaryblog.jp/e235289.html  


Posted by ドクターあみーご at 09:31APSカップ

2011年07月16日

トリガー再販

永らく品切れになっておりました ストレートトリガー の ブラック と シルバー を再販致します。    7月21日メーカー出荷です。
ストレートトリガーは東京マルイのハイキャパ・シリーズだけでなく MEU、デザートウィーリア、フォレッジウォーリア、ナイトウォーリア、更に、M1911A1やデトニクスにも使用出来ます。     アルミ削り出しの高級感溢れるシャープな質感をお楽しみ下さい(^^)



東京マルイ ハイキャパ・シリーズ、MEU、ウォーリア・シリーズ、M1911A1、デトニクス用
ストレートトリガー

各色¥3800(税別) 

トリガーは銃と射手とを繋ぐ最も重要な接点です。 
フリーダム・アートではトリガーフィーリングを徹底研究! 側面から見るとストレートで前面は曲面に細かいセレイションを施したこの形状に辿り着きました。 
ブラック、シルバーの他にも ガンブルー、ゴールド、スカイブルー、ピンク、パープル、グリーンが有ります。    (※レッドは現在製作中) 


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com
  


Posted by ドクターあみーご at 20:07製品紹介

2011年07月15日

次世代M4ピポットピン再販

品切れになっておりました 次世代M4用 ピポットピン ですが好評に付き再生産致しました(^^)
7月21日メーカー出荷となります!


http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=159
 東京マルイ 次世代M4シリーズ用
ピポットピン ¥1200(税別)

ピポットピンはレシーバーとフレームとを繋ぐピンです。 次世代電動ガンはリコイルショックが売りですから、振動で抜けたりしないように純正のピンには抜け止めのCリングが付いています。   しかし、メンテナンス等の為に分解・組立てを繰り返すと・・・  そこで、「ネジ止め」というシンプルかつ確実な方法を採用しました。



ついでに、他のM4系パーツもご紹介しましょう!

次世代M4のストックパイプがゆるみやすいとお嘆きの貴兄に!
東京マルイ次世代M4用  
スイベルプレート    ¥4500(税別)   
 



次世代M4シリーズのストックパイプの「ゆるみ」「ガタつき」にお悩みの方は居ませんか?
ストックパイプにはリコイルを発生させるメカニズムが内蔵されており、これはメカBOXと繋がっています。   分解を繰り返すとストックパイプの「ゆるみ」「ガタつき」が発生しますが、単に気分が悪いだけでなく、メカBOXにも良く有りません。    だからと言って、ストックパイプのリングを力任せに締め付けると、最悪の場合、フレームとストックパイプが破損する可能性があります。    さてさて困ったものです(^^;)
そこで、ストックパイプの「ゆるみ」「ガタつき」を解消するパーツを開発しました。

指さし印の突起がフレームの窪みにはまり、側面から2本のイモネジでストックパイプを固定します。   
これで バッチリ! ゆるみも、ガタつきも無しです(^0^)/ 
材質は丈夫なスチール製、もちろん、スイベルリングとしての機能もバッチリです!



パカ山クラフト
東京マルイ次世代電動ガンM4シリーズ用
マグ・パイプ−M4   ¥2000(税別)

※簡単な加工で東京マルイのSCAR-Lにも使えます! 















http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=138
M4シリーズはM1911同様、多彩なカスタムパーツを組み合わせて自分だけの1丁を作り上げる事が大きな魅力です。 次世代M4シリーズも、まだパーツが出揃ってはいないものの皆さん既にいろいろカスタムしているようです。 中でもマグプルは人気のようですが、次世代M4用は結構お高いですよね(^^;)
しかし、パカ山クラフトのマグ・パイプ-M4を使えばそんな悩みはサクッと解決! 次世代M4シリーズの銃本体側チャンバーの給弾パイプ部分に被せるようにして取付けるだけで従来M4用マガジンが使用出来るように成ります。 取外すのも簡単ですからメンテナンスも問題無し! 次世代M4用マガジンとの使い分けもOKです! 更に、簡単な加工で東京マルイの新製品SCAR-Lにも使えます(^0^)/

マグパイプM4は、次世代M4本体の給弾パイプに差し込んで使います。 マグパイプ内部のゴムオーリングの摩擦抵抗によって保持されるのですが、重量の有る金属製では、自重によって緩んでしまう恐れが有ります。   その為、マグパイプM4は重量の軽いエンジニアリング・プラスチックを使用しています。   この素材は、軽量なだけでなく弾力も有り、肉薄のパイプ形状にした場合は、金属製よりも変形し難いだけでなく、自己潤滑性が有るのでマガジンリップに引っ張られて緩んでしまう事も有りません。    一見、なんて事無いパーツですが、さすがパカ山クラフト! 考え抜かれていますね〜(^^)v






























http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=158

次世代M4シリーズ用
ロングMgボタン ¥2980(税別)

ロング&ワイドサイズで操作性向上! グリップを握ったまま右手の人差し指でマガジンキャッチを簡単に操作出来ます。 ロングサイズにした分、装備に引っ掛かり難くする為、敢えてチェッカーを入れず、シンプルに仕上げました。 取付けは簡単! 純正のマガジンキャッチボタンと交換するだけです(^^)


更に、G&P社の旧型M4用アンビマガジンキャッチをちょいと加工するだけで、次世代M4シリーズに取付けられるように成る便利機能も有ります(^^)v


東京マルイ 次世代電動ガン M4 シリーズ用 
スイベルリング ¥4980(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=136
CQB では、メインウエポンを右手から左手、左手から右手へと、状況によってスイッチする事が必須科目と成っています。 バリケードに、なるべく身を隠しながら射撃をする為です。 また、メインウエポンが弾切れになったり故障したりした時には、瞬時にハンドガンに持ち替えなくては成りません。 当社のスイベルリングのスリング取付け部分が半円形に成っているのは左右に銃をスイッチする際、スリングが左右にスムーズに移動してベストポジションを保つ為です。 戦術の進化と共にスリングも進化して来ましたが、スリングを取付ける金具=スイベルリングもまた進化し続けているのです。 
さて、実銃用パーツのコピー品が色々発売されていますが、その多くが次世代M4に取付ける為には加工が必要だったり、ストックチューブを外さないと取付けられなかったりします。 従来のM4シリーズであれば簡単なこの作業も、次世代M4の場合は実に面倒!  しかし、当社のスイベルリングなら無加工で簡単に取付けられます!

¥4980(税別)で大好評発売中です!
ちなみに、次世代電動ガンM4シリーズ用 スイベルリング は簡単な加工で従来品にも取付けられます!








詳しくは → http://freedomart.militaryblog.jp/e63641.html



http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=73
東京マルイ M4シリーズ用 
フロントマウントベース
ブラック/グレー 各¥3980(税別)

M4カービン・シリーズはスコープをレシーバーに直接取付けられます。 しかし、せっかくスコープを低くマウント出来てもフロントサイトが視界に入ってしまい狙いずらいのに気付くと思います。 そこでスコープの視界をさえぎらず、更に上下に20mm幅のマウントレールを設けて拡張性も強化してみました。 純正付属のサイドスリングアダプターも問題無く使用出来ます。   




http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=160
東京マルイ M16/M4シリーズ&89式小銃用 
フラッシュFサイト レッド/グリーン各¥2500(税別)

※無加工で東京マルイのSCARにも使えます!自然光を集めて光る集光アクリル採用でダットサイトのような素早いサイティングを可能にするフラッシュサイト・シリーズのM16/M4&89式小銃用がですが、東京マルイの新製品SCAR-Lにも使えます。 フロントサイトポストを交換し集光アクリルを接着するだけのお手軽パーツながら効果は抜群! 集光アクリルはコンパクトなショートサイズと、より強く光るロングサイズの2種類が標準装備。 お好みで選べます。 












スコープシールド 
S ¥1600   M ¥1700   L ¥1800(税別 )
スコープやダットサイトをBB弾の直撃から守ります! 材質はゴーグルのレンズと同じポリカーボネイトです。東京マルイ純正のハイマウントベース対応で、対物レンズ30mmのダットサイト用のSレンズ径40mmまでのスコープ用のM、レンズ径56mmまでのスコープ用のLの3種類。 シールドのスペアも有ります。











ジョイントハイダー 
逆ネジタイプ ¥3800(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=156
一見単なるフラッシュハイダー。しかし、その実体はサイレンサーや各種マズルアタッチメントをワンタッチで着脱できるジョイント・パーツなのだ。












ワンタッチジョイント 
正ネジ・逆ネジ 各¥1500(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=157
各種サイレンサー・マズルアタッチメントにワンタッチジョイントを取付けておけば、ジョイントハイダーにワンタッチ着脱が可能に!! ゲーム中にサイレンサーの着脱を繰り返して敵チームを撹乱する事もできます。


 バイポットベース ¥2980(税別)
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=76
R.I.S.に取付けるハリスタイプのバイポットを取付けるアダプターです。 脱着スイベルを取付ければスリングも付けられるます。




































レイルマルチホルダー ¥3800(税別)
レイル・マルチ・ホルダーはL字型のステーにマジックテープで固定する方式なので、コレ1つであらゆる装備品をマウントできます。 R.I.S.にフラッシュライトから極太サイレンサーまでワンタッチで装着!



スタンダードM4専用ですが、こんなのもあります(^^)/

東京マルイ 
M4CRW、M4PMC、SR16、M16A1、M16A2、ベントナムバージョン
スイベルリング  ¥2200 (税別)
 

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=164

 CQBではワンポイントスリングを使用し、状況に応じて銃を左右に持ち変えるのが常識です。 しかし、伸縮ストック用のスイベルリングはイロイロ有りますが、何故か固定ストック用は有りませんでした。 せっかくM4CRWやM4PMCの様に固定ストックながらCQB向きな銃が有るのですから造るっきゃない! と、いう事で固定ストック用のスイベルリングを発売致します。 ステンレス製で耐久性は充分! スイベルリングには強い衝撃が加わる事が有りますがプラ製のフレームに掛かる負担を軽減する為にゴム製スペーサーを挟み込んで取付ける方式を採用しました。 右利きでも左利きでも使用出来るように取付け方向を選べるように成っています。 























取付けはプラスドライバー1本で簡単装着!
① バットプレートを外し、プラスドライバーでストックを止めているネジを外して分解、ストックリングを取り除く。
  


② 先にゴム製スペーサーを通してからスイベルリングをセットする。  左利きの場合はスイベルリングを逆向きにセットする。


③ 先にコネクターを接続してから、分解と逆の手順で組立てる。


ハイ出来上がり!  どうです?  簡単でしょう(^0^)/





パカ山クラフト http://www.pakayama.com/

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com


  


Posted by ドクターあみーご at 12:33製品紹介

2011年07月14日

APSカップ東京本大会

いよいよ 7月16日、17日 に、浅草の都立産業貿易センター台東館に於いて
 APSカップ東京本大会 が開催されます。
APSカップについてはコチラ
 1年間練習を重ねてきた全国のAPSシューターが、それぞれの目標を達成すべく熱戦を繰り広げます。  はてさて、各クラス、各部門の頂点を極めるのは誰でしょうか?    
 ではここで、最もその可能性が高い選手をご紹介しましょう(^^)    去る6月11日から26日の期間に、東京蔵前、京都寺町通、静岡焼津、山口周南、東京赤羽、新潟上越、埼玉所沢、群馬高崎の全国8会場で 第2回 APSポスタルマッチ を開催致しましたが、その上位入賞者の皆さんです。   全国から、ハンドガンとライフル合わせて、のべ124名が参加した大会の上位入賞者達ですからチャンピオンの座を射止める可能性が高いと言えましょう(^^)v









ハンドガンクラス オープンサイト部門
優勝  ミヤハラ マサヒト選手
                         (186-8x) 東京赤羽会場 
準優勝  アベ アツヒコ選手
                         (184-3x)東京蔵前会場
第3位 イザワ シゲタカ選手
                         (174-3x)東京蔵前会場










ハンドガンクラス フリー部門
優勝  チバ ヨシオ選手
                         (184-3x)埼玉所沢会場
準優勝  アベ アツヒト選手
                         (183-4x)群馬高崎会場
第3位  トミー バンノ選手
                         (180-5x)京都寺町通会場










ライフルクラス オープンサイト部門 
優勝  アベ アツヒコ選手
                         (189-4x)東京蔵前会場 
準優勝は イシイ タケオ選手
                         (177-2x)東京蔵前会場
第3位は タケダ ヒロシ選手
                         (172-1x)東京赤羽会場










ライフルクラス フリー部門 
優勝  アベ アツヒコ選手
                         (189-1x)群馬高崎会場  
準優勝  ヨシダ タカシ選手
                         (188-3x)東京蔵前会場
第3位  イイジマ ケイ選手
                                                                                                (188-2x)東京蔵前会場

ところで、同時開催で JASGトイガンフェスタ も開催されます。 マルゼンKSCフロンティア蔵前工房舎が出店して、特価商品やイベント限定商品の販売を行います。   KSCは会場で新製品の発表も行なうそうです。    フロンティアは特価品販売と、恒例の¥500くじを行なうそうです。(当社はフロンティアブースに間借りして出店致します。)
APSカップ東京本大会とは別フロアーでの開催なので、APS関連商品以外にも、各社メーカーのエアガンやアクセサリーパーツなども販売されますので、お気軽にお越し下さい(^0^)/   


 当社もグロックやハイキャパのアキュコンプなど、会場限定商品やB級特価商品などイロイロ持って行きますので宜しくお願い致します m(__)m

黒須成美選手来たる!
エアガンはBB弾を発射する鉄砲の玩具です。   玩具とは言え弾が出るのですから取り扱いに充分な注意が必要です。   付属の取り扱い説明書には安全な取り扱い方が解り易く書かれていますが、それだけで充分でしょうか?   エアガンにはコレクションという楽しみ方も有りますが、やっぱり撃ってナンボでしょう。    エアガンを取り扱う上での安全指導や、撃って楽しむ『場』の提供が欠かせません。    現状では専門店やサバイバルゲームフィールドやシューティングレンジが、その役割を担っていますが、業界主導で安全指導や、撃って楽しむ『場』の提供を行なっているのはNPO法人 日本エアースポーツガン協会が主催するAPSカップだけです。  
1993年にマルゼン主催でスタートしたAPSカップは、後に日本エアースポーツガン協会(JASG)主催となり、APSカップの運営・普及・啓蒙に留まらず、オリンピック競技である近代五種競技の普及・啓蒙並びに将来のオリンピック選手の発掘・育成を目指す近代三種競技(ビアスレ&シューティング)に協力してきました。   近代五種競技は水泳・ランニング・射撃・フェンシング・乗馬の5種目をひとりでこなす複合競技ですが、日本では射撃で使用するエアピストルの所持が難しく(未成年者の場合は絶望的)代わりにAPSカップで使用されているAPS3などの精密射撃銃が、公式認定競技銃に指定され使用されています。    こうしてJASGの活動によりエアガンが単なる銃の玩具からスポーツ用品に格上げされたのでした。
いつも思う事なのですが、APS事業は儲かってしょうがないというモノでは有りません。   昨今の不景気にあっては、むしろ重荷になっているのではないかと。    それでもAPSカップを続け、近代三種への協力を続けているJASGには感謝感謝です。
メーカーが、自分で造って売ったものの面倒を見るのは当たり前と思う人も居るかもしれませんが、この当たり前の事をしているメーカーが一体何社有るでしょうか?    当たり前の事を当たり前に行なうのは大変な事なのです。 

さて、その近代三種(ビアスレ&シューティング)で見出され、近代五種で活躍中の黒須成美選手が、先に行われたアジア選手権大会で女子では日本人初となるオリンピック出場権を獲得しました。    遂にエアガンシューターからオリンピック選手が生まれたのです。
APSカップ東京本大会には参加こそ無いものの、会場には来るみたいですので、皆で応援しましょう(^0^)/


APS系パーツならフリーダム・アート http://freedomart.militaryblog.jp/e235289.html  


Posted by ドクターあみーご at 23:15APSカップ

2011年07月13日

やっぱりM4

なんだかんだ言っても、やっぱりM4系は大人気です。 今年はガバメント生誕100周年な訳ですが、それでもM4系の人気を超えられない感じです。ガバ好きとしてはちょっと寂しいです(^^;)
それはさて置き、M4系パーツをご紹介しましょう!


次世代M4のストックパイプがゆるみやすいとお嘆きの貴兄に!
東京マルイ次世代M4用  
スイベルプレート    ¥4500(税別)   
 



次世代M4シリーズのストックパイプの「ゆるみ」「ガタつき」にお悩みの方は居ませんか?
ストックパイプにはリコイルを発生させるメカニズムが内蔵されており、これはメカBOXと繋がっています。   分解を繰り返すとストックパイプの「ゆるみ」「ガタつき」が発生しますが、単に気分が悪いだけでなく、メカBOXにも良く有りません。    だからと言って、ストックパイプのリングを力任せに締め付けると、最悪の場合、フレームとストックパイプが破損する可能性があります。    さてさて困ったものです(^^;)
そこで、ストックパイプの「ゆるみ」「ガタつき」を解消するパーツを開発しました。

指さし印の突起がフレームの窪みにはまり、側面から2本のイモネジでストックパイプを固定します。   
これで バッチリ! ゆるみも、ガタつきも無しです(^0^)/ 
材質は丈夫なスチール製、もちろん、スイベルリングとしての機能もバッチリです!



パカ山クラフト
東京マルイ次世代電動ガンM4シリーズ用
マグ・パイプ−M4   ¥2000(税別)

※簡単な加工で東京マルイのSCAR-Lにも使えます! 

















http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=138
M4シリーズはM1911同様、多彩なカスタムパーツを組み合わせて自分だけの1丁を作り上げる事が大きな魅力です。 次世代M4シリーズも、まだパーツが出揃ってはいないものの皆さん既にいろいろカスタムしているようです。 中でもマグプルは人気のようですが、次世代M4用は結構お高いですよね(^^;)
しかし、パカ山クラフトのマグ・パイプ-M4を使えばそんな悩みはサクッと解決! 次世代M4シリーズの銃本体側チャンバーの給弾パイプ部分に被せるようにして取付けるだけで従来M4用マガジンが使用出来るように成ります。 取外すのも簡単ですからメンテナンスも問題無し! 次世代M4用マガジンとの使い分けもOKです! 更に、簡単な加工で東京マルイの新製品SCAR-Lにも使えます(^0^)/

マグパイプM4は、次世代M4本体の給弾パイプに差し込んで使います。 マグパイプ内部のゴムオーリングの摩擦抵抗によって保持されるのですが、重量の有る金属製では、自重によって緩んでしまう恐れが有ります。   その為、マグパイプM4は重量の軽いエンジニアリング・プラスチックを使用しています。   この素材は、軽量なだけでなく弾力も有り、肉薄のパイプ形状にした場合は、金属製よりも変形し難いだけでなく、自己潤滑性が有るのでマガジンリップに引っ張られて緩んでしまう事も有りません。    一見、なんて事無いパーツですが、さすがパカ山クラフト! 考え抜かれていますね〜(^^)v




























http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=159
 東京マルイ 次世代M4シリーズ用
ピポットピン ¥1200(税別)

ピポットピンはレシーバーとフレームとを繋ぐピンです。 次世代電動ガンはリコイルショックが売りですから、振動で抜けたりしないように純正のピンには抜け止めのCリングが付いています。   しかし、メンテナンス等の為に分解・組立てを繰り返すと・・・  そこで、「ネジ止め」というシンプルかつ確実な方法を採用しました。


http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=158

次世代M4シリーズ用
ロングMgボタン ¥2980(税別)

ロング&ワイドサイズで操作性向上! グリップを握ったまま右手の人差し指でマガジンキャッチを簡単に操作出来ます。 ロングサイズにした分、装備に引っ掛かり難くする為、敢えてチェッカーを入れず、シンプルに仕上げました。 取付けは簡単! 純正のマガジンキャッチボタンと交換するだけです(^^)


更に、G&P社の旧型M4用アンビマガジンキャッチをちょいと加工するだけで、次世代M4シリーズに取付けられるように成る便利機能も有ります(^^)v


東京マルイ 次世代電動ガン M4 シリーズ用 
スイベルリング ¥4980(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=136
CQB では、メインウエポンを右手から左手、左手から右手へと、状況によってスイッチする事が必須科目と成っています。 バリケードに、なるべく身を隠しながら射撃をする為です。 また、メインウエポンが弾切れになったり故障したりした時には、瞬時にハンドガンに持ち替えなくては成りません。 当社のスイベルリングのスリング取付け部分が半円形に成っているのは左右に銃をスイッチする際、スリングが左右にスムーズに移動してベストポジションを保つ為です。 戦術の進化と共にスリングも進化して来ましたが、スリングを取付ける金具=スイベルリングもまた進化し続けているのです。 
さて、実銃用パーツのコピー品が色々発売されていますが、その多くが次世代M4に取付ける為には加工が必要だったり、ストックチューブを外さないと取付けられなかったりします。 従来のM4シリーズであれば簡単なこの作業も、次世代M4の場合は実に面倒!  しかし、当社のスイベルリングなら無加工で簡単に取付けられます!

¥4980(税別)で大好評発売中です!
ちなみに、次世代電動ガンM4シリーズ用 スイベルリング は簡単な加工で従来品にも取付けられます!








詳しくは → http://freedomart.militaryblog.jp/e63641.html



http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=73
東京マルイ M4シリーズ用 
フロントマウントベース
ブラック/グレー 各¥3980(税別)

M4カービン・シリーズはスコープをレシーバーに直接取付けられます。 しかし、せっかくスコープを低くマウント出来てもフロントサイトが視界に入ってしまい狙いずらいのに気付くと思います。 そこでスコープの視界をさえぎらず、更に上下に20mm幅のマウントレールを設けて拡張性も強化してみました。 純正付属のサイドスリングアダプターも問題無く使用出来ます。   




http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=160
東京マルイ M16/M4シリーズ&89式小銃用 
フラッシュFサイト レッド/グリーン各¥2500(税別)

※無加工で東京マルイのSCARにも使えます!自然光を集めて光る集光アクリル採用でダットサイトのような素早いサイティングを可能にするフラッシュサイト・シリーズのM16/M4&89式小銃用がですが、東京マルイの新製品SCAR-Lにも使えます。 フロントサイトポストを交換し集光アクリルを接着するだけのお手軽パーツながら効果は抜群! 集光アクリルはコンパクトなショートサイズと、より強く光るロングサイズの2種類が標準装備。 お好みで選べます。 












スコープシールド 
S ¥1600   M ¥1700   L ¥1800(税別 )
スコープやダットサイトをBB弾の直撃から守ります! 材質はゴーグルのレンズと同じポリカーボネイトです。東京マルイ純正のハイマウントベース対応で、対物レンズ30mmのダットサイト用のSレンズ径40mmまでのスコープ用のM、レンズ径56mmまでのスコープ用のLの3種類。 シールドのスペアも有ります。











ジョイントハイダー 
逆ネジタイプ ¥3800(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=156
一見単なるフラッシュハイダー。しかし、その実体はサイレンサーや各種マズルアタッチメントをワンタッチで着脱できるジョイント・パーツなのだ。












ワンタッチジョイント 
正ネジ・逆ネジ 各¥1500(税別)

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=157
各種サイレンサー・マズルアタッチメントにワンタッチジョイントを取付けておけば、ジョイントハイダーにワンタッチ着脱が可能に!! ゲーム中にサイレンサーの着脱を繰り返して敵チームを撹乱する事もできます。


 バイポットベース ¥2980(税別)
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=76
R.I.S.に取付けるハリスタイプのバイポットを取付けるアダプターです。 脱着スイベルを取付ければスリングも付けられるます。




































レイルマルチホルダー ¥3800(税別)
レイル・マルチ・ホルダーはL字型のステーにマジックテープで固定する方式なので、コレ1つであらゆる装備品をマウントできます。 R.I.S.にフラッシュライトから極太サイレンサーまでワンタッチで装着!



スタンダードM4専用ですが、こんなのもあります(^^)/

東京マルイ 
M4CRW、M4PMC、SR16、M16A1、M16A2、ベントナムバージョン
スイベルリング  ¥2200 (税別)
 

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=164

 CQBではワンポイントスリングを使用し、状況に応じて銃を左右に持ち変えるのが常識です。 しかし、伸縮ストック用のスイベルリングはイロイロ有りますが、何故か固定ストック用は有りませんでした。 せっかくM4CRWやM4PMCの様に固定ストックながらCQB向きな銃が有るのですから造るっきゃない! と、いう事で固定ストック用のスイベルリングを発売致します。 ステンレス製で耐久性は充分! スイベルリングには強い衝撃が加わる事が有りますがプラ製のフレームに掛かる負担を軽減する為にゴム製スペーサーを挟み込んで取付ける方式を採用しました。 右利きでも左利きでも使用出来るように取付け方向を選べるように成っています。 























取付けはプラスドライバー1本で簡単装着!
① バットプレートを外し、プラスドライバーでストックを止めているネジを外して分解、ストックリングを取り除く。
  


② 先にゴム製スペーサーを通してからスイベルリングをセットする。  左利きの場合はスイベルリングを逆向きにセットする。


③ 先にコネクターを接続してから、分解と逆の手順で組立てる。


ハイ出来上がり!  どうです?  簡単でしょう(^0^)/





パカ山クラフト http://www.pakayama.com/

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com


  


Posted by ドクターあみーご at 07:57製品紹介

2011年07月10日

好評発売中!



東京マルイ ハイキャパ5.1&4.3用
アキュコンプ チャレンジキット

ミリブロ限定特価¥15000(税別)


東京マルイのハイキャパシリーズは、実在しないオリジナルデザインです。    今まで沢山のアキュコンプを造ってきましたが「マルイ・オリジナルデザインのスライドは萎える」という意見は少なくありませんでした。    以前、一般的な上部が丸いデザインのスライドを搭載したアキュコンプDXを発売しましたが、シューターの皆さんにはHWスライドは不評でした。   「ABSスライド搭載のアキュコプDXを」との声も有りますが、残念ながら現在はABSスライドの素材が手に入りません。   ならばマルイ純正のABSスライドを使えばいいじゃん!   って事でアキュコンプ チャレンジキットを製作致しました。
M1911A1や、MEUや、ナイトホークのスライドアッセンブリーを全長約173mmにカットして使用するのです。(リアサイトやブリーチもM1911A1、MEU、ナイトホーク用を使います)     M1911A1か、MEUか、ナイトホークのスライドアッセンブリーを用意する必要がある上に全長を短くカットしなければならず、インナーバレルも長目なのでコンペセイーターの穴から見えてしまう為、気になる方はこれもカットする必要が有ります。   集光アクリルも長目の物を付属させていますので好みの寸法にカットする必要が有るという不親切なキットなので 特別価格¥15000(税別)でのご提供と致しました。    自分で加工出来る方を前提にした上級者向けのキットなので組立て説明書は付属していませんのでご了承下さい。
ちなみに、シャーシにはネジ穴が沢山有り、別売りのアキュコンプ用ローマウントベース(ブラックとシルバー有り)を無加工で好きな位置に取付けられるように成っています(^^)v
ミリブロマーケット限定です。    タニオコバ製HOPツイストバレル付きとφ6.1バレル付きの2種類が有ります。    価格はどちらも同じです。   ご注文の際にどちらか指定して下さい。  
 
ご注文はコチラ




シューティング系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com

  


Posted by ドクターあみーご at 22:11製品紹介

2011年07月08日

ワルサーP99

マルゼン・ワルサーP99用 フラッシュサイト 好評発売中!   
レッド・グリーン  各¥4380(税別)

インドア・サバイバルゲームでは近距離での撃ち合いが多くなります。  素早いサイティングに最も適しているダットサイトも至近距離ではパララックス(銃身軸と照準線の差によって生じる照準誤差)の影響で着弾に大きなズレが生じます。フラッシュサイトは純正のサイトとほぼ同じ高さですから照準誤差を小さく抑える事が出来る上に、周囲の光を集めて発光する集光アクリルを採用しているのでダットサイトのような素早いサイティングが可能です。   集光アクリルの色はレッドとグリーンの2種類が有ります。

http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=38

カスタムパーツはフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com

  


Posted by ドクターあみーご at 10:10製品紹介

2011年07月06日

アキュコンプチャレンジキット

東京マルイ ハイキャパ5.1&4.3用
アキュコンプ チャレンジキット

ミリブロ限定特価¥15000(税別)


東京マルイのハイキャパシリーズは、実在しないオリジナルデザインです。    今まで沢山のアキュコンプを造ってきましたが「マルイ・オリジナルデザインのスライドは萎える」という意見は少なくありませんでした。    以前、一般的な上部が丸いデザインのスライドを搭載したアキュコンプDXを発売しましたが、シューターの皆さんにはHWスライドは不評でした。   「ABSスライド搭載のアキュコプDXを」との声も有りますが、残念ながら現在はABSスライドの素材が手に入りません。   ならばマルイ純正のABSスライドを使えばいいじゃん!   って事でアキュコンプ チャレンジキットを製作致しました。
M1911A1や、MEUや、ナイトホークのスライドアッセンブリーを全長約173mmにカットして使用するのです。(リアサイトやブリーチもM1911A1、MEU、ナイトホーク用を使います)     M1911A1か、MEUか、ナイトホークのスライドアッセンブリーを用意する必要がある上に全長を短くカットしなければならず、インナーバレルも長目なのでコンペセイーターの穴から見えてしまう為、気になる方はこれもカットする必要が有ります。   集光アクリルも長目の物を付属させていますので好みの寸法にカットする必要が有るという不親切なキットなので 特別価格¥15000(税別)でのご提供と致しました。    自分で加工出来る方を前提にした上級者向けのキットなので組立て説明書は付属していませんのでご了承下さい。
ちなみに、シャーシにはネジ穴が沢山有り、別売りのアキュコンプ用ローマウントベース(ブラックとシルバー有り)を無加工で好きな位置に取付けられるように成っています(^^)v
ミリブロマーケット限定です。    タニオコバ製HOPツイストバレル付きとφ6.1バレル付きの2種類が有ります。    価格はどちらも同じです。   ご注文の際にどちらか指定して下さい。  
 
ご注文はコチラ




シューティング系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com

  


Posted by ドクターあみーご at 22:50新製品情報

2011年07月05日

グロック優勝!

 グロックは世界各国の軍や警察で採用され高い評価を受けていますが、スポーツシューティングの世界でも高い評価を受けています。   チームグロックはイロイロなシューティングマッチに参加して好成績を収めていますが、6月にカリフォリニアで開催されたスチールチャレンジのウエストコーストリジョナルマッチではチームグロックのリーダーであるデイブさんが優勝しました。(昨年のUSスチールチャレンジでは総合2位)   1911系が幅を利かせるピストル射撃競技の世界でもグロックは年々存在感を強めています。






私が初めてグロックを見た時の印象は「なんてカッコワルイ銃だろう。   まるで子供の落書きのようなデザインだ!」でした。    今でもカッコイイと思った事は有りません(私が一番好きなハンドガンはワルサーP38です)。    しかし、いじればいじる程、使えば使う程、好きになって行くのです。    
実銃の場合、車に轢かれようが、オーブンで焼かれようが大丈夫(昔、タークさんが実験してました)、泥の中に落としたって大丈夫!    どんな弾でもジャム無く撃てて安心感抜群です。    命中精度はそこそこですが、スチールチャレンジ程度なら無改造でも問題無いです。    カスタムパーツも徐々に増えてきて、ダットサイト+コンペセイターのオープンガンも増えてきました。
エアガンの場合はルール上、実銃の操作に準じる事に成っているので、ハンマー内蔵のシングルアクションであるにも関わらずハンマーコック状態でのスタンバイが許されています。    セフティーもトリガーセフティーだけでOK!    グリップセフティーなど元々付いていませんし、マニュアルセフティーも無しです。    なので、ホルスタードロウや、ウイークハンドへのスイッチに失敗してセフティーをOFFに出来なかったみたいなトラブルは有りません。   シューティングマッチで主流を占めている1911系に比べても有利です。
あまりカッコよろしくない外観も、アキュコンプを付けてしまえばガラッと印象が変わるので問題無しです。(グロックの無骨なデザインがカッコイイと言う方には申し訳ないですが)

そんな訳で、最近はグロックばかり撃っています。   今年のUSスチールチャレンジでもグロックを使います。   昨年、ダットサイトの故障で完走出来なかったアキュコンプDに、今度はC-MORE+改良版横置きマウントで挑みます!     グロック最高(^0^)/
































大好評発売中!
東京マルイ G17 & G26 用
軽量樹脂ブリーチ    ¥4800(税別)
  
 


ここ数年、シューティングマッチがどんどん盛り上がっていますが、シューティングマッチ用レースガンの定番チューニングメニューと言えばスライドの軽量化ですね。  発射サイクルが速くなり、反動も軽くなり、燃費も向上する!  良い事尽くめです。   スライド軽量化に最も貢献するのがブリーチの軽量化です。 
G17の純正ブリーチ(ピストン)は亜鉛ダイキャスト製で重量は49gあります。  以前はせっせと肉抜き穴をあけて軽量化に励んだものですが、それでも43g。 苦労した割には僅か6gの軽量化でしかありませんでした。  しかし、軽量樹脂ブリーチは驚きの11g!  純正の1/4以下です!!
材質は、以前、G26用アサルトフレームキットで使用した樹脂で、工業試作用に使われている寸法安定性と耐衝撃性に優れた材料です。   ゴム型成形のため大量生産は出来ず、模型用のポリウレタン製ではなく工業試作用の材料を使っているため大変コストが高いので一般流通が出来ない為、誠に申し訳ございませがイベント会場やミリブロマーケットのみの販売とさせて頂きます。  あしからずご了承下さい m(__)m  
ご注文はコチラから
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=177  

ところで、なぜ G18C ではなく G17 & G26 用 かと言うと、シューティングマッチ用に開発した商品だからです(^^)
サバイバルゲームやプリンキングなら、セミ・フル切り替え式の G18C の方が楽しいに決まってます。  しかし、マッチ会場で G18C を見る事はまず有りません。  何故ならシューティングマッチではフルオート禁止だからです(^^;)
更に、G18C はセミ・フル切り換え式であるが故に G17 よりもメカが複雑で部品点数が多く、その分、故障のリスクも大きくなります。   よっぽどのモノズキでもない限り、使わないメカの為に故障のリスクを背負い込むシューターなど居ません。   シューティングマッチにはシンプルメカの G17 が良いのです。
ちなみに、G26 用のブリーチ(ピストン)は G17 には使えませんが、G17 用は G26 に使用出来ます。   軽量樹脂ブリーチはG17対応ですので当然G26にも使えます。



発表と共に大評判の 樹脂製グロックアキュコンプD ですが、ミリブロマーケット フリーダム・アート店にて好評発売中です!     
初回少数!    早い者勝ちです(^0^)/
ご注文はコチラから
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=180


東京マルイ G17&G18用 
樹脂製グロックアキュコンプD

¥26000(税別)    色はブラックのみ
樹脂製グロックアキュコンプDはサムレストやトリガーピンも合わせて77gです。   アルミ製の通常品は149gですから約半分の重さです。   実際に手に取って頂けば、その軽さに驚かれる事でしょう。   好評発売中の軽量樹脂ブリーチと共に組込むと、ノーベルアームズのタイニードットを搭載した状態でも僅か491gです!   ダットサイトを搭載した状態で500gを切るオープンガンが、パーツのポン付けで出来上がるのです!   
どうです、軽くて良いでしょう?   JANPS用には軽過ぎますが、ジャパンスティールチャレンジにはバッチリです(^0^)/
ちなみに、樹脂製グロックアキュコンプDには20mmマウントレールは付属しません。   工業試作用の高強度樹脂製ですが、さすがに重いチューブ型ダットサイトを搭載して高速で左右に振回すのは厳しいかなと。   そんな訳で最初から20mmマウントレールを付けるのをやめたのです。   やっぱりダットサイトは軽量なタイニードットをお使い頂くのが良いと思います。   また、腕に自信が有る人はC-MOREやOKOタイプの樹脂製ダットサイトを工夫して取付けて頂くのも良いかと。







例えば、C-MORE ホリゾンタルマウント(訳アリ)を使うのもひとつの手です。   但し、取付け用のネジ部は寸法の制約上、ナットを埋め込んでいないのでネジをキツく締める事が出来ません。   マウントを接着する事をお勧めします。

C-MORE ホリゾンタルマウント(訳アリ)
グロックアキュコンプD専用(グロックアキュコンプA、B、Cには取付けられません)
ブラック・シルバー 各色 特価¥3500(税別)
C-MORE横置きマウントのエアガン用です。 仕上げが美しくないのでB級品として特価販売中です。  ところで、C-MORE横置きマウント の実銃でのテストですが実弾2500発耐久テストの結果問題が見つかりましたので、製法を見直す事に致しました。  デザイン自体は大きく変わりませんが価格は倍以上に成ると思われますので今がチャンスですよ!
ご注文はコチラから 
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=171


ついでに他のグロック用パーツもご紹介しましょう!

グロック アキュコンプD 訳アリ品
大好評のグロック アキュコンプDですが、在庫がゴールド1個のみになってしまいました(^^;) そこで、イベント会場限定品として用意しておいた「訳アリ品」をミリブロマーケット限定で放出致します。 
東京マルイさんは仕様変更をよく行います。 最近ではロットごとのバラツキも多くなってきました。 グロック17の最近のロットではグリップフレームのアクセサリレールが、ややユルいようです。 マガジンキャッチを押してもマガジンが自重で勢い良く落ちてこないような個体では、特に顕著です。 グロック アキュコンプDは当初、レール部分への取付け寸法をグロック アキュコンプAやBと同じにしていました。 ところが、製作途中で最近のロットではレールがユルいと言う事に気が付きまして急遽寸法変更致しました。 しかし、この時既に約30個分の加工を終えていました。 

グロック アキュコンプAやBでは調整用のネジが有りますので問題ありませんが、Dではこれを省略していましたので、そのままでは取付けた際にガタつく場合が有ります。 仕方が無いのでプラ板をスペーサーとして貼付けて対処するものとし、「訳アリ品」として特価販売する事に致しました。 スペーサーのプラ板は付属しています。  正規品と区別する為にサムレストはグロック アキュコンプAやBで採用している三角形のものを付属させています。
ブラック、シルバー、ゴールドの3色有ります。 正規品より10000円お得な¥19800(税別)でのご奉仕です。 数に限りがありますので、ご希望の方はお早目に!
ご注文はコチラから 
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=176


スライドラッガー
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=132
スライドラッガーはスライドの操作を素早く行う為のレバーです。 オートマチックでは、どんなにチューニングされたカスタムガンでもジャムを100%無くす事は出来ません。 そこで、素早いスライド操作を可能にするスライドラッガーが必要になるのです。 東京マルイのG17、G26、G26アドバンスに使用出来ます。 
各色¥3500(税別) 特別色は残り僅か!

ロングマガジンキャッチ
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=124
コンシールドキャリーウエポンであるG26は、引っかかり少なく、また、誤作動を防ぐ為、マガジンキャッチの操作性が良くありません。 そこでマガジンキャッチを押しやすくする為、敢えて2㎜延長しました。 丈夫な亜鉛ダイキャスト製ですから耐久性も向上しています。 もちろんG26アドバンスやG17にも使用出来ます。
ブラック¥2500(税別) シルバー¥2900(税別) ゴールド¥3500(税別)

マグバンパー
http://freedomart.militarymarket.jp/products/detail.php?product_id=125
マガジンを落下の衝撃から守ります。 ブラックやODはグロック17カスタムにぴったりです(^^) また、レッドやブルーでトレーニング気分を盛り上げるのも良いかも。 G17、G26、G26アドバンス用です。
各色¥1200(税別)



グロック アキュコンプについてはコチラ http://freedomart.militaryblog.jp/e187315.html

カスタムパーツならフリーアム・アート http://www.gun-freedom-art.com

   


Posted by ドクターあみーご at 20:07製品紹介

2011年07月04日

絶賛発売中1

絶賛発売中!


パカ山クラフトのφノズルは、ノズルの口に橋を渡してBB弾を平面で押す事によって純正ノズルと同寸ながら0.6mm延長したのと同じ効果を得られます。 また、従来のノズルは筒状になっていますからBB弾はノズルの中心に保持されます。 しかしノズルにはガタがありますから必ずしもインナーバレルの中心にBB弾が保持される訳では有りません。 ノズルのガタが命中精度に悪影響を与えてしまうのです。 φノズルの場合はBB弾を平面で押しますからノズルのガタの影響をBB弾に伝える事が有りません。 もちろんノズルの内側にはオーリングがセットされており気密性も向上しています。 しかも純正ノズルと全長は同じですから既存のロングノズルにありがちなタペットプレートの微妙なストローク調整が必要有りません。これは凄いアイディアです。(実用新案登録済み)

東京マルイAK47用 
(AK47、AK47S、βスペツナズに使えます。) 
φノズルAK

¥2400(税別)



今回の入荷も少量です。
早い者勝ちです!  品切れの際はご容赦ください m(__)m

 



東京マルイ AK47HC & βスペツナズ用
サイドマウントレール 
 ¥2980(税別)

大人気のM4シリーズと双璧を成すのはAKシリーズですね。   世界で最も沢山作られたアサルトライフルです。   最近ではレイルシステムを装備して、フラッシュライトやレーザーサイト、更には暗視スコープまで装着し、M4に負けないくらいの近代化が図られています。
電動ガンのAKはと言えば、次世代シリーズのようなリアル志向と、AK47HCのようなサバイバルゲーム専用機の二系統に分化した感じですね。  海外製電動ガンもリアル志向の方に含まれますが、リアル志向の製品には数え切れない程のアクセサリーパーツが有ります。
しかし、一方でサバイバルゲーム専用機のAK47HCやβスペツナズ用のアクセサリーパーツって少ないですよね?    って事で、造ってしまいました!
丈夫なアルミ削り出しです(^^)    取付ける為にはロアハンドガードに穴あけ加工が必要ですが、穴位置のガイド用のシールが付属していますので、加工はそれほど難しく有りません。 (自分で出来ない人は専門店にご相談下さい)  
初回少数!  好評発売中(^0^)/


φノズルについて詳しくは http://www.pakayama.com/
φノズルの取り扱いはフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com/



好評発売中のフラッシュサイトに
新色イエローが登場!


フラッシュサイトは自然光を集めて発光する集光アクリルを採用し、ダットサイトに匹敵する素早いサイティングを可能にします。 真っ暗闇では発光しませんが夕方や室内などの薄明かりの下では最もその威力を発揮します。 別売りの集光アクリルセットを使ってフロントとリアの色を変えれば更に狙い易くなります。



東京マルイ G17/G26用 
フラッシュサイト
イエロー・レッド・グリーン 各色 ¥4380(税別)

KSC グロックシリーズ用 (マルシンG21にも使えます)
フラッシュサイト
イエロー・レッド・グリーン 各色 ¥4380(税別)




周囲の光を集めて光る集光アクリルを採用したフラッシュサイトシリーズは、ダットサイトのような素早いサイティングを可能にしますが、ダットサイトのようにかさばらず電池も要りません。     フラッシュFサイトは、もっとも重要なフロントサイトのみに集光アクリルをセットする事でお手軽な価格を実現しました! 

東京マルイ MEU、ナイトウォーリア用
フラッシュFサイト

イエロー・レッド・グリーン 各色 ¥2200(税別)






東京マルイ G17/G26用
フラッシュFサイト

イエロー・レッド・グリーン 各色 ¥2200(税別)

KSC グロックシリーズ用 
(マルシンG21にも使えます)
フラッシュFサイト

イエロー・レッド・グリーン 各色 ¥2200(税別)




好評発売中!



東京マルイ PX4用
フラッシュFサイト

レッド・グリーン・イエロー 各¥2500(税別)
フラッシュFサイトは、周囲の光を集めて光る集光アクリル採用で、素早いサイティングを可能にします(^^)   カラーはレッド、グリーンに新色のイエローを加え3色となりました。  イエローはグリーン以上に明るく光ります(^^)   しかも、今回は贅沢にアルミ削り出しです。  びしっとエッジの効いた仕上がりをお楽しみ下さい!



好評発売中!
飛距離アップ! 精度アップ!


東京マルイ ストライクウォーリア用
アキュバレルセット    ¥3500(税別)

東京マルイのウォーリアシリーズ第4弾であるストライクウォーリアはデトニクスのスライドを採用することで、クイックレスポンスとリコイルの低減、そして燃費の向上を実現しています。 しかし、残念ながらインナーバレルがデトニクスのままで大変短く、飛距離も命中精度も少しばかり物足りなさを感じます。 
そこで、コンペセイター先端までインナーバレルを延長し、更にコンペセイターでインナーバレルの先端を支えて固定し、命中精度を高めるアキュバレルセットを発売することに致しました。 
あくまで簡易的なものではありますが、当社アキュコンプシステムに近い効果を低価格で得られます。 是非お試しください。



カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com






  


Posted by ドクターあみーご at 09:07製品紹介

2011年07月03日

KSC新製品発表!


来たる 7月16日、17日 の2日間、エアースポーツガンによる国内最大の精密射撃大会 APSカップ東京本大会 が開催されます。 
同時開催で JASGトイガンフェスタ も開催されます。 マルゼンKSCフロンティア蔵前工房舎が出店して、特価商品やイベント限定商品の販売を行います。   KSCは会場で新製品の発表も行なうそうです。    当社もフロンティアブースに間借りして出店致します。
APSカップ東京本大会とは別フロアーでの開催なので、APS関連商品以外にも、各社メーカーのエアガンやアクセサリーパーツなども販売されます。   


 当社もグロックやハイキャパのアキュコンプなど、会場限定商品やB級特価商品などイロイロ持って行きますので宜しくお願い致します m(__)m

ところで、先日、やっと時間が出来たので群馬フォアフロントのシューティングレンジで開催している APSカップ練習会&プレート練習会 のエントリーフィーの一部と、フロンティア公式練習会の会場で行なったチャリティーセール(APS3用アウターバレルの超特価販売)の売り上げを、東日本大震災の義援金として宮城県災害対策本部へ寄附致しました。
毎日TVで放送されていますが、被災地はまだまだヒドイ状況のようです。   当分の間、出来る事を出来る範囲ではありますが支援活動を続けて行きたいと思います。




黒須成美選手来たる!
エアガンはBB弾を発射する鉄砲の玩具です。   玩具とは言え弾が出るのですから取り扱いに充分な注意が必要です。   付属の取り扱い説明書には安全な取り扱い方が解り易く書かれていますが、それだけで充分でしょうか?   エアガンにはコレクションという楽しみ方も有りますが、やっぱり撃ってナンボでしょう。    エアガンを取り扱う上での安全指導や、撃って楽しむ『場』の提供が欠かせません。    現状では専門店やサバイバルゲームフィールドやシューティングレンジが、その役割を担っていますが、業界主導で安全指導や、撃って楽しむ『場』の提供を行なっているのはNPO法人 日本エアースポーツガン協会が主催するAPSカップだけです。  
1993年にマルゼン主催でスタートしたAPSカップは、後に日本エアースポーツガン協会(JASG)主催となり、APSカップの運営・普及・啓蒙に留まらず、オリンピック競技である近代五種競技の普及・啓蒙並びに将来のオリンピック選手の発掘・育成を目指す近代三種競技(ビアスレ&シューティング)に協力してきました。   近代五種競技は水泳・ランニング・射撃・フェンシング・乗馬の5種目をひとりでこなす複合競技ですが、日本では射撃で使用するエアピストルの所持が難しく(未成年者の場合は絶望的)代わりにAPSカップで使用されているAPS3などの精密射撃銃が、公式認定競技銃に指定され使用されています。    こうしてJASGの活動によりエアガンが単なる銃の玩具からスポーツ用品に格上げされたのでした。
いつも思う事なのですが、APS事業は儲かってしょうがないというモノでは有りません。   昨今の不景気にあっては、むしろ重荷になっているのではないかと。    それでもAPSカップを続け、近代三種への協力を続けているJASGには感謝感謝です。
メーカーが、自分で造って売ったものの面倒を見るのは当たり前と思う人も居るかもしれませんが、この当たり前の事をしているメーカーが一体何社有るでしょうか?    当たり前の事を当たり前に行なうのは大変な事なのです。 

さて、その近代三種(ビアスレ&シューティング)で見出され、近代五種で活躍中の黒須成美選手が、先に行われたアジア選手権大会で女子では日本人初となるオリンピック出場権を獲得しました。    遂にエアガンシューターからオリンピック選手が生まれたのです。
APSカップ東京本大会には参加こそ無いものの、会場には来るみたいですので、皆で応援しましょう(^0^)/


APS系パーツならフリーダム・アート http://freedomart.militaryblog.jp/e235289.html  


Posted by ドクターあみーご at 19:46APSカップ