2012年05月30日

JANPS予備校3

JANPS は、「バルン!」と90度回転して、一定時間だけ正面を向き、時間が過ぎるとまた回転して横向きに成ってしまい、ターゲットが正面を向いている間しか撃てないターンターゲットを使用したプラクティコウイベントや、同じターゲットを使い、なおかつバリケードを使って銃を固定しながら撃つバリケードイベントや、直径8cmのプレート6枚を距離や時間や射撃姿勢を変えて撃つフォーリングプレイトイベントそして、3mの距離を4秒弱で駆け抜ける移動ターゲットを撃つムーヴィンターゲットイベントの4種目で構成されています。
変化に富んだ競技内容で、攻略の為には様々なテクニックを必要とします。 使用するターゲットも特殊で敷居の高い競技では有ります。 

しかし、JANPSでは、初心者がステップアップして行く為のシステムの整備に積極的に取組んでいます。 今回のJANPS予備校もその一つです。 特筆すべきは、JANPS掲示板の JANPS予備校(コース攻略法Q&A) に、特殊な機材が無くても個人で練習する為の方法が示されており、講習会の効果を最大限に高める為に予習が出来るよう工夫がされている点です。 実際、事前に予習をして講習会に臨んでいる参加者も少なくありませんでした。

誰でも最初は初心者です。 初心者がいきなりベテランのように撃てるはずはありません。 ベテランの練習方法と初心者の練習方法は違います。 基本が出来ていない人が上級テクニックを学んでも使いこなす事は出来ません。 上級テクニックはカッコ良く見えるので、ついついやってみたくなっちゃうんですけどね(^^;) 
JANPS講習会では、初心者が習得すべきテクニックの順番をきちんと教えてくれます。 また、講習会で学んだテクニックを自宅へ持ち帰って練習する為のサポートも、JANPS掲示板の JANPS予備校(コース攻略法Q&A) で行っているのです。

という事で、今回は、バリケイドについて教わった事をお伝えします。 

バリケイド は
プラクティコウと同じ90度回転するターゲットを使います。 2つのターゲットの間隔は10cm広く、高さが10cm程高くなっています。
両手の掌をバリケイドにつけてスタンバイ。 ターゲットが回転動作を始めたら競技開始。
4m,5m,7m,8mから撃つのですが、目の前に有るバリケイドの左右から1回ずつ撃ちます。 

4m 4秒6発(左右1回ずつ)
5m 5秒6発(左右1回ずつ)
7m 7秒6発(左右1回ずつ)
8m 8秒6発(左右1回ずつ)

スタンス
立つ位置は、イレクターパイプで囲まれた内側で、無理に手を伸ばさなくてもバリケードを掴める場所です。 バリケイドでは、銃を握っている手をバリケイドに押し付けて固定する事が許されています(オープンカテゴリーでは銃自体を押し付けても良い)ので、バリケードから遠すぎるとバリケイドを利用する事が出来ず、近すぎるとホリスターから銃を抜く時、バリケイドにぶつかってしまいます。
ちなみに、パイプを足で踏むのはOKですが踏み越えてはいけません。
スタンスのとりかたですが、普通に立ったのではバリケイドが邪魔をしてターゲットが見えません。 バリケードの横から普通にターゲットを見ようとすると身体が傾きますが、これは良くありません。 身体が傾くと銃も傾きます。 体軸はあくまで垂直に保つべきなのです。 体軸を傾けずにバリケードの横からターゲットを見る為には、キツイ体勢をとらなくては成りませんが、その体勢で安定を保てるように練習しましょう。 
ちなみに、体勢がキツイからといって、バリケードに体重を預けるようなスタンスも良くありません。 身体を支えるのはあくまで両足であってバリケイドではありません。





スタンバイ姿勢
「両手」ではなく、「両手の掌」をバリケードに当てます。 当てる場所はどこでも良いのですが、ホルスターから銃を抜く時に無駄の無い動作で抜けるような位置を探しましょう。 ちなみに、バリケイド押したり、バリケイドで体重を支えるような姿勢はやめましょう。






射撃姿勢
利き手(ストロングハンド)側から撃つ場合、は利き手とは逆の手(ウイークハンド)をバリケイドにあてて銃を安定させます。 ウイークハンド側で撃つ場合はその逆です。 ストロングハンド側から撃つ場合と、ウイークハンド側から撃つ場合とで、「銃を撃つ手」を変えたり、「狙う目」を変えたりする選手も居ますが、最初のうちは効き目で狙い、利き手で撃つようにしましょう。 
「狙う目」や、「撃つ手」を左右で切り替えると、バリケードから身体を出す量を減らせるので、より安定した姿勢で撃つ事ができるのですが、簡単ではありません。 
但し、人によっては切り替えが簡単に出来る場合がありますので、そのような場合は切り替えを行った方が良いと思います。
















カップガン(ビアンキカップ専用のカスタムガン)には「シュラウド」と呼ばれる、スライドの大半を覆ってしまう大型のマウントベースが装備されています。 
「シュラウド」は銃を直接バリケイドに当てて握り込み、しっかり固定する為のアイテムです。
シュラウドを装備した銃の場合については、後日改めてご説明致します。
















カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com






同じカテゴリー(JANPS)の記事画像
JANPS練習会
JANPS練習会
残り2個!
JANPS練習会inフォレッジグリーン
ターゲットワンでもJANPS練習会その2
ターゲットワンでもJANPS練習会
同じカテゴリー(JANPS)の記事
 JANPS練習会 (2017-04-18 21:03)
 JANPS練習会 (2017-03-21 21:37)
 残り2個! (2017-03-13 21:01)
 JANPS練習会inフォレッジグリーン (2017-02-20 21:02)
 ターゲットワンでもJANPS練習会その2 (2017-02-02 21:02)
 ターゲットワンでもJANPS練習会 (2017-01-31 21:08)

Posted by ドクターあみーご at 20:07 │JANPS