2009年11月05日

スチールガン6

ジャパン・スティール・チャレンジの会場で見掛けたカスタムガンの数々をご紹介している「スチールガン」のコーナーも6回目となりました。 今回は、WAのハイキャパシリーズをベースにしたカスタムガンをご紹介します(^^)/
以前は圧倒的なシェアを占めていたWAのハイキャパシリーズですが、度重なるメカニズム変更(シューターには都合が悪いと言うだけで一般的には改良ですので念の為)と、それに伴って旧モデルのパーツの入手が困難になった為に使用者は減り続けています。 しかし、それでも外部ソース禁止のルールではWAのメカが有利な為、根強い人気があります。


これは 棟梁 さんのWA SVです。 パッキーカットと呼ばれるスライドの分割構造が特徴で、コンペセイターの造形も丁寧な、実に美しいカスタムガンです。 カラーリングもイカしていますね。 おっと、ダットサイトはOKOサイトではありませんか! 渋いですね〜(^^)


これは シミズ タクヤ さんのWA プロキラーMkIIです。 シュラウドを装備していますがカップガンと言う訳ではなく、シューティングとサバイバルゲームの両方に使う為の銃だそうです。 なるほどまずルフェイスには戦闘的なギザギザが・・・


コチラは シミズ タクヤ さんのスペアガンです。 去年のジャパン・スティール・チャレンジで使用した銃です。 質実剛健、道具としての割り切り方が、逆に潔いと言いましょうか・・・
ハッキリ言って美しくはないですが、マック堺さんの銃と同様な説得力を放っていますね。


こちらは シミズ ユキコ さんのWA ハイキャパです。 派手さは有りませんが、必要な事は全てやってあるって感じです。 特に右側面からカーボンプレートを延ばしてコンペセイター支えてインナーバレルを固定する方法は、シンプルながら効果の高い方法ですね。 素晴らしいです(^^)

つづく

シューティング系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com






同じカテゴリー(ジャパン・スティール・チャレンジ)の記事画像
スチールチャレンジは終わらない
JSC2018 その4
JSC2018 その3
JSC2018 その2
JSC2018 その1
JSC2018速報
同じカテゴリー(ジャパン・スティール・チャレンジ)の記事
 スチールチャレンジは終わらない (2018-09-09 20:02)
 JSC2018 その4 (2018-09-05 20:29)
 JSC2018 その3 (2018-09-03 23:32)
 JSC2018 その2 (2018-09-01 20:01)
 JSC2018 その1 (2018-08-30 20:02)
 JSC2018速報 (2018-08-27 12:02)