2009年11月04日

スチールガン5

ジャパン・スティール・チャレンジの会場で見掛けたカスタムガンの数々をご紹介している「スチールガン」のコーナーの5回目です。 
今回も東京マルイ ハイキャパシリーズをベースにしたカスタムガンをご紹介します(^^)/



こちらは Luf さんのハイキャパです。 当社のアキュコンプシステムをベースに、純正スライドを素材に自作したABSコンペセイターと自作マウントベースを装備しています。 インナーバレルは6inサイズのタニオ・コバ・ツイストバレルを使用しているとの事です。 特筆すべきは、極限まで低くマウントされたC-MORE用自作マウントベースです。 アルマイトカラーも美しくデザインも素晴らしい。 このまま販売しても良いのでは?と思うくらいの完成度です。



こちらは2004年のUSスティールチャレンジで優勝した マック堺 さんのハイキャパです。 なんとも薄汚い銃(失礼)ですが、堺さんの場合は毎日数千発の練習を欠かさない為、銃そのものが消耗品です。 奇麗に仕上げても長持ちしないのでコレで良いのでしょう。 しかし、よく見ると実に機能的なカスタムガンです。 或る意味、機能美と言っても良いかも!?


こちらはコンバットマガジンやSATマガジンで活躍中の 長谷川朋之 さんのハイキャパです。 シュラウドとスティックシフトを装備したバリバリのカップガンです。 USビアンキカップの練習用なので、敢えてHWスライドを装備してリコイルを強くしています。 トリガープルも敢えて軽くしていません。 とはいえ、アキュコンプシステム同様インナーバレルはフロントで固定しておりチャンバーパッキンはAPS用を使用してエアガンとしての命中精度は高めています。 シャーシやトリガーサムガードは当社のパーツを使って頂いてます(^^)

つづく

ハイキャパ用パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com





同じカテゴリー(ジャパン・スティール・チャレンジ)の記事画像
スチールチャレンジは終わらない
JSC2018 その4
JSC2018 その3
JSC2018 その2
JSC2018 その1
JSC2018速報
同じカテゴリー(ジャパン・スティール・チャレンジ)の記事
 スチールチャレンジは終わらない (2018-09-09 20:02)
 JSC2018 その4 (2018-09-05 20:29)
 JSC2018 その3 (2018-09-03 23:32)
 JSC2018 その2 (2018-09-01 20:01)
 JSC2018 その1 (2018-08-30 20:02)
 JSC2018速報 (2018-08-27 12:02)