2018年04月24日

スチールチャレンジ!

先日、八王子のシューティングレンジEasy SHOOOOOTING!さんでアンリミティッドのコソ練をいたしました。 もうすぐプレマッチだというのに満足に練習できていなかったもので(^^; 
スチールチャレンジ!
↑その際に、新しくオープンしたJSC練習レンジを見学させて頂きました。 ブログで拝見して広そうだなとは思っていましたが想像以上でした! JSCの4ステージが設置されていましたが、全然余裕! なんと、アンリミティッドの本戦会場より広いんですよね〜 アンリミティッドが終わったらJSCの練習会に参加したいと思います(^^)
スチールチャレンジ!
スチールチャレンジ!
スチールチャレンジ!
 さて、コソ練の方はフリースペースで行いました。 平日の夜なので、WebShop G.W.A.のアラキさんとアームズマガジンのブースカ師匠と3人で貸し切り状態です。 2時間程じっくり撃ち込みました。 仕事終わりにふらりと練習に行ける環境って素晴らしいですね(^^)
 我が家からは遠いのでしょっちゅうは行けないですけど。。。

ちなみに、ブースカ師匠は東京マルイのG17にアサルトフレームHCアングルと次世代アキュコンプ、樹脂ブリーチを装備、スライドにはノーベルアームズのSURE HIT MRSを載せてアンリミティッドに挑みます! 
ご愛用ありがとうございます(^^)
  
 
 


ところで、5枚の鉄板ターゲットをいかに速く撃ち終えるかを競うスチールチャレンジ系シューティングマッチはシンプルで奥が深く、国内で最も人気があります。
スチールチャレンジ!
スチールチャレンジ系のシューティングマッチはいろいろありますが、最も長い歴史を誇り「拳銃早撃ち日本一決定戦」と位置付けられているのが
ジャパンスティールチャレンジ(JSC)です。 JSCは、1981年にアメリカで始まったWorld Speed Shooting Championship (Steel Challenge)を模して1985年に始まりました(詳しくはコチラ)。 JSCのステージはSteel Challengeのものを日本のエアガンの性能に合わせてスケールダウンしており、ルールや風土的なものも含めてSteel Challengeを出来るだけ再現しようとしています。 おかげでJSCで修練を積んだ日本人選手が現在もSteel Challengeで活躍しています。(2004年にはマック堺さんがSteel Challengeで優勝しました) 
今年は2018年8月26日(日)に開催されます。 日本一を目指す方々は、もう、かなり練習に熱が入ってますね(^^)

スチールチャレンジ!
次に長い歴史を持つのが鉄板早撃!九州スチールです。 今年は2018年10月7日(日)に開催されます。 JSCと殆ど同じ内容ですが、ステージレイアウトが少し違っていたりライフルクラスがあったりシュートオフがあったりと独自性も併せ持っています。

スチールチャレンジ!スチールチャレンジ!
ちなみに、JSCと同じルールで、北海道スチールチャレンジ
四国スチールチャレンジもあります。
 
 
スチールチャレンジ!スチールチャレンジ!
 他にもJSCの練習会をリンクしてポルタルマッチ形式で運営されているローガン スピード チャレンジ(RSC)や、国内で開催されているスティール系の競技コースを全て取り入れ、それぞれの本大会開催時期に合わせ各地にて記録会を行い、それらを集計して総合順位を決定しするSteel Shooters Network (SSN記録会)もあります。 SSN記録会の告知や結果発表はJANPS掲示板等で行われます。
注)ポスタルマッチとは複数会場で同じマッチを開催し、各会場の成績を合算して全国ランキングを出すという形式のシューティングマッチです。

スチールチャレンジ!

国内最大規模のスチールチャレンンジ系シューティングマッチといえば、日本トイガン射撃協会(JTSA)主催の
リミティッド
アンリミティッドです。 JSCが「拳銃早撃ち日本一決定戦」に対して、リミティッドやアンリミティッドは「エアガンシューティングの祭典」です。 JSCと違って、ステージデザインは最初からエアガン用に作られたオリジナルで、JSCよりもサイズが小さく幅4m奥行き5mの範囲に収まるようになっています。 シューティングBOXの分も含めて最低幅5m奥行き6mのスペースがあれば練習できますから、練習場所の確保が比較的容易です。 多様な部門があり色々な銃や射撃スタイルで参加できるので、シューティングマッチ専用の銃や装備を持っていなくても参加できます。 また、好成績を叩き出すトップシューターは尊敬を集めるのは当然ですが、敢えて競技には不向きな銃を使い拘りのシューティングスタイルでカッコ良くキメる選手にも喝采を送る文化があります(^^)
間口が広く、年に一回の本戦のほか、全国6会場(2018年4月現在)で公式記録会やプレマッチが開催されています。  
今年は2018年4月に各地でアンリミティッドプレマッチが、2018年5月26日(土)・27日(日)にアンリミティッド本戦が開催されます。
スチールチャレンジ!
フォレッジグリーンときがわで開催されるアンリミティッド・プレマッチに出店します! レースガンを中心に限定品や特価品を持っていきます! レースガンを手にとってご覧になりたい方は是非お越しください(^O^)/

スチールチャレンジ!
シューティングマッチに興味はあるけど「どうも敷居が高くって。。。(^^;」とか、「興味本位で」とか「ちょっと遊びでやってみたいだけなんだけど」という方には、こんなシューティングマッチもあります。
Practice Postal Steel(PPS)
初心者はルール・マナーを知らないのがあたりまえ。 やりながら少しづつ覚えて行きましょう!というスタンスで、気軽に参加できます。
PPSは練習マッチです(Practice=練習)。 仮にルール違反をやらかしてしまっても、直ちに失格には成りません。 ルール、マナーが身につくまで何度でも優しく指導します。 また、PPSの5つのスタンダードステージには、それぞれテーマがあって、繰り返し練習することでスチールチャレンジ系マッチで必要とされるシューティングテクニックが自然と身に付く様になっています(^^)


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com





同じカテゴリー(ジャパン・スティール・チャレンジ)の記事画像
スチールチャレンジは終わらない
JSC2018 その4
JSC2018 その3
JSC2018 その2
JSC2018 その1
JSC2018速報
同じカテゴリー(ジャパン・スティール・チャレンジ)の記事
 スチールチャレンジは終わらない (2018-09-09 20:02)
 JSC2018 その4 (2018-09-05 20:29)
 JSC2018 その3 (2018-09-03 23:32)
 JSC2018 その2 (2018-09-01 20:01)
 JSC2018 その1 (2018-08-30 20:02)
 JSC2018速報 (2018-08-27 12:02)