2009年04月14日

驚愕のR!2

さてさて、驚きの Hi-CAPA5.1R ですが、外観的特徴を見てみましょう。

まず最初に目につくのはシルバーのスライド。 注文した時点ではイラストしかありませんでしたので、「もしかして、メッキだったら良いな〜 でも無理かな〜」なんて淡い期待を抱いていましたが、なわきゃないだろう! ってことでシルバー塗装仕上げでした。 まあしょうがないですね(^^;) 次に目に付くのはトリガーです。 なにしろ中学生を対象にしていますから、ショートトリガーに成っています。 しかも、これでもまだ指が届かないという子の為に簡単な加工で更にショートサイズに出来るように成っています。 独特なデザインですが、実際に撃ってみると結構良好なトリガーフィーリングです。 そして3番目はガンブルー仕上げのグリップスクリューです。 カラフルなグリップスクリューは当社の得意技ですが、遂に東京マルイも!って感じです。 ちなみに、塗装仕上げでした
(^^;)


メインスプリングハウジングも、なにげに仕様変更されています。 チェッカーをやめて少しだけスリムになっています。 これによって若干グリップが細くなり手の小さい人には握り易く成ります。 


そして、ボーマーサイトは樹脂製です。 しかもフルアジャスタブルです。  私にとっては、この部分が5.1Rの最大の魅力です 0(^0^)0  シューティングマッチ用にカスタムする場合、スライドアッセンブリーの軽量化は今や定番! 少しでもリコイルを減らし作動スピードも速くしたい訳です。 ほんのちょっとの事ですが「勝つ為」には重要な事です。 以前は一部シューターさん達だけのハードコアなアイテムだった樹脂ブリーチがライラクスから発売されるくらい、その重要性は広く認知されはじめています。 スライドに付いている部品でブリーチの次に重たいのがボーマーサイトですから、ココが樹脂になっているのはシューターにとっては大変有り難い訳です。 ちなみにフロントサイトも樹脂製でした。

スプリングのテンションは全体的に弱目にセティングされていて、その結果、トリガーが軽く、スライドの作動も軽快です。 どれくらい新規のパーツが使われているだろう?と思いパーツリストを見いてみると、マガジン以外の全てのパーツの品番が「51R」で始まっています。 まさか全部が新規という事は無いでしょうから、実際にバラシて調べてみるしか無いですね(^^;)

つづく







同じカテゴリー(新製品情報)の記事画像
特約店向け新製品
本日メーカー出荷!
鋭意製作中!
9ミリ拳銃の戦闘力向上!
新オフセットジョイント
新製品!
同じカテゴリー(新製品情報)の記事
 特約店向け新製品 (2018-10-12 20:02)
 本日メーカー出荷! (2018-09-25 09:00)
 鋭意製作中! (2018-09-21 20:01)
 9ミリ拳銃の戦闘力向上! (2018-09-19 19:59)
 新オフセットジョイント (2018-09-18 16:40)
 新製品! (2018-07-24 20:02)

Posted by ドクターあみーご at 15:02 │新製品情報