2014年01月29日

グロックがお勧め




 私は最近グロックばかり撃っています。 しかし「そんなにグロックが好きなのか?」と問われれば答えはNOです。 むしろグロックは嫌いな部類です。 グロックのデザインは、なんだか子供の落書きみたいで好きに成れません(グロックファンの皆さんごめんなさい)。 私が一番好きなのは ワルサーP38 です。 私はワルサーP38の造形美に痺れて鉄砲の世界に足を踏み入れました。 しかし、シューティングマッチやサバイバルゲームでワルサーP38を使おうとは思いませんし、実銃で拳銃を1丁だけ持てるとしたらグロックを選びます。 形は好きではありませんが、グロックは道具としては最高です。 なので、私のグロックは殆ど原型をとどめていません(^^;
 

 
 さて、グロックの何が良いかと言えば、シンプルな構造と人間工学的に優れた設計です。 セフティーはトリガーに付いているだけですから、何も考えずにホルスターから抜いてトリガーを引くだけで撃てます。 このトリガーセフティーのせいでトリガーフィーリングは独特で、M1911系のレースガンに慣れている人には扱いにくいかも知れません。 もちろんM1911系の方がトリガーフィーリングは数段優れているのですが、その分を差し引いてもM1911に勝るメリットがグロックには有るのです。

 エアガンのグロックは実銃とは違い、ハンマー内蔵式のシングルアクションです。 M1911系であればコック&ロックで撃たなくては成りませんが、グロックの場合はトリガーセフティーだけでOKです。 ホルスターから銃を抜いてから撃つまでの間にセフティーを解除するという動作が要りません。 グリップセフティーも有りませんから、バドグリップ(グリップを握り損なう事)してもグリップセフティーを解除しきれなくて撃てないなんて事は起きません。 



 グロックはM1911と比べても部品点数が少なく、フレーム側の内部チューニングについて言えば、トリガーストロークの短縮以外チューニングの必要がありません。 どんな銃でも沢山撃てば部品が消耗します。 ハイキャパを使って居た頃はシアーやハンマーのチューニングが必要でしたから、部品が消耗する度にチューニングをしなくては成りませんでした。 しかし、グロックの場合はトリガーストロークを短縮する為に純正トリガーを加工するか社外の金属製アジャスタブルトリガーを組込みますが、トリガー自体が消耗する事はまずありません。 ハンマーやシアー等、消耗する部品は純正無加工なので、単純に交換するだけでOKです。 1度トリガーストロークの短縮をしてしまえばフレーム側のメンテナンスが容易なのです。 スライド側についても樹脂ブリーチはポン組みでOKですし、インナーバレルは純正品をピカールで磨いてチャンバーパッキンをファイアフライの「なまこ」に替えれば充分です。 


 私は、当然ながらアキュコンプを組み込んで使用していますが、ハイキャパの場合はアキュコンプの組込に調整や加工が必要です。 アキュコンプを発売した当初は無加工でポン組み出来ていたのですが(ポン組み出来るように設計しましたので)、東京マルイのハイキャパは発売以来、数々のマイナーチェンジを経て現在に至っており、その度に調整や加工が必要な箇所が増えてゆきました(><)
 しかし、グロックの場合、少なくとも今のところアキュコンプはポン組みできます。

 グロックは、レースガンを作る上でも使う上でも楽なんですね〜(^^) 
 

 
 

東京マルイ G17&G18C用
グロック アキュコンプD 
  
各色¥29800(税別)











 グロック アキュコンプDは、命中精度重視のφ6.1バレルにジュラコン製スリーブを差込み、アルミ削出しのマウントベース一体型コンペセイターで保持する事によってインナーバレルを固定します! ネバダ州のマスターガンスミス、ジーン・シューイ氏とのコラボで完成させたシャープなデザインは、見た目の軽快感だけでなくアキュコンプAやBよりも軽く、スピードを要求されるスチールチャレンジ系のマッチには特にお勧めです! しかも、フレーム下側に廻り込まないデザインなので、CRスピードやゴーストなどのマッチ用ホルスターが使用出来ます。
 色は、ブラック、シルバー、ゴールド、レッド、スカイブルー、ガンブルー、ピンク、グリーン、パープルの全9色をラインナップ! 残り少なく成って来ましたので早い者勝ちです! 


銃をしっかりホールドする為にサムレストも標準装備しています。  左右どちら側にも取り付けられますから右利きでも左利きでもOKです! 


更に、究極のローマウントを実現!  
ノーベルアームズ の TINY-DOT をマウントベースを使わずに直付け出来るようにデザインしました。  TINY-DOTを使えば見た目もスッキリまとまりますし、究極のローマウントを実現出来ます(^^)v


ちなみに、20mmマウントレールも付属していますので、各種ダットサイトにも対応しています。 

アキュコンプD開発秘話はコチラ
アキュコンプ物語
その1その2その3その4その5その6その7その8その9その10

 

東京マルイ G17&G18C用
アキュコンプシステムA

¥24000(税別) 
 シューティングマッチ用のカスタムにもイロイロな方向性があります。 スピード重視なら軽量に仕上げるのが良いですが、精度重視なら安定感を出す為に或る程度の重量が必要です。 アキュコンプシステムAはシリーズで一番重いので、JANPSやPMSといった精度重視の競技には最適です、 C-MOREを直付け出来るのも人気の秘密です。 メーカー在庫はレッドとゴールドが1個づつだけです。 お早目に(^0^)/


東京マルイ G17&G18C用
アキュコンプシステムB

各色 ¥24000(税別)
 アキュコンプAに次いで重いのがアキュコンプシステムBです。 程々の重量なので、スチールチャレンジなどのスピード系マッチに使用する人も多いですね(^^) これもC-MOREを直付け出来ます!




東京マルイ G17&G26用
スライドラッガー

各色¥3500(税別)
スライドラッガーはスライドの操作を素早く行う為のレバーです。 オートマチックでは、どんなにチューニングされたカスタムガンでもジャムを100%無くす事は出来ません。 そこで、素早いスライド操作を可能にするスライドラッガーが必要になるのです。 残り僅かお早めに!


左右兼用なので好みの方向に合わせて使用できます。

 
 


各社G17、G18C、G34用
グロックDXマウントA
 各色¥12000(税別)

USスチールチャレンジで使用したグロックアキュコンプDのデザインを踏襲し、無加で工取り付けられてCRスピードやゴーストなどのレースホルスターに対応します。 アメリカでの実射テストに続き、フィリピンでも実射テストを行いましたが、実銃での使用にも充分耐えられました(^^) 



サムレストは幅を広げ、取り付け角度を2種類、サムレストを裏返しに取り付ける事も出来ますので合計4種類の取り付け方を選べます。
色はブラックとシルバー、右利き用と左利き用が有ります。 








 専門誌で採り上げられ話題沸騰の小型ダットサイト、東京スコープのXT-6ですが、C-MORE ブランドでは RTS2 という名で発売された模様です。 C-MOREと言えば、IPSCやスチールチャレンジで最もポピュラーなダットサイトですが、いずれ RTS2 が新しいスタンダードに成るのでしょう(^^)
 さて、XT-6 を搭載できるグロックアキュコンプ F は好評発売中ですが、これは当社特約店でしか買えません。 そこで、一般流通に載せるレギュラーな商品として、XT-6 対応のグロックDXマウントB を発売する事に致しました(^^)/
 

各社グロック用 (G17,G18C,G34,G35)
グロックDXマウントB

¥12000(税別)
ブラック(左利き用も有り。左利き用にはシルバーも有ります。)
 アルミ押出材からの削り出しで頑丈です! 付属のサムレストは4パターンの取付方ができます。 お好みのポジションを探してください。 取り付けは簡単! トリガーピンを外し、DXマウントをフレームのレールに滑り込ませて付属のスクリューで固定するだけ! 簡単に極限のローマウントを実現できます!


 東京スコープ XT-6 のベース部分を外し、グロックDXマウントBに付属のボタンネジ2本で固定します。
(C-MORE RTS2でも同じ)
 
 ノーベルアームズの TM-DOT を取付る場合もベース部分を外して取り付けます。

 
 

 
 
 
 ちなみに、ゴースト、CRスピード、JRホルスターなどのレースホルスターに対応します(^^)v
注)サファリランドの#0014には対応しないみたいです。

  この商品は、一般流通に載せる通常商品ですので、全国有名専門店さまでお買い求めください!
 
極少量生産ですので品切れの際はご容赦ください。
 
  
 

 
 

グロックアキュコンプD、F、DXマウントBに対応
C-MORE ホリゾンタルマウント2

¥5000(税別)


 C-MOREのホリゾンタルマウントなら前から出してたじゃん! って思った貴方! 良く写真を見てください。 今までのC-MOREホリゾンタルマウントとは違いますよ〜!
 

 正解は「C-MOREを横倒しにする方向が逆」でした!
 今までのホリゾンタルマウントは、実銃であれば空薬莢を排出する方向とは逆の位置にC-MOREのボディーをレイアウトしていました。 これは、海外に行った際、実銃に付けて使えるようにした為です。 その為、右利きのシューターの場合、C-MOREのボディーが顔の正面に来てしまい邪魔でした。 まぁ、慣れてしまえばどうという事は無いのですが。。。(^^; 
 しかし、エアガンは排莢しないのですから、邪魔に成らないように逆側に倒してしまえ! って事で、ホリゾンタルマウント2では、C-MOREのボディーが従来とは逆向きになるようにレイアウトしました。 当然ですが実銃には使用できません。
 ちなみに、左利きの人や、利き目が左という人には御利益有りませんのでスルーしてください(^^;
 

 また、手が大きい人の場合、ホルスタードロウの際に親指がC-MOREのボディー後端に触ってしまう事がありましたが、逆向きならその心配もありません! そんな訳で、C-MORE自体の取付位置も、従来よりも手前にずらしています。 レンズが目に近づく事で,見かけの視野が広がります(^^)v

 各種C-MOREタイプダットサイト(レールウェイ)を簡単に、無加工で、グロックアキュコンプDグロックアキュコンプF や グロックDXマウントB に、極限まで低くマウントできます。 

 ちなみに、実物C-MOREを取り付ける際は、取付ネジの規格が違うので、別売りの C-MOREスクリューセット ¥1500(税別)をご利用ください。


 
  





 
 
さて、ここから先は特約店向け限定商品です。
少量生産で製造原価が高いために一般流通に載せる事が出来ません。 ミリブロマーケットの他、下記の特約店のみでの販売と成りますのであしからずご了承下さい。

BLAM!! TEL 04-2990-4755
ケイホビー TEL 049-247-2020
Web Shop GWA http://gwa2002.net/
フォアフロント TEL 027-450-7381
上越コレクターズ TEL 025-520-6811
PAW WORKS TEL 0834-34-3779
アームズマガジンショップ TEL 046-297-7440
モケイパドック TEL 047-450-6655
SPECIAL FORCE TEL 054-631-69
射撃処 上矢 岡山店 Email : okayama☆shageki-kamiya.com(☆を@に変更して下さい)

東京マルイ G17 & G26 用
軽量樹脂ブリーチ
 
¥4800(税別)

 G17の純正ブリーチ(ピストン)は亜鉛ダイキャスト製で重量は49gあります。 以前はせっせと肉抜き穴をあけて軽量化に励んだものですが、それでも43g。 苦労した割には僅か6gの軽量化でしかありませんでした。 しかし、軽量樹脂ブリーチは驚きの11g! 純正の1/4以下です!!
  
 

 
  
 東京マルイ G17用
アサルトフレーム 2012
 
¥12000(税別)

 美女のシルエットのようなグラマラスな曲面で構成されたグリップはしっかり掌になじみ、大きく広げられたマガジンウェルは素早いマガジンチェンジを可能にします。 延長されたビーバーテールはホルスタードロウのスピードアップをアシストします。 左右に付けられたサムガード付きのサムレストは自然なハイグリップを可能にし、グリップした時の安定感を高めます。 フレーム前方両側面にも滑り止め加工を施し、両手でグリップした時の安定感を高めます。 また、アマディーニ ゴースト、CRスピード、JRマイクロなど、各種レースホルスターに対応しています。 また、CQCタイプのホルスターも一部のタイプには対応しています。

東京マルイ G17/G18C用
グロック
アキュコンプE

¥24000(税別)

 アキュコンプシステムはインナーバレルをコンペセイターで支え、コンペセイターをフレームに固定する事でインナーバレルを固定します。 その為、バレルにコンペセイターを取付けたオーソドックスなスタイルでデザインするのが難しいのですが、DXマウントの先端部とコンペセイターを接続する事によって、オーソドックスなシルエットを再現しつつもインナーバレルを固定する事に成功しました(^^)v  色はブラック、シルバー、レッド、ブルー、ゴールド、ピンクの6色です!
 
東京マルイ G17用
樹脂アキュコンプD2

¥27800(税別)

 人によって好みは色々ですが、JSCでは軽い銃を好む選手が多いようです。 銃が軽ければホルスターからのドロウも、銃を振るのも楽になります。 樹脂アキュコンプD2は重量僅か80g! しかもC-MOREを直付けできます!
 
東京マルイG17用 
G カップガンキット

限定25個! ¥38000(税別)


 シューティングマッチには色々な種類がありますが、競技によってレースガンもスタイルも色々です。 中でも特徴的なのが、JANPS専用レースガンであるカップガンです。
 JANPS には「フォーリンプレイト」「プラクティコウ」「バリケイド」「ムーヴィンターゲット」の4種目があり、この4種目を攻略するためのアイテムを詰め込んだ物がカップガンです。
JANPSについて詳しくはこちら
カップガンについて詳しくはこちら

 
 G カップガンキットはグロックアキュコンプDの発展型で、アキュコンプをシュラウドとして使う為に改良を施した物です。
 本体とマウントレールはアルミ地肌のままですが、サムレストはシルバーアルマイト済みです。 アウターバレルはジュラコン製、ウィングはステンレス製です。 インナーバレルはφ6.1バレルが付属します。 黒くて四角い物体はウィングに張り付けるゴム板です。 今回はカラーバリエーションは有りません。 シルバーのみです。
 

 最大の特徴はインナーバレルの固定方法に有ります。 従来のアキュコンプシリーズはインナーバレルの先端を固定しています。 しかし、G カップガンキットでは付属のアウターバレルをコンペセイターに固定し、このアウターバレルでインナーバレルの根本付近までしっかり支える事で、インナーバレルのガタツキを極限まで抑えます。 
 

 なので、純正アウターバレルは使用しません。 JANPSのルールでは、アウターバレルや疑似ショートリコイルの除去を禁止していないのでOKです(^^)v
 グロックを長く使って居る人はご存じと思いますが、グロックのアウターバレルは時々割れます。 私は、グロックのアウターバレルは消耗品だと思っています。 しかし、取り除いてしまえばアウターバレルの破損によるガントラブルを予防できますから一石二鳥ですね(^^)

 
 

 サムレストの取付アングルは2種類選べます。 また、左右どちら側にも付けられますので、左利きの人でもOKです(^^)v


 バリケイド対策のウィングは丈夫なステンレス製で、体格やフォームに合わせて取付位置を調整できます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 



カスタムパーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/




















同じカテゴリー(製品紹介)の記事画像
ハイキャパ用パーツ
ハイキャパにマイクロプロサイト !
次世代M4スイベルプレート再販!
セットでお得!
HK416パーツ好評発売中!
グロックカスタム!
同じカテゴリー(製品紹介)の記事
 ハイキャパ用パーツ (2018-11-12 13:48)
 ハイキャパにマイクロプロサイト ! (2018-11-04 15:01)
 次世代M4スイベルプレート再販! (2018-10-19 13:05)
 セットでお得! (2018-10-16 20:01)
 HK416パーツ好評発売中! (2018-10-15 20:02)
 グロックカスタム! (2018-08-28 20:14)

Posted by ドクターあみーご at 19:02 │製品紹介