2012年03月26日

スクープ!

先日ちらっとご紹介した BLAM!! の牛窪店長作ハイキャパ用グリップですが、遂にその全容が明らかに成りました!

↓握れば納得のエルゴノミクスデザイン! 

 ハンドガンに於けるグリップ形状の重要性については先日ご説明致しました。 シューティングマッチはもちろん、サバイバルゲームでもグリップは重要です。 インドアサバイバルゲームではハンドガンをメインに使うゲーマーさんが多いですよね。 実銃と違ってエアガンではライフルでもハンドガンでも威力は同じです。 インドアならばフルオート禁止な場合が多いですし飛距離の差も問題になりません。 むしろ狭い場所での取り回しに優れたハンドガンの方が有利だったりします。 しかし、ハンドガンはライフルに比べると使いこなすのが難しいという問題はあります。 ハンドガンを自分の手足のように自在に操るには、それなりの苦労が有ります。 それ故、シューティングに参加して射撃の腕を磨くゲーマーさんが増えているのです。
 ハンドガンを使いこなす上で、良いグリップは上達を助けてくれます。 ハンドガンを使い慣れている方なら納得ですよね(^^)


 さて、このハイキャパグリップは、単にグリップフィーリングが向上するだけではないんですね〜。 ハンドガンをサバゲで使いこなすにはホルスターも重要です。 フリーサイズのナイロンホルスターも便利ではありますが、やっぱり、使いたい時にスパッと抜ける樹脂系のホルスターが良いですよね。 しかし、ハイキャパがフィットするタクティカル系の樹脂ホルスターって無いんですよね(^^;)
 しか〜し! トリガーガード(↑赤丸部分)にご注目!! グローブを使用する際に引っかからないように広げてあるという意味もありますが、実はグロック用CQCホルスターが使えるようにデザインされているんです!!! さすがインドアフィールドの店長! ゲーマーさんのニーズをきっちり押さえていますね〜。 



このハイキャパ用カスタムグリップは、Kホビーオリジナルパーツとして発売予定だそうです(^^)
詳しくはコチラ



ところで、東京マルイG17用 
アサルトフレーム2012
ケイホビーグループ オリジナルカラー
 ¥12000(税別)
好評発売中です!


※この商品は、ケイホビー本店とBLAM!!でしか手にはいらない激レア アイテムです! 



大好評発売中の東京マルイG17用アサルトフレーム2012ですが、↑これはケイホビーグループ オリジナルカラーです。 どうです? タンカラーってカッコいいですよね? 黒いスライドとのコントラストが精悍な感じで、サバゲにもシューティングにもばっちりです(^0^)/






商品説明
射手とハンドガンとの最も大きな接点はグリップです。 いくら命中精度の高い銃でも当てられなくては意味が有りません。 ハンドガンは人間の手によって発射される銃なのです。
「握りやすいグリップ」と「当てやすいグリップ」は違います。 しっかり掌になじみ、しかも銃口が自然に射手のイメージしている方向に向くようにデザインされたグリップが「当てやすいグリップ」です。



美女のシルエットのようなグラマラスな曲面で構成されたグリップはしっかり掌になじみ、大きく広げられたマガジンウェルは素早いマガジンチェンジを可能にします。



延長されたビーバーテールはホルスタードロウのスピードアップをアシストします。 左右に付けられたサムガード付きのサムレストは自然なハイグリップを可能にし、グリップした時の安定感を高めます。 フレーム前方両側面にも滑り止め加工を施し、両手でグリップした時の安定感を高めます。


また、アマディーニ ゴースト、CRスピード、JRマイクロなど、各種レースホルスター(グロック用)に対応しています。 また、CQCタイプのホルスターも一部のタイプには対応しています。

 


更に、純正フレームでは破損しやすいフロントシャーシを止めるネジ穴は、タッピンススクリューを使用するのをやめ、内部にナットを鋳込んでM3のネジで止めるように改良しています(^^)v

サバイバルゲームでサイドアームを抜く局面では、ハンドガンを片手で扱う事が多くないですか? アサルトフレームは、片手でグリップした時に純正グリップとの差を最も大きく感じられます。 片手でグリップしても安定してしっかり狙えるのです。
片手でも、左右にスイッチしても、自分の意志をハンドガンにしっかり伝えてくれます!

簡単な加工でG18Cに組込む事も出来ます! 方法1  方法2


取付け上の注意

東京マルイの全製品に言える事ですが、発売から長い期間が経った商品でも、人知れず改良が重ねられています。 G17も例外ではなく、最近のG17はリアシャーシが改良されておりました。 写真左の指差し印の部分にご注目ください。 三角形のリブが追加されている物が新型です。 新型リアシャーシを組み込む場合は、この三角形の部分を削り取り、更に写真右の大きな指差し印で示している銀色に見える面全体も削る必要が有ります。 アサルトフレームにリアシャーシをセットしてピン穴に真っすぐピンが通るまで少しずつ様子を見ながら削ってください。


純正グリップでは割れやすいフロントシャーシを止めるネジ部分は、タッピングスクリューの使用を止め、ナットを鋳込んで付属のM3の皿ネジで止める方式に改良しました。 その為、フロントシャーシ裏側のくぼみ(写真下の指止し印部分)が干渉するので面取り加工を行ってください。

アサルトフレーム2012では、フレームの剛性を高める為にセフティープレートを使用しません。 その為、スライドロックへのバネテンションが不足する事が有ります。そこで、セフティーの板バネを指で広げて少し曲げ、バネテンションを上げてください。














グロックパーツは他にもイロイロあります。 
詳しくはコチラ



カスタムパーツならフリーアム・アート http://www.gun-freedom-art.com





同じカテゴリー(製品紹介)の記事画像
次世代M4スイベルプレート再販!
セットでお得!
HK416パーツ好評発売中!
グロックカスタム!
レースガンを作ろう!
飛距離と精度をUP!
同じカテゴリー(製品紹介)の記事
 次世代M4スイベルプレート再販! (2018-10-19 13:05)
 セットでお得! (2018-10-16 20:01)
 HK416パーツ好評発売中! (2018-10-15 20:02)
 グロックカスタム! (2018-08-28 20:14)
 レースガンを作ろう! (2018-08-16 20:10)
 飛距離と精度をUP! (2018-08-08 20:02)

Posted by ドクターあみーご at 20:07 │製品紹介