2008年04月25日

アンリミテッドお知らせ

クールスタイルトイ実行委員会からのお知らせです。
08アンリミテッドのルール/レギュレーションについてお問い合わせがありましたのでご説明します

(外部ソースについて)
可変レギュレーターの場合の弾速測定はダイヤルを最大にした状態で測定します。
この状態で測定した場合にガンが破損する恐れのある方はあらかじめダイヤルを固定する、リリースバルブを付けるなどの処置をしておいてください。
リリースバルブを銃本体またはマガジンに接着固定していればワンタッチカプラーを外していても問題有りません。そうでない場合は、たとえ外さなくともワンタッチカプラーの使用は認められません。安全弁が無いのならば容易に外れないようにホースを接着などの確実な方法で固定して頂く必要が有ります。
リリースバルブについて詳しくは当社HP製品情報のetcの項目に有ります
http://www.gun-freedom-art.com 










(金属製アウターバレルについて)
メーカー純正以外の金属製アウターバレルを使用する場合はチャンバー付近に口径以上の穴を開けるか、長さ2cm以上で口径面積と同等のスリットを切る等、改造防止対策を講じていることを容易に第三者にアピールできるような配慮をお願いします。

(暴発)
床面またはバックストップより上に向かって発射された場合は暴発と見なします。暴発が有った場合そのステージは、DNFなり、そのステージ全てをMAXとします。

(リボルバ部門のスタンバイ姿勢)
基本的にはハンズアップです。 但し、IDPAスタイル(IDPAに準じた銃・ホルスター・服装)で撃ちたい人はナチュラルスタンスでも可です。 ジャケットを着ていてもレースガン、レースホルスターではNGです。途中での変更は認められません。

(IDPA部門のスタンバイ姿勢)
自然体=足は肩幅で過度に前後しないようにして、腕は下方向で両横のライン、足と腕は過度に曲げないで上体はプレートのある方向に向けてください。

Cool Style TOY http://www.coolstyletoy.com





同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事画像
グロックがレースガンに変身!
夏のマシンガン祭り2018 
シューティングの秋!
スチールチャレンジは終わらない
3Gun Nation Japan Seminar 3
3Gun Nation japan Seminar 2
同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事
 グロックがレースガンに変身! (2018-09-27 20:02)
 夏のマシンガン祭り2018  (2018-09-26 20:35)
 シューティングの秋! (2018-09-15 20:03)
 スチールチャレンジは終わらない (2018-09-09 20:02)
 3Gun Nation Japan Seminar 3 (2018-08-25 20:03)
 3Gun Nation japan Seminar 2 (2018-08-21 20:03)

Posted by ドクターあみーご at 23:25 │エアガンシューティング