2010年03月21日

レースガン研究2

レースガン研究の第2弾です。   シューティングマッチの取材をした際に撮影させて頂いたレースガンの数々をご紹介しましょう(^^)


これは随分気合いの入ったカスタムガンですね。  徹底的な軽量化が施されていてハンマーすら樹脂製です。 スライドストロークも最小限に詰められています。 更にダットサイトすらカスタムされていてかろうじて原形を留めているという具合。 ビーバーテールやマグウェルやグリップの滑り止めのポップな色使いも素敵です。 はっきり言ってこういう銃は大好きです(^^)


お次ぎはアキュコンプAにダットサイトを搭載したカスタムです。 随所にちりばめられたブルーのパーツがアクセントに成っていて上品な仕上がりですね。 ダットサイトはワルサーサイトでしょうか? これだけ大型な銃ですが、かなり軽量に仕上がっているのでは?


これはベースガンがマルイなのかKSCなのかWAなのか良く解りませんが(^^;) 赤と黒とシルバーのコンビネーションがカッコイイですね。 


極めつけはコレ! ベースはWAのようですが、銃もダットサイトも原形をわずかに留めている程度。 中身も相当手を入れている事でしょう。  ご本人は「汚い銃ですけど・・・」と言っていましたが、性能をとことん追求した結果生まれた形は機能美を感じさせます。 直線的なイメージのハイキャパにはアンバランスに思える丸みを帯びたグリップラインは、特に機能美を感じさせる部分です。 
実銃からかけ離れた形を嫌う人も居ますが、実銃は鉛玉を発射する為に違った形に成っただけで、試合に勝つ為に弾丸発射装置として究極の性能追求をしているという点では同じ事です。 そもそも実銃のオープンガンだって、性能追求の末、ベースガンの原形を留めていないものが多く有りますしね。

つづく

シューティング系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com






同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事画像
グロックがレースガンに変身!
夏のマシンガン祭り2018 
シューティングの秋!
スチールチャレンジは終わらない
3Gun Nation Japan Seminar 3
3Gun Nation japan Seminar 2
同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事
 グロックがレースガンに変身! (2018-09-27 20:02)
 夏のマシンガン祭り2018  (2018-09-26 20:35)
 シューティングの秋! (2018-09-15 20:03)
 スチールチャレンジは終わらない (2018-09-09 20:02)
 3Gun Nation Japan Seminar 3 (2018-08-25 20:03)
 3Gun Nation japan Seminar 2 (2018-08-21 20:03)

Posted by ドクターあみーご at 20:07 │エアガンシューティング