2017年10月08日

M4パトリオットHC

東京マルイのハイサイクルシリーズはサバイバルゲーマーに大人気! 中でもM4系の人気は高いですが、M4パトリオットHCも大人気ですね(^^)
プラスチクックパーツを多用していながらコンパクトサイズのおかげで充分な剛性を確保。 軽くて取り回しが良くてアフターパーツや装備類も充実しています。 しかし、実際に使ってみれば解りますがストックが無い銃は狙いづらい。。。 ピストルみたいに構えるにはフロントヘビー過ぎるし。。。 そんな訳でストックジョイントを作ってしまいました! 東京マルイのスタンダードM4シリーズ用ストックパイプが取り付けられます(^^)
 もちろんただのストックジョイントではありませんよ。 通常のM4シリーズに比べて21.5㎜低い位置にストックを取り付けられるんです!!
 ベテランゲーマーさんならお分かりと思いますが、M4シリーズの場合、ストックの取り付け位置を下げられるのは凄く便利なんです!

 たかが21.5㎜と言うなかれ! レシーバーのトッップレイルにダットサイトを直付けしても、フルフェイスゴーグル着用状態で無理なく狙えるようになるんです! コレって凄くないですか?
 実はコレ、サバゲだけでなくシューティング用としても良いんですよね(^^) シューティングでは5m程度の超近距離で撃つ事が多いですからパララックスの問題は重要です。 また、タイムを競うので銃は軽くて振り回しやすい方が良いのです。 更に、シューティングではセミオートで撃ちますので、セミオートでのレスポンスが良いハイサイクルが向いています。 おまけにマガジンキャッチもワイドな物が付いていますから素早いリロードもできますし、、、M4パトリオットHCってもしかしてシューティング用?って思っちゃうくらいカスタムベースに最適なんです(^^)v

東京マルイ M4パトリオットHC用
オフセットジョイント
¥6200(税別)



 銃身軸線と照準線との距離をパララックスと呼びますが、パララックスが大きいほど距離の違いによる着弾のズレが大きくなります。 なので、ダットサイトやスコープはなるべく低くマウントするのが良いのです。

 しかし、M4シリーズの場合は低くマウントしすぎるとストックが邪魔で狙えなくなってしまいます。。。 ならば、ストックの取り付け位置を下にずらせば良いのですが、次世代M4ではリコイルを発生させる為のウエイトが入っているから無理ですし、従来のスタンダードM4シリーズもストック取り付け基部の突起を切る必要がありました。 ところがM4パトリオットHCなら初めからストック取り付け基部の突起がカットされていますからストックの位置を下にずらすには好都合なんですよね(^^)v





ちなみに、ストックの付け根部分をカットすればM4パトリオット以外のスタンダードM4にも取り付けられます(^^)


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com




  






同じカテゴリー(製品紹介)の記事画像
レースガン発売中!
アサルトフレーム
ハイキャパ!
89式5.56mm小銃
ハイキャパE SAアダプター
グロックDXマウントC
同じカテゴリー(製品紹介)の記事
 レースガン発売中! (2017-12-05 19:30)
 アサルトフレーム (2017-11-07 19:52)
 ハイキャパ! (2017-10-21 15:01)
 89式5.56mm小銃 (2017-10-17 20:03)
 ハイキャパE SAアダプター (2017-10-16 14:24)
 グロックDXマウントC (2017-09-29 21:01)

Posted by ドクターあみーご at 10:03 │製品紹介