2017年06月15日

電G18新ダイレクトマウント

特報! 
ジャパンスティールチャレンジ(JSC)の公式HPがリニューアルされました! エントリーに関する情報がアップされています!
 
1985年より始まった「JAPAN STEEL CHALLENGE」はアメリカで開催されているWorld Speed Shooting Championship(通称Steel Challenge) をエアガン向けにアレンジしたもので、設置された5枚のターゲット(鉄板)を撃っ たタイムを競う競技です。
国内では最も長い歴史を誇る権威ある大会です。 現在ではアメリカ本国と同様に8コースにて、年一回、開催しています。 新しいHPはコチラ

近日発売!

東京マルイ 電動G18C用
新ダイレクトマウント
¥3250(税別)


 かつて、電動ハンドガンはセミオート時のレスポンスの悪さから、寒くてガスブロが使えない冬場の代用品というイメージでした。 しかし、リポバッテリーの普及により状況は一変! 容量が多くパンチの有るリポバッテリーを使えばセミオート時のレスポンスは改善され普通に使えるように成ります。 それどころか、ガスガンと違って暑さ寒さに関係無く安定した性能を発揮しますし、ガス代が掛かりませんからお財布にもやさしい(^^) ブローバックしないので迫力はありませんが、逆に反動は皆無ですから「狙って当てる」という銃本来の目的から言えばガスブロよりも優れています。
 そんな訳で昨今では電動ハンドガンがオールシーズン使われるように成ってきました。 サバゲでガンガン使うならダットサイトが有ると便利です。 しかし、純正のマウントではホルスターに入りません。。。 でも、安心してください。 新ダイレクトマウントはダットサイトを付けたままでもCQCホルスター(G21用)が使えます(^^)v

 ダットサイトには色々な種類があって、取り付けが緩かったりミゾ位置が合わなかったりで上手く付かない場合があります。 新ダイレクトマウントでは形状を工夫して、殆どのダットサイトに対応できるようにしました(^^)v

他にも有ります電動G18C用パーツ!

東京マルイ 電動G18C用
ラバーグリップ
¥1500(税別)


 実銃の模型であるトイガンには、実銃には出来ないトイガンならではの楽しみがあります。 実銃のグロックのグリップパネルはグリップフレームと一体成形なので交換することが出来ません。 しかし電動G18Cはグリップパネルを取り外すことが出来ます! ならば自分の好みに合せて交換するっきゃない!! ということでラバーグリップを作ってみました。 滑りにくく手に馴染み、スタイルもCool!! 取り付けも簡単です。


東京マルイ 電動G18C用 
カーボングリップ
¥3200(税別)
カーボンプリントではありません! ドライカーボン製の贅沢な逸品です!! 見る角度によって微妙に表情を変える面白さはドライカーボンならでは! 貴方のG18CをよりCoolに演出します。 
 



 
カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com


エアガン初心者を対象にしたイベントから、ベテランをも唸らせるマッチまで幅広く網羅! いつでも楽しいイベントをやっていて、このスペースでは書き切れません!公式HPをご覧ください!! 公式HPはコチラ






 






同じカテゴリー(新製品情報)の記事画像
近日発売!限定10個!!
限定10個!
新発売!
近日発売!
ゴールドマッチMT対応モデル
グロックのバレル!
同じカテゴリー(新製品情報)の記事
 近日発売!限定10個!! (2017-05-06 23:04)
 限定10個! (2017-04-26 21:15)
 新発売! (2017-04-05 10:47)
 近日発売! (2017-03-29 21:03)
 ゴールドマッチMT対応モデル (2017-03-25 21:03)
 グロックのバレル! (2017-03-08 09:30)

Posted by ドクターあみーご at 21:01 │新製品情報