2009年09月16日

USスチール参戦記22


 リムファイヤーピストルイベントとメイントーナメント、更にサイドマッチも含め、思いっきりスチールチャレンジを堪能しました。 今年は自前のグロック、しかも自らカスタムしたガンで出場する事が出来て最高でした(^^)v  かつて、月刊アームズマガジンで「Dr.アミーゴのお手軽カスタム講座」というコーナーを担当していた事が有りますが、まさか、ここアメリカの地で実銃のお手軽カスタムをする日が来るとは!!! 感無量であります。 Aさん、Hさん、ありがとう(^0^)/
  成績の方は既にお伝えしましたが、リムファイヤーピストルイベントは78人中55位。 メイントーナメントは腕の故障で苦戦しましたが総合で192エントリー中140位でした。 去年の231エントリー中218位に比べれば進歩したという事で良しとしましょう(^^;)  詳しくは → http://steelchallenge.com/
 来年はグロックカスタムに、更に磨きをかけて全体の真ん中くらいを目指して頑張りたいと思います。 

 USスチールチャレンジは賞品が豪華な事でも有名です。 メイントーナメント1日目の晩にパーティーが行われたホテルで表彰式が行われます。 上位の選手から順に名前が呼ばれ、予め配られている賞品リストから好きなモノを選んで番号札を貰います。 番号札は別室で賞品に交換してくれます。 上位の選手はカスタムガンなどの豪華賞品をゲットしてゆきます。 もちろん、我々が呼ばれる頃には豪華賞品など残っては居ないのですが、それでも結構良い物が有ります。 しかし、貰っても日本に持ち帰れないのでは意味が無いのでサファリランドのレースホルスター#013を頂きました。 賞品の袋には、他に$100分のカスタムパーツの商品券も入っていました(^^)
 
 今、振り返ってみると、まったく夢のような日々でした。 こうして2009年USスチールチャレンジは幕を閉じました。
 しか〜し! 旅はまだ終わった訳では有りません。 表彰式を終えた我々は、月刊GUNの人気レポーター、トシさんに合いに一路サンフランシスコへ向かうのでした。

つづく


カスタムパーツならフリーダム・アート  http://www.gun-freedom-art.com
 






USスチールチャレンジ5
USスチールチャレンジ4
USスチールチャレンジ3
USスチールチャレンジ2
USスチールチャレンジ1
悲願達成!
 USスチールチャレンジ5 (2011-12-31 08:07)
 USスチールチャレンジ4 (2011-12-30 20:07)
 USスチールチャレンジ3 (2011-12-29 20:07)
 USスチールチャレンジ2 (2011-12-28 20:06)
 USスチールチャレンジ1 (2011-12-27 20:04)
 悲願達成! (2011-08-27 22:54)