2016年11月29日

本物のデザインは実践の中から生まれる

「本物のデザインは実践の中から生まれる」が当社のモットーです。
物の良し悪しは実際に使っている人でないと判断できません。 良い物を作るためには物の良し悪しの判断ができなければ成りませんが、トップレベルのユーザーの声を参考にデザインするにしても、デザイナーに或る程度の経験と実力が無ければ彼らの声を正しく理解する事ができません。 

さて、先日G34用のホルスターを手に入れました。 これはトップシューターのIKEちゃんさんが製作した物です。 トップシューター自身が経験を基にデザインした物ですから期待に胸が膨らみます(^^)

ぱっと見は地味ですが、トップシューターならではの細かい工夫がぎっしり詰まっています。
2mm厚のカイデックスで作られているのですが、ベルトループ側にもう一枚足して補強しています。 過去に私が見てきたカイデックスホルスターは3mm厚の材料で作られていました。 しかし、敢えて2mmにする事で軽量で、しなやかな仕上がりになっています。 銃を抜くときの抵抗が少なく、スッと抜けます(^^) しかし、ベルトループ側が2重に成っているので充分な剛性が確保されていて銃をしっかりホールドしてくれます。カーボン柄がカッコイイですね〜 見えない所にお洒落するのが粋で良いです(^^)
ベルトループはテックロックを選んでみました。 ベルトへの装着が楽ですし、テックロックの厚み分、銃が体から離れて、より抜きやすくなります。
ちなみに、ベルトループは好みに応じて選べるようです。

2mm厚のカイデックスを2枚重ねにしているので、銃をしっかりホールドしてくれますし、抜く時のバタツキ感も有りません。 しかも、単純に2枚重ねにしているのではなく矢印の部分を内側に曲げる事で剛性が大幅にアップしています! 

軽くてしなやかで抜きやすい素晴らしいホルスターです。
腰の調子が良くなったらATPFで使ってみようと思います(^^)v


カスタムパーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/


毎月開催しておりますフォレッジグリーンときがわのJANPS練習会ですが、12月はお休みを頂きまして、2017年1月15日(日)に開催いたします。 今まではムーヴィンターゲットを中心にフリー練習を行っていましたが、2017年からは開始時間を11時からとし、最初に練習試合を行ってからフリー練習に移る方式にしたいと思います。 参加費は今まで通りフォレジグリーンの施設使用料¥3000で遊び放題です。
お問い合わせは:フリーダムアート arara@gun-freedom-art.com 
        又は
フォレッジグリーンときがわ TEL 0493-81-7244

 











同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事画像
シューティングの秋!
スチールチャレンジは終わらない
3Gun Nation Japan Seminar 3
3Gun Nation japan Seminar 2
夏のマシンガン祭り2018!
3Gun Nation Japan Seminar 1
同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事
 シューティングの秋! (2018-09-15 20:03)
 スチールチャレンジは終わらない (2018-09-09 20:02)
 3Gun Nation Japan Seminar 3 (2018-08-25 20:03)
 3Gun Nation japan Seminar 2 (2018-08-21 20:03)
 夏のマシンガン祭り2018! (2018-08-20 20:46)
 3Gun Nation Japan Seminar 1 (2018-08-19 20:02)

Posted by ドクターあみーご at 21:02 │エアガンシューティング