2015年08月28日

レースガンについて

シューティングマッチに参加するにはレースガンが必要?
答えはNOです。


 多くのシューティングマッチは使用する銃やホルスターの種類によってカテゴリー分けをしており、箱出しノーマルの銃でも参加できますし、競技専用のホルスターでなくてもOKです。
 しかし、JSCや九州スチールやアンリミテッドなど、ビックマッチで上位に入る選手はレースガンを使用しています。
 スポーツですから「道具より選手の能力」なのですが「道具の差」は確かに有ります。 上手い選手はどんな銃を使っても上手いのですが、大きな実力差が有る相手ならともかく、本気で試合に臨む時に箱出しノーマル銃を使う事はありません。 ほんのちょっとの差が勝敗を分けるのですから当然ですね。

 では、レースガンを手に入れるにはどうすれば良いのでしょう?
 トップシューターの皆さんが使用しているレースガンの殆どは選手自身が製作した物です。 市販のカスタムパーツを自分好みに加工して組み合わせ、調整を重ねて自分の銃に仕上げています。 また、レースガン製作が得意なトップシューターに作ってもらっている人も居ます。
 工作が得意でカスタムが好きなら自分でレースガンを作った方が楽しいですし自分に合ったレースガンを手に入れられます。 しかし、誰もが工作好きな訳では有りませんし、「上手く成りたいなら銃ばかりいじっていないで練習しろ!」と言うのももっともな話です(^^;


↑この銃は、ベテランシューターなら知らぬ者は居ないパッキーさんのレースガンです。 パッキーさんはトップシューターなだけでなくレースガン製作の腕もトップクラスで、パッキーさんにレースガンを作ってもらっているトップシューターが何人も居ます。 しかし、それを商売にしている訳ではありませんから、頼めば誰でも作ってもらえる訳ではありません。 



↑この銃は山口県のプロショップ PAW WORKS の高田店長の作品です。 高田さんも名の知れたトップシューターでレースガン製作のプロです。 PAW WORKS ではレースガンの製作を受け付けています。 お客さんと打ち合わせを重ねながら調整を繰り返して完成させるスタイルなので時間は掛かりますが最高のレースガンを手に入れる事が出来ます。 私の知る限り、ショップカスタムとしては最高のクオリティーと思います。 それだけに、性能に見合ったお値段に成ります(^^;

 でも手頃な価格で手軽に買えるレースガンって事に成ると、なかなか良い物が無かったんですよね〜(^^;
 そこで、手頃な値段で即戦力に成るレースガンをコンプリートモデルとして販売する事に致しました。 価格を抑える為に内部チューニングは必要最低限に抑えていますが、充分試合で使える仕上がりに成っています、 また、必要が有れば更なる性能追求も可能ですし、ダットサイトを無加工で登載する事もできます(^^)v


G26アドバンス スタンダードカスタム
 ¥29000(税別) 

※この商品は18歳以上用です。 年齢確認をさせて頂きますので、ご注文は arara@gun-freedom-art.com へメールでお願い致します。
 多くのシューターはハイキャパなどのM1911系の銃を使用しています。 なのに何故グロックが良いのかと言うと、M1911系はサムセフティーとグリップセフティーという2重の安全装置を備えています。 ホルスターから銃を抜いて狙いを定めるまでの間に、親指でサムセフティーを解除し、グリップをしっかり握ってグリップセフティーを解除します。 一方グロックの場合はトリガーに安全装置が有るので、トリガーを引くだけで安全装置を解除し、発砲する事が出来ます。 また、グリップセフティーが無いので、グリップの握りが甘くてグリップセフティーを解除し損なうというリスクも有りません。 グロックは初心者向きなのです。 
詳しくはコチラ




ゴールドマッチレースガンSTD
¥39800(税別)  

※この商品は18歳以上用です。 年齢確認をさせて頂きますので、ご注文は arara@gun-freedom-art.com へメールでお願い致します。
 東京マルイの銃はどれも高い命中精度誇っています。 しかし、新品のうちはとても良く当るのですが、使っているうちにガタが増えて来て命中精度が落ちてしまいます。 インナーバレルを根元だけで支えていて、しかも通常分解の度に着脱するのですから仕方有りません。 
 ゴールドマッチレースガンはアキュコンプシステムを登載していて、軽量なアルミ製ロングシャーシにコンペセイターを取付け、コンペセイターでインナーバレルを固定します。 インナーバレルを固定する事によって命中精度を高めています。  
詳しくはコチラ




ハイキャパE レースガン
¥50000(税別)  残り僅かです!

※この商品は18歳以上用です。 年齢確認をさせて頂きますので、ご注文は arara@gun-freedom-art.com へメールでお願い致します。
 レースガンをBB弾発射装置と割り切ってしまうなら、電動ハンドガンをベースにレースガンを製作するのが現時点で最高の選択肢と思います。 電動ですからインナーバレルは最初から固定ですし、ガスを使わないので気温の変化に影響されず、常に安定した高い命中精度を得られます。 反動は有りませんし、キットボーイのワンショットトリガー回路を登載しているのでガスブローバックをも凌駕するレスポンスを得られます。 ガスブローバックの銃に比べると高価ですが、ガス代が掛かりませんので、長い目で見ればお得です(^^) 
詳しくはコチラ





競技系パーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/
















同じカテゴリー(製品紹介)の記事画像
レースガンを作ろう!
飛距離と精度をUP!
タクティカルなアキュコンプ!
ハイキャパ用パーツ
再入荷φノズル!
89式GBBに使えるパーツ
同じカテゴリー(製品紹介)の記事
 レースガンを作ろう! (2018-08-16 20:10)
 飛距離と精度をUP! (2018-08-08 20:02)
 タクティカルなアキュコンプ! (2018-08-02 19:55)
 ハイキャパ用パーツ (2018-07-31 09:41)
 再入荷φノズル! (2018-07-27 20:02)
 89式GBBに使えるパーツ (2018-07-26 07:37)

Posted by ドクターあみーご at 21:10 │製品紹介