2009年05月02日

カップガンへの道 6


ビアンキカップスタイルのシューティングマッチではプローンで撃つ場合がある。 プラクティコウフォーリンプレイト の7mや8mである。 プラクティコウもフォーリンプレイトも距離が離れるに従って制限時間は長くなる。 ルール上、銃を床に押し付けるように固定して撃っても良いので、より安定した姿勢で撃つ為にプローンをするのだ。 但し、スタートポジションはスタンディングでハンズアップであるから、スタートの合図が有ってから伏せる事に成る。 そこで時間的余裕がある7mや8mでプローンするのである。 この時、威力を発揮するのが大型のマグウェルだ。 プローン姿勢で銃を床に押し付けた時、ちょうどダットサイトがターゲットを捉えるように、マグウェルの角度が調整されているのだ。 

↑この銃は毛利名人の物だが、マグウェルの底が平らになっている事に注意! 7mと8mとでは角度が微妙に異なる為、敢えて底を平らにはせず、緩やかな曲面にして微調整が出来るようにしている人も居る。 私の場合は、まだ高速プローンをマスターしていないのでどちらにするか決めかねている。 が、取りあえずヴァレリー工房さんからカップマグウェルの最後の1個を譲ってもらったので、これを付けている。 いずれにしても体格やフォームは人それぞれだから加工が必要になるだろう。 

つづく

シューティング系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com






同じカテゴリー(JANPS)の記事画像
新春盛りだくさん!
JANPSの歴史
JANPS2017 其の2
JANPS2017 其の1
JANPS2017速報!
ときがわでJANPS練習
同じカテゴリー(JANPS)の記事
 新春盛りだくさん! (2018-01-09 21:02)
 JANPSの歴史 (2017-12-17 20:01)
 JANPS2017 其の2 (2017-12-07 10:01)
 JANPS2017 其の1 (2017-12-04 20:01)
 JANPS2017速報! (2017-11-13 20:35)
 ときがわでJANPS練習 (2017-09-25 10:00)

Posted by ドクターあみーご at 10:02 │JANPS