2014年04月08日

おめでとうございます!

C-MORE CUP
アンリミテッド2014

ジュニアクラス優勝! 
総合34位!!

ナカハラ ケイン選手
おめでとうございます!

 
今回、彼が使用したガンは、キットボーイBLAM!!(ケイホビー)フリーダムアートの3社で共同製作したカスタムガンです。

 
 
←コレがナカハラ ケイン選手が使用した、対象年齢10歳以上用にデチューンした電動グロックです。 出荷前の写真なのでダットサイトは登載されていません。
 キットボーイ製FETを登載していてガスブローバックを超えるレスポンスを実現、アサルトフレームを装備してグリップフィーリングを向上、トリガーは軽く、ストロークも短く成っています。 バッテリーはケイホビーオリジナルのLiPoバッテリーを使用しています。 0.12gBB弾を使って弾速は45m/s程度、5mで42mmのグルービングを達成しています。
 
 10歳以上用のエアガンは色々有ります。 東京マルイの電動ブローバックや銀ダン。 本格的なガスブローバックのハイキャパ5.1Rなどなど。 しかし、この中で最も高性能なハイキャパ5.1Rでさえ、大人に交じってシューティングマッチに参加するにはハンデが大きいと言わざるを得ません。 大人の銃はパワーの上限が0.8J。 0.2g弾で約89m/sです。 一方、10歳以上用のパワーの上限は0.135J。 0.12弾を使っても約47m/sです。 随分差がありますよね。 実際には外気温の影響を受け易いガスガンで有るが故に余裕を持った低目のパワー設定に成っていて、撃っていて物足りなさを禁じ得ません。 インナーバレルは樹脂製で命中精度もイマイチです。 
 子供は上達が早いですから、中学生〜高校生くらいになると、そんじょそこらの大人では勝負に成らないくらい上手に成る子も居るでしょう。 しかし、いくら上手に成っても10歳以上用の銃を使う限り大人には勝てません。 道具の性能差で勝てないなんて納得いかないんじゃないでしょうか? これでは10代のシューターが育たないのも道理です。  
 

 そこで、道具の性能差を可能な限り埋めようと思って10歳以上用電動G18Cを作った訳です。 弾速の上限は0.12弾を使っても約47m/s。 大人用の銃と比べると、着弾までに5mで最大約0.1秒の差が生じます。 もっとも、大人用の銃でもレギュギリギリまでパワーを上げる選手は殆ど居ません(ギリギリのパワーを出すメリットよりも、デメリットの方が大きいので)から、実際の差はもう少し少なく成ります。 しかし、弾速は47m/s以上は上げられませんから、その他の要素を詰めてゆく必要があります。

まず第1に命中精度です。 この銃では、純正インナーバレルを極端に短くしてスリーブで延長、内面をピカピカに磨いてHOPの窓にもひと工夫しています。 そしてチャンバーパッキンはファイアフライの「スカイフィッシュ 甘口」を使用。 そのままではHOPが強すぎるので、HOPパッキンにテンションを掛ける為のプラのパーツの突起を少し削っています。 BB弾はエクセルのバイオ0.12gが推奨です。 これで5mで42mmのグルービングを達成しました。 アンリミテッドで最小のターゲットは直径10cmですから充分使えます。 
 
第2にグリップフィーリングです。 ジュニア選手は大人より手が小さいのでグリップのシェイプは重要です。 電動G18CはグリップにメカBOXを内蔵しているので、やや太く角張っています。 ヤスリで削って形を整えようにも内部にはみっちりメカが詰まっているのでガスガンのようにはいきません。 そこで、アサルトフレームを製作しました。 握りやすさを追求した結果、バックストラップ部分を別パーツにしなくては成りませんでした。 別パーツにしないとメカBOXの取付け、取外しが出来なく成ってしまうのです(^^; 
 
第3にトリガーのチューニングです。 電動ガンのトリガーは基本的には電気スイッチですから、トリガープルもトリガーストロークも自由自在です。 今回は、トリガースプリングを弱い物に交換しストロークを詰める加工のみで仕上げましたが、慣れないと暴発しそうなくらい軽く切れの良いトリガーに仕上がりました。 また、レスポンスはキットボーイ製FETと、ケイホビーオリジナルのLiPoバッテリーのお陰で、人間の反応速度を超えるレスポンスを実現しました。 どんなに速くトリガーを引いても追従してきます(^^)v
 

 トップシューターの使うカスタムガンは、殆ど樹脂ブリーチを登載したりガスカットを行なったりしてリコイルを最小限に抑えようとしています。 しかし、電動ハンドガンの場合はブローバックしませんから最初からリコイルがゼロです! その上、トリガーフィーリングは射手の好みの合わせていくらでも調整出来ます。 それどころか、電動ガンのトリガーは電気スイッチですから、技術的にはトリガーの位置すら好みの場所に移せます。
 10歳以上用電動G18Cは、弾速の差こそ埋められませんが、そのハンデを補える要素を持っているのです。
 
 今回、ナカハラ ケイン選手は、ジュニアクラスで優勝しただけでなく、総合でも34位(60.74秒)という好成績を修めました。 15歳の少年に「ぎゃふん」と言わされた大人が100人近く居た事に成ります(^^) 
 

 10歳以上用電動G18Cは結構高価なカスタムガンです。 本気で「勝ち」を狙う為のレースガンですから。 会場では特価販売致しましたが、本来の価格はスタンダードクラス仕様(左)で¥42000前後。 オープンクラス仕様(右)だと¥55000を超えます(細かい仕様によって異なります)。 バッテリーと充電器は別売りです。 次世代電度ガン並のお値段ですね(^^; 
 しかし、電動ハンドガンはガス代が掛かりません。 充電の為の電気代など1回数円です。 ガスガンの場合は1日ガッツリ練習すれば、ガス缶が1本(¥1100くらい?)空に成ります。 週1回練習するなら1ヶ月で¥4400。
 1年間でガス代は¥52800です。 しかし、電動ハンドガンなら電気代が年間でも数百円程度でしょうね。 弾代も0.12gですから安価です。 これなら充分モトが取れますよね?
 
 
おとうさん、
如何でしょうか(^0^)/


お問合せ
キットボーイ TEL 0277 (76) 2992
フリーダムアート Email arara@gun-freedom-art.com
BLAM!!  TEL 04(2990)4755

 
競技系パーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/















同じカテゴリー(アンリミテッド)の記事画像
会報と賞状が届きました!
アンリミティッド2018の10
アンリミティッド2018の9
アンリミティッド2018の8
アンリミティッド2018の7
アンリミティッド2018の6
同じカテゴリー(アンリミテッド)の記事
 会報と賞状が届きました! (2018-07-05 22:58)
 アンリミティッド2018の10 (2018-06-27 22:05)
 アンリミティッド2018の9 (2018-06-26 20:50)
 アンリミティッド2018の8 (2018-06-25 20:13)
 アンリミティッド2018の7 (2018-06-21 21:32)
 アンリミティッド2018の6 (2018-06-20 20:03)