2013年10月17日

JSC!

ジャパンスティールチャレンジ(JSC)に参加なさった皆さん、お疲れさまでした。 運営スタッフの皆さん、ROの皆さん、そしてサポートスタッフの皆さん、有り難うございました。
 また、ご来店頂きました皆さん有り難うございました。(今回はエントリーに漏れてしまった友人に店番を丸投げし、撮影と試合に専念させて頂いた為、ご来店頂いた方々への応対も出来ず誠に申し訳ございませんでした。)

 さて、既に多くのブロガーさん達がJSC参戦記をアップしていますね。 私の方は、公私共にバタバタしていて速報の後、間が空いてしまいましたが、月刊GUNマガジンの原稿も進めなくては成らないので試合の中身に付いては後日という事で、今回、感動した事をちょこっとだけ書きます(^^;


 当ブログをご覧頂いている方々はご存知と思いますが、今回はスタッフ不足を補う為にサポートスタッフの募集が行われました。 そして、JSC実行委員会の呼び掛けに応えて21名もの選手がサポートスタッフとして運営のお手伝いをして下さいました。 誠に有り難い事です。 試合の後に数名のサポートスタッフとお話させて頂きましたが「運営のお手伝いをしながら試合に出るのがこんなに大変な事とは思いませんでした。ROの皆さんの苦労が解りました。」とおっしゃっていました。 そして或るサポートスタッフの方は「大変なのは解ったけれども、来年もお手伝いをしながらAスクワッド入りを目指します。」と意気込みを語っておられました。 
 また、協賛スポンサーの数も前年よりも増えました。 特にメーカーやショップさまだけでなく、シューティングチームや個人からの協賛が目立ちました(^^)


 閉会式の時、初代学生チャンピオンのサトウ コウイチロウ選手からちょっとしたスピーチがありました。 その内容をかいつまんでご紹介します。
「今回は主要スタッフの転勤や体調不良など様々な困難が有りました。 それらを乗り越えて無事大会を開催してくれた運営スタッフやRO、そして呼び掛けに応じて集まってくれたサポートスタッフの皆さんに拍手をお願いします!」
 彼自身、今回もスタッフとして運営に携わっていたのですが、内側から諸先輩達の様々な苦労を観て来て、発言せずにはいられなかったのでしょう。 次の世代を担うであろう若者から、このような声が出る事に、おじさんは感動しましたよ(^^)/
 もちろん、会場が大きな拍手に包まれた事は言うまでもありません。

 閉会式ではJSC実行委員会から、「今回の会場が来年は大規模修繕工事の為に使用出来ない為に別の会場を使わなくてはならないのですが、現時点で会場が決まっていません。」とのお話がありましたが、シューターのみなさんに「シューティングマッチを支えていこう」という気持ちが有れば、来年も新しい会場に集う事が出来ると思います。 シューティングマッチは沢山の人達によって支えられています。 支える人が多ければ多い程、ひとりひとりの負担は軽く成るはずです。 会場について心当たりの有る方、何か情報をお持ちの方は、是非、JSC公式HPのQ/Aに投稿をお願い致します。









同じカテゴリー(ジャパン・スティール・チャレンジ)の記事画像
JANPS練習会とか色々
JSC2017その3
JSC2017その2
JSC2017その1
JSC速報!
多様化するスチールチャレンジ1
同じカテゴリー(ジャパン・スティール・チャレンジ)の記事
 JANPS練習会とか色々 (2017-08-27 10:01)
 JSC2017その3 (2017-08-25 10:03)
 JSC2017その2 (2017-08-24 10:02)
 JSC2017その1 (2017-08-23 10:02)
 JSC速報! (2017-08-20 23:32)
 多様化するスチールチャレンジ1 (2017-08-09 12:01)