2013年01月27日

月刊GUNマガジンは今日発売です

月刊GUNマガジン3月号は今日発売です!


 先日、KSC クリスベクターの2ロット目が発売されたばかりですが、月刊GUNマガジン3月号の巻頭特集はクリスベクターです。 ボルトを縦方向に動かす事でリコイルを押さえ込むという斬新なメカニズム! 独特なデザインはハリウッドのクリエーター達を大いに刺激したようで、バイオハザード5やリメイク版トータルリコールで活躍、一気にメジャーに成りました。
ヤミル氏はカラー18ページに及ぶレポートでクリスベクターの威力に迫っています。(^^)  上の写真は、2008年夏に渡米した際、プロップガンレンタルのISS社を見学した時に撃たせてもらったクリスベクターのプロップガンです。 プロップガンなのでフルオート射撃を楽しむ事ができたのですが、全くといって良い程反動の無い銃でした。 まあ、プロップガンだからかもしれませんが(^^;) 詳しくはコチラ

 シューティング系の記事はサメジマ君のUSスチールチャレンジ(World Speed Shooting Championship) の記事があります。 トップスーターならではの視線から綴られた体験記は実に読み応えがあります。 記事を読み終えたら練習を始めたくてうずうずすると思いますよ(^^)

 タニオコバさんのヒゲKOBA回顧録はイラストレーションのお話。 今回も読み応えありますよ〜(^^)

 トイガンシューティングインフォメーションは、昨年暮れに開催されたSPECIAL FORCE X'masシューティングイベントと、PMC Yokohama です(^^)


 是非、買ってくださいね〜(^0^)/





東京マルイ ウォーリアシリーズ用 
マウントベースキット
 ¥9800(税別)

只今好評発売中です!
※大変製造コストが高い工業試作用の材料を使っているため一般流通が出来ません。ミリブロマーケットの他、下記の特約店さまのみのお取り扱いとなります。 あしからずご了承ください。  
ケイホビーさま、BLAM!!さま、WebShop GWAさま、上越コレクターズさま、フォアフロントさま、PAW WORKSさま、アームスマガジンショップさま






キットなので取り付けには加工が必要です。


 
 マウントレイルは樹脂製で成形時のバリが残っています。 矢印部分のバリを棒ヤスリなどで削り取って平らに仕上げます。 ここでバリが残っているとフレームに接着する際、隙間が出来て接着後に剥がれやすくなってしまいます。 ちなみに、マウントレイルは樹脂製ですが、ステンレス製のナットプレートをインサートしていますので、しっかりねじ止めできます。

 バリ取りが完了したら、マウントレイルとフレームの接着面を脱脂(中性洗剤などで油分を洗い落とす)し、充分乾燥させてから、接着する。 接着剤はセメダインX2がお勧めです。 
 ちなみに、ストライクウォーリアの場合はマウントレイルインナー(矢印)をセットし忘れないよう注意してください。

 











接着剤が固まる前に、付属の長ネジにワッシャーを通しマウントレイルをネジ止めします。 マウントレイル上部は洗濯バサミなど(¥100ショップやホームセンターで売っている模型用クランプがお勧め)で固定し、接着剤が固まるのを待ちます。

 接着剤が完全に固まったら、スライドアッセンブリーを取付け(ストライクウォーリアの場合はマズルガードも)、マウントベースを付属のネジ6本で取付けます。 マウントベースを取付けてしまうとリアサイトが邪魔をしてスライドアッセンブリーを外せなく成ってしまうので、HOP調整はマウントベースを取付ける前に行います。













ダットサイトを搭載して完成です(^^)
 ちなみに、マウントベースはアルミダイキャスト製ですし、マウントレイルは樹脂製ながらステンレス製のナットプレートをインサートしていますので、充分な剛性を確保しています。 しかし、フレームは樹脂製ですので重量の重い大型のダットサイトを搭載すると、銃を素早く左右に振った時、ダットサイトがふらつく可能性が有ります。 なので、ダットサイトは軽量な物を選んでください。


 さて、東京マルイ ウォーリアシリーズ用 マウントベースキットをストライクウォーリアに装着する場合、是非お勧めしたいのが アキュバレルセット です。 インナーバレルをロングサイズにするだけでなく、マズルガード部分でインナーバレルを固定するので命中精度が向上します(^^)v

東京マルイ ストライクウォーリア用
アキュバレルセット  ¥3500(税別)

 東京マルイのウォーリアシリーズ第4弾であるストライクウォーリアはデトニクスのスライドを採用することで、クイックレスポンスとリコイルの低減、そして燃費の向上を実現しています。 しかし、残念ながらインナーバレルがデトニクスのままで大変短く、飛距離も命中精度も少しばかり物足りなさを感じます。 
 そこで、マズルガード先端までインナーバレルを延長し、更にマズルガードでインナーバレルの先端を支えて固定し、命中精度を高めるアキュバレルセットを発売することに致しました。 あくまで簡易的なものではありますが、当社アキュコンプシステムに近い効果を低価格で得られます(^^)v
アキュバレルセットは全国の専門店様でお買い求め頂けます。





















 ストライクウォーリアをシューティングマッチに使いたい方には、軽量樹脂ブリーチもお勧めです(^0^)/

東京マルイ ストライクウォーリア & デトニクス用
軽量樹脂ブリーチ
 ¥4700(税別) 
  

 スピードシューティングに於ける理想の銃とはどんな物でしょうか? スティールチャレンジ用のレースガンの場合、私が思うに、命中精度が良く、コンパクトで軽量、レスポンスが良く、反動が少い銃だと思います。 もちろん、撃ち易いグリップや狙い易いサイトシステム、自分の意志を正しく銃に伝えられるトリガーと言った物も重要です。
 東京マルイのストライクウォーリアは、デトニクスのスライドを搭載したM1911です。 スライドは小型軽量でショートストローク、おまけに容積の小さい省エネ型のエンジンを搭載しています。 レスポンスが良く反動の少ない銃を造るには好都合です。 ハイキャパに比べるとガス容量の少ないマガジンですが、燃費の良いエンジンはマガジン内のガスの冷却がゆっくりなので、ガスの冷却による初速の変化=弾速の変化が少なく、高い命中精度を維持し易い利点もあります。 また、今年からジャパンスティールチャレンジでも外部ソースが解禁に成りましたが、外部ソース化してしまえばハイキャパのような大型のマガジンは不要ですし、マガジンが小さければ重量も軽くなります。 グリップも細く手の小さい方でも握りやすくなります。
 って事で、レースガンのカスタムベースとして優れた素養を持ったストライクウォーリアを料理してみよう! という方にお勧めのパーツが軽量樹脂ブリーチです(^^) ストライクウォーリアの純正ブリーチ(ピストン)は亜鉛ダイキャスト製で重量は40g。 しかし軽量樹脂ブリーチは驚きの9gです! 軽量化によって、発射サイクルが速くなり、反動も軽くなり、燃費も向上します!
 材質は、工業試作用に使われている寸法安定性と耐衝撃性に優れた材料です。 ゴム型成形のため大量生産は出来ず、模型用のポリウレタン製ではなく工業試作用の材料を使っているため大変コストが高いので一般流通が出来ない為、誠に申し訳ございませんが、ミリブロマーケットの他、下記の特約店さまにご注文ください m(__)m  

ケイホビーさま
BLAM!!さま
WebShop GWAさま
上越コレクターズさま
フォアフロントさま
PAW WORKSさま
アームスマガジンショップさま



東京マルイ ハイキャパ用 
ストレートトリガー 
各色 ¥3800(税別)

トリガーは銃と射手とを繋ぐ最も重要な接点です。 フリーダム・アートではトリガーフィーリングを徹底研究! 側面から見るとストレートで前面は曲面に細かいセレイションを施したこの形状に辿り着きました。 カラーはガンブルー、シルバー、ゴールド、スカイブルー、レッド、ピンク、パープル、グリーン、ブラックの全9色。 
※ストレートトリガーは全国の専門店様でお買い求め頂けます。


競技系パーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/






 






同じカテゴリー(その他)の記事画像
次期新製品!?
あけおめ!
ご協力有難うございました
ご来店有り難うございました
明日はフリーマーケット
謹賀新年
同じカテゴリー(その他)の記事
 次期新製品!? (2017-04-01 12:01)
 あけおめ! (2017-01-01 00:01)
 ご協力有難うございました (2016-06-30 21:02)
 ご来店有り難うございました (2016-01-04 21:01)
 明日はフリーマーケット (2016-01-02 17:17)
 謹賀新年 (2016-01-01 00:05)

Posted by ドクターあみーご at 12:01 │その他