2012年09月18日

今年の銃

 いよいよジャパンスティールチャレンジ(JSC)まで3週間程となりました。 出場される皆さんはせっせと練習に励んでいる事と思います。 全国練習会情報はコチラ

 さて、今日は今年私がJSCで使用する銃をご紹介致しましょう。 
レースガンの主流は実銃でもエアガンでもハイキャパ系ですが、ハイキャパの場合はサムセフティーやグリップセフティーが有りますので、ホルスターから銃を抜いてからセフティーを解除する動作が必要です。 その点、グロックの場合はトリガーにセフティーが付いてるだけなので、ホルスターから銃を抜いたらトリガーを引くだけで撃てます! グロックのトリガーフィーリングは独特ですが、慣れてしまえば問題有りませんし、チューニング次第でハイキャパに迫るショートストローク化が可能です。 最近、実銃でもグロックベースのレースガンを使う選手が増えていますが、それには理由があるのです。
 ところで、私が今年使用するこのグロック アキュコンプカスタム↓は東京マルイのG26をベースにしています。 G17よりもスライドが短いため、スライドの重量が軽くストロークも短いので、リコイルが少なくサイクルも速くなります。 グロックでレースガンを作る場合、G26は理想的な素材なのです。 そこで、10年前にリリースしたG26用アサルトフレームキットとグロックアキュコンプDを組込んで仕上げています。 ダットサイトは実物のエイムポイントH1を搭載していますが、これは実銃版グロックアキュコンプでエイムポイントH1を使用する為、それに合わせているだけで、エアガンでの使用だけを考えれば2011年に使用したC-MOREの横置きマウントバージョンの方が視野が広く使い易いです(^^;)


 G26用アサルトフレームキットはは2001年12月に誕生しました。 当時はまだ東京マルイのガスブローバックハンドガンと言えば、デザートイーグルとM92FとG26しか有りませんでした(G26アドバンスもまだ発売されていません)。 しかし、G26はサブコンパクトながら可変HOPを採用し、兄貴分のM92Fを超える命中精度を誇っていました。 発売後間もなくフルサイズのマガジンが発売された事をキッカケに、このG26をフルサイズ化して最高のハンドガンを作ろう! ってことに成り、G26アサルトフレームキットが生まれたのです。 
 G26アサルトフレームキットはスライドをそのまま延長したようなデザインのフロントブロックと、フルサイズのインナーバレルがセットになっていて、インナーバレルをフレームに固定されたフロントブロックで支えて命中精度を高めていました。 そう! フリーダム•アートの看板商品、アキュコンプシステムの原点がここに有ったのです。
G26アサルトフレームキットは、一度握ったら忘れられない自然と掌に馴染む握り心地と、当時流行り始めていたタクティカルライトを取付ける事の出来るアクセサリーレールを装備してた事から、シューターだけでなく多くのサバイバルゲーマーの支持を受け、¥22000(税抜き)という価格ながら、限定色を含めると約500個を売るヒット商品と成りました。


↑この銃は、2005年のジャパンスティールチャレンジで使用したものです。 その後しばらくはマルイ ハイキャパベースのアキュコンプカスタムを使っていました。


↑この銃は、2011年のジャパンスティールチャレンジで使用したものです。 グロック アキュコンプの発売を機に、すっかりグロックシューターに成ってしまいましたが、グロックで本気で闘う為にはアサルトフレームが必要でした。


↑この銃は、2011年のJANPSで使用したものです。 G26アサルトフレームキットは自分の手に合わせて作りましたので、今でも私にとっては最高に使いやすい銃です。

 やっぱりグロックレースガンの理想型はG26ベースです。 しかし、G26用アサルトフレームキットはとっくの昔に絶版です。 グロックレースガンの理想型はG26ベースと言っておきながら、G26用アサルトフレームが無いのはまずかろうという事で、現在、G26アドバンス用アサルトフレームを製作中です! JSCの会場でお披露目出来るよう頑張っておりますので、どうぞご期待下さい(^0^)/



好評発売中!

東京マルイ G17用
アサルトフレーム 2012
 ¥12000(税別)

アサルトフレーム2012 は、ミリブロマーケットケイホビーさま、BLAM!!さま、WebShop GWAさま、上越コレクターズさま、フォアフロントさま、PAW WORKSさま、アームズマガジンショップさまで販売しています! アサルトフレーム2012は少量生産ですので、お早めにどうぞ(^^)



東京マルイ XDM用
アサルトフレーム
 ¥12000(税別)

XDM用アサルトフレーム は、ミリブロマーケットケイホビーさま、BLAM!!さま、WebShop GWAさま、上越コレクターズさま、フォアフロントさま、PAW WORKSさま、アームズマガジンショップさまで販売しています! 少量生産ですので、お早めにどうぞ(^^)



ところで、フリーダム•アートでは、
決算大処分セールとして、APSカップ関係のパーツのB級品を超特価でご奉仕中です! 
詳しくはコチラ→



カスタムパーツならフリーダムアート








同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事画像
第6回 OLD STEEL
6ラウンズその2
6ラウンズその1
明日は九州スチール!
サバゲフィールド発祥の初心者向けスチールチャレンジ
初心者向スチールチャレンジ
同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事
 第6回 OLD STEEL (2017-10-22 20:01)
 6ラウンズその2 (2017-10-13 20:01)
 6ラウンズその1 (2017-10-11 10:03)
 明日は九州スチール! (2017-10-07 17:37)
 サバゲフィールド発祥の初心者向けスチールチャレンジ (2017-10-04 21:01)
 初心者向スチールチャレンジ (2017-10-02 00:12)

Posted by ドクターあみーご at 20:01 │エアガンシューティング