2012年09月08日

アキュコンプ物語6

前回までのお話:アキュコンプ物語5


L.A.でテスト続行

 その後、ネバダからL.A.に移動してUSスチールチャレンジの練習を兼ねて、USスチールチャレンジの会場であるISIレンジでテストファイアを続行しました。 スチールチャレンジは、ブザーの合図でホルスターから銃を抜き、5枚の鉄板ターゲットを全て撃ち終えるまでの時間を競います。 トップシューターは5枚の的を2秒前後で撃ち終えてしまいます。 IPSCに比べて素早く銃を操る必要が有ります。 
 IPSCでは気になりませんでしたが、銃を左右に振る時、フロントが少々重過ぎると感じました。 そこで、新型ではフロントを軽量化する事にしました。 やはり、実際に使ってみないと判らないものです。


 さて、テストファイアを続けていると、ちょうどレンジの整備に来ていたマイク・ダルトンさんにプロトタイプを試して頂くチャンスに恵まれました! 
 マイク・ダルトンさんと言えば、USスチールチャレンジの創始者の1人である往年のトップシューターです。 マイク・ダルトンさんからもご高評頂き、アキュコンプが実銃の世界でも通用するデザインであると自信を持つ事が出来ました(^^)v

















































続きはこちら


カスタムパーツならフリーダムアート






同じカテゴリー(製品紹介)の記事画像
実銃でも通用するマウント
89式のパーツ
後悔する前に!
マイクロプロサイトにも対応
限定3セット!
89式小銃パーツいろいろ
同じカテゴリー(製品紹介)の記事
 実銃でも通用するマウント (2018-05-18 21:47)
 89式のパーツ (2018-05-15 20:02)
 後悔する前に! (2018-05-02 20:08)
 マイクロプロサイトにも対応 (2018-04-18 09:05)
 限定3セット! (2018-04-14 20:02)
 89式小銃パーツいろいろ (2018-03-22 20:38)

Posted by ドクターあみーご at 20:07 │製品紹介