2008年09月03日

サマーバケーション19


3ステージ目はファイヴ トゥー ゴーです。 引っ掛からないように丁寧に銃を抜き、見えない雪だるまの頭を狙います。 判っちゃいるけど4枚目の、一番遠い的を外しまくりです。 結局クリーンで来たのは1回だけ。 結果は、7.42秒、5.62秒、7.08秒、4.48秒、8.03秒でした。 
撃ち終わった後や、出番待ちの間はテントの中で待ちます。 不思議とエアガンのマッチよりもリラックス出来ます。 無論、勝負ではありますが、選手もレンジオフィサーもマッチ自体を楽しんでいてピリピリとした緊張感は感じられません。 雰囲気がとても柔らかいのです。


4ステージ目はスピードオプションです。 またも抜けない病が出て来ました。 ゆっくり抜いてもホルスターが銃にまとわりついて来ます。 おまけに外しまくりで、14.54秒、9.90秒、9.06秒、6.60秒、8.97秒という結果でした。 集中力が切れてしまいました。

ところで、ひとりの選手が5ストリングスを撃ち終えると、手の空いている選手が手分けして的をペイントします。 トップシューターだろうが、ベテランだろうが関係ありません。 みんな、ごく自然にペイントに向かいます。


5ステージ目はアクセレイターです。 これが午前中最後のステージと成ります。 ベルトをきつく締め直し、「雪だるまをヘッドショット、雪だるまをヘッドショット」と呪文を唱えながら撃ちます。 ちょっとだけ持ち直して5.64秒、6.20秒、8.62秒、5.81秒、6.23秒という結果でした。

ところで、カフフォルニアの夏は暑いです。 カラッと乾燥しているので汗がだらだら流れ出るという事はありませんが、充分に水分を補給しないと倒れます。 今日はすでに3本のミネラルをーターを空にしました。 ガブガブと水ばかり呑んでいたせいか、これからお昼休憩だというのに食欲が有りません。

つづく

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com






USスチールチャレンジ5
USスチールチャレンジ4
USスチールチャレンジ3
USスチールチャレンジ2
USスチールチャレンジ1
悲願達成!
 USスチールチャレンジ5 (2011-12-31 08:07)
 USスチールチャレンジ4 (2011-12-30 20:07)
 USスチールチャレンジ3 (2011-12-29 20:07)
 USスチールチャレンジ2 (2011-12-28 20:06)
 USスチールチャレンジ1 (2011-12-27 20:04)
 悲願達成! (2011-08-27 22:54)