2012年06月20日

カリフォルニア旅日記4


さて、いよいよスチールチャレンジ西海岸マッチに挑みます。 10時に会場に待ち合わせで、ソガさんやヒストリーチャンネルに出演したL.A.ガンクラブのスタッフ、ダニーさん達とスクワッドを組んで試合開始です! アクセレーターから撃ち始めます。 どのステージからどんな順番で撃つかも自由なんです。 会場では既に沢山のシューターが撃っています。 

例年、8ステージを2日間に分けて撃っていましたので、今年はなんだか忙しい感じがします。 まあ、本来は1日8ステージを撃つ訳なんですが。。。 なので写真はあまり撮れませんでした(^^;)

午前中は、アクセレーター、ランドアバウト、ショウダウン、スピードオプション、スモーク&ホープの順で撃ちました。
C-MORE横置きに変えてから全く練習してませんでしたので、前半はスピードを抑えて撃ったにもかかわらず外しまくりでした。 ショウダウンあたりから段々と慣れてきましたが、身体がリコイルに負けているのが自分でも判ります。 でも、銃の調子は絶好調! ここまででジャムは無しです(^^)

昼食は、会場の屋台でホットドックを買いました。 初めてUSスチールチャレンジに参加した時は、屋台のハンバーガーが口に合わなかったので暫く出店は敬遠していたのですが、今年のホットドックは美味しかったですね〜(^^)

 


昼食後は、アウターリミッツ、ファイブトゥーゴー、ペンデュラムの順で撃ちました。 やっと調子が出て来たと思ったら、ペンデュラムではスタミナ切れでメタメタ! もともと一番苦手なステージではありましたが、最終ストリングスではグリップが甘くなったのか1回だけジャムが発生しました。 今年に入って体力の衰えをヒシヒシと感じていましたが、やっぱり鍛え直さないとだめみたいですね(^^;)

ともあれ、全ステージを無事に撃ち終える事ができました(^^)
ところで、私は実銃用グロック アキュコンプやマウントベースの実戦テストの為に実銃マッチに参加しています。 良いものを作る為には実戦でプルーフするのが一番ですから。 しかし、競技として実銃マッチに出たいと思うなら、充分な事前準備は必須です。 確かにエアガンでの練習は有効ですし、エアガンマッチに出場する事で実銃マッチの流れを知る事はできます。 しかし、実銃のリコイルはエアガンでは再現出来ませんし、エアガンと違って実銃でのミスは重大な事故に繋がります。 エアガンと同じ様には撃てないのです。 毎年USスチールチャレンジに参加しているエアガンマッチでのトップシューターでも実銃に慣れるまでにはそれなりの時間を要します。 その為に現地での調整期間を充分にとるのです。 
USスチールチャレンジは誰でも気軽に参加出来るマッチです。 ジュニア選手も多く家族連れで楽しんでいる姿もめずらしくありません。 しかし、アメリカと日本では土壌が違います。 射撃や狩猟が釣りと同じアウトドアスポーツの一環であり、子供の頃から射撃の楽しさと同時に銃の危険性も充分認識しているアメリカでの「気軽に参加出来る」と、基本的に実銃を持つ事さえ許されず、銃に関する情報が極端に少ない日本での「気軽に参加出来る」とでは意味合いが違うのです。
今回は、実戦テストの準備には時間も手間もかけましたが、撃つ方の準備はあまりにも不十分でした。 次回は撃つ方の準備も充分に整えてから参加したいと思います(^^;) 

動画はコチラ




カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com






同じカテゴリー(USスチール西海岸マッチ)の記事画像
USスチール西海岸マッチ2013 その3
USスチール西海岸マッチ2013 その2
USスチール西海岸マッチ2013 その1
KCのグロック
USスチール西海岸マッチ速報!
カリフォルニア旅日記10
同じカテゴリー(USスチール西海岸マッチ)の記事
 USスチール西海岸マッチ2013 その3 (2013-07-10 19:01)
 USスチール西海岸マッチ2013 その2 (2013-07-09 19:01)
 USスチール西海岸マッチ2013 その1 (2013-07-06 19:01)
 KCのグロック (2013-06-30 19:01)
 USスチール西海岸マッチ速報! (2013-06-28 19:27)
 カリフォルニア旅日記10 (2012-07-02 20:17)

Posted by ドクターあみーご at 20:07 │USスチール西海岸マッチ