2012年03月11日

カスタムガンいろいろ2

カスタムガンにはいろいろな方向性があります。 試合に勝つ為に極限まで性能を追求するのが王道ではありますが、好きな銃こだわって楽しさを追求するのも充分アリです(^^)


実銃と違ってエアガンの場合は、リボルバーは命中精度も安定性も耐久性もオートには敵いません。 しかし、リボルバーには「男のロマン」が有ります(^^)
この銃は、リボルバー使いの憧れ、ロンパワーカスタム グランドマスターDXをエアガンで再現したものです。 古き良き時代のレースガンです。 ロンパワーカスタムが隆盛を誇っていた時代は、レースガンと言えばリボルバーだったのです(実銃の世界の話ですよ)。 
さて、この銃に搭載されているダットサイトは当時のもので細かいところまでこだわっています。 
しかし、美しいですね〜(^^)


CZ75も男のロマンをかき立てる美しい銃です。 CZ75のような「完成された形」をカスタムするのって、とても難しいのですが、この銃はエイムポイントT1を片持ち式のマウントで搭載しグリップに滑り止めを施すだけに留めています。 ベースガンの「味」を可能な限り残したスマートなカスタムガンですね(^^)


SIG P226というとタクティカルなイメージが強いのですが、意外にコンペセイターも似合います。 
おっと! フレームにガバメントのようなサムセフティーが付いていますよ!! なにげにマグウェルも装備しているし。 コンペセイターの造形といい、地味ながらかなり手の込んだカスタムガンですよコレは(^^)/


この銃はこだわりの塊ですね(^^) 
なんと!ルガーP08を近代レースがン仕様にカスタムしています!!
ルガーP08は、その独特で美しいスタイルからファンが多く、実銃の世界でもルガーP08とそのヴァリエーションだけをコレクションしている人が沢山います。 しかし、P08をレースガンにしてしまうなんて凄いですよね(^^)

つづく


今ならまだ間に合います! 大会に備えてレースガンを新調してみては如何でしょう?

ハイキャパ のパーツはコチラ
グロック のパーツはコチラ





同じカテゴリー(カスタムガン)の記事画像
レースガンの作り方4
レースガンの作り方3
レースガンの作り方2
レースガンの作り方1
一品モノのレースガン
レースガン研究3
同じカテゴリー(カスタムガン)の記事
 レースガンの作り方4 (2018-08-15 20:02)
 レースガンの作り方3 (2018-08-14 20:02)
 レースガンの作り方2 (2018-08-13 20:02)
 レースガンの作り方1 (2018-08-10 20:03)
 一品モノのレースガン (2018-05-21 20:01)
 レースガン研究3 (2018-05-17 20:02)

Posted by ドクターあみーご at 20:07 │カスタムガン