2008年07月02日

ピンシューティング

去る6月29日、群馬のエアガンショップ、フォアフロントさんのシューティングレンジでIAPSピンシューティングの実験を行いました。

IAPSはエアガンによる世国際射撃大会の実現を目指すプロジェクトです。  日本では実銃が持てないので仕方なしにエアガンで我慢するみたいなところが有りますが、実銃を比較的自由に持てる海外ではエアガンにはエアガン固有の魅力が有って(リアルに作られているが殺傷能力が無く安全で手に遊べる)そこが高く評価されています。 実銃に並んでエアガンによる射撃大会も盛んに行われていて、エアガンによる国際射撃大会の実現を目指すムーブメントも海外で始まりました。 IAPSはフランスからスタートして、アメリカ、イギリス、ペルー、ポルトガル、ベルギー、クロアチア、マルタ、タイ、そして日本と、広がりを見せています。
2004年のUSスチールチャレンジで日本人選手、堺達也さんが優勝しました。 これは画期的な出来事でした。 実銃でのトレーニングが出来ない日本人選手が世界の大舞台で、その頂点を極めたのです。 しかし、日本人が実銃のシューティングマッチに参加するのは、イロイロと難しい問題が有ります。 その点、IAPSなら貴方にも世界の頂点を極めるチャンスが有ります!
(詳しくは日本トイガン射撃振興会HPのIAPSを参照)
日本トイガン射撃振興会 http://www,coolstyletoy,com


IAPSピンシューティングは、おもちゃのボーリングピンをテーブルから全て撃ち落とすまでのスピードを競う競技です。 ボーリングピンは当る場所によって、素直に撃ち落とせたり、横倒しになって撃ち落としにくくなったりと、射撃スキルだけでなく運も必要な競技です。 また、見た目にも解り易く、観戦するのも楽しいダイナミックな競技です。

ところで、IAPSピンシューティングのルールは世界規格なので、今年加盟したばかりの日本の事情には合わない部分が有ります。 海外では2.0J前後で競技が行われているので、おもちゃのボーリングピンをテーブルから撃ち落とすコノ競技では出力の違いが大きなギャップを生んでいます。 IAPSは、エアガンによる射撃競技を世界で楽しめるようにと活動していますので、ルール作りも加盟各国の事情を踏まえて模索しています。 そこで、現状のIAPSルールで実験を行い、0.8Jでも競技が成立するように改善案を練りあげ、日本の主張をIAPS本部ならびに参加各国へ提案して行きます。(実績として、スティールプレートシューティングにおいては、日本の主張が受け入れられ、公式コースのサイズ変更に至りました) この点をクリアーし、8月23日にはシューティングエリア長原にてIAPSピンシューティングのテストマッチを行いますので奮ってご参加下さい! お楽しみに(^^)/



今回の実験にはエアガンショップ、フォアフロントさんに御協力頂きました。 有り難うございました。
フォアフロント http://www2.ocn.ne.jp/~f-front/

シューティング系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com






同じカテゴリー(IAPS)の記事画像
昆さん復帰!
お疲れさまでした。
今日は浜松町
明日はいよいよ
出店します!
締め切りました。
同じカテゴリー(IAPS)の記事
 昆さん復帰! (2009-01-14 09:06)
 お疲れさまでした。 (2008-12-15 09:09)
 今日は浜松町 (2008-12-14 09:02)
 明日はいよいよ (2008-12-13 09:31)
 出店します! (2008-12-11 20:03)
 締め切りました。 (2008-12-03 19:02)

Posted by ドクターあみーご at 21:05 │IAPS