2011年02月09日

C-MORE横置きマウント


グロック アキュコンプD 用 C-MORE横置きマウントをテスト中です!
先月ラスベガスで行なわれたUSショットショーに出品した、グロック アキュコンプD 用 C-MORE横置きマウントの実射テストを行なってもらっています。 その第1報が届きました。
とりあえず、1回目の実射テストでは問題無し!  スチールチャレンジのローカルマッチの会場に持ち込んでテストが行なわれたのですが、グロック用のC-MORE横置きマウントはアメリカにもまだ有りませんから、シューターの皆さんの注目を集め、大好評だったそうです(^^)v

私は昨年のUSスチールチャレンジに、グロック アキュコンプDの基となった実銃用新型グロックアキュコンプで参加したのですが、試合途中でダットサイトの故障に見舞われ、自分の銃で最後まで撃ち切る事が出来ませんでした。  ダットサイトを単純に取付けただけでは調整限界を超えてしまい、スペーサーを挟んで前傾させて取付けねば成らず、専用のスペーサーが入手出来なかったので銅テープを重ね貼りして前傾させたのですが、これが良くなかったようです。  
詳しくは USスチール2010その1その2その3その4その5その6その7その8その9

STSサイトの様な超小型ダットサイトは調整の幅が狭く、調整範囲を超えてしまうとゼロインに、とても苦労するのです。(ジーン・シューイさんのグロックアキュコンプにも同じSTSサイト載っていますが、スペーサー無しでゼロイン出来てましたから個体差が有るのかも知れません)
そこで、今年は調整範囲が広くスピードシューティングでは最もポピュラーなC-MOREを横倒しにして取付ける方法を採る事にしました。

ダットサイトを低くマウントしようとすると、どうしてもエジェクションポートの上を覆ってしまう形となり、空薬莢が引っ掛かったり挟まったりして作動不良の原因になります。  しかし、C-MOREを横倒しにして取付けるとエジェクションポート付近が広々としますので、作動不良の心配が有りません。  しかも究極のローマウントも実現出来ます。
エアガンの場合は薬莢が出ませんから、そもそも作動不良の心配は無い訳ですが、究極のローマウントは魅力です。
で、グロック アキュコンプD用のC-MORE横置きマウントは、今年のUSスチールチャレンジで自分が使用する為にデザインした物ですが、せっかくなのでエアガン用も少量販売致します。
少量しか作っていないグロック アキュコンプD専用のマウントですから、ホントに少量しか作っていません。  なので基本的にはミリブロマーケットのフリーダム・アート店のみの扱いになると思います。 
詳しくは、また後ほど(^^)



グロック アキュコンプについてはコチラ http://freedomart.militaryblog.jp/e187315.html

カスタムパーツならフリーアム・アート http://www.gun-freedom-art.com  






同じカテゴリー(実弾射撃)の記事画像
スピードガンマッチ!
西海岸マッチの練習!
スピードガン
テストファイア!
新アキュコンプ!(実銃)
ウィンチェスターハウス
同じカテゴリー(実弾射撃)の記事
 スピードガンマッチ! (2013-07-11 19:02)
 西海岸マッチの練習! (2013-04-14 19:01)
 スピードガン (2013-04-07 19:02)
 テストファイア! (2013-04-04 19:01)
 新アキュコンプ!(実銃) (2013-04-02 19:01)
 ウィンチェスターハウス (2013-03-30 19:01)

Posted by ドクターあみーご at 07:34 │実弾射撃