2011年01月05日

明日出荷2

東京マルイ グロック17、18用
グロック アキュコンプD   各色¥29800(税別)



(昨日からのつづき)
その後、2010年5月に再びジーン・シューイ氏のワークショップを訪ね、自分の手で実銃用グロック・アキュコンプのテストファイアを行いました。  ジーン・シューイ氏と共に近くのシューティングレンジに行って撃ってみます。  実際に撃ってみると確かにコンペセイターの効果を実感出来ます。  充分使える仕上がりです(^^)



翌日、グロック・アキュコンプを手にIPSCのローカルマッチに参加しました。 マッチ用のカスタムなのですから、マッチで使ってみなくては出来映えを正しく評価出来ません。 
IPSCはスチールチャレンジと違って、ダブルタップあり、マガジンチェンジ有り、スタンディング有り、ニーリング有り、プローン有り、椅子に座って撃ったりもします。 更に片手で撃つシュチエーションも有って、実に変化に富んでいます。 グロック・アキュコンプの実戦テストには持ってこいです。 実銃でのIPSCは初体験でしたが、スチールチャレンジに比べて景気良く沢山撃てて楽しかったですね〜(^^)v
 


翌日、再びジーン・シューイ氏のワークショップでグロック・アキュコンプのクリーニングと点検を行いました。  グロック・アキュコンプのコンペセイターはバレルとはセパレートに成っているので、どうしても発射ガスの吹き戻しが発生します。  グロックを分解してみてビックリ!  デロデロに汚れています。  しかし、そこまで汚れても何の問題も無く作動するのがグロックの凄い所です。  現状で充分使える事が解りましたが、更なる性能アップを目指して、IPSCに参加してみて解った事やジーン・ユーイ氏のアドバイスを基に、新作の図面をひき、製作に掛かります。  



5月の渡米では新作アキュコンプの完成を見る事は出来ませんでしたが、8月のUSスチールチャレンジには間に合いました 0(^0^)0
最初のプロトタイプに比べ、全体にシェイプして約30gの軽量化に成功! 軽く成った分コンペセイターのポートの数を増やし反動抑制効果をアップ! サイドポートを追加して吹き戻しも軽減されました(^^)v




新作グロック・アキュコンプは、予想以上のパフォーマンスを見せてくれました。  残念ながらダットサイトの故障に見舞われ、グロック・アキュコンプで完走は出来ませんでしたが、グロック・アキュコンプでUS スチールチャレンジに参戦するという夢は果たせました。
今年は別なダットサイトに載せ換えて、再度USスチールチャレンジに挑みます!

東京マルイG17、18用 グロック・アキュコンプDは、こうして誕生したのでした。(^^)


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com






同じカテゴリー(新製品情報)の記事画像
新XT6マウント!
グロックFサイトをリニューアル!
新製品その2
新製品!
新製品!
ハイキャパE ロングタイトバレルDX
同じカテゴリー(新製品情報)の記事
 新XT6マウント! (2017-10-06 15:01)
 グロックFサイトをリニューアル! (2017-10-03 11:10)
 新製品その2 (2017-08-19 10:02)
 新製品! (2017-08-16 17:19)
 新製品! (2017-07-24 09:01)
 ハイキャパE ロングタイトバレルDX (2017-07-07 12:01)

Posted by ドクターあみーご at 21:00 │新製品情報