2010年03月28日

レースガン研究11

JANPS2009 の会場で見掛けたカップガンのパート7です。

レンジバックには必要な道具が一通り揃っています。 銃口に付いているのは弾速計です。  各種目を撃つ前に必ず弾速をチェックし、必要であれば狙点を修正します。 マガジンは電気ヒーターで一定の温度に保たれています。  優勝を狙うには銃やマガジンの管理を徹底して行う必要が有るのですね(^^;)
ちなみに、この銃のオーナーのヨコタさんは、昨日KSC本社で行われたAPSカップ公式練習会で、194点というダントツの成績で優勝なさいました。   ヨコタさんおめでとうございます(^0^)/















































これは、私が使ったカップガンです。 当初はビアンキカップの雰囲気を大切にする為に、本格的なシュラウドとプローン用大型マグウェルを装備したカップガンを使い、プラクティコウやフォーリンプレイとでは高速プローンにも挑もうと思っていました。 が、腱鞘炎の為、現状では無理と判断。 雰囲気よりも使い易さ重視で、この形に成りました(^^;)



つづく


カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com





同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事画像
シューティングの秋!
スチールチャレンジは終わらない
3Gun Nation Japan Seminar 3
3Gun Nation japan Seminar 2
夏のマシンガン祭り2018!
3Gun Nation Japan Seminar 1
同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事
 シューティングの秋! (2018-09-15 20:03)
 スチールチャレンジは終わらない (2018-09-09 20:02)
 3Gun Nation Japan Seminar 3 (2018-08-25 20:03)
 3Gun Nation japan Seminar 2 (2018-08-21 20:03)
 夏のマシンガン祭り2018! (2018-08-20 20:46)
 3Gun Nation Japan Seminar 1 (2018-08-19 20:02)

Posted by ドクターあみーご at 20:06 │エアガンシューティング