2010年03月24日

レースガン研究7

JANPS2009 の会場で見掛けたカスタムガンをご紹介するシリーズの3回目です。


この銃は、かなり年期が入っていますね。  WAのハイキャパベースのカップガンです。   スティックシフトまで装備していて本格的ですね。


こちらは、KSC の STI ベースです。 STI は耐久性に不安が有りますが、スタイルの格好良さとトリガーのキレの良さから根強いファンが居ます



ハイキャパベースが多い中、このカップガンはシングルスタックGMベースです。 しかも専用キャリングケースまで手作りです。 カップガンはかさばりますから、コレは良いアイディアですね(^^)


つづく

競技系パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com





同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事画像
シューティングの秋!
スチールチャレンジは終わらない
3Gun Nation Japan Seminar 3
3Gun Nation japan Seminar 2
夏のマシンガン祭り2018!
3Gun Nation Japan Seminar 1
同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事
 シューティングの秋! (2018-09-15 20:03)
 スチールチャレンジは終わらない (2018-09-09 20:02)
 3Gun Nation Japan Seminar 3 (2018-08-25 20:03)
 3Gun Nation japan Seminar 2 (2018-08-21 20:03)
 夏のマシンガン祭り2018! (2018-08-20 20:46)
 3Gun Nation Japan Seminar 1 (2018-08-19 20:02)

Posted by ドクターあみーご at 21:06 │エアガンシューティング